How's it going?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
How's it going?
スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル J Storm
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会
  • アルバム 年表
    HERE WE GO!
    (2002年)
    How's it going?
    (2003年)
    いざッ、Now
    (2004年)
    『How's it going?』収録のシングル
    1. PIKA☆NCHI
      リリース: 2002年10月17日
    2. とまどいながら
      リリース: 2003年2月13日
    公式音源
    「Lucky Man」 - YouTube
    テンプレートを表示

    How's it going?』(ハウズ イット ゴーイング)は、の3枚目のオリジナル・アルバム2003年7月9日J Stormから発売された。

    解説[編集]

    初回生産限定盤と通常盤ではジャケットが異なる。初回生産限定盤のみスペシャルブックレットが付属する。

    また、このアルバム収録曲を中心に構成された2003年夏のツアー「ARASHI SUMMER CONCERT 2003 How's it going?」の模様が収められたDVD『How's it going? SUMMER CONCERT 2003』も発売された。

    本作のリード曲「Lucky Man」にはPVが存在しており、2ndベストアルバム『5×5 THE BEST SELECTION OF 2002←2004』初回限定盤特典DVDと『5×10 All the BEST! CLIPS 1999-2009』、『5×20 All the BEST!! CLIPS 1999-2019』初回限定盤に収録されている。PVの監督は、「A・RA・SHI」「SUNRISE日本」「a Day in Our Life」「ナイスな心意気」も手がけた川村ケンスケ

    このアルバムには、シングル曲が2曲収録されているが、2曲ともアルバムバージョンとなっている。

    今までの楽曲(シングル表題曲、カップリング曲、アルバム曲全て)は、2ndアルバム『HERE WE GO!』に収録されている「ALL or NOTHING Ver.1.02」を除き、ソロパートはメインボーカルの大野とラップ担当の櫻井のみだったが、このアルバムから松本、二宮、相葉のソロパートがある楽曲が収録されるようになった。

    2020年2月7日より、収録曲のデジタル配信、及びサブスクリプション配信が解禁された。

    収録曲[編集]

    ※シングル曲の詳細は各ページを参照。

    1. とまどいながら(album version)[5:27]
      • 10thシングルのアルバム・バージョン
      イントロがシングルバージョンより約1分長い。
    2. Crazy groundの王様 [4:01]
      作詞:ma-saya、作曲・編曲:大野宏明、Rap詞:櫻井翔
    3. Lucky Man [5:01]
      作詞:尾崎雪絵、Rap詞:櫻井翔、作曲:飯田建彦、編曲:大坪直樹
      • 本作のリードトラック
      2ndベスト・アルバム『5×5 THE BEST SELECTION OF 2002←2004』にも収録された。
    4. 身長差のない恋人 [6:15]
      作詞:TAKESHI、作曲・編曲:長岡成貢
    5. ONLY LOVE [4:35]
      作詞:阿閉真琴、作曲:Ashley Cadell, BJ Caruama・John Collins、編曲:石塚知生
      3rdベスト・アルバム『5×10 All the BEST! 1999-2009』初回限定盤特典CD「ARASHI'S Selection」にも収録されている。
    6. 嵐のまえの静けさ [4:16]
      作詞:阿閉真琴、作曲:清水昭男、編曲:ha-j
      元々のタイトルは「Jelly Fish(くらげ)」であったが、櫻井が却下した[1]
    7. Blue [5:37]
      作詞・作曲:森元康介、編曲:ha-j
      2ndベスト・アルバムにも収録された。
    8. Walking in the rain [3:53]
      作詞:SPIN、作曲:Brian Hobbs・Jany Schella・Christian Svensson、編曲:安部潤
    9. パレット [3:52]
      作詞:TAKESHI、Rap詞:櫻井翔、作曲・編曲:岩田雅之
    10. できるだけ [4:40]
      作詞:相田毅、作曲:森元康介、編曲:大坪直樹
    11. テ・アゲロ [4:37]
      作詞:久保田洋司、作曲:Patrick LIOTARD、編曲:CHOKKAKU
    12. 15th Moon [4:11]
      作詞:久保田洋司、作曲・編曲:Face 2 fAKE
    13. どんな言葉で [4:05]
      作詞・作曲・編曲:荒木真樹彦
    14. PIKA☆NCHI(album version)[4:50]
      • 9thシングルのアルバム・バージョン
      2番のサビ終わりの間奏で櫻井の「ウンッ!」と言う声が入っている。テレビやライブで披露する際は、このバージョンを披露している。

    出典[編集]

    1. ^ 『嵐 楽曲完全ガイド2016』(鉄人社、2015年11月14日発売、38頁)

    外部リンク[編集]