Face 2 fAKE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Face 2 fAKE
出身地 日本の旗 日本
ジャンル Jポップ劇伴R&Bヒップホップ
職業 作曲家音楽プロデューサー
活動期間 1994年 - 現在
レーベル

R&C

エイベックス

ソニー

テイチク

トイズファクトリー

ビクターエンタテインメント

フォーライフ

ポニーキャニオン

ワーナーミュージック・ジャパン

ユニバーサルミュージック
事務所

よしもと ミュージック パブリッシング

Mars Music Entertainment
公式サイト
メンバー Achilles Damigos
Oh!Be

Face 2 fAKE(フェイス・トゥー・フェイク)は1994年作曲家音楽プロデューサーのAchilles DamigosとOh!Beによって結成された日本国内初の音楽プロデューサー・ユニット。1995年の 活動開始から現在に至までの間、ジャンルに囚われずJ-Popをはじめ、サウンドトラック等、様々な方面で幅広い創作活動を行う。

 両者のセンスとその実力は Comporser / Arranger / Producerとして、ブラックミュージック、ロック、ポップス、ジャズ、 クラシック、ダンスミュージック等、多種多彩な音楽スタイルをこなす。Kinki KidsV6SMAPのシングル・アルバム曲等の作曲をし、ヒット・ソング・メーカーとしての地位を築く。2001年 TVドラマCX「できちゃった結婚」のサウンド・トラックを担当した際、劇中挿入歌「Your eyes only〜曖昧なぼくの輪郭〜」でEXILEを抜擢した。彼らをデビューさせる切っ掛けを作ったばかりでなく、デビュー曲でいきなりヒットさせた事は高く評価された。そのスキルは数々の楽曲をミュージックチャートのトップに入れてきたヒットソングメーカーとして広く知られ、2005年~2010年まで日本テレビのオーディション番組「歌スタ!!」に辛口キャラの審査員としてレギュラー出演した。

 サウンドトラックにおいては、ポップスで培われてきた印象的なメロディーラインに、重厚なシンフォニック・テイストと打ち込みによるエレクトロニック・サウンドが掛け合わせた、他者には真似できないメロディアスで壮大かつハイブリッドな次世代サウンドが特徴である。

メンバー[編集]


  • Oh!Be(大羽義光/オオバ ヨシミツ)

東京に生まれ母親にシャンソン歌手(桐朋学園の声楽科)、叔父に賛美歌作曲者をもち、幼少の頃から音楽の中で育つ。中学生の頃バンド活動を始め、いくつものバンドを渡り歩く傍ら作曲活動も始める。ギター、ベースなどの楽器をこなす中で、シンセサイザーに興味を持ち、KORG-MS20などのアナログシンセをふれだす。15歳を皮切りに音楽製作にのめり込み、当時のテクノポップを自分のスタイルに取り入れ作品を作り出す。ULTRAVOXDEPECHE MODEなど影響を受けたのもこの頃。 1982年運命に背中を押され日本ポップスの第一人者である筒美京平と出会い、自分の将来を決 断。 コンポーザーとしての道を歩き始める。筒美氏のスタッフとしてデモ制作を手伝う傍ら、田辺エージェンシーにも出入りし、積極的に曲を売り込み、作家としての活動を開始。その頃に音楽業界のシステム流れなどを学び、後の活動に生かし1985年NYへ。CM音楽レコーディングスタイルを学び翌年帰国、長渕剛CHEGE&ASKAのプロデューサーで ある山里剛氏にデモテープが気に入られ故中川勝彦(当時のワーナーパイオニア)のデモ制作に参加後にその時の曲で作家デビューとなる。1986年プロデューサー・ベーシスト吉田建氏より沢田研二のアルバム曲を依頼され、この年麻田華子や渡辺プロのアーティストの曲を作り、20歳の作家デビューである。同年に日音の故村上氏と出会い黒沢光義の楽曲を手がけ、アルバムのほとんどをアレンジャー井上日徳と共にプロデュースする。1987年TBSドラマ「俺たちの時代」の主題歌 「Try Again」がスマッシュヒット。荻野目洋子金子美香相楽晴子鈴木トオルなどに楽曲提供し作 家活動を広げ、自らのマネージメント会社(有)CUEを企業。その幅を音楽業界のみならず企業CMやイメージソングのプロデュース、群馬テレビ開局25周年時代劇ドラマの音楽まで幅広した。この頃から、日音と共に新人開発チームを創り、タレントの加藤紀子などを発掘。翌年に筒美氏の作る制作ユニットSillcon Grooveに参加、JAJAなどに楽曲提供。 この頃からブラックミュージックに興味を持ち始め、オーストラリアに渡りレゲーバンドを組み活動。 豪在中に 現地テレビ局プライムTVやNRTVのCM音楽を手がけ、94年に帰国。音楽プロデューサーAchilles Damigosと出会いFace2fAKEを結成する。


  • Achilles Damigos(アキレス ダミゴス)

ギリシャとイタリアの血統を持つ父と日本人の母を持つ。ギリシャのアテネ生まれ、13才から独学でピアノを始め、オリジナル曲を作り同級生だった遠藤幹雄とバンド活動する傍、先輩や知人のバンドを幾つも掛け持ち音楽に没頭した。高校時代はレコーディング・スタジオでキーボー ドを弾くアルバイトしながら、本格的に音楽を勉強するため尚美学園大学の作曲科へ入学。現代音楽を専攻し作/編曲 法を学び、大学コンクールで作曲部門3等を受賞。NYで活躍するDJ Gomiとは大学時代の同級生。制作していたデモテープが音楽業界に渡ったことを切っ掛けに、1987年CBS Sony(現 SME)19歳でメジャー契約、プロ活動のために音楽大学を中退。初のオリジナルアルバムのレコーディングには笹路正則松本晃彦らを中心とした日本のトップ・クラスのスタジオ・ミュージシャンとセッションを行い、作/編曲家/キーボード・プレイヤーとしての道を切り開く。1990年から松田聖子石田ひかり等のヒットシンガーに楽曲を提供。1991年、ヴァージン・ジャパンの第一弾アーティスト有近真澄を楽曲を多数手掛け、ロンドンのAIR STUDIOで初の海外レコーディングを経験。この時期からCM音楽の作曲を仕事も手掛ける一方、財津和夫柳ジョージ等、数々の作/編曲を担当。1991年に ジャマイカのレゲーユニットのスライ&ロビーとN.Yでレコーディング。その才能は矢野 誠(矢野顕子の前夫)や元「はぴいえんど」のギタリスト鈴木茂らにもかわれ、ベテラン・ミュージシャンらと共にスタジオ・ワークをこなす。1994年、原田芳男の長男でギタリストの原田喧太のアルバム制作でL.Aに長期滞在、TOTOマイク・ポーカロらとレコーディング。翌年の1995年、筒美京平の弟子で作曲家のOh!Beとプロデュース・ユニッ ト「Face 2 fAKE」を結成。同年ハリウッド俳優ジョン・ローンの舞台音楽を手掛け、1996年にジャズのサックス・プレイヤー本多敏之のアルバム・プロデュースやコンサート・ツアーでキーボードとして参加。1997年、t-kimura率いるFavorite Bluem.o.v.eなどの編曲やリミックス、ライブ・ツアーではバンド・リーダーとして参加。TVドラマでは(日本テレビ系列) 草彅剛 主演「フード・ファイト高橋克典 主演「FACE〜見知らぬ恋人〜」などのサウンド・トラックを担当。中西圭三trf中村俊介等の編曲やリミックスも手掛けながら、徐々にFace 2 fAKEとしてのプロデューサー活動にシフトし今日に至る。質の高いスタジオワークで培われたフィーリングと、アカデミックで精密な音楽性の両極を持ち合わせ、 Popsに留まらずClassicやジャズに至るまで、あらゆるジャンルに精通。そのスキル幅は広く、クロスオーバ された柔軟で個性的な音楽性を持つ。特に編曲の緻密さはグローバルなセンスを持ち合わせている。生楽器にも精通し、フル・オーケストレーション、スコアリング、コンダクトもこなす。

サウンドプロデュース・作曲/編曲[編集]

アーティスト[編集]

  • Bro.KONE
    • 『ぎりぎりじゃなくちゃ』
    • 『THE JINSEI』
  • Amour MiCo
    • 『BRAND NEW ME』
    • 『I WISH』
    • 『Rainbow』
    • 『JaBoom JaBoom feat. B-Bandj』
    • 『CHAOS』
  • 土屋飛鳥
    • 『Super Sunday』
    • 『三つ星』
    • 『Brand New Day Brand New Me』

劇伴・主題歌・挿入歌 (TVドラマ/アニメ・映画)[編集]

TVドラマ / アニメ

映画

出演[編集]

テレビ[編集]

  • 『いま裸にしたい男達 - 椎名桔平 - 』(NHK)(ゲスト出演)

外部リンク[編集]