喜怒愛楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
喜怒愛楽
恵比寿★マスカッツスタジオ・アルバム
リリース
録音 2017年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
レーベル ポニーキャニオン
チャート最高順位
恵比寿★マスカッツ アルバム 年表
 卒業アルバム
恵比寿マスカッツ
2013年
喜怒愛楽
2017年
テンプレートを表示

喜怒愛楽』 (きどあいらく)は、恵比寿★マスカッツの1枚目のアルバムCD。

概要[編集]

第2世代・恵比寿★マスカッツ初のアルバムである。2017年4月26日発売。

タイトルの『喜怒愛楽』の各文字が表す感情に対応した楽曲(喜=「いまどきチャンス」、怒=「バッキャロー」 、愛=「コイノウタ」、楽=「Jumping Bee」)4曲、既発売のシングルより3曲、各形態ごとの別楽曲合計8曲が収録されている[1][2]

2017年5月13日から6月20日までの間には、当アルバムの名前を冠した『喜怒愛楽ツアー「全国イク行く〜」』が全国12都市で開催された[3]

先行公開・配信

収録曲のうち「バッキャロー」は、恵比寿★マスカッツの冠番組「マスカットナイト」第62回(2016年12月15日放送)において公開され、翌16日に開催されたライブ「恵比寿★マスカッツ喧嘩上等ライブ 〜VS仮面女子 8100円を払うのはどっちだ!? このバカタレが! in Zeppダイバーシティ東京〜」にて初披露された[4]

2017年1月20日より「バッキャロー」先行配信が開始され[5]、これに引き続き同年2月17日には「コイノウタ」が[6]、3月17日には「いまどきチャンス」が[2]、4月14日には「Jumping Bee」が[1]先行配信されている。

収録曲[編集]

3形態いずれもCDには8曲収録されており、うち7曲は3形態共通で収録、残り1曲は各形態によって収録曲が異なる[1]

以下特に記述がある楽曲を除き、作詞:Maccoi、作曲・編曲:Face 2 fAKE

3形態共通で収録
  • いまどきチャンス*
  • Pressure Bomber
  • バッキャロー*
  • ビビる-Bodyで-Boo - 作詞:ケリー、作曲:楊慶豪、編曲:松井寛
  • コイノウタ*
  • バイバイダーリン - 作詞:ケリー、作曲・編曲:楊慶豪
    • 2ndシングルCD「Sexy Beach Honeymoonのカップリング曲。
  • Jumping Bee*

曲名の後の*は先行配信された楽曲を示す(詳細は上述参照)。

各形態いずれかに収録

いずれもユニット曲である。

盤形態[編集]

A盤[7]
  • PCCA-04524 ¥2,778(本体)+税
  • CD
  1. DJ ASAGAYAシスターズ+湊 [2:25]
  2. いまどきチャンス [4:35]
  3. Pressure Bomber [4:03]
  4. バッキャロー [4:17]
  5. ビビる-Bodyで-Boo [4:13]
  6. DJ ASAGAYAシスターズ+チーフADレム古川&ADユーキ [2:21]
  7. クレイジーZOO [3:41]
  8. コイノウタ [6:28]
  9. バイバイダーリン [4:18]
  10. DJ ASAGAYAシスターズ+ティア [2:24]
  11. Jumping Bee [4:28]
B盤[7]
  • PCCA-04525 ¥2,778(本体)+税
  • CD
  1. DJ ASAGAYAシスターズ+どんぐり番長 [2:24]
  2. いまどきチャンス
  3. Pressure Bomber
  4. バッキャロー
  5. ビビる-Bodyで-Boo
  6. DJ ASAGAYAシスターズ+ピンポン三姉妹 [2:15]
  7. ピン×ポン デューサー [4:30]
  8. コイノウタ
  9. バイバイダーリン
  10. DJ ASAGAYAシスターズ+三上 [3:30]
  11. Jumping Bee
C盤[7]
  • PCCA-04526 ¥2,778(本体)+税
  • CD
  1. DJ ASAGAYAシスターズ+明日花 [1:59]
  2. いまどきチャンス
  3. Pressure Bomber
  4. バッキャロー
  5. ビビる-Bodyで-Boo
  6. DJ ASAGAYAシスターズ+モグラ [2:23]
  7. なにかとMonster [4:17]
  8. コイノウタ
  9. バイバイダーリン
  10. DJ ASAGAYAシスターズ+スーブー [1:16]
  11. Jumping Bee

脚注[編集]