メディア・レモラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

株式会社メディア・レモラス(MEDIA REMORAS)は、かつて日本に存在したポニーキャニオン傘下のレコード会社である。アニメソングなどを手掛けていた。創立時の社長はフジテレビからの出向の形となった横澤彪。社名のレモラスとは、コバンザメを意味するレモラから来ており、メディアに密接に張り付いて共に進みたい、という意味がこもっていた。

来歴[編集]

元は、1987年に英ヴァージン・レコードポニーキャニオン(ポニーキャニオンの母体であるフジサンケイグループは当時ヴァージンに資本参加していた)の出資で設立した日本法人ヴァージン・ジャパンが前身で(ただし当初の販売元はビクター音楽産業。ポニーキャニオンに販売元が移行するのは1990年である)、1992年に英EMIがヴァージン社を買収したために、日本の元子会社をポニーキャニオンが買収し、メディア・レモラスとした(そのため数年後、東芝EMI(のちのEMIミュージック・ジャパン)内にVirgin Musicのレーベルが設けられた)が、1997年に経営の合理化のあおりを受け、担当であったテレビアニメみどりのマキバオー』放映終了後、もと親会社のポニーキャニオンに事業譲渡し解散した。

ヴァージン・ジャパン時代には高見沢俊彦などがアルバムを発売した。

メディアレモラス存在時にかつて在籍していた歌手は、メディアレモラスの特別清算後にほぼ全員ポニーキャニオンに異動となった。

かつて所属していたアーティスト[編集]

ヴァージン・ジャパン時のアーティスト。『らんま1/2熱闘編』のオープニングテーマを担当した。
『NINKU-忍空-』のオープニング・エンディングテーマ曲を全般担当した。また、それ以前にトヨタなどのCFソングも手掛けた。
『幽☆遊☆白書』のエンディングテーマ曲で、『アンバランスなKissをして』と『太陽がまた輝くとき』が使用され、メディア・レモラスとしては最高の売り上げを記録した。
フルアルバム(10曲入り)4枚を制作し、『幽☆遊☆白書』のオープニング・エンディングも担当した。
『東京23区の女』オープニング・テーマ曲『Refrain』[作詞:作曲GEORGE]を担当した。

発売されたアニメビデオ[編集]

  • 『幽☆遊☆白書』オープニング・エンディング大百科
現在は発売元のメディア・レモラスが解散したため、発売元が別でDVD版が発売されている。

関連項目[編集]