ノンストップ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ノンストップ!
NON STOP!
ジャンル 帯番組 / 生活情報番組
出演者 設楽統バナナマン
三上真奈(フジテレビアナウンサー
ほか
オープニング 星野源Non Stop
エンディング 同上
製作
プロデューサー 土屋健CP
制作 フジテレビ
放送
映像形式リアルタイム字幕放送
2013年9月30日放送分より)[注 1]
連動データ放送[注 2]
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
公式サイト
放送開始から2013年3月まで
放送期間2012年4月2日 - 2013年3月29日
放送時間月 - 金曜日 9:55 - 11:30
放送枠フジテレビ系列平日昼前の情報番組枠
放送分95分
2013年4月から
放送期間2013年4月1日 - 現在
放送時間月 - 金曜日 9:50 - 11:25[注 3]
放送枠フジテレビ系列平日昼前の情報番組枠
放送分95分
回数2000

特記事項:
一部地域は11:19飛び降り。
放送回数は2020年2月8日放送分まで。
テンプレートを表示

ノンストップ!』(NON STOP!)は、フジテレビ系列(一部系列局を除く)で2012年4月2日から毎週平日月曜日から金曜日)の午前生放送されている生活情報番組である。2013年4月1日より毎週月曜日から金曜日 9:50 - 11:25(JST)に放送されている。

概要[編集]

同枠で2012年3月30日まで放送されていた『知りたがり!』がフジテレビの午後のワイドショーの復活により14:00からの放送になったのに合わせ、午前中の新たな情報番組としてスタートした。

第1回2012年4月2日放送の出演者はMC設楽統(バナナマン)、山﨑夕貴フジテレビアナウンサー)のほか、宮迫博之千秋井戸田潤佐野瑞樹(フジテレビアナウンサー)、中村光宏(フジテレビアナウンサー)が出演していた。

第4回2012年4月5日放送からマガジンハンターとしてハリー杉山がレギュラー出演開始した。(その後名称が変わり、タブロイドハンターとして出演)

バナナマン設楽統は情報系番組の司会に初挑戦となった。これについてフジテレビプロデューサーの中村百合子現:編成制作局編成部長)は「設楽さんが司会をする情報番組を見てみたいという気持ちで今回オファーさせていただきました」と話している[1]。番組中にはFAX・メール・Twitter[注 4]でテーマに沿ったメッセージや質問を募集し、随時画面下に表示していく。

2013年4月1日より『国分太一のおさんぽジャパン』の開始に伴い、フジテレビでの放送時間が5分繰り上がり、9:50 - 11:25に放送に変更された。これに伴いフジテレビ以外のネット局における飛び降りポイントは5分繰り上げの11:20となった。これに伴い、前座番組『情報プレゼンター とくダネ!』→『めざまし8』は9:50までの放送となる。一方で、視聴者から『とくダネ!』を9:55までの放送に戻してほしいとの声も寄せられている[2]

2013年9月30日放送分よりリアルタイム字幕放送を開始、2015年10月12日よりサガテレビでも放送が開始された。

2016年2月25日には放送1000回を迎えた。それを記念して本番組をネットしている放送局が厳選した名産品をプレゼントする企画が行われた[3]

2018年2月8日には放送1500回を迎えた。当日の出演者、吉村崇大久保佳代子風見しんご渡辺和洋(フジテレビアナウンサー)と共にくす玉を割り祝った。コーナー「タブロイド」の中では「きょうで放送1500回!感謝を込めて名!?場面集」と題し、第1回からの名場面集を放送した。その一方で、番組開始からMCを務めてきた山崎が同年4月より『とくダネ!』のMCに異動するため、同年3月30日をもって卒業[4]。同年4月からは、山崎の後輩アナウンサーで、当番組のコーナーを担当している三上真奈がMCに就任した[5]

2018年4月2日放送で、タブロイドコーナーでは特別企画「春の芸能告白SP」と題し、ムード歌謡アイドルグループ「純烈」がプロポーズを歌唱後、メンバーの小田井涼平が番組月曜レギュラーでタレントのLiLiCoと2017年12月入籍結婚した事を2人で発表した。また、馴れ初めは2017年1月18日放送の番組初取材がきっかけであった事を告白。

2019年1月4日は、全編事前収録のロケ企画「ノンストップ!特別編 新春ミステリーSPナゾの家を訪ねました」を放送した。また当日は新春特番扱いで通常時非ネットのテレビ宮崎も臨時でネット受けした。

2021年3月8日(月曜日)には、『ごきげんライフスタイル よ〜いドン!』(当番組と同じ時間帯に関西テレビで生放送の関西ローカル番組)とのコラボレーション企画として、当番組との二元生中継をオープニングからおよそ15分間実施。前日(7日)開催の『R-1グランプリ2021』で優勝したゆりやんレトリィバァが、『よ~いドン!』のスタジオにゲストで出演した[6]。詳細は#ネット局を参照。

視聴率[編集]

時間帯1位となることが多かった[7]。2014年においては、初めて民放同時間帯横並びで年間トップになった[8]

2016年12月からしばらく3%台の回も現れるなど低迷傾向にあるとの記事も出ていた[9]が、2018年2月以降は再び上昇傾向にある[10]。2018年10月現在は『ひるおび!』に次いで民放2位になることが多い[11]

出演者[編集]

現在[編集]

出演者

  • ★はフジテレビアナウンサー。
  • ○は隔週出演。
ノンストップ! 
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
MC(司会)

設楽統バナナマン[注 5]三上真奈[注 6]

プレゼンター(タブロイド・ハンター)[12]
渡辺和洋[注 7] 谷岡慎一 中村光宏 谷岡慎一★ 渡辺和洋★[注 7]
コーナー進行
ハリー杉山

杉原千尋

NONSTOP! ESSE
笠原将弘 宮澤智 坂本昌行V6
dinosいいものプレミアム[注 8]
ヒデペナルティ[注 9]神崎ゆう子

サヘル・ローズ
サロン・チーフマネージャー

レギュラー[注 10]
坂下千里子
陣内智則
濱口優よゐこ)○
ハイヒール・リンゴ[注 11][注 12]
小籔千豊[注 13]
ユージ
LiLiCo
角田晃広東京03)○
風見しんご
虻川美穂子北陽)○
大久保佳代子オアシズ
吉村崇平成ノブシコブシ)○[注 14]
井戸田潤スピードワゴン)○
千秋
カンニング竹山
三木哲男婦人公論編集長)
コーナーレギュラー
飯尾和樹ずん

※ この他にもゲストとしてタレント・文化人・専門家などが出演する。

過去の出演者[編集]

期間 MC(司会) プレゼンター
男性 女性
2012.4.2 2012.10.5 設楽統 山﨑夕貴 佐野瑞樹
中村光宏
佐野瑞樹
生田竜聖
佐野瑞樹
立本信吾
西山喜久恵
生田竜聖
西山喜久恵
倉田大誠
2012.10.8 2013.3.29 佐野瑞樹
谷岡慎一
2013.4.1 2016.9.30 佐野瑞樹 渡辺和洋
2016.10.3 2018.3.30 渡辺和洋
2018.4.2 2018.9.28 三上真奈
2018.10.1 2020.9.25 渡辺和洋 谷岡慎一 渡辺和洋
期間 プレゼンター(タブロイド・ハンター)
2020.9.28 現在 渡辺和洋 谷岡慎一 中村光宏 谷岡慎一 渡辺和洋
期間 タブロイド・ハンター コーナー進行 NONSTOP!ESSE
月~水
2012.4.2 2012.7.27 ジョナサン・シガー ハリー杉山 若林三弥子
川端健嗣
松村未央 小島弘章 坂本昌行
2012.7.30 2012.12.28 ジョナサン・シガー ハリー杉山
2013.1.7 2013.3.29 ジョナサン・シガー ハリー杉山
2013.4.1 2015.3.27 谷岡慎一 倉田大誠 谷岡慎一 ハリー杉山 ベリッシモ・
フランチェスコ

谷岡慎一
中村仁美
2015.3.30 2015.7.31 中村仁美
2015.8.3 2016.9.30 三上真奈 笠原将弘
三上真奈
戸部洋子
2016.10.3 2017.7.7 生田竜聖 谷岡慎一 中村仁美
2017.7.10 2018.3.30 笠原将弘
松村未央
三上真奈
2018.4.2 2018.9.21 宮澤智
2018.9.24 2018.9.28 笠原将弘
宮澤智
2018.10.1 2019.3.29 生田竜聖 上中勇樹 中村光宏 黒瀬翔生 ハリー杉山 ハリー杉山

杉原千尋

ハリー杉山
2019.4.1 2020.3.27 大村晟 笠原将弘
久代萌美
久代萌美
2020.3.30 2020.9.25 黒瀬翔生 大村晟
2020.9.28 2021.7.30 ハリー杉山

杉原千尋

笠原将弘
2021.8.2 現在 宮澤智

その他の過去の出演者[編集]

レギュラー[編集]

「dinosいいものプレミアム」[編集]

タイムテーブル[編集]

2021年10月4日から[編集]

  • 重大事件・事故発生時や番宣の関係でゲストが出演する場合など、編成・構成上の都合や番組自体の短縮版の放送等で番組内容やコーナー開始時間が変更または休止となることがある。

※○は隔週放送。

時間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
09:50 オープニング オープニング
2分でツウぶる!コレきたワード
09:53頃 NONSTOP!タブロイド ハツモノQ○

トレンドQ○

BUZZ LIVE○

世界とツナガル!リモート生ツアー○

お値段あてまSHOWいただき!ハウマッチ ノンストップ!サミット
10:10頃 オテゴロ探検隊 NONSTOP!タブロイド NONSTOP!タブロイド
10:15頃 今週のハツモノQ
10:20頃 視聴者投票!青赤押しまSHOW![注 15]
10:23頃 今週のキチジツ 行きつけ教えます! このシュミとまれ! ワリカツ!お得な割引き生活
10:30頃 月ため英会話
10:35頃 ESSE

【笠原おかず道場】

10:49頃 NONSTOP!ESSE
【おしゃレシピ】
NONSTOP!ESSE

【ONE DISH坂本昌行の生料理】

10:52頃 TEA TIME LIVE せきららスタジオ TEA TIME LIVE せきららスタジオ
11:00頃 いいものプレミアム
11:18.30頃 せきららボイス
11:19.00 飛び降り(フジテレビ・岩手めんこいテレビ・さくらんぼテレビ(月曜 - 木曜)以外のネット局)[注 16]
11:21頃 関東地方の天気
11:23頃 エンディング・せきららボイス
11:24.00 番組終了[注 17]

ネット局[編集]

  • 前番組『知りたがり!』と同様に、あくまでも全編ローカルセールス枠であるため、フジテレビ以外の通常時同時フルネットまたは同時ネットとする局であっても、編成の都合により臨時非ネットとする場合がある[注 18]一方で、通常時非ネットとする局が有事・緊急時による報道特番扱いまたは特別編成実施時を中心に臨時に同時フルネットまたは同時ネットあるいは一部時間帯のみ部分ネットで放送する場合がある。
  • ネット局では番組送出で時刻表示を行っており、フジテレビと一部ネット局ではお天気ループも送出している。
2021年4月5日現在
『ノンストップ!』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 ネット開始日 放送時間 備考
関東広域圏 フジテレビ(CX) フジテレビ系列 2012年4月2日 - 月曜 - 金曜
9:50 - 11:25
制作局
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit)
  • 2021年4月5日から同時フルネットに移行。
  • 岩手めんこいテレビの編成の都合で臨時に11:19飛び降りとする場合がある。
  • 2021年4月2日までは11:20飛び降り[注 19]
山形県 さくらんぼテレビ(SAY) 月曜 - 木曜
9:50 - 11:25
金曜…
9:50 - 11:20
  • 2021年1月4日から再度月曜 - 木曜のみ同時フルネットに移行。
  • さくらんぼテレビの編成の都合で毎週1〜2日程度、臨時非ネットとする場合がある。
  • 金曜のみ飛び降り後は、自社制作番組『さくらんぼテレサーチ』を放送。
  • 2013年4月から同年9月27日までは金曜のみ臨時非ネット。2018年4月2日から2020年3月27日までは月曜 - 木曜は同時フルネット、金曜は11:19飛び降り。2020年3月30日から12月25日までは全曜日で11:19飛び降り。
北海道 北海道文化放送(uhb) 2014年3月31日 - [注 20][注 21] 月曜 - 金曜
9:50 - 11:20
  • 2017年12月4日から再度11:19飛び降りに変更。
  • 飛び降り後は、月曜は『8チャン!みちゅバチ』、火曜は『FumuFumu』(第1週・第3週)・『ビジネスフラッシュ』(第2週・第4週)、水曜 - 金曜は『みんテレpresentsあらっ、やだお得!』を放送。
  • ネット開始から2017年9月29日までは11:20飛び降り。2017年10月2日 - 12月1日までは同時フルネット。
宮城県 仙台放送(OX) 2012年4月2日 -
  • 祝日は祝日編成等で、臨時非ネットとする場合がある。
  • 飛び降り後は、自社制作番組『MiMiよりマーケット』を放送。
新潟県 NST新潟総合テレビ(NST)[注 22]
  • 飛び降り後は、自社制作番組『スマイルナビゲーション』を放送。
長野県 長野放送(NBS)
  • 飛び降り後は、自社制作番組『暮らしのターミナル』を放送。
静岡県 テレビ静岡(SUT)
  • 飛び降り後は、自社制作番組『チョッと!いいタイム』を放送。
富山県 富山テレビ(BBT)
島根県鳥取県 さんいん中央テレビ(TSK)
  • 飛び降り後は、月曜・金曜は『ドレみる!?』、火曜 - 木曜は『ひるまえ えいっとくんハウス』を放送。
岡山県・香川県 岡山放送(OHK) 2013年1月7日 - [注 23]
  • 飛び降り後は、自社制作番組『OH!グッドセレクション』を放送。
愛媛県 テレビ愛媛(EBC) 2012年4月2日 -
  • 火曜 - 木曜のみ飛び降り後は、自社制作番組『イチ推し!』を放送。
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
  • 飛び降り後は、月曜・水曜・木曜は『さんさんPickUp』、火曜は『アナ推し!』、金曜は『PickUpスペシャル』を放送。
長崎県 テレビ長崎(KTN) 2013年10月1日 - [注 24]
  • 2020年4月6日から全曜日で再度11:20飛び降りに変更。
  • 毎年8月9日の長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典中継、毎年10月7日の長崎くんち中継[注 25]が平日と重なった場合は各々臨時非ネットとする。
  • 飛び降り後は、自社制作番組『プチまる!』を放送。
  • 2013年10月1日から2020年3月27日までは全曜日で同時フルネット。
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) 2012年4月2日 -
  • 2013年4月1日から全曜日で11:20飛び降りに変更。
  • 飛び降り後は、月曜 - 水曜・金曜は『ぽよチャンネル』、木曜は『鹿児島県内の天気』を放送。
  • 2013年3月29日までは月曜 - 木曜は11:20飛び降り、金曜は非ネット。
沖縄県 沖縄テレビ(OTV)
  • 飛び降り後は、月曜 - 木曜は『ゆ〜タイム』、金曜は『くらしと経済』を放送。
秋田県 秋田テレビ(AKT) 月曜 - 木曜
9:50 - 11:20
金曜
非ネット
  • 2019年9月29日から金曜のみ非ネットに変更[注 26]
  • 月曜 - 木曜のみ飛び降り後は、自社制作番組『ぽちぱch』を放送。
  • 金曜 9:55 - 11:20[注 27]はローカル情報番組『Catch up marimari+』を放送[注 28]
  • 番組開始から2019年9月27日までは全曜日で11:20飛び降り。
福島県 福島テレビ(FTV) 月曜
非ネット
火曜 - 金曜
9:50 - 11:20
  • 2020年9月29日から火曜 - 金曜のみ再度11:20飛び降りに変更。
  • 火曜 - 金曜のみ飛び降り後は、『福テレてんき』(11:19 - 11:20)、『スマイルプラス』を放送。
  • 2018年3月30日までは全曜日で11:20飛び降り。同年4月3日から2019年3月29日までは月曜・水曜 - 金曜は11:20飛び降り、火曜は非ネット。2019年4月3日から2020年9月25日までは月曜 - 水曜は非ネット、木曜・金曜は11:20飛び降り。
石川県 石川テレビ(ITC) 非ネット
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
  • 同時間帯はローカル情報番組『スイッチ!』(9:50 - 11:15)・『いちばん本舗』(11:15 - 11:25)を放送。
近畿広域圏 関西テレビ(KTV)
  • 同時間帯はローカル情報番組『ごきげんライフスタイル よ〜いドン!』(9:50 - 11:15)・『よ〜いドン!plus』(11:15 - 11:19)・『買物生活ほんでなんぼ?』(11:19 - 11:25)を放送。
  • 2015年7月2日・6日は、臨時に同時ネットで放送[注 29]
広島県 テレビ新広島(TSS)
  • 同時間帯はローカル情報番組『ひろしま満点ママ!!』を放送。
  • 「いいものプレミアム」を同番組に内包した上で同時または先行ネットしている。
  • 2021年10月現在は、中国・四国地方のフジテレビ系列局で唯一通常時非ネットとしている[注 30]
福岡県 テレビ西日本(TNC)
  • 同時間帯はローカル情報番組『ももち浜ストア』(月曜 - 木曜 9:50 - 11:15、金曜 9:50 - 11:25)を放送。
佐賀県 サガテレビ(STS)
  • 2015年10月12日から同時ネット(11:19飛び降り)で放送を開始[注 31]したが、2019年4月2日から同時間帯を自社編成枠に切り替えた事で同年3月29日の放送を最後にネット終了。
熊本県 テレビ熊本(TKU)
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列

重大ニュース・特別番組放送時の対応[編集]

  • 番組開始前、あるいは放送中に重大事件・災害等が発生した場合は、番組の一部あるいは全編を関連ニュースに切り替えて放送する場合があり[注 33]、関連ニュースの重要度によっては本番組自体を全国ネットの「FNN報道特別番組」に差し替えて休止する場合もある。

スタッフ[編集]

2021年6月7日時点[編集]

  • ナレーター:関口伸石本沙織(月・火)、斉藤舞子(水~金)
  • TD/SW:村川正晃、伊藤義明
  • カメラ:伴野匡、堀田香菜美、瀬田学、八柄哲
  • 音声:村脇昭一、久馬邦一、和田啓之
  • VE:野瀬かおり、原由樹、鈴木翔、若宮美歩
  • 照明:fmt(2013年7月1日から、2012年6月28日までFLT
  • 音響効果:星川秀一(fro-less)、無盡弘昭・斉藤宏之・手塚正志・村上嘉康(以上第一音響
  • 技術協力:共同テレビ、インターナショナルクリエイティブ、デジデリック
  • 美術P:古江学
  • デザイン:邨山直也[15]
  • アートコーディネーター:鈴木真吾、佐野奈緒美、小野秀樹、大村光之、徳永法子
  • 大道具:浅見大
  • アクリル:犬塚健
  • 電飾:後藤佑介
  • 電子タイトル:タイトルアート
  • CGデザイン:三谷晋平
  • イラスト:サダタロー(金)
  • CG:細川珠鈴、野々上僚江(以前は不定期)
  • 校正:尾下滋夫、和気亜希子
  • コーナー協力:
    • NON STOP ESSE:吾妻聖子(不定期、以前は毎日)、川上大幾、永井洋之、齋藤思優
    • いいものプレミアム:上野和彦、竹里有希乃、三浦貴央、杉山武士、水野潤、後関玲子、中本栞・谷口真樹子・上吉原彩・市川響望(以上ディノス
  • 協力:シオプロ、共同テレビ、洒落Sharaku、MEYER(マイヤージャパン)、geo product(宮崎製作所)、LE CREUSET(ル・クルーゼジャポン)(月・水・金)、BRAISE(月)、D:COMPLEX(水・金)、Videlicio.us、ボイスノート(金)
  • TK:草野麻里、中里優子、荒井順子、水野久美、船木玉緒
  • デスク:田中万貴、二宮麻紀
  • AD:鈴木敦子、安部勇輝、安藤優作、松下愛実(月)、岸本祐佳(以前は水)、勝部結衣、山口詩乃、小林真世(火)、飯野翔太郎(以前は月→木→月)、安井秀人、佐々木里香、宮本亜依瑠(水)、石本優海(以前は木►月►火►水)、望月椋太、渡邊美響、石川一正、安藤麻倫(木)、岡本千春、兼武友理亜、滝本真莉(金)
  • AP:信田枝里(以前は月AD)
  • FD:加用裕紀(月〜木、以前は月〜木→月・火)、備前真悟(金)
  • 構成:石津聡(月・水)、我人祥太(火)、福岡ナヲト(木)
  • ディレクター:今井伸子(以前は木►一時離脱►月►火)、栗坪隆平(以前は火曜日D►月曜日PD)(複数曜日)、木村雄太、三浦友広(以前は火D)、上村直人(月)、平澤優貴(以前は火AD►D►月)、梅津香奈(以前は月►木AD►月D)、塚原和代、渡辺美千恵(以前は金D)、小林裕季子(以前は火D→一時離脱)、泉水ひとみ(以前は火AD→一時離脱)(火)、岡真夕、蔵田幹夫、中川美希(以前は水AD)、中島敏弘、三雲博仁(以前は月D►一時離脱)(水)、前田洋(以前は火D►木►火D)、備前真悟(吾)(火►月AD►金FD兼務►月D►一時離脱)、山田圭祐、遠藤孝之(以前は水►火D)(木)、佐久田真由美(一時離脱)、安達綾子、早川もも(以前は金曜AD)(金)
  • 演出監修:吉崎真理(月〜木)、椎葉宏治(金曜日、以前は月〜木→毎日演出監修、金PD→一時離脱)
  • PD:赤池新吾、小林雄大(以前は木D)(月)、長澤茜(以前は水D)(火)、中内清仁(水)、小野寺譲二(木)
  • プロデューサー:石井亜実(以前は月~水・金P)、平岡大二郎(2021年4月頃 - )、成田隆廣(2020年3月頃 - )、渡辺祐宏(以前はAP→P、一時離脱)、松島志保(一時離脱→AP)(毎日)、湯瀬裕志(月、水曜日D►金曜日FD►火曜日PD►水曜日►月曜日D►一時離脱)
  • プロデューサー・演出:伊藤渉(月〜木、2020年10月頃 - 、金はプロデューサー)、荒木千尋(以前は金P→PD)
  • 演出:高杉祐一(火・木、2021年4月頃 - )
  • チーフプロデューサー:土屋健(2019年1月4日 -、以前は毎日P)
  • 制作協力:NEXTEP
  • 制作:フジテレビ ニュース総局 情報制作局 情報制作センター
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ[編集]

  • ナレーター:倉田大誠
  • 構成:須平敦宣、星野さやか、大賀広道(月)、山田美保子(木)、須平敦宣、星野さやか、下田雄大(金)
  • TD/SW:大嶋徹
  • カメラ:石井友幸、村野哲也、磯前裕之、丸山敬紀
  • 音声:藤橋浩司郎
  • VE:神宮みほ、高垣俊宏、佐藤光、原田昌宏、岡部菜穂子、吉田崇、磯沼亮太、中島武士、富田祐介、松吉英明
  • 技術協力:スタジオヴェルト
  • 美術P:小林剛浩
  • 美術進行:藤城悠香、荻原美樹雄、石田博己、西村貴則
  • アートコーディネーター:鈴木あみ、谷元沙紀、伊藤則緒、太田菜摘、塩谷達郎(太田・塩谷→以前は美術進行と表記)
  • ロゴデザイン:レザイ美樹[16]
  • CG:金塚真吾、山田幸枝、大塚順子、井原嵩智、久万由樹子、内田匠(内田→毎日)、本橋伶奈(以前は4曜日)、佐藤悠乃(毎日)
  • 校正:今村俊徳、小峰理絵、戸田真理子、本田辰也、原逸郎、後藤正道
  • 企画コーナー構成(水):西秀進
  • コーナー協力:
    • NON STOP ESSE:北條とも子、羽柴憲一(北條・羽柴→木)、田村直樹、松崎光洋、海野友梨、岡田雅世、舟見泉、大谷一生、若松芳行
    • いいものプレミアム:大角肇、安達真実、岩渕純一、源田陽介、林芳昌、能島敬子、渡辺ひろみ、大石興士郎、三澤真、/山崎太次郎・永田有・越智美里・日比野真・垣東洋平・佐藤宏一・小林真由・岡田真悠子・鶴井亜矢子・村田奈津美・境きよら・児玉智彦・岸幸希・神保美喜代・森本紗梨・池田大貴・久保田淳志・高橋圭佑・寺沢薫・齋藤仁美(山崎以降→ディノス)
  • 協力:LLPプラモ、SPARKLE[注 34]ジッピー・プロダクション(木)
  • 編成:大辻健一郎、小室俊一、藤井修、村上正成
  • 広報:齋藤淳
  • AD
    • 月曜日:佐藤義幸、山田剛志、橋本優希、野田拓朗、平田祐介、大曽根海、土澤恒亮、滝川和輝、脇田悠(優)哉(脇田→以前は木曜日AD)、村上寧々、山下肇
    • 火曜日:杉本千紘、田中十萌、植竹夏生、鈴木優菜、木下和俊(木下→以前は月曜日AD)、天社優太、藤谷太紀(藤谷→以前は火曜日►水曜日AD)、櫻井浩介(櫻井→以前は月曜日AD)、八巻いくみ、本多祐介、岡田雅貴(岡田→以前は木曜日AD)、澤田愛実、町田伸太郎(町田→以前は水曜日→木曜日AD)、笹本亜澄香、美浪健五
    • 水曜日:遠藤駿、佐々木博喜、藤谷太紀、田中喬陽、上野竜文、新田祐史、八谷留衣、上岡瑞季、岡山将大、磯貝愛実、内田淳、小金沢峻弥、蓑野由季、町田伸太郎(町田→以前は水曜日►木曜日►火曜日AD)、龍井ななみ
    • 木曜日:葛原義徳、藤倉沙弥佳、佐藤康弘、杉本千紘、石川優樹、栗原悠太郎、遠藤優、榎本萌菜(榎本→以前は木曜日►月曜日AD)、廣部聖子
    • 金曜日:吉田大光、畠腹隆太、植木香保瑠、上野美雪、多賀慎之介、久貝里奈(久貝→以前は月曜日AD)、松本樹、王祐莉
  • AP:浅野真紀子
  • FD:齋藤由和(金曜日)
  • ディレクター
    • 月曜日:田中良和、尾谷亜貴崇、鈴木麻衣子、小松崎真彦、占部暁子、佐藤康弘、伊東直人、渡邊智哉、安田真弓、服部縫奈、前田信忠、神垣光、水津敏志哉、村松遊介(村松→以前は火曜日►水曜日D)、陸田優斗
    • 火曜日:光田紀世、佐藤哲士、園田大輔、高巣真樹、田中雄大、渡邊智哉、斎田悠、古橋大輔、服部縫奈、星佑紀(星→以前は水曜日D)、輪遠理恵、山本雄太(山本雄→以前は水曜日D)、河瀬晋悟(河瀬→以前は金曜日D►一時離脱)、高森有希(高森→以前は月曜日D、水曜日D)、小山智憲、椎葉佐都子(椎葉→以前は月►火曜日D►火・木曜日D兼務)、吉田健司(以前は水・木曜日FD兼務→月曜日D)、上田剛士、玉置智之
    • 水曜日:葉賀真嗣、池浦正隆、武笠恵子、篠崎実希、服部縫奈(菜)、坂本健一郎、澤田和平、渡邊修一(渡邊→以前は月曜日D►火曜日PD►水曜日PD)、杉本千紘(以前は木曜日ADなど)、倉橋雄亮(担当しない回あり)、豊村奈緒美(以前は木曜日AD►D)、高橋宏美、岡本勝司、山本雄大、大串利一(大串→以前は水曜日►月曜日D)、近藤隆(近藤→以前は月曜日D)、小山隆宏、中村順(中村→以前も水曜日►一時離脱)、花木現(以前は火曜日D►一時離脱)、岩崎美登里(以前は月曜日►火曜日►月曜日AD)、伊藤高史
    • 木曜日:東海林明、柴田幸典、長原竜也、谷真寿雄、服部縫奈、武藤由華、古本世志人、大山翔司、番場恵美子、井上貴詞、森恒也(森→以前は金曜日►月・木曜日D)、伊井拓峰(以前は金曜日AD)、塚田光信、鵜沢幸生、板垣勇太郎、小林浩、下山美智子(下山→水►木►月曜日AD►火曜日D►一時離脱)、田﨑万紀子、藤田幹夫
    • 金曜日:天野雄太、高橋恵理香、服部縫奈、坂本耕司、久末堅二(久末→以前は火曜日D)、二木まさ美、天田小百合、林洋平、温井精一(温井→木曜日PD兼務)、中川実向子(中川→以前は月曜日D►一時離脱)、橋本香奈子、上原梨奈(上原→以前は金曜AD)
  • PD:菅原和香子(火曜日、以前は月曜日担当)、渡邊美香、柏原奏、舟津大雄(舟津→以前は月曜日D)、関口渉(以前は月曜日→水曜日D)、相澤衆(以前は月曜日►火曜日D►一時離脱►水曜日D兼務)(水曜日)、温井精一(温井→金曜日D兼務以前は木曜日FD►火・金曜日D)、薮田望(以前は木曜日D)(木曜日)、杉山貴裕、木原剛志(木原→以前は金曜日D)(金曜日)、小出和平(以前は火曜日D►火曜日PD)
  • チーフディレクター:高橋龍平(以前は、総合演出・木曜はPD兼務)
  • プロデューサー:松井信樹、秋月里江子、須藤景子、磯島康郎、尾崎康子(尾崎→以前は月曜日)、臼田玄明(臼田→以前は月・火曜日)、池田匡夫(以前は毎日担当→月・火曜日)(毎日)、小津美和(小津→月曜日、以前は水曜日PD)、池田綾子(池田→火曜日)、松村隆(水曜日、以前は木曜日)、古松俊哉(木曜日)、若林美樹、石川綾一(金曜日)/田本紀子(NONSTOP! ESSE)、高宮一徳(いいものプレミアム)
  • 演出:永田香里(以前は月曜日→火曜日D→月曜日PD→演出・プロデューサー)
  • 制作統括:原田冬彦(2020年10月頃 -2021年3月頃、2019年4月頃 - 2020年9月頃はプロデューサー)
  • チーフプロデューサー:中村百合子、宮下佐紀子、大林潤
  • 協力:パナソニック

歴代テーマ曲[編集]

期間 オープニング エンディング 備考
2012年4月2日 - 2013年3月29日 元気ロケッツ
「Heavenly Star」
エルヴィス・コステロ
「Smile」
2013年4月1日 - 2013年11月1日 Ulrik Munther
「Tell The World I'm Here」
2013年11月4日 - 2016年9月30日 槇原敬之
Life Goes On〜like nonstop music〜
Buppuレーベル
CDのジャケットには司会の設楽が参加している。
2016年10月3日 - 現在 星野源
Non Stop
SPEEDSTAR RECORDS
星野とバナナマンはプライベートでも交流があり、星野は毎年バナナマンのラジオ番組、「バナナマンのバナナムーンGOLD」(TBSラジオ)にて日村に対しバースデーソングを披露しているが、当楽曲は日村44歳のバースデーソングが基となっている。

初放送以来長らく音源化されていなかったが、2020年に発売されたボックスセット『Gen Hoshino Singles Box "GRATITUDE"』の特典ディスク『IN GRATITUDE』に収録され、4年越しで音源がリリースされた。

問題視された放送内容[編集]

「ガリガリ君 火星ヤシ味」[編集]

2017年6月6日、赤城乳業の品切れが続出している人気商品として「ガリガリ君 火星ヤシ味[注 35]」を紹介したが、インターネット上の合成画像を鵜呑みにしたものであり、実在しない商品であったため、7日に謝罪に追い込まれた[18]

2017年9月8日、放送倫理・番組向上機構(BPO)放送倫理検証委員会は当件とワイドナショー宮崎駿氏の事実でない引退発言集を紹介した件に関する委員長談話を発表[19]。フジテレビに制作体制の見直しを呼びかけた。委員長談話の発表を受け、2017年9月15日放送回の中で山崎が談話を重く受け止め、それをスタッフ全員で共有し再発防止に務めるという内容のコメントを読み上げ謝罪した[20]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ いいものプレミアム時除く。
  2. ^ 2017年度までは金曜日のみ実施(NONSTOP! サミット投票企画)。2018年4月2日の放送からは投票企画の有無関係なく全日帯で実施(視聴し続けるとポイントが貯まる仕組み)。
  3. ^ 11:25まで放送する局はフジテレビと岩手めんこいテレビとさくらんぼテレビ(金曜を除く)の3局のみ。該当しない系列局は11:19に飛び降り。
  4. ^ 2013年9月30日まではフジテレビのミニブログサービス「イマつぶ」で募集が行われた。
  5. ^ 番組開始時から『笑っていいとも!』レギュラーに出演。2012年4月より2013年6月まで金曜レギュラー、2013年7月より2014年3月まで火曜レギュラーと兼務。
  6. ^ 2018年4月2日 - 、2代目女性MCを担当。MC就任前は、「行列シェフのまかない家ごはん」、「笠原将弘のおかず道場」、「検索! きょうのおしゃレシピ」などコーナー進行を担当。
  7. ^ a b 2013年4月から2014年までは『とくダネ!』のプレゼンターと兼務しながら担当していた。
  8. ^ 前番組『知りたがり!』から続投(形式上では異動)
  9. ^ ヒデのみ全曜日担当。
  10. ^ 金曜日のみ討論テーマに合わせてゲストや曜日レギュラーが出演。
  11. ^ 金曜日にも不定期で出演している。
  12. ^ 同時間帯の木曜日には関西テレビごきげんライフスタイル よ〜いドン!の日替わりパーソナリティを務めている。
  13. ^ 番組開始から2018年9月25日まではバイキングの火曜レギュラーと兼務していた。
  14. ^ 2016年12月27日火曜日には小藪がインフルエンザで出演しなかったため、代役でこの日にも出演した。
  15. ^ 選択肢によっては「青赤緑押しまSHOW!」や「青赤緑黄色押しまSHOW!」となる。
  16. ^ 第1期では平日11:25 - 11:30を、第2期では11:19 - 11:25をそれぞれ各局自主編成枠に充てている。
  17. ^ ここで、フジテレビに限り『箱根 彫刻の森美術館』或いは、『美ヶ原高原美術館』のCMを流しているが、2020年以降は15秒間の番宣1本に差し替えられることがある。
  18. ^ 主に6月~9月の台風シーズンには、本番組放送時間帯にネット局のエリアに台風が接近・上陸する恐れがある場合にローカルの台風情報に差し替えるケースがある。
  19. ^ 飛び降り後は、月曜・水曜は『みてみて!めんこいテレビ』、火曜・木曜・金曜は『8っぴーインフォ』を放送していた。
  20. ^ 生島ヒロシのおいしいフライパン』終了以来24年ぶりに本枠のネット再開となる。
  21. ^ 2014年3月28日までは、同時間帯はローカル情報番組『さあ!トークだよ』を放送し、「いいものプレミアム」のみネットしていた。
  22. ^ 2019年9月までは新潟総合テレビ。
  23. ^ それまでは同時間帯にローカル情報番組『エブリのうち』を放送し、「いいものプレミアム」のみを先行放送していた[1]
  24. ^ わかってちょーだい!』終了以来6年ぶりに本枠のネット再開となる。
  25. ^ ただし、2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で奉納踊りが中止となったため、通常通りの時間で放送された。また、2021年の奉納踊りも同様の理由により中止が決まったが、同日の対応については現時点では不明。
  26. ^ 同年10月4日(金曜)からの同時間帯にローカル情報番組を新設したため。
  27. ^ 同年10月4日から2021年3月26日までは9:50 - 10:45に放送。
  28. ^ 同年10月4日から2021年3月26日までは10:50 - 11:20にもローカル情報番組『石垣政和のあっぱれ!昼飯前』を放送していたが、同年4月2日からは『Catch up marimari+』のコーナー扱いに変更となった(10:45頃から放送)。
  29. ^ フジテレビ系列で7:45から『2015 FIFA女子ワールドカップ』のなでしこJAPAN戦の生中継を実施した関係で、当番組を全ネット局で2日は10:05から、6日は10:25からそれぞれ放送したため、両日とも中継の延長枠確保を兼ねた措置として実施した事によるもの。
  30. ^ 8月の第1週・第2週と年末年始特別編成で『ひろしま満点ママ!!』が全編休止となる場合でも原則として臨時ネットは実施しない。
  31. ^ 知りたがり!』終了以来3年半ぶりに本枠のネットを再開していた。
  32. ^ 月曜 - 木曜は11:25 - 11:45に放送。
  33. ^ 全編がニュースとなる場合は、番組冒頭部分のみMC2人が挨拶しその後報道センターから伝えるという形になる(主に当番組のあとに放送される『FNN Live News days』のフォーマット・出演者で放送される)。
  34. ^ TBSグループ標準のロゴタイプで表記している。
  35. ^ 火星ヤシはテレビアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場する架空の果実。パッケージイラストも作中で「ガリガリ」と呼ばれることのあったガエリオ・ボードウィンをガリガリ君調にしたものである[17]

出典[編集]

  1. ^ バナナマン設楽が初MC、生放送の帯情報番組スタート” (日本語). ナタリー. ナターシャ (2012年2月8日). 2012年12月9日閲覧。
  2. ^ みなさんからのメッセージ
  3. ^ [2]
  4. ^ フジ山崎アナ、4月から『とくダネ!』MC「身の引き締まる思い」”. SANSPO.COM(サンスポ) (2018年2月16日). 2018年2月6日閲覧。
  5. ^ “ミカパン”フジ三上アナが「ノンストップ!」新MC…山崎アナは「とくダネ!」へ”. スポーツ報知 (2018年2月19日). 2018年2月19日閲覧。
  6. ^ “R-1王者が一夜明け出演 フジ・カンテレ“東西朝の人気番組”コラボ実現”. スポーツニッポン. (2021年3月5日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/03/05/kiji/20210305s00041000270000c.html 2021年3月5日閲覧。 
  7. ^ http://www.news-postseven.com/archives/20140525_257256.html NEWSポストセブン
  8. ^ フジ朝は強い!めざまし、とくダネ、ノンストップが年間1位(2015年1月5日)
  9. ^ テレビ局関係者が語る「今年最大のフジの失態」――バナナマン・設楽の独裁で、番組崩壊寸前?,サイゾーウーマン,2016年12月10日
  10. ^ 『週刊文春』2018年2月22日号,34頁。
  11. ^ 日テレ『バゲット』は大苦戦、テレ朝『ワイド!スクランブル』は視聴率下落! “情報番組戦争”はTBS『ひるおび!』の独走へ?,exciteニュース,2018年10月14日
  12. ^ 2020年9月28日より、NONSTOP!タブロイドを兼務。
  13. ^ 2013年度は土曜 11:15 - 11:30、2016年5月 - 9月は土曜 18:15 - 18:30、2016年10月 - 2017年3月、2017年10月 - 2018年3月は日曜 8:40 - 8:55に何れもレギュラー放送していた。
  14. ^ 2015年3月24日までは火曜 11:25 - 11:42に、2015年3月31日から9月までは火曜10:55 - 11:12または10:50 - 11:07に何れもレギュラー放送していた。
  15. ^ フジテレビジュツの仕事 ノンストップ! フジテレビジュツのヒミツ
  16. ^ レザイ美樹さんのお仕事:フジテレビ「ノンストップ」ロゴ制作 千駄ヶ谷 News
  17. ^ フジテレビ、実在しない「ガリガリ君火星ヤシ味」の画像を紹介し謝罪 広報「ネットのを勘違いして使用した」ねとらぼ 2017年6月7日
  18. ^ フジのノンストップ! 実在しない「ガリガリ君 火星ヤシ味」紹介で謝罪産経新聞 2017年6月7日
  19. ^ インターネット上の情報にたよった番組制作について放送倫理・番組向上機構 放送倫理検証委員会 2017年9月8日
  20. ^ 「ノンストップ!」 BPO委員長談話受けコメント「非常に重く受け止め、再発防止を」Sponichi Annex 2017年9月15日

外部リンク[編集]

フジテレビ 平日昼前ワイド番組
前番組 番組名 次番組
知りたがり!
(2010年3月29日 - 2012年3月30日)
午後ワイド枠に移動して継続】
ノンストップ!
(2012年4月2日 - )
-
フジテレビ 平日9:50 - 9:55枠
情報プレゼンター とくダネ!
※8:00 - 9:55
【5分縮小して継続】
【ここまでネットワークセールス枠】
ノンストップ!
(2013年4月1日 - )
【ここからローカルセールス枠】
-
フジテレビ 平日9:55 - 11:25枠
知りたがり!
※9:55 - 11:30
(2010年3月29日 - 2012年3月30日)
【14・15時台に移動して継続】
ノンストップ!
(2012年4月2日 - )
-
フジテレビ 平日11:25 - 11:30枠
知りたがり!
※9:55 - 11:30
【14・15時台に移動して継続】
ノンストップ!
(2012年4月2日 - 2013年3月29日)
【ここまでローカルセールス枠】
国分太一のおさんぽジャパン
(2013年4月1日 - )
【ここからネットワークセールス枠】