中島忠幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中島 忠幸
本名 中島 忠幸
生年月日 (1971-06-14) 1971年6月14日
没年月日 (2006-12-20) 2006年12月20日(35歳没)
出身地 日本の旗 日本 福岡県福岡市
コンビ名 カンニング(1992年 - 2006年)
立ち位置
事務所 サンミュージック企画
活動時期 1992年 - 2004年
配偶者  あり

中島 忠幸(なかしま ただゆき、1971年6月14日 - 2006年12月20日)は、日本お笑いタレントである。

お笑いコンビカンニング」のひとりとして活動していた。

人物[編集]

福岡県福岡市生まれ。最終学歴は、九州産業大学附属九州高等学校中退。身長168cm、体重53kg、血液型O型

お笑いコンビカンニング」のツッコミ担当であった。お笑いのネタ中では相方の竹山隆範があまりにもキレるため、専らなだめ役になっていた。しかし、稀に竹山が暴走しすぎた時など、竹山以上の勢いでキレて竹山を黙らせていた。

なお、普段は、竹山より短気な性格とのことで、竹山がネタ中の暴言で迷った際には、強く通したこともある[1]。また『エンタの神様』において視聴者電話で意見を求めた際も、その苦い発言に対して流そうとする竹山に対しキレた強い発言をするなどした。

板前の経験から『笑いの金メダル』の『グリルの金メダル』や『めちゃ×2イケてるッ!』の『やべっち寿司』でもその腕前を披露。2005年平成17年)1月15日には東京都で開かれた『全日本鍋物コンテスト』に『辻よしなり ラジオグラフィティ』のチームで参加。しかしながら後述の理由により入院し、レシピのみ提出による参加となる。

経歴[編集]

後にコンビを組むことになる「カンニング竹山」こと、竹山隆範は小学校と中学校の同級生であり、中島は小学校時代は1年生の時から近所の池で竹山と一緒に釣りなどを行っていた[2]。高校時代にも竹山のやっていたバンドのライブなどを見に行っていた。また、中島は田村英里子などアイドル親衛隊をやっていたこともあり、高校中退からしばらくは進学も就職もせずに親衛隊の活動に夢中になっていた[2]。親衛隊活動を始めてから1年で、田村英里子の親衛隊の九州支部長に昇格したという逸話がある[2]。カンニング結成前の竹山の相方であったケン坊田中も、小学生時代の同級生になる。

高校は1年生の時に中退しているが、未成年喫煙によって2度の停学を言い渡されており、2度目の停学の際には家族に内緒で退学届を提出した[2]板前を目指し福岡の日本料理屋で板前修業するも腕が良いのでいじめられ、1年ほど経過したある日修業の辛さに嫌気が差して自身をいじめていた先輩をボコボコにして、店を飛び出して上京[2]。親衛隊時代の知り合いの家に泊めてもらっていた後に、偶然にも定食屋で竹山と再会[2]

中野惣菜屋で副店長としてアルバイトをしながら[3]、プライベートではほぼ二人で遊び歩いていた。東京ディズニーランドも、お台場も、皇居も、竹山と2人で行ったという[2]。上京して1年後、福岡時代には断っていた竹山からのお笑いコンビ結成の誘いを了承し、一緒に芸を始めた[2]。当時は渡辺プロダクションに所属。しかしながら一向に人気が得られずにクビになり、田村英里子の親衛隊をやっていた縁でサンミュージック企画に拾ってもらう[2]。竹山は後にこの時の様子を「(田村と一緒になれて)人生で一番うれしそうだった」とライブで振り返っている[2]。その後、サンミュージックのお笑い班が潰れたのでクビになる[2]

それからしばらくすると個人事務所に所属するも、ある日バイクで車と接触事故を起こし、一方は無灯火、もう一方は信号無視とどちらにも非があったが、中島は先方から50万円もの示談金を請求される[2]。売れない芸人にとって50万円は大金であり、普通に働くしかないと芸人をやめようと考えた[2]。しかし、スポーツ新聞で見かけた消費者金融の広告を頼りに借金を150万円行ったことで廃業危機は回避するも、ここからカンニングの借金生活は始まった[2]。借金しながら遊びまくるが、2人だけの個人事務所所属なので芸人としての活動はまともに行わず、27歳の頃に個人事務所が倒産した時点では300万円の借金を背負っていた[2]

27歳の時にブッチャーブラザーズに助けられる形で再度サンミュージックに所属。しかし1年後、28歳の芸人は当時としては芸人として高齢であるという考えや、面白くないという理由から、事務所をクビになりかける。その時ブッチャーブラザーズのリッキーの預かりになることによって首の皮一枚で芸人生命を保った。そこでリッキーからキレ芸を提案されて、以降カンニングはキレ芸を行うことに[2]

信憑性はあるかどうか怪しいが、竹山の単独ライブでの発言によると、借金は債務整理ではなくパチスロで稼いで返したという[2]

30歳になるかならないかという頃にはお笑いの大会で優勝するなど実績を残し始めたが、テレビ番組のオーディションには箸にも棒にもかからなかった。そんな中『虎の門』のチーフプロデューサーである藤井智久に才能を認められ、テレビ番組に出演する切っ掛けをつかむと同時にテレビ番組での立ち振る舞いについていろいろと教わった[2]。その間に『爆笑オンエアバトル』ではキレ芸を行ったところNHKの上役から叱られ、中島はそれに対してキレて怒鳴ったため『爆笑オンエアバトル』を出入り禁止になった[2]

2002年(平成14年)頃よりテレビに出演するようになり、人気を得るようになった。2004年(平成16年)4月に結婚し、同年9月には長男が誕生した。

病気療養[編集]

結婚同年の2004年(平成16年)12月から病気療養を理由に休業、翌2005年(平成17年)1月白血病急性リンパ性白血病)の治療中であることを公表した[4]。同時期には歌手の本田美奈子も白血病に罹患しており、手紙を通じて互いに励まし合いながら闘病していたが[5]、本田は同年11月に逝去。

ネタか事実かははっきりしないが、闘病中は万馬券を次々と当て、払戻金で後輩に1万円単位で小遣いを配ったり焼肉を奢ったりしたといい、挙句に新車を購入した。竹山には「この白血病の治療費、JRAに全部払わせたらぁ」と豪語したといい、竹山も「あのまま生きてたら、あいつビル買ってると思います」とそのギャンブラーぶりに驚愕した[2]

2006年(平成18年)1月には臍帯血移植を受けて軽快傾向とも伝えられたが、ウイルス性肺炎の併発によって同年12月20日午前11時46分に逝去[5]。35歳没。また、竹山によると、ドナーが見つかったがそのドナーが風邪を引いたため移植ができなくなり、その後中島も風邪を引き肺炎を併発して亡くなったとのことである[2]。『エンタの神様』(日本テレビ)でカンニング竹山が突然かけた携帯電話での声のみの出演が、中島の最後のテレビ出演となった[6]中野区内で行われた葬儀告別式では、竹山が弔辞を読み上げた。療養開始後には禁煙していた中島であったが、告別式の時には病に倒れるまで愛煙していたタバコが棺に入れられた。戒名は浄楽幸安信士(じょうらくこうあんしんじ)。 なお、フォークダンスDE成子坂村田渚とは同い年で同じ満35歳で亡くなっている。(中島:1971年06月14日生、2006年12月20日没 村田:1971年07月29生、2006年11月11日没)

出演作品[編集]

インターネットコンテンツ
  • 『ショートカッツ』-実写版-#14 犬おやじ(小学館マイクロムービーズ)

関連書籍[編集]

  • 『家族のたからもの――夫・カンニング中島が遺した最期の日記』(中島真奈美、日本テレビ放送網、2007年

脚注[編集]

  1. ^ 木曜JUNK2 カンニング竹山 生はダメラジオのポッドキャストより
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u ポニーキャニオン『カンニング竹山単独ライブ 「放送禁止」』(2012年)
  3. ^ テレビ朝日「ロンドンハーツ」の企画中、アルバイト中に偶然出演した。
  4. ^ この時『脳内エステ IQサプリ』で、竹山宛ての直筆メッセージを送っており、『笑いの金メダル』でも視聴者に向けてのメッセージが放送された
  5. ^ a b 相方竹山、愕然…「カンニング」中島忠幸さん白血病死 - ZAKZAK(夕刊フジ)、2006年12月21日配信。2013年4月21日閲覧。
  6. ^ 2005年1月22日放送『エンタの神様』

関連項目[編集]