直撃!シンソウ坂上

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
直撃!シンソウ坂上
ジャンル 情報番組 / バラエティ番組
放送時間 木曜日 21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2018年4月19日 - 現在
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
製作総指揮 小仲正重(フジテレビ、CP
石塚大志(フジテレビ、GP)
演出 島本亮(フジテレビ、総合演出)
プロデューサー 大川友也、挾間英行(共にフジテレビ)
佐久間茂(フジテレビ、キャスティングP)
出演者 坂上忍
榎並大二郎フジテレビアナウンサー
ほか
ナレーター 服部伴蔵門
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送(収録の場合[注 1]
リアルタイム字幕放送(生放送の場合)
外部リンク 直撃!シンソウ坂上

特記事項:
初回は、19:57からの2時間スペシャルとして放送(ただし、21:48に臨時の飛び降り点が設けられた)。
テンプレートを表示

直撃!シンソウ坂上』(ちょくげき!シンソウさかがみ)は、フジテレビ系列2018年4月19日から毎週木曜日 21:00 - 21:54(JST)に放送されている情報バラエティ番組であり、坂上忍冠番組である。

概要[編集]

2018年3月22日まで前身番組『とんねるずのみなさんのおかげです』・『ラスタとんねるず』・『とんねるずの本汁でしょう!!』を含めて通算29年放送されていた『とんねるずのみなさんのおかげでした』の後番組として放送開始[1][2]

坂上がフジテレビ系列のゴールデンタイムプライムタイム帯のレギュラー番組でMCを務めるのは、当番組が初めてとなる[3]

当番組は、坂上が世間を騒がせた人物や事件を直撃するといった、「ジャーナリズムバラエティ番組」である[4]。昭和・平成の事件史の再現ドラマコーナーも含め、2017年12月29日放送の単発番組『バイキング・ザ・ゴールデン 坂上忍が2017年ニュースの主役を直撃!〜あの騒動の真相&裏側 初告白SP〜』[5]を元にした内容で、『バイキング』のスタッフ陣による制作[6][7]

初回(19:57開始の2時間SP)[8][9]をはじめ、生放送となる回もある。

出演者[編集]

MC
進行
ゲスト
  • 毎回異なる芸能人がスタジオに数名出演。
直撃ゲスト

放送リスト[編集]

ネット局と放送時間[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ
関東広域圏 フジテレビ(CX) フジテレビ系列 木曜日 21:00 - 21:54 制作局
北海道 北海道文化放送(uhb) 同時ネット
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit)
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 新潟総合テレビ(NST)
長野県 長野放送(NBS)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
近畿広域圏 関西テレビ(KTV)
島根県鳥取県 山陰中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビ熊本(TKU)
大分県 テレビ大分(TOS) フジテレビ系列
日本テレビ系列
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) フジテレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ(OTV)

スタッフ[編集]

  • ナレーター:服部伴蔵門[注 4]
  • ドラマスタッフ(不定期)
    • 演出・構成:松木創
    • 技術プロデュース:伊藤雅彦、市村雅彦
    • 撮影 : 白石利彦
    • 照明:磯部大和
    • VE:三好良三
    • 音声:山根剛(第3回)
    • 編集:安部華子
    • ライン編集:杉原丈司、松本沙織(松本→第3回)
    • 音響効果:梅本佳夏
    • 選曲:安藤友章
    • MA:佐藤浩二
    • 技術デスク:溝口健志
    • 美術プロデューサー:吉田敬
    • 美術進行:森田智弘
    • 装飾:北川貴啓
    • 持道具:網野高久
    • 衣裳:佐藤理恵
    • ヘアメイク:南里真衣、清水惇子(清水→松下由樹担当)
    • 協力:バンエイト、ロケット、セブンゲート、高橋ロケサービス
    • スタント:劔持誠
    • 警察監修:古谷謙一(第1回は医療監修)
    • 演出補:高橋由妃(紀)
    • プロデューサー補:野村真委子
    • 制作担当:安藤充、遠藤聖一
    • ドラマ制作:共同テレビジョン
  • ドキュメンタリースタッフ(不定期)
    • AD:宮森敬太、井上佳奈子、吉田恵(吉田→第3回)
    • 取材ディレクター:小林一丈、宮本一繁(宮本→ディレクターの回あり)
    • リサーチ:安井香織
    • プロデューサー:石川陽(NEXTEP、ドキュメンタリーを放送しない回はプロデューサー)、須藤景子(NEXTEP)
  • 構成:石原健次、大平尚志、デーブ八坂、あだち昌也、澤井直人(毎週)、しゃーく岡田、志賀一也、久住祐摩(週替り)
  • 美術プロデュース:平井秀樹
  • デザイン:鈴木賢太、杉山宏樹
  • アートコーディネーター:村瀬大(第1回は美術進行)
  • 大道具:杉本孝宏
  • 装飾:門間誠
  • アクリル装飾:谷口航平
  • 特殊装置:桑島亮太
  • アートフレーム:石井智之
  • メイク:山田かつら
  • マルチ:佐々木亮
  • 校正:タイトルアート
  • TP:長田崇
  • TD:高瀬義美
  • SW:小林光行
  • CAM:池田幸弘
  • VE:武田和浩
  • AUD:小清水健治
  • 照明:本沢啓史
  • TK:髙木美紀(毎週)、松下絵里(不定期)
  • CGプロデュース:小林美穂
  • CGデザイン:鈴木鉄平
  • CG制作・送出:デジデリック
  • CG技術:遠山健太郎
  • EED:川奈部野和
  • MA:上松紗弓
  • 音響効果:高田智彰
  • リサーチ:スコープ
  • 監修(第2回):ヴァスコ・ダ・ガマ
  • デスク:亀井幸恵
  • 協力:フジアールニユーテレスfmtスタジオヴェルトBABY SOUND LUCK
  • 制作協力:SWITCH、IVSテレビ制作、クリーク・アンド・リバー社、NEXTEP、ぷろぺら
  • 編成:南條祐紀(フジテレビ)
  • 広報:瀬田裕幸(フジテレビ)
  • 監修(第2回):森山俊輔(フジテレビ、第2回-)、佐治康一(フジテレビ、第3回-)
  • FD/演出:伊藤嘉彦(アズバーズ
  • AP:ジョンヒョンヨン、長谷川うらら(Jアソシエイツ)、田村友宏(週替り)
  • キャスティングP:佐久間茂(フジテレビ)
  • ディレクター:及川博則(ライス)、細矢周作(SWITCH)、武富博志(Jアソシエイツ)、藤巻圭吾(クリーク・アンド・リバー社)、則武和真、兼丸洋介(兼丸→エスエスシステム)、町田亘、池山喜勇(池山→フジテレビ)、蔡理皓(週替り)
  • プロデューサー:大川友也、挾間英行(共にフジテレビ)、川島典子(FOOLEN LARGE)、宮崎孝幸(ステイ)、勝又郁乃(毎週)、原田廣一(SWITCH)、永井清、村上浩美(共にライス)、江口慧(THE WORKS)、駒崎茂之(ロングテイル)、斎藤真一(バンエイト)、中垣佐知子(ロングテイル)、宇和川隆(クリーク・アンド・リバー社)、開発勇輔(週替り)
  • 演出:安井章浩(デフコンファイブ)、多田隆人(IVSテレビ制作)、大平進士(クリーク・アンド・リバー社)、扇山篤司(BACK-UP)、山﨑貴博(フジテレビ、第1回はドキュメンタリー演出)(週替り)
  • 総合演出:島本亮(フジテレビ)
  • ゼネラルプロデューサー:石塚大志(フジテレビ)
  • チーフプロデューサー:小仲正重(フジテレビ)
  • 制作:フジテレビ編成局制作センター第二制作室
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ[編集]

  • ドラマスタッフ(不定期)
    • 音声:谷部剛(第1回)
    • ガンエフェクト:大宮敏明(第1日)
    • 大阪弁監修:坂中久志(第1回)
    • 演出補:村谷嘉則(第1回)
    • 記録:堤眞理子(第1回)
  • ドキュメンタリースタッフ(不定期)
    • 取材ディレクター:吉行俊介(第1回、NEXTEP)
以降第1回のみ携わる
  • 再現撮影:南谷浩之
  • 再現録音:武山智則
  • 再現メイク:富岡裕子
  • レファレンス:喜多あおい
  • 助監督:田口桂
  • FD:須原淳一郎(IVSテレビ制作)
  • AD:近藤未来、立川祐磨、井筒健太、高見奈桜、小林亜美、村山盟

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、場合によってはリアルタイム字幕放送で実施することもある。
  2. ^ 一部地域は21:48で飛び降り。
  3. ^ 当初は5月24日放送予定だったが同日に振り替え。
  4. ^ ドラマパートなど、芸能人が単発で担当することもある。

出典[編集]

  1. ^ 「みなおか」後番組に坂上忍の「直撃!シンソウ坂上」”. デイリースポーツ (2018年3月5日). 2018年3月5日閲覧。
  2. ^ フジ社長 大幅4月改編も視聴率苦戦も「いい目が出ている」”. スポーツニッポン (2018年4月27日). 2018年4月27日閲覧。
  3. ^ フジ、坂上忍の新番組は「直撃!シンソウ坂上」”. スポーツ報知 (2018年3月5日). 2018年3月5日閲覧。
  4. ^ フジ、長寿バラエティーの後続番組決定 ゴールデン改変率は29.8%”. 岩手日報 (2018年3月5日). 2018年3月5日閲覧。
  5. ^ バイキング・ザ・ゴールデン 坂上忍が2017年ニュースの主役を直撃!~あの騒動の真相&裏側 初告白SP~ - フジテレビ
  6. ^ 「みなさんのおかげでした」後番組に坂上忍司会バラエティー スポーツニッポン 2018年1月27日
  7. ^ 「みなおか」後枠を担う坂上忍の“座長力”に期待 NEWSポストセブン 「芸能耳年増」(山田美保子)2018年4月17日
  8. ^ a b 石川秀美が、28年ぶりにテレビ出演! - とれたてフジテレビ 2018年4月17日更新
  9. ^ a b 「みなおか」後番組「直撃!シンソウ坂上」初回視聴率は8・7% - スポニチ 2018年4月20日
  10. ^ 坂上忍vs戸塚宏、白熱の舌戦! - とれたてフジテレビ 2018年4月26日更新
  11. ^ 「西鉄バスジャック事件」の真相に迫る! - とれたてフジテレビ 2018年5月3日更新
  12. ^ 脇坂英理子が、事件後、初のテレビ出演! - とれたてフジテレビ 2018年5月17日更新
  13. ^ 西城秀樹さん追悼「直撃!シンソウ坂上」視聴率は8・5% 美紀夫人が最期の姿語る - スポーツ報知 2018年5月25日
  14. ^ 2018年5月23日 16:16 - 直撃!シンソウ坂上【公式】さんのツイート
  15. ^ つなぎ融資の女王」山辺節子の今に迫る! - とれたてフジテレビ 2018年5月31日更新
  16. ^ あさま山荘事件に、新たな切り口から迫る! - とれたてフジテレビ 2018年6月7日更新

関連項目[編集]

  • バイキング (テレビ番組) - 同局で坂上がメインMCを務める平日昼に放送されている帯バラエティ番組。また、2017年12月29日に放送された特別番組『バイキング・ザ・ゴールデン』が本番組のベースとなっている。

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 木曜日21:00 - 21:54枠
前番組 番組名 次番組
とんねるずのみなさんのおかげでした
(1997年6月26日 - 2018年3月22日)
直撃!シンソウ坂上
(2018年4月19日 - )
-