直撃!シンソウ坂上

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
直撃!シンソウ坂上
ジャンル 情報番組 / バラエティ番組
演出 島本亮(フジテレビ、総合演出)
司会者 坂上忍
ナレーター 服部伴蔵門
アナウンサー 榎並大二郎フジテレビアナウンサー
製作
製作総指揮 石塚大志(フジテレビ、制作統括)
プロデューサー 大川友也(フジテレビ、CP[注 1]
挾間英行・五十嵐剛(フジテレビ)
佐久間茂(フジテレビ、キャスティングP)
制作 フジテレビ
放送
映像形式 文字多重放送(収録の場合[注 2]
リアルタイム字幕放送(生放送の場合)
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2018年4月19日 - 現在
放送時間 木曜日 21:00 - 21:54
放送分 54分
直撃!シンソウ坂上

特記事項:
初回は、19:57からの2時間スペシャルとして放送(ただし、21:48に臨時の飛び降り点が設けられた)。

直撃!シンソウ坂上』(ちょくげき!シンソウさかがみ)は、フジテレビ系列2018年4月19日から毎週木曜日 21:00 - 21:54(JST)に放送されている情報バラエティ番組であり、坂上忍冠番組である。

概要[編集]

2018年3月22日まで前身番組『とんねるずのみなさんのおかげです』・『ラスタとんねるず'94』・『とんねるずの本汁でしょう!!』を含めて通算29年放送されていた『とんねるずのみなさんのおかげでした』の後番組として放送開始[1][2]

坂上がフジテレビ系列のゴールデンタイムプライムタイム帯のレギュラー番組でMCを務めるのは、当番組が初めてとなる[3]

当番組は、坂上が世間を騒がせた人物や事件を直撃するといった、「ジャーナリズムバラエティ番組」である[4]。昭和・平成の事件史の再現ドラマコーナーも含め、2017年12月29日放送の単発番組『バイキング・ザ・ゴールデン 坂上忍が2017年ニュースの主役を直撃!〜あの騒動の真相&裏側 初告白SP〜』[5]のパイロット版が放送した内容で、2018年4月からレギュラー放送となり、『バイキング』のスタッフ陣による制作[6][7]

初回(19:57開始の2時間SP)[8][9]をはじめ、生放送となる回もある。そして、タイムリーな話題を優先して放送内容を緊急変更する場合もある。

2018年10月からは、直前番組『奇跡体験!アンビリバボー』との間にCMを挿まない、ステーションブレイクレス編成となったが、わずか半年後の2019年4月より元のステブレ入りに戻った(『アンビリバボー』の末尾6分をネットしない局を除く)。

2019年3月14日(この回のスタジオ出演はMCの坂上のみ)から、スタジオセットがリニューアルされて初代の警戒色(番組ロゴ同様の配色)というコンセプト[10]からは離れるも、若干明るくソフトな黄色をテーマカラーとして維持した。

出演者[編集]

放送リスト[編集]

  • ゲスト欄の(L)は、ロケ出演を表す。
  • 直撃ゲスト欄の(S)は、スタジオ出演を表す(太字はタイトルにある人物)。
  • 備考欄のNは、著名人が単発で担当するナレーションのことを表す。

2018年(平成30年)[編集]

2019年(平成31年→令和元年)[編集]

ネット局と放送時間[編集]

  • 19:57開始の拡大版を行う場合は一部系列局は基本的にフジテレビの放送終了時刻の6分前に飛び降り編成であるが、局の編成によってはフルネットになる場合もある。
放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ
関東広域圏 フジテレビ(CX) フジテレビ系列 木曜日 21:00 - 21:54 制作局
北海道 北海道文化放送(uhb) 同時ネット
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit)
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 新潟総合テレビ(NST)
長野県 長野放送(NBS)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
近畿広域圏 関西テレビ(KTV)
島根県鳥取県 山陰中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビ熊本(TKU)
大分県 テレビ大分(TOS) フジテレビ系列
日本テレビ系列
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) フジテレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ(OTV)

スタッフ[編集]

  • 制作統括:石塚大志(フジテレビ、2018年12月13日まではゼネラルプロデューサー)[注 10]
  • ナレーター:服部伴蔵門小野寺一歩土屋佑壱湯浅真由美[注 11]
  • 構成:石原健次、大平尚志、デーブ八坂、あだち昌也、今井健太、澤井直人(毎週)、しゃーく岡田、志賀一也、久住祐摩、西澤公太郎、古賀文恵、渡辺健久(週替り)
  • 美術プロデュース:平井秀樹
  • デザイン:鈴木賢太、杉山宏樹
  • アートコーディネーター:村瀬大(第1回は美術進行)
  • 大道具:杉本孝宏
  • 装飾:門間誠
  • アクリル装飾:谷口航平
  • 特殊装置:桑島亮太
  • アートフレーム:石井智之
  • メイク:山田かつら
  • マルチ:佐々木亮
  • 校正:タイトルアート
  • TP:長田崇
  • TD:高瀬義美
  • SW:小林光行
  • CAM:池田幸弘
  • VE:武田和浩
  • AUD:小清水健治
  • 照明:本沢啓史
  • TK:髙木美紀(毎週)、松下絵里(不定期)
  • 音響効果:高田智彰
  • CGプロデュース:小林美穂
  • CGデザイン:鈴木鉄平
  • CG製作:デジデリック(以前は送出兼務)
  • EED:川奈部野和
  • MA:上松紗弓
  • 監修(第2回-):ヴァスコ・ダ・ガマ
  • リサーチ:スコープ、梶谷翔平(梶谷→2019年6月20日-)
  • デスク:吉永由佳[注 10]
  • 協力:フジアールニユーテレスfmtスタジオヴェルトBABY SOUND LUCK
  • 制作協力:SWITCH、IVSテレビ制作、クリーク・アンド・リバー社、NEXTEP、ぷろぺら(毎週)、rice、SPIN GLASSSCRATCHHiHO-TVTV BOX(不定期)
  • 監修(第2回-):森山俊輔(フジテレビ、第2回-)、佐治康一(フジテレビ、第3回-)
  • 広報:瀬田裕幸(フジテレビ)
  • AD:村山盟(毎週)、深田翔平、湯澤雛乃、立川拓(祐)磨、井筒健太、高見奈桜、井上佳奈子(井上→[注 12])、李衍珍、中井太一、北島由依、石鉢智也、長井愛美、御供聡史、小島未帆、石川眞衣、長島明裕、土肥汀、雨宮貴文(史)、山本亜海、森洋雄、波立奈々、日下部優樹(週替り)
  • キャスティングP:佐久間茂(フジテレビ)
  • AP:田村友宏、ジョンヒョンヨン、岡田玲子、渡邊恵美、近藤未来(近藤→2019年4月18日 -、以前は毎週AD)、八木田夏実(2019年4月25日 - )、石平萌(2019年5月30日 - )(週替り)、吉川麻紀子(毎週、以前は週替りAP)
  • ディレクター:細矢周作(SWITCH)、藤巻圭吾(クリーク・アンド・リバー社)、則武和真、兼丸洋介(兼丸→エスエスシステム)、町田亘、池山喜勇(池山→クリーク・アンド・リバー社)、蔡理皓、深代琢也、卯目速人(卯目→SWITCH)、小林一丈、宮森敬太(小林・宮森→[注 12]、宮森→ドキュメンタリー時はAD)、池田おさむ、隅川恵美(TV BOX)、林佳祐(IVSテレビ制作)、前田信忠、丹羽秀樹、竹井卓、青山敏雄(青山→デフコンファイブ)(週替り)
  • プロデューサー:挾間英行、五十嵐剛(共にフジテレビ、五十嵐→[注 10] )、川島典子(FOOLEN LARGE)、宮崎孝幸(ステイ)、勝又郁乃(D:COMPLEX)(毎週)、原田廣一(SWITCH)、石川陽、須藤景子(共にNEXTEP、[注 12])、永井清、村上浩美(共にライス)、江口慧(THE WORKS)、駒崎茂之(ロングテイル)、斎藤真一(バンエイト)、中垣佐知子(ロングテイル)、宇和川隆(クリーク・アンド・リバー社)、開発勇輔(EPOCL)、近藤照代(IVSテレビ制作)、中村倫久(HiHO-TV)、星利也、今野恒(共にTV BOX)・山本布美江(フジテレビ)[注 10](週替り)
  • 演出:安井章浩(デフコンファイブ)、多田隆人(IVSテレビ制作)、扇山篤司(BACK-UP)、山﨑貴博(フジテレビ、第1回はドキュメンタリー演出)、伊藤嘉彦(アズバーズ、以前はFDの回あり)(毎週、以前は週替り)、及川博則(ライス、以前はディレクター)、吉行俊介(NEXTEP、以前は取材ディレクター)、大城浩一郎(SCRATCH)、武富博志(Jアソシエイツ、以前はディレクター)、井上光紀(TV BOX)、閑和明(えすと)、須原淳一郎(IVSテレビ制作、以前はFD►ディレクター)(週替り)
  • 総合演出:島本亮(フジテレビ)
  • チーフプロデューサー:大川友也(フジテレビ、[注 1][注 10]
  • 制作:フジテレビ編成局制作センター第二制作室
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ[編集]

  • ドラマスタッフ(不定期)
    • 演出・構成:松木創後藤庸介
    • 脚本:守口悠介
    • 技術プロデュース:伊藤雅彦、市村雅彦
    • 撮影:白石利彦
    • 照明:磯部大和
    • VE:三好良三
    • 音声:谷部剛(第1回)、山根剛(第3回)
    • 編集:安部華子
    • ライン編集:杉原丈司、松本沙織(松本→第3回)
    • 音響効果:梅本佳夏
    • 選曲:安藤友章
    • MA:佐藤浩二
    • 技術デスク:溝口健志
    • 美術プロデューサー:吉田敬
    • 美術進行:森田智弘
    • 装飾:北川貴啓
    • 持道具:網野高久
    • 衣裳:佐藤理恵
    • ヘアメイク:南里真衣、清水惇子(清水→松下由樹担当)
    • 協力:バンエイト、ロケット、セブンゲート、高橋ロケサービス
    • スタント:劔持誠
    • ガンエフェクト:大宮敏明(第1回)
    • 警察監修:古谷謙一(第1回は医療監修)
    • 大阪弁監修:坂中久志(第1回)
    • 演出補:村谷嘉則(第1回)、高橋由妃(紀)
    • 記録:堤眞理子(第1回)
    • プロデューサー補:野村真委子
    • 制作担当:安藤充、遠藤聖一
    • ドラマ制作:共同テレビジョン
  • ドキュメンタリースタッフ(不定期)
    • AD:吉田恵(第3回)
    • 取材ディレクター:宮本一繁(ディレクターの回あり)
    • リサーチ:安井香織
以降第1回のみ携わる
  • 再現撮影:南谷浩之
  • 再現録音:武山智則
  • 再現メイク:富岡裕子
  • レファレンス:喜多あおい
  • 助監督:田口桂
その他
  • CG技術:遠山健太郎
  • メイク:岩井マキ(M、2019年2月21日)
  • 編成:南條祐紀(フジテレビ)
  • AD:小林亜美
  • AP:長谷川うらら(Jアソシエイツ)
  • デスク:亀井幸恵(2018年12月13日まで)
  • 演出:大平進士(クリーク・アンド・リバー社)
  • チーフプロデューサー:小仲正重(フジテレビ、2018年12月13日まで)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 2018.12.13まではプロデューサー。
  2. ^ ただし、放送内容の緊急変更時など、場合によってはリアルタイム字幕放送で実施することもある。
  3. ^ 出演しない回もある。
  4. ^ a b c d e f g h i 一部地域は21:48で飛び降り。
  5. ^ 野際パートのVTRの語り[23][24][25]
  6. ^ 天皇・皇后パートのVTRの語り[53]
  7. ^ 2018年11月15日の第2弾。
  8. ^ a b c d e f g h i 番組冒頭、2/21「世界が驚いた決定的瞬間 衝撃のシンソウ8連発!」。2/28「衝撃映像の裏にシンソウあり 世界が驚いた! 決定的瞬間8連発!」、3/7「7連発!」、3/14「6連発!」、4/4「10連発」、4/25「6連発」、5/9「4連発」、6/13・20「7連発」。
  9. ^ 過去放送回の、#1薬丸裕英と#19つんく♂ハワイロケVTRも含む。
  10. ^ a b c d e 2019年1月10日 -。
  11. ^ ドラマパートなど、芸能人が単発で担当することもある。
  12. ^ a b c ドキュメンタリースタッフ担当の回あり。
  • 放送内容・放送時間の変更
  1. ^ 当初は『つなぎ融資の女王』を予定。
  2. ^ 当初は5月24日放送予定だったが同日に振り替え。
  3. ^ 当初は松山ホステス殺害事件を予定[21][22]
  4. ^ 当初は7月12日に放送予定だったが同日に振り替え。
  5. ^ 当初は「昭和の歌姫・美空ひばり逝去30年目の真相!妹&息子が激白」を予定。
  6. ^ 当初は9月6日に放送予定だったが同日に振り替え。
  7. ^ 番組放送中に北海道で震度6弱の地震が発生した事に伴い、21:28 - 21:33に番組を一時中断した上で関連ニュースを放送したため、急遽21:00 - 21:28・21:33 - 21:59に2分割して放送。再開後の数分間は字幕放送を停止[72]
  8. ^ a b 前週時点の公式サイトでは、「GACKT独占密着企画第二弾!」と「女性芸能人を襲った難病奇病&予防法SP」(その後、6月13日に放送)の2本立てを予定。

出典[編集]

  1. ^ 「みなおか」後番組に坂上忍の「直撃!シンソウ坂上」”. デイリースポーツ (2018年3月5日). 2018年3月5日閲覧。
  2. ^ フジ社長 大幅4月改編も視聴率苦戦も「いい目が出ている」”. スポーツニッポン (2018年4月27日). 2018年4月27日閲覧。
  3. ^ フジ、坂上忍の新番組は「直撃!シンソウ坂上」”. スポーツ報知 (2018年3月5日). 2018年3月5日閲覧。
  4. ^ フジ、長寿バラエティーの後続番組決定 ゴールデン改変率は29.8%”. 岩手日報 (2018年3月5日). 2018年3月5日閲覧。
  5. ^ バイキング・ザ・ゴールデン 坂上忍が2017年ニュースの主役を直撃!~あの騒動の真相&裏側 初告白SP~ - フジテレビ
  6. ^ 「みなさんのおかげでした」後番組に坂上忍司会バラエティー スポーツニッポン 2018年1月27日
  7. ^ 「みなおか」後枠を担う坂上忍の“座長力”に期待 NEWSポストセブン 「芸能耳年増」(山田美保子)2018年4月17日
  8. ^ a b 石川秀美が、28年ぶりにテレビ出演! - とれたてフジテレビ 2018年4月17日更新
  9. ^ a b 「みなおか」後番組「直撃!シンソウ坂上」初回視聴率は8・7% - スポニチ 2018年4月20日
  10. ^ フジテレビジュツの仕事 「直撃!シンソウ坂上」 デザイナー 杉山宏樹 - フジテレビ 「フジテレビジュツのヒミツ」
  11. ^ 坂上忍vs戸塚宏、白熱の舌戦! - とれたてフジテレビ 2018年4月26日更新
  12. ^ 「西鉄バスジャック事件」の真相に迫る! - とれたてフジテレビ 2018年5月3日更新
  13. ^ 脇坂英理子が、事件後、初のテレビ出演! - とれたてフジテレビ 2018年5月17日更新
  14. ^ 西城秀樹さん追悼「直撃!シンソウ坂上」視聴率は8・5% 美紀夫人が最期の姿語る - スポーツ報知 2018年5月25日
  15. ^ 2018年5月23日 16:16 - 直撃!シンソウ坂上【公式】さんのツイート
  16. ^ つなぎ融資の女王」山辺節子の今に迫る! - とれたてフジテレビ 2018年5月31日更新
  17. ^ 「出所後はラオスで…」“つなぎ融資の女王”が判決後に語ったこと - FNN.jpプライム
  18. ^ あさま山荘事件に、新たな切り口から迫る! - とれたてフジテレビ 2018年6月7日更新
  19. ^ 鉄球作戦は“失敗”だった!?「あさま山荘事件」奇跡の救出劇の舞台裏 - FNN.jpプライム
  20. ^ 辺見マリの5億円洗脳騒動の裏側に迫る! - とれたてフジテレビ 2018年7月5日更新
  21. ^ 真瀬樹里、フジテレビ「直撃!シンソウ坂上SP」出演! - レプロエンタテインメント
  22. ^ 2018年7月5日 - 松木創さんのツイート
  23. ^ オウム・林受刑者、サリン事件自首の真相! - とれたてフジテレビ 2018年7月11日更新
  24. ^ 「先生…」この呼び方が、林郁夫をオウム真理教から人間に戻した - FNN.jpプライム
  25. ^ フジ『シンソウ坂上』番組最高視聴率9.4%獲得 オウム真理教の実録ドラマ、野際陽子さん特集を放送 - ORICON NEWS 2018年7月13日
  26. ^ スーパースター・石原裕次郎の生涯に迫る! - とれたてフジテレビ 2018年7月18日更新
  27. ^ 「彼は闘えないと思った…」妻が語る“昭和の大スター”石原裕次郎の素顔 - FNN.jpプライム
  28. ^ 長男の目線から、「母・福田和子」を描く! - とれたてフジテレビ 2018年8月1日更新
  29. ^ 「恨む気持ちは欠片もない」長男が明かす福田和子の"母の顔" - FNN.jpプライム
  30. ^ 「テレビの表現の天才。」安藤優子が語る“育ての親”逸見政孝の存在 - FNN.jpプライム
  31. ^ フジ『シンソウ坂上』番組最高視聴率を更新 逸見政孝さん25年前の衝撃会見を特集 - ORICON NEWS、2018年8月10日
  32. ^ 日航機墜落事故、33年目の真相に迫る! - とれたてフジテレビ 2018年8月15日更新
  33. ^ 日航機墜落事故から33年 9歳の息子が遺した“宿題” - FNN.jpプライム
  34. ^ 津川雅彦と朝丘雪路、その生涯に迫る! - とれたてフジテレビ 2018年8月29日更新
  35. ^ 「あと3年は…」奥田瑛二が明かす津川雅彦、最期の100日間 - FNN.jpプライム
  36. ^ 塚原光男副会長、第三者委員会の調査結果で「自分の進退も考えたい」 - スポーツ報知、2018年9月7日
  37. ^ 渦中の「体操パワハラ問題」の真相に迫る! - とれたてフジテレビ 2018年9月6日更新
  38. ^ 美空ひばりの知られざる素顔に迫る! - とれたてフジテレビ 2018年9月12日更新
  39. ^ 「それだけはやらせて」闘病中の壮絶ステージ…美空ひばり没後30年。激動の人生を妹と息子が激白 - FNN.jpプライム
  40. ^ 「地下鉄サリン事件」の真相に迫る! - とれたてフジテレビ 2018年10月2日更新
  41. ^ 信仰心よりも憎しみが勝った。オウム真理教“天才科学者”土谷正実元死刑囚が真実を語ったきっかけ - FNN.jpプライム
  42. ^ ハワイでのつんく♂の生活に独占密着! - とれたてフジテレビ 2018年10月17日更新
  43. ^ 「心臓がバクバクして…」つんく♂が妻と貴重2ショットで明かす がん闘病とハワイ移住 - FNN.jpプライム
  44. ^ 女優・樹木希林さんの生涯に迫る! - とれたてフジテレビ 2018年10月24日更新
  45. ^ 「時が来たら誇りをもって脇にどけ」女優・樹木希林さんの知られざる“生きざま”に迫る - FNN.jpプライム
  46. ^ 「芸人としては、これでダメかと思った…」 - とれたてフジテレビ 2018年10月31日更新
  47. ^ 震災が人生を一変させた…サンドウィッチマンが“芸人人生”を懸けた3つの決断 - FNN.jpプライム
  48. ^ 島倉千代子の秘蔵映像を特別公開! - とれたてフジテレビ 2018年11月8日更新
  49. ^ 離婚・借金・がん…まさに“人生いろいろ” 島倉千代子の今明かされる素顔 - FNN.jpプライム
  50. ^ 直撃!シンソウ坂上 忘れてはいけない平成30年間重大ニュース!緊迫生中継映像 - gooテレビ番組(関西版)
  51. ^ 全身がんを告白した高須克弥に密着! - とれたてフジテレビ 2018年11月21日更新
  52. ^ 「全身がん」公表の高須院長が“保証のない”治療を選んだ覚悟と事実婚を選んだワケ - FNN.jpプライム
  53. ^ スタッフからのお知らせ - 由紀さおりオフィシャルブログ 2018年11月28日
  54. ^ 国民的女優・森光子の生涯に迫る! - とれたてフジテレビ 2018年11月28日更新
  55. ^ 二度の離婚、『放浪記』初演での降板危機…国民的女優・森光子にとって仕事は生きることだった - FNN.jpプライム
  56. ^ “小さいお帽子”に込められた美智子さまの思い 両陛下の心温まる触れ合いの記録 - FNN.jpプライム
  57. ^ 伝説のロックバンド「QUEEN」を特集! - とれたてフジテレビ 2018年12月12日更新
  58. ^ 『渡鬼』誕生の裏に夫の莫大な遺産!? 橋田壽賀子が人気脚本家になるまで - FNN.jpプライム
  59. ^ 「死ぬときくらい自由に選ばせて」安楽死宣言をした脚本家・橋田壽賀子の真意 - FNN.jpプライム
  60. ^ 元号を巡る記者たちの戦いをドラマ化! - とれたてフジテレビ 2019年1月7日更新
  61. ^ 「元号を取れ!」トラウマ乗り越え“幻のスクープ”…記者たちの熱き戦い - FNN.jpプライム
  62. ^ 「人生の消しゴムはない」相撲界から去って1年…モンゴルで叶えた日馬富士の夢 - FNN.jpプライム
  63. ^ 再始動したASKAに、坂上忍が直撃! - とれたてフジテレビ 2019年1月17日更新
  64. ^ 「引退も覚悟した」ASKAが語る覚せい剤に手を染めてから復帰までの道のり - FNN.jpプライム
  65. ^ 2005年に亡くなった本田美奈子.を特集! - とれたてフジテレビ 2019年1月24日更新
  66. ^ 「神様は歌わせてくれないのですか?」本田美奈子.が白血病の闘病中にこぼしたホンネ - FNN.jpプライム
  67. ^ 直撃!シンソウ坂上 【超衝撃!平成30年間のニュース映像!フジ独占秘蔵映像公開】 - gooテレビ番組(関西版)
  68. ^ 騒動後の純烈に、独占初密着! - とれたてフジテレビ 2019年2月7日更新
  69. ^ 「誰があげたんだ?」謝罪文も訂正…純烈メンバー“脱退騒動” 混乱の舞台裏を告白 - FNN.jpプライム
  70. ^ 三原じゅん子の激動の人生に迫る! - とれたてフジテレビ 2019年2月14日更新
  71. ^ 自分の意思で門を叩いた…。三原じゅん子が女優から政治家を目指した転機 - FNN.jpプライム
  72. ^ kanteleのツイート(1098571720837935104)
  73. ^ 国民的漫画家・手塚治虫を特集! - とれたてフジテレビ 2019年2月21日更新
  74. ^ 締め切りは守れず、アニメ放送後に大直し!? “漫画の神様”手塚治虫さんの素顔 - FNN.jpプライム
  75. ^ 膀胱ガンと戦う小倉智昭の日常に密着! - とれたてフジテレビ 2019年2月28日更新
  76. ^ 1時間に1回のトイレ…がんで「膀胱全摘」した小倉智昭さんが激変した生活を明かす - FNN.jpプライム
  77. ^ 女性は特に注意…演歌歌手・神野美伽さんが患った「リスフラン関節」の激痛の原因 - FNN.jpプライム
  78. ^ 日本フィギュアスケートの強さに迫る! - とれたてフジテレビ 2019年3月7日更新
  79. ^ 女優・川島なお美の闘病の真相に迫る! - とれたてフジテレビ 2019年3月14日更新
  80. ^ 「忘れる、忘れない」ではない。夫・鎧塚俊彦が語る亡き妻・川島なお美への思い - FNN.jpプライム
  81. ^ 坂上忍が、貴乃花光司に直撃インタビュー! 現在の独身生活、新事業、父親・初代貴ノ花の闘病生活などについて語り尽くす! - とれたてフジテレビ 2019年4月4日更新
  82. ^ 元貴乃花親方が明かした同居人、母、兄。そして今なお“相撲部屋”に住み続けるワケ - FNN.jpプライム
  83. ^ 不動の人気を誇る、東京ディズニーリゾートに隠された秘密とは!? - とれたてフジテレビ 2019年4月18日更新
  84. ^ 「変化」と「進化」に挑み続ける東京ディズニーリゾート。“ディズニー・イースター”の舞台裏を独占取材 - FNN.jpプライム
  85. ^ 埋め立て時にまだ誘致は白紙…8代目社長が語る東京ディズニーリゾート“進化”への想い - FNN.jpプライム
  86. ^ 名曲『15の夜』誕生秘話、無期限の活動休止の背景が明らかに! - とれたてフジテレビ 2019年4月25日更新
  87. ^ 『15の夜』は実体験だった…今なお、若者の心を捉え続ける尾崎豊の生き様 - FNN.jpプライム
  88. ^ GACKTのマレーシア移住生活に初密着! 自宅大豪邸&巨額ビジネスなど、その全てを公開! - とれたてフジテレビ 2019年5月2日更新
  89. ^ a b GACKTが明かす脱退騒動の裏側と卒業式サプライズに隠された思い - FNN.jpプライム
  90. ^ GACKTに密着『直撃!シンソウ坂上』番組最高視聴率13.1% マイナビニュース 2019年5月7日
  91. ^ 芸能人の海外移住生活の真相とは!? - とれたてフジテレビ 2019年5月9日更新
  92. ^ GACKT未公開シーンも放出!彼が「ずっと謝りたかった」人物とは!? - とれたてフジテレビ 2019年5月16日更新
  93. ^ 前例なければ作ればいい!“現代ホスト界の帝王”ローランドが貫き続けるこだわり - FNN.jpプライム
  94. ^ 「本当に死にたかった」…小林麻耶が芸能界引退に至った真相を初告白! - とれたてフジテレビ 2019年5月30日更新
  95. ^ 心も体もボロボロに…小林麻耶が明かす芸能界“引退”に至った本当の理由 - FNN.jpプライム
  96. ^ 渡辺謙 ロスでの独身生活、そして「再婚」の可能性は!? - とれたてフジテレビ 2019年6月6日更新
  97. ^ 渡辺謙が“山小屋で暮らす”ワケ…ハリウッド進出の知られざる挫折と被災地での活動 - FNN.jpプライム
  98. ^ キャシー中島を襲った「ヘバーデン結節」、 ハイヒール・モモコを襲った「メニエール病&帯状疱疹(ほうしん)」の実態とは? - とれたてフジテレビ 2019年6月13日更新
  99. ^ 突然襲った指の痛み…キャシー中島が20年以上も闘う「ヘバーデン結節」 患者はほぼ女性 - FNN.jpプライム
  100. ^ 原因はストレス!? ハイヒール・モモコを襲った「メニエール病」 - FNN.jpプライム
  101. ^ 大原が姉と慕った浅丘ルリ子が、初めてテレビで彼女について語る! - とれたてフジテレビ 2019年6月20日更新
  102. ^ 「女」ではなく「女優」として生きた…なぜ、大原麗子は孤独死を迎えたのか? - FNN.jpプライム

関連番組[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 木曜日21:00 - 21:54枠
前番組 番組名 次番組
とんねるずのみなさんのおかげでした
(1997年6月26日 - 2018年3月22日)
直撃!シンソウ坂上
(2018年4月19日 - )
-