浜田雅功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
浜田 雅功
本名 濵田 雅功(読み同じ)
ニックネーム 浜ちゃん
生年月日 (1963-05-11) 1963年5月11日(55歳)
出身地 日本の旗 日本兵庫県尼崎市
血液型 A型
身長 165cm
言語 日本語
方言 関西弁大阪弁
最終学歴 日生学園第二高等学校
出身 NSC大阪1期生
コンビ名 ダウンタウン
グループ名 H Jungle with t(1995年 - 1996年)
相方 松本人志
芸風 漫才コントツッコミ
立ち位置
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1983年 -
同期 トミーズ
ハイヒール
現在の代表番組 スペシャル番組
芸能人格付けチェック
レギュラー番組
ごぶごぶ
浜ちゃんが!
プレバト!!
ジャンクSPORTS
過去の代表番組 人気者でいこう!
作品 曲「WOW WAR TONIGHT
曲「チキンライス
曲「なんでやねんねん」
配偶者  小川菜摘
親族 ハマ・オカモト(長男)
受賞歴
1984年 ABCお笑い新人グランプリ

浜田 雅功(はまだ まさとし、1963年5月11日 - )は、日本お笑いタレント漫才師司会者歌手声優。お笑いコンビ・ダウンタウンツッコミ担当。相方は松本人志。愛称は浜ちゃん[1]。妻は小川菜摘。長男はOKAMOTO'Sベーシストハマ・オカモト[2]

略歴[編集]

大阪市浪速区で生まれる。父は大阪万博にてソ連館のペンキ塗りを請け負っていたペンキ屋に勤めていた。幼稚園へ上がる頃に尼崎市へ移る。それまでは芦屋市で家族で暮らしていた[3]高須光聖とは幼稚園時代からの付き合い。浜幼稚園の松組である。松本人志と同じ潮江小学校に入学するも同じクラスになることは一度も無かったが、お互い認識はしていた。中学2年時に同じクラスになり親交が始まる。中学3年時に放送部に松本人志ら友人と共に入部する。

1979年三重県にある当時全寮制の日生学園高等学校(現在は桜丘高等学校)に入学し、2年次に開校にともない移動した全寮制の日生学園第二高等学校(現在は青山高等学校)を卒業。在学時は副学寮長を務める。全寮制で抑圧が厳しい生活をしていたので、三色の歯磨き粉が発売されていたことを知らず、校内で頭髪を丸刈りにする際に床に敷かれていた新聞から知る程であった。高校卒業後の目標は特になかったため、父親の提案で競艇選手の試験を受けたが落第している[4][5]

1982年、松本を誘って吉本興業入り。吉本総合芸能学院第1期生となる。当初は『松本・浜田』というコンビ名であったが、その後改名により『ひとしまさし』『てるお・はるお』『ライト兄弟』を経て『ダウンタウン』となった。

4時ですよーだ』で関西地区での人気を不動のものにする。ほどなくして上京、『夢で逢えたら』『ダウンタウンのごっつええ感じ』などで人気を博し、全国区タレントとして広く名を知られるようになる。1990年前後にはウッチャンナンチャンとんねるずB21スペシャルらと共に「お笑い第三世代」として一大ブームを巻き起こした。以後、お笑いのみの活動にとどまらず、俳優声優歌手としても活動し、ピンでは司会業を務める事も多い。

2016年12月声帯炎にかかり、同月18日、25日[6]放送のダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!を欠席した。相方・松本はこれを受け「欠席前の方が声が出ていてハキハキしていた」と後日ガキの使いで語った。[7]

妻に小川菜摘(1989年より)、長男にハマ・オカモト[8]2015年の時点でアメリカ留学をしている次男[9]がいる。

人物[編集]

既婚者の妹がいる。好きな食べ物は焼きそば(特にペヤングソース焼きそば日清焼そばU.F.O.が大好物)。苦手な食べ物はトマト。子供の頃のあだ名は浜ちょん。

昔から物怖じしない性格であり、先輩芸人や大御所に対しても臆することなくド突き回したり、タメ口を利いてツッコミを入れる。本人によると、「初対面でもタメ口が、仲良くなれるコツ」としている[10]

小室哲哉はボーカリストとしての浜田を「浜ちゃんは『キーが高い』という売れる条件を備えている。とりあえずCHAGE and ASKAB'zはもう抜いた」と評している[11]

テレビ番組で良い仕事をしていると感じた後輩ツッコミ芸人に、矢部浩之名倉潤蛍原徹三村マサカズ天野ひろゆきトシ後藤輝基の7名を挙げている[12]

相方の松本は著書やインタビューで「浜田がいなかったらダウンタウンはメジャーな存在にはなっていないだろう」という内容の発言を何度も語っている。『プロフェッショナル 仕事の流儀』では「僕があいつの弔辞を読むよりあいつが僕の弔辞を読むほうが絶対いい。だからあいつには僕より1日でも多く長生きしてもらわんとね」と述べた。 中学2年生の時、松本人志から3000円を貸して貰ったが返しておらず、高須光聖からは「空手バカ一代」のレコードを借りたが割れてしまい処分したことが水曜日のダウンタウンで暴露された。

グラドルとの不倫が報じられたが、妻の小川菜摘より「彼は羽目を外し過ぎ、伸ばし過ぎた羽根を、家族にバキバキに折られ、その羽根をそっと畳み、意気消沈ゴリラになっています」「我が家は大丈夫」と、一家の平穏を自身のブログで綴っている。

若手時代、同期のハイヒールモモコが好きだったと言われているが本人は否定している。

他人の服装には厳しく、サンダル半ズボンを履いて挨拶に来た若手を浜田が叱責したこともあった。

音楽作品[編集]

シングル[編集]

H Jungle with t[編集]

浜田雅功[編集]

  • 春はまだか(1997年12月12日、Sony Records
    奥田民生プロデュースによるシングル。JR東日本のCMで使われた。
    Music Videoやテレビ出演には奥田も参加。
  • 幸せであれ(1999年6月16日、WARNER MUSIC JAPAN
    朝日放送人気者でいこう!」で企画されたソロシングル。
  • ラブレター(2012年11月20日) - 雑誌「SWITCH」2012年12月号(Vol.30 No.12)の付録。
    浜田が特集されたカルチャー雑誌「Swtich」Vol.30 No.12(2012年12月号)の付録CDとしてリリース。翌月に配信リリースされた。
    作詞は放送作家で同級生の高須光聖、作曲・プロデュースは奥田民生
    楽器演奏はベース以外は全て奥田が演奏しているが、ベースは「人の息子」とクレジットされており、浜田の長男・ハマ・オカモトが演奏している。

浜田雅功と槇原敬之[編集]

  • チキンライス(2004年11月17日、R and C
    作詞:松本人志、作曲・プロデュース・コーラスを槇原敬之が担当。小室同様、「HEY!HEY!HEY!」に槇原敬之がゲスト出演した際、浜田が曲作ってとお願いしたのがキッカケで作られた。

浜田ばみゅばみゅ[編集]

アルバム[編集]

GEISHA GIRLSのshoについてはGEISHA GIRLSを参照。

映像作品[編集]

VHS[編集]

※全て未DVD化

  • MUSIC
    • H Jungle with t were born in 3.15,1995 (1995年5月24日) PV&ドキュメント。
    • GOING GOING HOME(1995年9月21日) PV&ドキュメント。
  • ゴルフ
    • 浜田雅功 勝つためのゴルフ(1995年) ゴルフレッスンビデオ第1弾。全1巻。
    • 浜田雅功のシングルGOLF Vol.1 - 6(1997年) ゴルフレッスンビデオ第2弾。全6巻。
    • ゴルフ者でいこう! 1 - 6(1999年) ゴルフレッスンビデオ第3弾。全6巻

DVD[編集]

出演[編集]

ダウンタウンとしての出演番組・作品はダウンタウンの出演項目を参照。

バラエティ番組[編集]

現在のレギュラー番組[編集]

単発番組[編集]

インターネット配信[編集]

過去[編集]

レギュラー番組[編集]
単発・特番[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

海外アニメ[編集]

CM[編集]

その他[編集]

書籍[編集]

著書[編集]

関連書籍[編集]

  • おかえりっ! 浜田雅功ファミリーのできるまで(1996年、扶桑社ISBN 4594019420
    • 妻であるタレントの小川菜摘によるエッセイ。
  • HAMASHOの本(1999年、ワニブックス)ISBN 4847013050
    浜田と笑福亭笑瓶が出演した番組「HAMASHO」をまとめたもの。
  • エッ!そうくるかぁー(笑) 浜田家式お約束(2000年、扶桑社)ISBN 4594028888
    • 小川菜摘のエッセイ集第2弾。浜田があとがきを寄せている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “浜ちゃん「ごぶごぶ」突然復活 3代目相棒の登場も示唆”. デイリースポーツ. (2017年4月19日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/04/19/0010109366.shtml 
  2. ^ “ガリガリガリクソンとハマ・オカモトの意外な交流が明らかに”. livedoor NEWS. (2017年2月8日). http://news.livedoor.com/article/detail/12645612/ 
  3. ^ 浜ちゃんもゆく:浜田雅功(超)伝説(ダウンタウン探険隊 編、鹿砦社 1996年)「第1章 やんちゃ坊主・浜ちゃんの幼年時代」より
  4. ^ 浜田雅功 つっこみは最高のほめ言葉”. 夕刊フジ (2010年12月1日). 2015年8月15日閲覧。
  5. ^ 浜ちゃんもゆく:浜田雅功(超)伝説「第4章 浜ちゃんの硬派な高校生活」より
  6. ^ 収録は12月7日、オンエアは同日
  7. ^ ▹ 芸能 浜田、声帯炎で『ガキ使』特番を欠席 松本は疑いの目「愛人のところで…」” (2016年12月7日). 2017年1月14日閲覧。
  8. ^ 同じ生年月日にモデルの小谷実由ねごと沙田瑞紀 (長男と同じOKAMOTO'Sのメンバー・オカモトコウキの妻) がいる。
  9. ^ 女優・土屋太鳳とは、幼稚園、小学校時代の同級生だった。 朝ドラ新ヒロイン・土屋太鳳とダウンタウン浜田の「意外な関係」”. アサヒ芸能 (2015年3月30日). 2015年8月15日閲覧。
  10. ^ 浜田雅功『読め!』光文社、1995年。
  11. ^ ダイヤモンド社刊『FM STATION』1995年3月13日号36Pより。
  12. ^ 雑誌「SWITCH」2012年12月号
  13. ^ 浜田ばみゅばみゅ、ヤスタカ書き下ろし「なんでやねんねん」でCDデビュー”. 音楽ナタリー (2015年11月16日). 2015年11月16日閲覧。

外部リンク[編集]