半保護されたページ

シュレック (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シュレックから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

シュレック
Shrek
監督 アンドリュー・アダムソン
ヴィッキー・ジェンソン英語版
脚本 テッド・エリオット
テリー・ロッシオ
ジョー・スティルマン英語版
ロジャー・S・H・シュルマン英語版
原作みにくいシュレック
ウィリアム・スタイグ
製作 アーロン・ワーナー英語版
ジョン・H・ウィリアムズ英語版
ジェフリー・カッツェンバーグ
出演者 マイク・マイヤーズ
エディ・マーフィ
キャメロン・ディアス
ジョン・リスゴー
音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
ジョン・パウエル
編集 シム・エヴァン・ジョーンズ
製作会社 ドリームワークス・アニメーション[1]
パシフィック・データ・イメージズ英語版(PDI)[2][3]
配給 ドリームワークス[3]
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年4月22日(フォックス劇場英語版[4]
アメリカ合衆国の旗 2001年5月18日
日本の旗 2001年12月15日
上映時間 90分[5]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 6,000万ドル[5]
興行収入 世界の旗 4億8,790万ドル[5]
日本の旗 22.7億円[6]
前作 チキンラン
次作 シュレック2シュレックシリーズ
スピリット(ドリームワークス・アニメーション長編作品全般)
テンプレートを表示

シュレック』(原題: Shrek)は、2001年のアメリカ合衆国コンピュータアニメーションファンタジーコメディ映画

ウィリアム・スタイグが1990年に発表した絵本『みにくいシュレック』を原作とする。アンドリュー・アダムソンヴィッキー・ジェンソン英語版が本作から監督としてデビューし、マイク・マイヤーズエディ・マーフィキャメロン・ディアスジョン・リスゴーなどが声を担当している。主にディズニーアニメーションを対象とした、他の童話の翻案作品のパロディである[7]

オーガであるシュレックは、王を目指す堕落したファークアード卿英語版によって追放されたおとぎ話のキャラクターたちが、自分の沼地を蹂躙しているのを発見する。そこで、ファークアード卿が結婚を望むフィオナ姫を城から救出する見返りに、沼の支配権を取り戻す取引をする。ドンキー英語版の助けを借りて冒険に乗り出したシュレックは、やがてフィオナと恋に落ちるが、フィオナにはシュレックの人生を大きく変える秘密が隠されていた。

1991年にスタイグから『みにくいシュレック』の著作権を購入したスティーヴン・スピルバーグは、この本をもとにセルアニメ映画を制作する予定だったが、ジョン・H・ウィリアムズ英語版の説得により、1994年に新しく設立されたドリームワークスに企画を持ち込むことになった。ジェフリー・カッツェンバーグは、スピルバーグからスタジオの権利を購入した直後の1995年に、本作の制作を積極的に開始した。当初、クリス・ファーレイがシュレックの声を担当し、必要な台詞のほぼすべてを録音していた。1997年、ファーレイが本作の完成を待たずに亡くなったため、マイク・マイヤーズが新たな声優として起用され、最終的にシュレックのスコットランド訛りを出すことに落ち着いた。当初はモーションキャプチャで制作する予定だったが、テストの結果が芳しくなかったため、最終的にパシフィック・データ・イメージズ英語版にコンピュータアニメーションの制作を依頼した。

2001年のカンヌ国際映画祭でプレミア上映され、パルム・ドールを競った[8]。アニメーション、声の演技、サウンドトラック、脚本、ユーモアなど、批評家から広く賞賛され、大人と子供の両方を同時に対象としていることが賞賛された。2001年5月18日にアメリカで劇場公開され、製作費6,000万ドルに対して全世界で4億8,400万ドルの興行収入を記録し、2001年で第4位の興行収入となった。また、史上初のアカデミー長編アニメ映画賞を受賞し、脚色賞にもノミネートされた。さらに、英国映画テレビ芸術アカデミーから6つの賞にノミネートされ、最終的に脚色賞を受賞した。本作の成功により、ドリームワークス・アニメーションは、長編コンピュータアニメーションにおいてピクサー・アニメーション・スタジオと並ぶ有力な競争相手となり、『シュレック2』(2004年)、『シュレック3』(2007年)、『シュレック フォーエバー』(2010年)という3本の続編が公開され、さらに2本のホリデー・スペシャル、スピンオフ映画『長ぐつをはいたネコ』、『シュレックシリーズ』の先駆けとなるミュージカル英語版が公開された。第4作の公開前に第5作の企画が中止されたものの、2016年に企画が復活した。しかしその後、制作や公開時期の候補が後ろ倒しになるなど、停滞している。

アメリカ議会図書館から「文化的、歴史的、美学的に重要」と見なされた本作は、2020年にアメリカ国立フィルム登録簿に保存されることが決定している。

ストーリー

沼のほとりの小さな小屋にシュレックという緑色の醜いオーガが暮らしていた。ある日、領主のファークアード卿は国中のおとぎ話のキャラクターたちに賞金を懸けて人々に捕まえさせ、シュレックの住む沼地へ追放した。シュレックの家とその周辺はおしゃべりロバのドンキーを始めとして、ピノキオやオオカミ、七人の小人などのおとぎ話のキャラクターたちに占領されてしまう。静かな生活を取り戻したいシュレックは、ファークアード卿に追放令を取り消すように話をつけるため、ドンキーに道案内をさせ、ファークアード卿が住むデュロックの街へと向かう。

一方デュロックの城では、ファークアード卿が魔法の鏡に王になる方法を尋ね、魔法の鏡は「真の王になるためにはプリンセスと結婚する必要がある」と答える。ファークアード卿は鏡が薦める3人のプリンセスの中から、火を吐く凶暴なドラゴンの守る塔に閉じ込められているフィオナ姫を選ぶ。しかし、自身で助けに向かうことに身の危険を感じたファークアード卿はフィオナ救出の「特権」を与えるトーナメントを企画する。シュレックとドンキーはトーナメント中にデュロックに到着し、城の兵士たちと戦いになるが、全員を倒してしまう。その強さを見たファークアード卿は、シュレックにフィオナを助け出したら沼からおとぎ話のキャラクターたちを追い出してやると約束する。仕方なくシュレックとドンキーはフィオナを助ける旅に出る。

塔に着くと、火を吐く巨大なドラゴンが襲ってくるが、ドンキーは得意の口のうまさでドラゴンを手なずける。シュレックは塔のてっぺんの部屋で眠るフィオナを見つけ、叩き起こし塔から逃げ出すが、白馬の騎士を待っていたフィオナは助けたのがシュレックだったため気を落とす。しかしフィオナは、シュレックが醜さのため人から嫌われると嘆くのを偶然耳にして、シュレックと仲直りする。森を通る時にムッシュ・ロビン・フッドとその一味が襲ってくるが、フィオナはカンフーで倒す。シュレックとフィオナはだんだん打ち解けてお互い惹かれあって行く。ところが、フィオナは日が沈むと夜明けまで醜い緑色のオーガに変身するという魔法をかけられていた。その魔法は運命の人と口づけを交わさなければ解けないことになっていた。フィオナの秘密を知らないシュレックは、フィオナから嫌われていると誤解して沼に帰ってしまう。魔法を解くためにファークアード卿との結婚を決めたフィオナだったが、シュレックの事が忘れられないでいた。沼に帰ったシュレックもフィオナを想っていたが、ドンキーに説得され、ドラゴンに乗って結婚式へ向かう。フィオナとファークアード卿がキスしようとした瞬間、シュレックが乗り込み、フィオナに告白する。その時日が沈み、フィオナはオーガの姿になる。ファークアード卿はフィオナを醜いと罵り、兵士にシュレックを捕えさせようとするが、ドラゴンに食べられてしまう。シュレックとフィオナが口づけを交わすと、魔法が解けてフィオナは元の美しい姿に戻るはずだったが、なぜかオーガのままだった。しかしシュレックはそんなフィオナを美しいと言い、ふたりは結婚してタマネギの馬車に乗り、沼のほとりの家で幸せに暮らした。

キャスト

括弧内は日本語吹替版声優を指す。

その他にも日本語吹替版では、島香裕田中正彦水野龍司大川透小形満中多和宏田原アルノ仲野裕伊藤和晃小室正幸石川寛美定岡小百合丸山詠二岩本裕美子鈴木勝美小暮英麻水間真紀山崎たくみ佐藤しのぶが声を担当している。

制作

制作

ドリームワークス設立当時、プロデューサーのジョン・H・ウィリアムズ英語版が子供たちから絵本『みにくいシュレック』を譲り受け、持ち込んだところ、ジェフリー・カッツェンバーグの目に留まり、スタジオは映画化を決定した[15]。映画制作のきっかけについて、ウィリアムズは次のように語っている[16]

すべての制作契約は売り込みから始まりました。私の売り込みは当時の幼稚園児から、彼の就学前の弟と協力して行いました。原作本を2回目に読んだとき、幼稚園児は本の大部分を引用し、自分が読めたように装うようになりました。大人になっても、シュレックはとんでもなく、不遜で、象徴的で、グロくて、とにかく楽しい作品だと思っていました。彼は、映画を求める偉大な映画のキャラクターだったのです。

—ジョン・H・ウィリアムズ

映画化権を買い取ったカッツェンバーグは、1995年11月から積極的な制作を開始した[17][18]。スティーヴン・スピルバーグは以前、ドリームワークス設立前の1991年に絵本の権利を購入し、ビル・マーレイがシュレック、スティーヴ・マーティンがドンキーを演じるセルアニメ映画を考えていた。制作当初、共同監督のアンドリュー・アダムソンは、カッツェンバーグに怯むことなく、どれだけ大人向けの映画にするべきか議論を重ねたという。カッツェンバーグは、大人と子供の両方の観客を取り込もうとしたが、アダムソンのアイデアの中には、性的なジョークを入れたり、サウンドトラックにガンズ・アンド・ローゼズの音楽を入れたりと、あまりに無茶なものがあったため、それを却下した[19][20]。1997年にアダムソンとケリー・アズベリー英語版が加わり、共同監督を務めた。しかし、アズベリーはその1年後、映画『スピリット』の製作のために退社し、代わりにストーリー・アーティストのヴィッキー・ジェンソン英語版が就任した。アダムソンとジェンソンは、映画のシークエンスに関する具体的な質問をする相手がわかるように、半分ずつ仕事をすることにした。「結局、2人で多くのことをこなすことになりました。私たちは2人ともコントロールフリークで、何でもやりたがるタイプなんです」とアダムソンは言う。

シュレックの家の初期のスケッチは、1996年から1997年にかけてAdobe Photoshopを使って描かれたものであり、そのスケッチでは、シュレックが最初にワートクリークという人間の村の近くのゴミ捨て場に住んでいるところが描かれている。また、両親と同居し、寝室に腐った魚を置いていたと思われる時期もあった[21]。ドンキーは、カリフォルニア州パロアルトのバロンパークで飼われていた本物ののロバ、ペリクレス(1994年生まれ、通称ペリー)がモデルになっている[22]。シュレックのスーパー・バイジング・アニメーターであるラマン・ヒュイ英語版は、フィオナは「実在の人物をモデルにしたものではない」と述べ、監督たちが最終的なデザインを決めるまでに、100体以上のフィオナの彫刻を作ったという[23]。制作当初、アートディレクターはハースト・キャッスルストラトフォード=アポン=エイヴォンドルドーニュ県などを訪問し、インスピレーションを得た。アートディレクターのダグラス・ロジャースは、サウスカロライナ州チャールストンのマグノリア農園を訪れ、シュレックの沼地のインスピレーションを得た[24][25]。本作で使われなかったキャラクターとして、ゴルディロックス眠れる森の美女がある[26]

制作中、『プリンス・オブ・エジプト』など他のプロジェクトで失敗したアニメーターが、本作の制作に回されることがよくあった。この配置転換は「シュレーク」と呼ばれた[19]

キャスティング

ニコラス・ケイジは当初、シュレックのオファーを受けていたが、オーガの姿になるのが嫌だと断った[27]

クリス・ファーレイの死後、マイク・マイヤーズがシュレックの声を担当した。

シュレックの声は、当初クリス・ファーレイが担当し、ほぼすべての台詞を録音していたが、完成前に亡くなってしまった[28]。その後、ファーレイの録音した台詞のサンプルを使ったストーリー・リールが2015年8月に流出した[29]。ドリームワークスはマイク・マイヤーズに新たな声の出演を依頼したが、彼は脚本を完全に書き直すよう主張し、ファーレイ版のシュレックの痕跡を残さないようにした[28]。マイヤーズによると、シュレックの声を担当したいと思った理由は2つあるといい、1つはジェフリー・カッツェンバーグと一緒に仕事をする機会を得たかったこと、2つめはありのままの自分を受け入れるという物語が素晴らしいと感じたからだという[16]

マイヤーズが1999年中に声の収録を終え、映画の制作が順調に進んだ後、2000年2月に本作のラフカットが彼に見せられた[30]。マイヤーズは、母親が読み聞かせをする時に使うようなスコットランド訛りですべてのセリフを再録音するよう依頼した。また、『ハネムーンは命がけ』『オースティン・パワーズ:デラックス』など、他の作品で演じた訛りも使用した[28]。DVDの解説によると、カナダ訛りなども使ってみたことがあるそうだ[31]。この代替案を聞いたカッツェンバーグは、「あまりに良かったので、400万ドル分のアニメーションを取り出してもう一度収録をやり直した」と、シーンのやり直しに同意した[32]。マイヤーズは、「噂されているように、『何百万ドル』もかかっていない。再録音を10回、20回しても給料は同じだった」と反論している[33]。マイヤーズが声を担当したことで、ストーリーのポイントが明確になり、ギャグやコメディの部分も新鮮になった。「スピルバーグから、キャラクターを大切にしてくれてありがとうという手紙をもらったんだ。そして、スコットランドのアクセントが映画を良くした」とマイヤーズは言う[34]

もう1人、キャラクターの声を担当する予定だったのが、フィオナ姫でファーレイと共演することが決まっていたジャニーン・ガラファローだ。しかし、彼女は原因不明の理由でプロジェクトから外された。数年後、ガラファローは「(解雇の)理由は聞かされていない。私が時々男らしく聞こえるからかしら。なぜかわからないけど、誰も教えてくれなかった。でもね、この映画は何もしなかったんだから、誰も気にしないわよ」と述べた[35]

アニメーション

シュレックは当初、実写とCGのハイブリッドアニメとして制作される予定で、背景のプレート・ミニチュア・セットとメインキャラクターはモーションキャプチャーのCGとしてシーンに合成され、エキスパートビジョンハイアーズ社のファルコン10カメラシステムでリアルな人間の動きをキャプチャしてキャラクターに適用させる予定だった[36]。そして、1年半の制作期間を経て、1997年5月、ついにテスト上映が実現した。カッツェンバーグは「見た目も悪いし、効果もない、面白くもない、気に入らない」と、満足のいく結果ではなかった[28]。その後、スタジオはパシフィック・データ・イメージズ英語版(PDI)の制作パートナーに依頼した。PDIは1998年にスタジオで制作を開始し、本作の最終的なコンピュータアニメーションの完成に貢献した[28]。この頃、スタジオではまだ『アンツ』が制作中で、エフェクト・スーパーバイザーのケン・ビーレンバーグは、アロン・ワーナーから「シュレックの制作を始めてほしい」と頼まれた[28][37]。これまでの作品と同様、PDIはアニメーション映画に独自のソフトウェア(フルード・アニメーション・システムなど)を使用していた。しかし、いくつかの要素では、市販の強力なアニメーションソフトも活用した。特に、PDIがダイナミッククロスアニメーションの大部分とフィオナとファークアードの髪に使用したMayaは、その傾向が顕著に出ている[38]

ホイは、「キャラクターとセットアップに多くの労力を費やし、アニメーションを作りながらセットアップを変え続けました」と述べ、「『アンツ』では、顔の筋肉をすべて皮下で表現するフェイシャルシステムを採用しました。シュレックでは、それを全身に応用したのです。シュレックが話すときに注意して見ると、あごを開くと二重あごになるのは、その下に脂肪と筋肉があるためです。このようなディテールを正確に表現するのに長い時間を要しました」と語った[37]。制作で最も苦労したのは、ドンキーの毛並みがチアペット英語版のようにならないよう、なめらかに流れるようにすることだった。そこで、サーフェシングアニメーターが複雑なシェーダーの中でフロー制御を行い、毛皮にさまざまな属性(方向を変える、平らにする、渦を巻くなど)を持たせることにした[25]。そして、毛皮を環境に応じて反応させるのは、ケン・ビレンバーグを中心とする視覚効果グループの仕事である。この技術を習得すれば、草や苔、ヒゲ、眉毛、シュレックの服の糸など、作中のさまざまなシーンに応用することができるようになる。人間の髪の毛をリアルに表現するのは、ドンキーの毛皮とは異なり、別のレンダリングシステムが必要で、照明VFXのチームもかなり気を使った[25]

結果、本作は31シークエンス、総撮影枚数1,288枚となった[24]。アロン・ワーナーは、「クリエイターが没頭できる不思議な環境を思い描いた」と語っている。本作には、映画の世界を作るために36の別々の場所が含まれており、ドリームワークスは、過去のどのコンピュータアニメーション作品よりも多いとしている。撮影場所は最終決定され、過去のドリームワークスのアニメーション映画で実証されたように、色と雰囲気が最も重要視された[25]。アニメーションは2000年に完成した[39]

音楽

本作は、『アンツ』(1998年)、『チキンラン』(2000年)に続き、ハリー・グレッグソン=ウィリアムズジョン・パウエルと組んで作曲したドリームワークスのアニメ映画第3作(『シュレックシリーズ』では唯一の作品)である[40]。パウエルは、後の本作の作曲をグレグソン=ウィリアムズと共同で行うことになったが、競合のため省かれた[41]。収録はアビー・ロード・スタジオでニック・ウォレッジとスラム・アンドリュースが行い、後者がメディア・ベンチャーズでミキシング、パトリシア・サリバン=フォースターがマスタリングを担当した。

本作は新しい要素を導入して、映画に独特の雰囲気を出している。ポップ・ミュージックなどのオールディーズを使い、物語をより前面に押し出した作品となった。「オン・ザ・ロード・アゲイン英語版」や「トライ・ア・リトル・テンダネス英語版」といった曲のカバーが映画のスコアに組み込まれた。スマッシュ・マウスの「オール・スター」が映画のオープニングで使われ、人気を博した[42]。完成が近づいた頃、カッツェンバーグは「大笑いして帰ろう」と映画のエンディングを作り直すことを制作者に提案した。夕日に向かって走り去るシュレックとフィオナの上に絵本のように閉じるだけで映画を終えるのではなく、スマッシュ・マウスがカバーした「アイム・ア・ビリーバー英語版」を加え、おとぎ話のキャラクターたちをすべて登場させようと考えたのである。

ルーファス・ウェインライトの「ハレルヤ」バージョンはサウンドトラック・アルバムに収録されているが、作中に登場するのはジョン・ケイルのバージョンである。ルーファス・ウェインライトはラジオのインタビューで、「ハレルヤ」のバージョンが作中に登場しなかったのは、彼がセクシャリティであるがゆえに「ガラスの天井」にぶち当たったためだと示唆している。また、ウェインライトはドリームワークスのアーティストであったが、ケイルはそうではなかったため、映画制作者はケイルのバージョンを作中に使いたかったが、ライセンスの問題でサウンドトラック・アルバムに使用できなかったという説明もある[43]

文化的背景

本作では、ところどころでウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの作品を中心とした名作が引用されている。ティンカー・ベルがドンキーの上に乗って「私は飛べる」と言うと、三匹の子豚をはじめ周りの人々が「彼は飛べる、彼は飛べる」と言うのは、映画『ピーター・パン』にちなんだものである。このシーンは、映画『ダンボ』の中で、ドンキーが飛びながら「家が飛ぶのは見たことがあるかもしれないし、スーパーフライだって見たことがあるかもしれないが、ドンキーが飛ぶのは見たことがないに違いない!」と言っているところにも通じている[44]。フィオナが青い鳥に歌いかけるシーンは、映画『白雪姫』を、終盤の変身シーンは、映画『美女と野獣』を基にしている[44]

シュレックが城への橋を渡って「ドンキー、それでいい」と言うのは、映画『ベイブ』を、フィオナ姫が取り巻き連中英語版と戦うシーンは、映画『マトリックス』を基にしている[44]。最後に松葉杖をついたクッキーマンが「みんなに神の祝福を」と言うが、これは『クリスマス・キャロル』のタイニーティムを基にしている[44]

魔法の鏡がファークアード卿に3人のプリンセスとの結婚を選択させるシーンでは、アメリカの人気テレビ番組『デート・ゲーム英語版』をパロディにしており、シンデレラ白雪姫も登場する[45]。また、ファークアード卿が建てたテーマパーク風の王国・デュロックは、ディズニーランドを大きく模倣しており、歌う人形のシーンでは「イッツ・ア・スモールワールド」をパロディにしている[45]。ファークアード卿自身は、プロデューサーのカッツェンバーグが嫌っているとされる当時のディズニーCEOであるマイケル・アイズナーの不愉快なパロディだとも言われている[46]

封切り

マーケティング

2000年、IMAXのブランドの大型映画館で、『アンツ』のバー・シーケンスをはじめ、さまざまな短編アニメーションやシークエンスを立体視化したコンピレーション・フィルム『サイバー・ワールド英語版』を公開した。ドリームワークスは、このシークエンスの「立体視翻訳」に使用された技術に非常に感銘を受け、スタジオとIMAXは大画面の3D版『シュレック』を計画することにした。2001年のクリスマスシーズン、あるいは従来の2D公開を経て翌夏に再公開された。再公開では、新しいシークエンスと別のエンディングも収録される予定だった。この計画は、ドリームワークスの「クリエイティブな変更」によって中止され、IMAXの利益324万ドルを下回る118万ドルの損失となった[47][48][49]

ラジオ・ディズニーは、「ウォルト・ディズニー・カンパニーとの最近の取り組みにより、本作と宣伝的に連携しないよう求められている。ステーションは、個々の市場においてのみ、スポットドルを受け入れることができる」と述べた[50]。その後、この制限を緩和し、本作のサウンドトラック・アルバムの広告をネットワークに掲載することを許可した[51]

2001年5月7日、バーガーキングは本作のプロモーションを開始し、ビッグキッズミール、キッズミールの注文で、シュレックのキャラクターをモチーフにした9種類の限定キャディーを配布した[50]。また、アイスクリームチェーンのバスキン・ロビンスは、本作のプロモーションを8週間にわたって行い、オレオ・クッキー&クリームアイスクリーム、ホットファッジ、クラッシュ・チョコレートクッキー、ホイップクリームグミを組み合わせた「シュレックのホットスラッジサンデー」や、シュレックとドンキーがひまわりの枠に入った「シュレックのフリーズフレーム・ケーキ」などの商品を販売した。これは、本作のDVDやVHSの発売をサポートするためのものだった[52]

DVDリリース

2001年11月2日にドリームワークス・ホームエンターテイメントからVHSDVDで発売された[53][54]。シュレックのエンディング直後、登場人物たちがモダンポップスのメドレーを披露する約3分のショートフィルム『シュレック・カラオケ・ダンス・パーティ』も収録されている[55]

また、ピクサーの『モンスターズ・インク』が公開されたのと同じ日にビデオで公開された。ビデオ発売は火曜日が通例だったため、ディズニーの幹部はこれを快く受け入れず、「自分たちの作品の息の根を止めようとする裏工作のように思える」と述べたという。ドリームワークスは、「単にイベント性を高めるために金曜日に公開をシフトしただけで、他のスタジオも重要な映画についてはもっと頻繁にそうすると予測している」と回答している。『モンスターズ・インク』はその週末に6,200万ドル以上を記録し、アニメ映画の記録を塗り替えた。『シュレック』のビデオ発売は1億ドルを超え、最終的には550万枚以上を売り上げ、当時最も売れたDVDとなった[56][57]。シュレックは、DVDとVHSでドリームワークスに4億2,000万ドル以上の収益をもたらし、2002年1月までに出荷された2300万枚のうち2100万枚以上を記録した[53]。その時点で全世界で本作のDVDは1,000万枚以上販売されている[53]

2010年12月1日にパラマウント・ホーム・エンターテインメントから続編とともに3D版のブルーレイが発売され、その6日後にシリーズの通常の2Dブルーレイボックスセットが発売された[58][59]

本作の公開20周年を記念して、2021年5月11日にUltra HD Blu-ray版がユニバーサル・ピクチャーズ・ホームエンターテイメントから発売された[60]

派生作品

本作のビデオゲーム化は、『シュレック英語版』(2001年)、『シュレック・ハッスル・アット・ザ・キャッスル英語版』(2002年)、『シュレック・エクストラ・ラージ』(2002年)、『シュレック・スーパー・パーティ英語版』(2002年)、『シュレック・スーパースラム英語版』(2005年)など、さまざまなゲーム機で発表されている[61]。また、ビデオゲーム『トニーホークのアンダー・グラウンド2英語版』(2004年)には、アンロック可能なボーナスキャラクターとしてシュレックが登場した[62]

2003年、ダークホースコミックスは、マーク・エヴァニアが執筆した『シュレック』の3巻のミニシリーズを発売し、後に大型ペーパーバック英語版にまとめられた[63]

本作をもとに、ジーイーン・テオーリ英語版が音楽、デヴィッド・リンゼイ=アベアーが作詞・作曲したミュージカル版は、2008年12月14日にブロードウェイで開幕し、2010年1月3日に閉幕、全441公演が行われた[64]。主演はブライアン・ダーシー・ジェームズ、フィオナ姫役はサットン・フォスター英語版、ファークアード卿役はクリストファー・シーバー英語版、ドンキー役はダニエル・ブレーカー英語版、ピノキオ役はジョン・タータグリア英語版が務めた[64]。後にブロードウェイ公演の模様を収録し、DVD、ブルーレイ、デジタルメディアで発売された[65][66][67]。2010年7月25日、シカゴで北米ツアーが開幕しました[65]。2011年6月7日、ウェスト・エンド・シアターロンドン公演が行われた[68]トニー賞にも多数ノミネートされ、2009年の衣装デザイン賞英語版を受賞した。ローレンス・オリヴィエ賞では、ニュー・ミュージカル賞英語版を含む5部門にノミネートされた[69]

2018年11月29日に3GI Industriesから『シュレック・リトールド』というタイトルの一発撮りファンリメイクが投稿された。このプロジェクトは200人の映像作家の協力のもと、実写、手描きアニメーション、Flashアニメーション、CGIなど様々なアートをミックスして再現しており、YouTubeで無料公開されている[70][71]

続編・スピンオフ作品

2004年にはアカデミー賞にノミネートされた『シュレック2』、2007年には『シュレック3』、2010年には『シュレック フォーエバー』と3本の続編が公開された。『シュレック2』だけは批評家から同様の評価を受けたが[72][73][74]、続編3作はいずれも商業的に成功した[75][76]。ホリデーシーズンをテーマにした短編映画として『シュレックの愉快なクリスマス』(2007年)と『シュレック 怖がりやは誰だ』(2010年)が公開され、2011年には『長ぐつをはいたネコ』というスピンオフ前日譚映画も公開された[77]。当初、『シュレック フォーエバー』の製作中に長編映画5作目が計画されたが、後にドリームワークス・アニメーションのCEOであるジェフリー・カッツェンバーグによってこの構想は放棄された[77][78]。2016年に予定されていたNBCユニバーサルによるドリームワークス・アニメーションの買収に先立ち、『シュレック』第5作が2019年に公開されることが発表された[79]。2018年11月6日、『バラエティ』は、クリス・メレダンドリが『シュレック』と『長靴をはいたネコ』の両方のリブートを任され、オリジナルキャストが再び登場する可能性があると報じた[80][81]。シュレック5作目の脚本が完成したとキャストから報告があったものの、製作は停滞し、今後の計画はまだ公式に発表されていない[82][83]

地上波放送

テレビ局 番組名 放送日
日本テレビ 金曜ロードショー 2004年11月12日
映画天国 2021年2月2日
TBS 月曜ゴールデン 2006年7月31日
2008年7月14日

作品の評価

興行成績

本作は、3,587館、約6,000スクリーンで公開され、そのうち11館はデジタル上映された[84][85][86]。ドリームワークスが自社作品をデジタル上映するのは今回が初めてとなった[87]。初日で1,160万ドル、オープニング週末で4,230万ドルを記録し、週末の興行成績はトップ、3,587館で平均11805ドルを記録した[88]。2週目の週末はメモリアルデーの連休のため、0.3%増の4,250万ドル、週末4日間で5,520万ドルとなり、全体で30%増となった[89]。にもかかわらず、『パール・ハーバー』に次ぐ2位となり、3,623館への拡大から平均15,240ドルを記録した[89]。3週目の週末には、3,661館に拡大し、34%減の2,820万ドル、平均7,695ドルとなった。最終的に国内で2億6,770万ドル、海外で2億1,670万ドル、全世界で4億8,440万ドルを記録し、2001年12月6日に封切られた[90]。6,000万ドルの予算で制作された本作は、興行的に大成功を収め、2001年の第4位の興行収入を記録している[90][91]

オーストラリアで公開されたアニメーション映画としては、1994年に『ライオン・キング』が記録した数字を抜き、史上最高の興行収入を達成した。イギリスでは、前週の『トゥームレイダー』を抜き、公開以来2,030万ドルを記録し、イギリス興行収入の首位に返り咲いた。

映画批評家によるレビュー

本作は、レビュー収集サイトであるRotten Tomatoesの208の専門家のレビューに基づく支持率が88%で、平均評価は7.8/10となっている。「おとぎ話を受け入れ、同時に覆す一方で、不遜なシュレックは、ディズニーの鼻をいじり、子供たちに道徳的なメッセージを与え、視聴者に面白くて速い乗り物を提供することに成功している」と書かれている[92]Metacritic(加重平均方式)では、34人の批評家に よる評価で、100点満点中84点となり、全世界で高い評価を得たことが示された[93]CinemaScoreによる観客の投票では、A+からFのスケールで平均「A」の評価を得た[94]

エディ・マーフィによるドンキーの演技と役柄が批評家から絶賛された。

映画監督のロジャー・イーバートは、「陽気で邪悪、陰険なジョークに満ちているが、どこか心を持っている」と評価し、4点満点で4点をつけた。『USAトゥデイ』のスーザン・ヴロシュチーナは、エディ・マーフィの演技について、「センセーショナルなデジタル技術に助けられ、少し神経質なやるせなさを感じさせる彼のキャリアにおけるコミカルな演技を披露している」と賞賛している[95]。『タイム』のリチャード・シッケル英語版も、「マーフィほど面白いバカを演じた者はいない」と、マーフィの役作りを評価している[96]。『ニューヨーク・マガジン』のピーター・レイナーは脚本を気に入り、「アンドリュー・アダムソンとヴィッキー・ジェンソンが監督したアニメーションは、しばしば脚本と同じレベルでくねくねと動いている。しかしフィオナ姫やファークワッド卿など、より『人間』らしいキャラクターは、動物や生き物より面白みがない」と書いている[97]。『ローリング・ストーン』のピーター・トラヴァースは、「シュレックは、来年初めて公式なアニメーション・オスカーを授与するアカデミーをも魅了する世界的な魅力を持っている」と書いている[98]。『リール・ビュー』のジェームズ・ベラーディネリは、「シュレックは、洗練された映画ファンにとって罪のない喜びではなく、純粋に、単純に、喜びである」と、4点満点中3.5点の評価を出している[99]。『ロサンゼルス・タイムズ』のケネス・トゥランは、「ウィットに富んだ、分裂したおとぎ話『シュレック』は、巧妙な文章という確かな基盤を持っている 」と書いている[100]。『エンターテインメント・ウィークリー』のリサ・シュワルツバウムは、この映画にA-を付け、「一種の宮殿クーデターであり、反抗の叫びであり、ドリームワークスの青春である」と評価した[101]オーランド・センチネル英語版のジェイ・ボイヤーは、「本作が本の遊び心にあふれた脱構築の精神を捉え、さらに発展させたことを報告できるのは喜ばしいことだ」と書いている[102]

デンバー・ポスト英語版』のスティーブン・ローゼンは、「ドリームワークス・ピクチャーズは、子供も大人も同様に楽しめる、想像力豊かで面白いアニメーション映画で信頼できる会社であることが再び証明された」と書いている[103]。『デトロイト・ニュース英語版』のスーザン・スタークは、4つ星のうち4つを与え、「迅速、スイート、不遜、乱暴、そしてデザインにおける素晴らしさと同様に脚本と声の仕事においても気骨がある」と書いている[104]。『デイリーニューズ』のジャミ・バーナードは、4つ星のうち4つを与え、「声、脚本、演出、アニメーションのすべての輝きが、本作を真の洗練された愛らしい感染力のある作品に仕上げている」と評した[105]。レネ・ロドリゲスは4つ星のうち3つを与え、「決してシニカルにもガサツにもならない、嬉々として破砕されたおとぎ話」と評価した[106]。『ニューヨーク・タイムズ』のエルビス・ミッチェルは、5つ星のうち4つの評価を与え、「イラつくほど可憐なディズニーの商標を打ち負かすことは、何も新しいことではない。ただ、それがシュレックのような解体的熱意を持って行われたことはほとんどなかった」と述べている[107]。原作者のウィリアム・スタイグと妻のジャンヌ・スタイグも本作を楽しんでおり、「私たちは皆、『ハリウッドはこの作品に何をしたのだろう』と、嫌がることを予想して行ったんだ。しかし、私たちは気に入った。私たちは、あまりに気持ち悪いかわいらしい作品になることを恐れていたが、その代わりに、ビルはただ素晴らしく、ウィットに富んだ仕事をしたと思った」と述べている[108]

ニューズデイ』のジョン・アンダーソンは、「あらゆる年齢層の人々を楽しませ、おそらくこれから先もずっと楽しめるような作品だ」と書いている[109]。『ボストン・グローブ』のジェイ・カーは、「多くの作品が古くさく見える時代に、本作は新しく、新鮮で、スマートに見える」と書いている[110]。『ワシントン・ポスト』のスティーブン・ハンターは、5つ星のうち5つを与え、「ハイテクな奇妙さにもかかわらず、不朽の名作であり、真実の物語である」と書いている[111]。『サクラメント・ビー英語版』のジョー・バルテイクは、「本作は、ディズニーのすべてを模倣したものではなく、実際には子供向けの『モンティ・パイソン』だ」と書いている[110]。『ニューヨーク・オブザーバー』のアンドリュー・サリスは、「本作に芸術的な特別感を与えているのは、実写映画での輝かしい演技を思わせる声のカリスマ的な出演者による、ウィットに富み、わかっているような生意気な会話である」と書いている[112]。『シカゴ・リーダー英語版』のリサ・アルスペクターは、「このロマンティック・ファンタジーは、『美女と野獣』の役割を複雑にし、繊細なフィナーレがどのような形でなされるかを推測するのを難しくしている」と書いている[113]。『ウォール・ストリート・ジャーナル』のジョー・モーゲンスターンは、「ウィリアム・スタイグの児童文学を原作とする本作の魅力は、大人向けのジョークをはるかに超えている」と書いている[114]。『シアトル・タイムズ』のジョン・ゼブロウスキーは4つ星のうち3つを与え、「本作は、序盤の退屈なシーンを支えてくれたキャストに大いに助けられている。しかし、これはマーフィの映画だ。ドンキーはいいセリフを言うし、マーフィはそのセリフをことごとく言い当てる」と述べた[115]

シカゴ・トリビューン』のマーク・キャロは4点満点中2.5点の星をつけ、『トイ・ストーリー2』と比較し、「流行りを見せようとしたり心からの感情を呼び起こすのに無理がなく、ジョークと笑いの比率が高かった」と評している。より否定的な面では、『ヴィレッジ・ヴォイス』のマイケル・アトキンソンは、「半秒でも退屈するリスクを必死で避けている」と述べている。AP通信のクリスティ・レミアは、本作を「90分間、冗談のオンパレード」と評している[110]。『ザ・ニューヨーカー』のアンソニー・レインは、「表面の描写が巧妙であるにもかかわらず、デジタルルックには何か平板で魅力がなく、楽しみのほとんどはメインのロマンスからではなく、素早い、付随するギャグから立ち上がる」と述べている[116]

受賞歴

第74回アカデミー賞では、『モンスターズ・インク』や『ジミー・ニュートロン 僕は天才発明家!』を抑え、本作が史上初のアニメ映画賞を受賞した。また、アニメーション映画として初めて脚色賞にノミネートされた[117][118][119][120]。『エンターテインメント・ウィークリー』は、本作を10年後の「ベスト・オブ・リスト」に掲載し、「プリンスチャーミング?そう、前世紀だ。この10年間、おとぎ話ファンとフィオナ姫は、太って腹ペコのオーガに夢中になった。これは進歩だ」と語っている[121]。また、ゴールデングローブ賞のミュージカル/コメディー部門にノミネートされた[122][123]

また、英国アカデミー賞作品賞を含む6部門にノミネートされた。エディ・マーフィは、声優として初めて英国アカデミー賞にノミネートされた。また、視覚効果賞、音響賞、映画音楽賞にノミネートされ、脚色賞を受賞した[124]ASIFAハリウッドのアニー賞12部門にもノミネートされ、長編作品賞を含む8部門でアニー賞を受賞した[125]

2008年6月、アメリカン・フィルム・インスティチュートは、クリエイティブ関係者1,500人以上を対象に、アメリカ映画の定番10ジャンルのベストテンを発表し、本作はアニメーションジャンルのベスト8作品として認められ、ディズニー・ピクサー作品以外では唯一トップ10入りを果たした[126][127]チャンネル4の「最も偉大なファミリー映画100本」の投票でも2位にランクされ、『E.T.』に首位の座を奪われた[128]。2005年、チャンネル4の「名作アニメ100選」の投票で、『ザ・シンプソンズ』『トムとジェリー』『サウスパーク』『トイ・ストーリー』『ファミリー・ガイ』に次いで、シュレックは6位となった[129]。2009年11月、IGN UKの「ファンタジーの悪役トップ15」で、登場人物のファークアード卿が14位にランクインした[130]。2006年、Bravo英語版の「最も面白い映画100本」で3位にランクインした。キャラクターであるシュレックは、2010年5月、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームで星を授与された[131]

アメリカン・フィルム・インスティチュートでの受賞歴は以下の通りである。

また、2001年のカンヌ映画祭でプレミア上映され、パルム・ドール賞にて、ディズニーの『ピーター・パン』以来のアニメーション映画として選ばれた[132]

文化的影響

これまでの映画やテレビ番組では、『ロッキーとブルウィンクルの大冒険』や『プリンセス・ブライド・ストーリー』など、伝統的なおとぎ話をパロディ化したものがあった[133]。しかし、本作そのものは、現在の主流であるアニメーション映画に顕著な影響を及ぼしている[133]。特に『シュレック2』以降、アニメ映画はポップカルチャーの引用や終盤のミュージカルナンバーをより多く取り入れるようになった[133]。このような要素は、『ロボッツ』『チキン・リトル』『ドゥーガル英語版』などの作品で見ることができる[133]。また、本作は、童話やそれに関連する物語を模倣し、しばしば大人向けのユーモアを盛り込んだコンピューターアニメーション映画にも影響を与えたが、そのほとんどは、『ハピネス・エバー・アフター英語版』『イゴール英語版』『リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?』など、本作ほどの成功を収めなかった[133]。2020年、「文化的、歴史的、美学的に重要」であるとして、アメリカ議会図書館アメリカ国立フィルム登録簿に保存されることが決定した[134][135]

脚注

[脚注の使い方]

出典

  1. ^ Shrek (2001) - Financial Information”. The Numbers. 2022年2月16日閲覧。
  2. ^ AFI|Catalog”. catalog.afi.com. 2022年2月16日閲覧。
  3. ^ a b McCarthy, Todd (2001年5月4日). “Film Review: ‘Shrek’” (英語). Variety. 2022年2月16日閲覧。
  4. ^ ‘Shrek’ shleps in” (英語). Variety (2001年4月26日). 2022年2月16日閲覧。
  5. ^ a b c Shrek”. Box Office Mojo. 2022年2月16日閲覧。
  6. ^ 2002年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  7. ^ Reese, Lori. “Is Shrek the anti- Disney fairy tale?” (英語). EW.com. 2022年2月16日閲覧。
  8. ^ SHREK” (英語). Festival de Cannes. 2022年2月16日閲覧。
  9. ^ Mike Myers: how I nailed Shrek's accent”. www.telegraph.co.uk. 2022年2月16日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j AFI’s 10 TOP 10” (英語). American Film Institute. 2022年2月16日閲覧。
  11. ^ Izrael, Jimi (2010年5月21日). “Eddie Murphy: Hollywood's Million-Dollar Donkey” (英語). NPR. https://www.npr.org/sections/tellmemore/2010/05/21/127034341/hollywood-s-million-dollar-donkey 2022年2月16日閲覧。 
  12. ^ Itzkoff, Dave (2010年5月14日). “He’s Big, He’s Green, and He’s Gone” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2010/05/16/movies/16shrek.html 2022年2月16日閲覧。 
  13. ^ Shrek” (英語). the Guardian (2001年6月28日). 2022年2月16日閲覧。
  14. ^ Vincent Cassel: Playing France's tough guys - CNN.com”. www.cnn.com. 2022年2月16日閲覧。
  15. ^ Shrek : Interview With Mike Myers”. www.cinema.com. 2022年2月16日閲覧。
  16. ^ a b Shrek : Production Notes”. www.cinema.com. 2022年2月16日閲覧。
  17. ^ Beck, Jerry (2005). The animated movie guide. Chicago, Ill.: Chicago Review. ISBN 978-1-55652-683-1. OCLC 191932886. https://www.worldcat.org/oclc/191932886 
  18. ^ Hill, Jim. “"From the Swamp to the Screen" is a really entertaining look at the creation of the first two "Shrek" films” (英語). jimhillmedia.com. 2022年2月16日閲覧。
  19. ^ a b Laporte, Nicole (2010). The men who would be king : an almost epic tale of moguls, movies, and a company called Dreamworks. Boston: Houghton Mifflin Harcourt. ISBN 978-0-547-48716-8. OCLC 759834599. https://www.worldcat.org/oclc/759834599 
  20. ^ DreamWorks Tell-All Exposes Katzenberg Shrek Bail-Out | Thompson on Hollywood”. web.archive.org (2012年10月16日). 2022年2月16日閲覧。
  21. ^ Shrek's house. Early concepts.”. Paul Shardlow. Sketchbook. (2010年5月27日). 2022年2月19日閲覧。
  22. ^ Barron Park Donkeys”. www.rosettastoneinc.com. 2022年2月19日閲覧。
  23. ^ Raman Hui (ANTZ, Shrek) Interview”. www.digitalmediafx.com. 2022年2月19日閲覧。
  24. ^ a b Shrek : Production Information”. www.cinema.com. 2022年2月19日閲覧。
  25. ^ a b c d Animated Shrek - Behind the Scenes”. www.digitalmediafx.com. 2022年2月19日閲覧。
  26. ^ USATODAY.com - Pigs, dwarfs and Pinocchio, but no Goldilocks”. usatoday30.usatoday.com. 2022年2月19日閲覧。
  27. ^ Nicolas Cage: No regrets on turning down 'Shrek'” (英語). TODAY.com. 2022年2月19日閲覧。
  28. ^ a b c d e f Hill, Jim. “How "Shrek" went from being a train wreck to one for the record books” (英語). jimhillmedia.com. 2022年2月19日閲覧。
  29. ^ Griggs, Brandon (2015年8月6日). “Hear Chris Farley's Shrek in newly unearthed clip” (英語). CNN. 2022年2月19日閲覧。
  30. ^ Movie Legends Revealed: Mike Myers' Minor Shrek Change Cost Dreamworks $4M” (英語). CBR (2013年4月24日). 2022年2月19日閲覧。
  31. ^ 『シュレック』DVDコメンタリー(2001年)
  32. ^ Mike Myers forces £4m rejig of Shrek” (英語). the Guardian (2001年5月2日). 2022年2月19日閲覧。
  33. ^ The Best Revelations from Mike Myers' WTF Podcast: 'Wayne's World,' 'Shrek,' and More” (英語). www.yahoo.com. 2022年2月19日閲覧。
  34. ^ Shrek's appeal; WHY MYERS' OGRE JUST HAD TO HAVE SCOTS ACCENT. - Free Online Library”. www.thefreelibrary.com. 2022年2月19日閲覧。
  35. ^ Janeane Garofalo Talks Ratatouille – | Film.com”. web.archive.org (2012年8月29日). 2022年2月19日閲覧。
  36. ^ DreamWorks SKG chooses MotionAnalysis Corp. ExpertVision HiRES motion capture system for "Shrek"”. thefreelibrary.com (2014年11月2日). 2015年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月20日閲覧。
  37. ^ a b The Making of Shrek”. web.archive.org. 2022年2月20日閲覧。
  38. ^ Shrek Questions and Answers - Animated Movie by DreamWorks / PDI”. www.digitalmediafx.com. 2022年2月20日閲覧。
  39. ^ Stewart, Mark (2009-08-07) (英語). Movie Characters. Gareth Stevens Publishing LLLP. ISBN 978-1-4339-4403-1. https://books.google.com/books?id=HKPYCZDptq0C&dq=shrek+started+2000&pg=PA35 
  40. ^ Burlingame, Jon (2009年4月23日). “Gregson-Williams scores many toons” (英語). Variety. 2022年2月20日閲覧。
  41. ^ Block, Alex Ben; Wilson, Lucy Autrey (2010). George Lucas's blockbusting : a decade-by-decade survey of timeless movies including untold secrets of their financial and cultural success. Internet Archive. New York : itBooks. ISBN 978-0-06-177889-6. https://archive.org/details/georgelucassbloc00alex 
  42. ^ King, Darryn (2019年5月3日). “The Never-ending Life of Smash Mouth’s "All Star"” (英語). The Ringer. 2022年2月20日閲覧。
  43. ^ Lake, Kirk (2010). There will be rainbows : a biography of Rufus Wainwright (1st U.S. ed ed.). New York, NY: Itbooks. ISBN 0-06-198846-4. OCLC 652526372. https://www.worldcat.org/oclc/652526372 
  44. ^ a b c d List of Movie Spoofs and References in Shrek”. www.digitalmediafx.com. 2022年2月20日閲覧。
  45. ^ a b Zipes, Jack (2011). The enchanted screen : the unknown history of fairy-tale films. New York: Routledge. ISBN 978-0-203-92749-6. OCLC 707189312. https://www.worldcat.org/oclc/707189312 
  46. ^ KATZENBERG'S REVENGE?” (英語). Chicago Tribune. 2022年2月20日閲覧。
  47. ^ As Expected, IMAX Reports A Loss”. www.cinema.com. 2022年2月20日閲覧。
  48. ^ Imax cinemas” (英語). the Guardian (2000年10月13日). 2022年2月20日閲覧。
  49. ^ Shrek Like Imax - IGN”. web.archive.org (2014年2月19日). 2022年2月20日閲覧。
  50. ^ a b Shrek Movie News”. www.digitalmediafx.com. 2022年2月20日閲覧。
  51. ^ Radio Disney Allows Shrek Soundtrack Ads”. www.digitalmediafx.com. 2022年2月20日閲覧。
  52. ^ Baskin-Robbins in big Shrek's promotion. - Free Online Library”. www.thefreelibrary.com. 2022年2月20日閲覧。
  53. ^ a b c Hive4Media - A Better Way To Do Business”. web.archive.org (2002年1月22日). 2022年2月20日閲覧。
  54. ^ Loading...”. www.hive4media.com. 2022年2月20日閲覧。
  55. ^ Shrek: Special Edition (2001)”. www.dvdmg.com. 2022年2月20日閲覧。
  56. ^ Lyman, Rick (2001年11月21日). “Fuzzy Creatures vs. Green Ogre; 'Monsters, Inc.' and 'Shrek' Are Likely Foes for New Oscar” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2001/11/21/movies/fuzzy-creatures-vs-green-ogre-monsters-shrek-are-likely-foes-for-new-oscar.html 2022年2月20日閲覧。 
  57. ^ Staff, Guardian (2001年12月13日). “Pearl Harbor cleans up on DVD” (英語). the Guardian. 2022年2月20日閲覧。
  58. ^ Hettrick, Scott. “Samsung brings “Shrek” to 3D Blu-ray – Hollywood in Hi-Def” (英語). 2022年2月20日閲覧。
  59. ^ Shrek Forever After and Collection Blu-ray in December, https://www.blu-ray.com/news/?id=5273 2022年2月20日閲覧。 
  60. ^ Konrad, Jeremy (2021年3月12日). “Shrek Celebrates 20 Years With New 4K Release On May 11th” (英語). Bleeding Cool News And Rumors. 2022年2月20日閲覧。
  61. ^ Shrek - Xbox - IGN”. web.archive.org (2013年6月25日). 2022年2月21日閲覧。
  62. ^ Tony Hawk's Underground 2 Cheats, Codes, Unlockables - Xbox - IGN”. web.archive.org (2013年6月21日). 2022年2月21日閲覧。
  63. ^ Shrek TPB :: Profile :: Dark Horse Comics”. www.darkhorse.com. 2022年2月21日閲覧。
  64. ^ a b Diamond, Robert. “Breaker Replaces Gregory and Other Changes Announced for NY Bound SHREK” (英語). BroadwayWorld.com. 2022年2月21日閲覧。
  65. ^ a b SHREK: THE MUSICAL Video Now Available For Pre-Order”. web.archive.org (2013年12月12日). 2022年2月21日閲覧。
  66. ^ Filmed Version of Broadway's Shrek Will Be Available in October - Playbill.com”. web.archive.org (2013年12月11日). 2022年2月21日閲覧。
  67. ^ SHREK: THE MUSICAL DVD/Blu Now Available For Pre-Order”. web.archive.org (2013年12月12日). 2022年2月21日閲覧。
  68. ^ Shrek the Musical to Open at Theatre Royal, Drury Lane in May 2011 - Playbill.com”. web.archive.org (2011年11月15日). 2022年2月21日閲覧。
  69. ^ Full List & Photos: 2012 Olivier Awards nominations - - News - Whatsonstage.com”. web.archive.org (2012年4月17日). 2022年2月21日閲覧。
  70. ^ ‘Shrek Retold’ and the Magic of Positive Fandom” (英語). Film School Rejects (2018年12月3日). 2022年2月21日閲覧。
  71. ^ Doctorow, Cory (2018年12月3日). “Shrek, remade by 200 different fan-creators” (英語). Boing Boing. 2022年2月21日閲覧。
  72. ^ (英語) Shrek 2, https://www.rottentomatoes.com/m/shrek_2 2022年2月21日閲覧。 
  73. ^ (英語) Shrek the Third, https://www.rottentomatoes.com/m/shrek_3 2022年2月21日閲覧。 
  74. ^ (英語) Shrek Forever After, https://www.rottentomatoes.com/m/shrek_forever_after 2022年2月21日閲覧。 
  75. ^ Shrek Forever After”. Box Office Mojo. 2022年2月21日閲覧。
  76. ^ Shrek the Third”. Box Office Mojo. 2022年2月21日閲覧。
  77. ^ a b First look: 'Shrek Forever After': Fourth, final film is first in 3-D - USATODAY.com”. usatoday30.usatoday.com. 2022年2月21日閲覧。
  78. ^ StoryLink: We Asked ... Josh Klausner and Darren Lemke, "Shrek Forever After"”. web.archive.org (2010年7月24日). 2022年2月21日閲覧。
  79. ^ Shrek 5 Release Date Pegged for 2019” (英語). Collider (2016年7月20日). 2022年2月21日閲覧。
  80. ^ Lang, Brent (2018年11月6日). “‘Shrek,’ ‘Puss in Boots’ Getting Rebooted (EXCLUSIVE)” (英語). Variety. 2022年2月21日閲覧。
  81. ^ Milligan, Mercedes (2018年11月6日). “‘Shrek’ & ‘Puss in Boots’ Rebooting at Universal with Chris Meledandri” (英語). Animation Magazine. 2022年2月21日閲覧。
  82. ^ Shrek 5 Is Happening: Is It A Sequel Or Reboot & When Will It Release?” (英語). ScreenRant (2019年12月9日). 2022年2月21日閲覧。
  83. ^ Production Stalls Once Again On 'Shrek 5' | Film News” (英語). Conversations About HER (2019年7月12日). 2022年2月21日閲覧。
  84. ^ Weekend Box Office”. www.boxofficeguru.com. 2022年2月20日閲覧。
  85. ^ Shrek Opens on 3,587 Screens!”. www.digitalmediafx.com. 2022年2月20日閲覧。
  86. ^ Taking Shrek Digital”. www.digitalmediafx.com. 2022年2月20日閲覧。
  87. ^ Shrek to Air Digitally on 11 Screens”. www.digitalmediafx.com. 2022年2月20日閲覧。
  88. ^ Domestic 2001 Weekend 20”. Box Office Mojo. 2022年2月20日閲覧。
  89. ^ a b Domestic 2001 Weekend 21”. Box Office Mojo. 2022年2月20日閲覧。
  90. ^ a b Shrek”. Box Office Mojo. 2022年2月20日閲覧。
  91. ^ Top 2001 Movies at the Worldwide Box Office”. The Numbers. 2022年2月20日閲覧。
  92. ^ (英語) Shrek, https://www.rottentomatoes.com/m/shrek 2022年2月21日閲覧。 
  93. ^ Shrek, https://www.metacritic.com/movie/shrek 2022年2月21日閲覧。 
  94. ^ Home” (英語). Cinemascore. 2022年2月21日閲覧。
  95. ^ USATODAY.com - 'Shrek' spins jokes from fairy tales”. usatoday30.usatoday.com. 2022年2月21日閲覧。
  96. ^ Cinema: Monstrously Good - TIME”. archive.ph (2012年9月12日). 2022年2月21日閲覧。
  97. ^ Rainer, Peter. “Troll on a Roll - Nymag” (英語). New York Magazine. 2022年2月21日閲覧。
  98. ^ Travers, Peter (2001年5月18日). “Shrek” (英語). Rolling Stone. 2022年2月21日閲覧。
  99. ^ Review: Shrek”. preview.reelviews.net. 2022年2月21日閲覧。
  100. ^ A Sophisticated . . . Ogre? - Los Angeles Times”. web.archive.org (2014年1月12日). 2022年2月21日閲覧。
  101. ^ Shrek Review | Movie Reviews and News | EW.com”. web.archive.org (2014年1月11日). 2022年2月21日閲覧。
  102. ^ Contrary Fairy Tale - Orlando Sentinel”. web.archive.org (2014年1月12日). 2022年2月21日閲覧。
  103. ^ “Shrek” sustains creative dynasty” (英語). The Denver Post (2007年5月14日). 2022年2月21日閲覧。
  104. ^ Detroit News Movie Finder”. archive.ph (2004年3月14日). 2022年2月21日閲覧。
  105. ^ 'SHREK' GETS UGLY, HILARIOUSLY - NY Daily News”. web.archive.org (2014年1月11日). 2022年2月21日閲覧。
  106. ^ Movie: Shrek”. web.archive.org (2003年7月26日). 2022年2月21日閲覧。
  107. ^ “Movie Reviews” (英語). The New York Times. (2022年2月20日). ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/reviews/movies 2022年2月21日閲覧。 
  108. ^ USATODAY.com - 'Shrek!' author exclaims his approval of film”. usatoday30.usatoday.com. 2022年2月21日閲覧。
  109. ^ Newsday.com - Wednesday - SHREK”. web.archive.org (2001年5月26日). 2022年2月21日閲覧。
  110. ^ a b c (英語) Shrek - Movie Reviews, https://www.rottentomatoes.com/m/shrek 2022年2月21日閲覧。 
  111. ^ washingtonpost.com: Entertainment Guide”. www.washingtonpost.com. 2022年2月21日閲覧。
  112. ^ Shrek and Dreck? Well, Not Quite | The New York Observer”. web.archive.org (2008年7月19日). 2022年2月21日閲覧。
  113. ^ Shrek | Chicago Reader”. web.archive.org (2014年1月12日). 2022年2月21日閲覧。
  114. ^ Morgenstern, Joe (2001年5月18日). “Ooh-La-Loud! Nicole Shines, but 'Moulin Rouge' Is Just Too Exhausting” (英語). Wall Street Journal. ISSN 0099-9660. https://www.wsj.com/articles/SB990138325716720628 2022年2月21日閲覧。 
  115. ^ 'Shrek' should be monstrous fun for kids and adults | The Seattle Times”. archive.seattletimes.com. 2022年2月21日閲覧。
  116. ^ Shrek: The Film File: The New Yorker”. web.archive.org (2008年12月18日). 2022年2月21日閲覧。
  117. ^ USATODAY.com - 'Shrek' wins for animated feature”. usatoday30.usatoday.com. 2022年2月21日閲覧。
  118. ^ The 74th Academy Awards | 2002” (英語). Oscars.org | Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2022年2月21日閲覧。
  119. ^ (日本語) Shrek Wins Best Animated Feature | 74th Oscars (2002), https://www.youtube.com/watch?v=rabwbzi6rLU 2022年2月21日閲覧。 
  120. ^ A Beautiful Mind Wins Adapted Screenplay: 2002 Oscars | Ghostarchive”. ghostarchive.org. 2022年2月21日閲覧。
  121. ^ 100 greatest movies, TV shows, and more” (英語). EW.com. 2022年2月21日閲覧。
  122. ^ “Golden Globes: 2002 winners in full” (英語). (2001年12月20日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/1721758.stm 2022年2月21日閲覧。 
  123. ^ Shrek”. www.goldenglobes.com. 2022年2月21日閲覧。
  124. ^ Shrek - Cast, Crew, Director and Awards - NYTimes.com”. archive.ph (2013年1月30日). 2022年2月21日閲覧。
  125. ^ Annie Awards: Legacy - 29th Annual Annie Awards”. web.archive.org (2008年5月9日). 2022年2月21日閲覧。
  126. ^ a b c d e AFI Crowns Top 10 Films in 10 Classic Genres”. ComingSoon.net (2008年6月18日). 2022年2月21日閲覧。
  127. ^ AFI’s 10 TOP 10” (英語). American Film Institute. 2022年2月21日閲覧。
  128. ^ channel4.com - 100 Greatest Family Films vote from channel4.com/film”. web.archive.org (2009年3月4日). 2022年2月21日閲覧。
  129. ^ Beck, Jerry (2004年11月3日). “100 GREATEST CARTOONS” (英語). Cartoon Brew. 2022年2月21日閲覧。
  130. ^ Top 15 Fantasy Villains - IGN”. web.archive.org (2014年2月18日). 2022年2月21日閲覧。
  131. ^ “Shrek gets a star on Walk of Fame” (英語). (2010年5月21日). http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/newsid_8690000/newsid_8697200/8697220.stm 2022年2月21日閲覧。 
  132. ^ Shrek scores at the US box office” (英語). the Guardian (2001年5月21日). 2022年2月21日閲覧。
  133. ^ a b c d e Is Shrek Bad for Kids? - TIME”. web.archive.org (2013年2月4日). 2022年2月21日閲覧。
  134. ^ Tartaglione, Nancy (2020年12月14日). “National Film Registry Adds ‘The Dark Knight’, ‘Grease’, ‘Shrek’, ‘Blues Brothers’, ‘Hurt Locker’, ‘Sweet Sweetback’ & More” (英語). Deadline. 2022年2月21日閲覧。
  135. ^ Barnes, Mike (2020年12月14日). “‘The Dark Knight,’ ‘A Clockwork Orange’ and ‘The Joy Luck Club’ Enter National Film Registry” (英語). The Hollywood Reporter. 2022年2月21日閲覧。

外部リンク