みにくいシュレック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みにくいシュレック
Shrek!
著者 ウィリアム・スタイグ
訳者 小川悦子
イラスト ウィリアム・スタイグ
発行日 アメリカ合衆国の旗 1990年
日本の旗 1991年3月
発行元 アメリカ合衆国の旗 Farrar, Straus and Giroux
日本の旗 セーラー出版
ジャンル 絵本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
形態 並製本
ページ数 30
公式サイト us.macmillan.com
コード ISBN 0374466238
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

みにくいシュレック』(Shrek!)は、1990年ウィリアム・スタイグが発表した絵本

冒険に出た若いオーガのシュレックが、同じくオーガの王女と出会い結ばれる物語。映画『シュレック』の原作となった。Shrekとはドイツ語またはイディッシュ語で「恐怖」を意味するSchreck、Shreckに由来する。

映画化[編集]

アカデミー賞受賞映画『シュレック』は本書を原作として制作されたが、その際原作にはない新要素が加えられている。例示すると、

  • 白雪姫The Gingerbread Manといった他の童話作品のキャラクターをパロディとして取り入れた。悪役ファークアード卿といったオリジナルキャラクターも追加された。
  • アメリカの大衆文化への言及を取り入れた。
  • 人間の女性だったフィオナ姫は、最終的に女性のオーガへ変身する。原作では最初から女性のオーガである。
  • シュレックは映画化に際しデザインを改められた。映画では彼ははげていて、異なる服を着ていて、黄緑色の皮膚ながらも人間に近い歯を持つ。
  • ドンキーは原作ではわずかにしか登場せず、シュレックの冒険には加わらない。

映画はのちに三つの続編(『シュレック2』、『シュレック3』、『シュレック フォーエバー』)を生んだ。映画公開後、スタイグの他作品を収録して再版され、表紙には「Now a Major Motion Picture(今や有名映画)」のラベルが添えられた。