マイク・マイヤーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイク・マイヤーズ
Mike Myers
Mike Myers
シュレック3』のロンドンプレミアにて
別名義 Michael Meyers
生年月日 1963年5月25日(53歳)
出生地 カナダの旗 カナダ オンタリオ州スカボロー
職業 俳優コメディアン脚本家映画プロデューサー
ジャンル 映画テレビドラマ
配偶者 Robin Ruzan(1993年 - 2007年)
Kelly Tisdale(2010年 - )
主な作品
ウェインズ・ワールド
オースティン・パワーズ』シリーズ
シュレック』シリーズ

マイク・マイヤーズ(Mike Myers、1963年5月25日 - )は、カナダ出身の俳優コメディアン脚本家映画プロデューサー

生い立ち[編集]

1963年5月25日、オンタリオ州スカボローに生まれる[1]イギリス人(イングランド人スコットランド人アイルランド人の混血)の両親を持つ[2]。父親はイギリス陸軍のコック、母親は元イギリス空軍[3]

キャリア[編集]

子供の頃からコメディアンになることを夢見て、高校卒業後にシカゴの名門コメディ劇団『セカンド・シティ』に参加。

1989年から『サタデー・ナイト・ライブ』にレギュラー出演し、多くのキャラクターを演じて人気を博し、エミー賞を受賞する。その中の一つのキャラクターを映画化した『ウェインズ・ワールド』がヒット。この映画では脚本も書いている。続編も作られたが、その後しばらく公の場に姿を現さなかった。

1997年からの『オースティン・パワーズ』シリーズで復帰。このシリーズでは脚本・製作も出掛けている。

1997年と2008年のMTVムービー・アワードの司会を務める。

私生活[編集]

マイヤーズ自身はカナダ、アメリカ、イギリスの市民権を所持している[4]

1980年代に女優・ライターのロビン・ルーザンと交際をはじめる。二人はシカゴのホッケー場で出会った。1993年に結婚するが、2005年に離婚を申請[5]。2006年よりカフェのオーナーであったKelly Tisdaleと交際をはじめ、2010年に結婚[6]。息子と娘が一人ずついる[7][8]

フィルモグラフィー[編集]

特記なきものは出演のみ。

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Mike Myers”. AlloCiné. 2015年9月21日閲覧。
  2. ^ Elson, Peter (2002年7月27日). “Mike Myers: International Man of Mirth”. Liverpool Daily Post. 2008年10月23日閲覧。
  3. ^ Mike Myers Biography at”. TalkTalk. 2013年5月1日閲覧。
  4. ^ Paul Harrison (2005). Mike Myers. Heinemann-Raintree Library. p. 7. ISBN 978-1-4109-1088-2. 
  5. ^ Mike Myers, wife file for divorce: report”. MSN (2005年12月24日). 2011年3月4日閲覧。
  6. ^ Mike Myers secretly marries longtime girlfriend”. CTV (2011年3月4日). 2011年3月4日閲覧。
  7. ^ Mike Myers becomes first-time father to baby boy”. CTV News (2011年9月29日). 2011年10月1日閲覧。
  8. ^ Mike Myers Welcomes Daughter”. People (2014年4月11日). 2014年4月22日閲覧。

外部リンク[編集]