山本高広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山本高広
Yamamoto Takahiro, Japanese comedian.jpg
2008年
本名 山本高広
生年月日 (1975-02-19) 1975年2月19日(41歳)
出身地 日本の旗 日本福岡県北九州市
血液型 A型
身長 162cm
方言 共通語
芸風 ものまね
事務所 ワタナベエンターテインメント
配偶者  既婚[1]
公式サイト 公式プロフィール

山本 高広(やまもと たかひろ、1975年2月19日 - )は、日本ものまねタレントお笑い芸人である。

福岡県北九州市出身。ワタナベエンターテインメント所属。身長162cm。血液型A型。戸畑中央高等学校(後の福岡県立ひびき高等学校[2])出身[3]。ホテル勤務を経て芸能界入り。

来歴[編集]

ものまねが得意であることからお笑いの道へ進む。

織田裕二の『踊る大捜査線』『参天製薬の目薬CM』『世界陸上』『ドキュメンタリー番組での一幕』などのものまねで知られる。参天製薬CMの「キター!」は、登場時の「枕」として頻繁に用いられており、定番のひとつとなっている。織田の物真似を始めたきっかけは、高校時代に片想いをしていた同級生から一度だけ「織田裕二に似ている」と言われたことに由来する。学生時代から教師等の身近な人物の物真似をしていた。

織田をはじめとして、ものまね対象の人物に対しては特に許可をとっていない。2008年11月には織田裕二の所属事務所から民放各局に「物真似を企画される際には、(真似される)本人のイメージを尊重していただくようなルール作りをお願いしたい」との通達があったことをアメーバニュースが報じた[4]

料理が得意で、芸人デビュー前はリーガロイヤルホテル小倉内の中華料理店に勤務していたことがある[5]エビは大好物だが、エビアレルギーを持っているため、自分で殻を剥くことができない[6]

父親の影響でプロ野球読売ジャイアンツの大ファンである[7]

オリックス・バファローズ小松聖は、2008年シーズン、ヒーローインタビュー時に山本の「キター!」を披露。その後、山本は小松に「キター!を使ってくれてありがとう。また新ネタを使ってください」という内容のはがきを送っていた[8]

ものまねレパートリー[編集]

公式プロフィールによる)

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

ら行[編集]

わ行[編集]

その他[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

ミュージカル[編集]

声優[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 嫁さんがキター! 山本高広が猫の日に入籍 - サンスポ SANSPO.COM 2014年3月10日付
  2. ^ 2 単位制高等学校の設置 (1) 平成17年度までの設置校 (PDF)”. 文部科学省ホームページ. 文部科学省. 2013年11月13日閲覧。
  3. ^ 山本高広. “山本高広のプロフィール”. Ameba. サイバーエージェント. 2013年11月13日閲覧。
  4. ^ “山本高広が「キターッ!」と叫べぬ日が「キターッ」!?”. アメーバニュース. (2008年11月24日). http://news.ameba.jp/domestic/2008/11/21717.html 
  5. ^ またまた北九州!”. 山本高広オフィシャルブログ (2010年6月13日). 2014年5月31日閲覧。
  6. ^ 放送内容(2008年10月27日)”. 日本テレビ嵐の宿題くん』公式サイト (2008年10月27日). 2014年5月31日閲覧。
  7. ^ 2008年10月11日 スポーツニッポン 芸能面記事より。
  8. ^ オリ小松に山本高広が「新ネタ使って」”. 日刊スポーツ (2009年1月25日). 2014年5月31日閲覧。

外部リンク[編集]