100日の郎君様

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
100日の郎君様
ジャンル テレビドラマ、時代劇
脚本 ノ・ジソル
演出 イ・ジョンジェ
出演者 ド・ギョンス
ナム・ジヒョン
国・地域 大韓民国の旗 韓国
時代設定 朝鮮時代
話数 16
製作
制作 スタジオドラゴン
放送
放送チャンネルtvN
放送期間2018年9月10日-同10月30日
テンプレートを表示
100日の郎君様
各種表記
ハングル 백일의 낭군님
漢字 百日의 郎君님
発音 ペギルィ(ペギレ)・ナングンニㇺ
ローマ字 Baeg-ir-ui Nang-gun-nim
文化観光部2000年式
英語表記: 100 Days My Prince
テンプレートを表示

100日の郎君様』(ひゃくにちのろうくんさま、原題:백일의 낭군님)は2018年9月10日から10月30日にかけて放送された韓国tvNのテレビドラマ。

概要[編集]

朝鮮時代を舞台に聡明な世子イ・ユルが宮廷の陰謀に巻き込まれて記憶喪失となり、婚期を逃した庶民の女性ホンシムと結婚させられ100日間「夫婦」として過ごす物語である[1]

あらすじ[編集]

朝鮮王朝時代。王族の少年イ・ユル(子役:チョン・ジフン)は、高官の娘ユン・イソ(子役:ホ・ジョンウン)に一目ぼれして衝動的に結婚を申し込む。だがそれから間もなく、ユルの父が重臣キム・チャオン(チョ・ソンハ)と結託して王座を狙い、謀反を起こす。イソの父は殺され、ユルの母も邪魔者として葬られ、ユルとイソは離れ離れになってしまう。 それから16年後。世子となったユル(ド・ギョンス)は、孤独を抱え、世子嬪のソへ(ハン・ソヒ)にも心を開かず、王宮で孤独に成長する。世子嬪との夫婦仲を家臣たちに責められたユルは、腹立ちにまぎれに国中の独身者に結婚するよう命を出す。そんな中、ユルはキム・チャオンの手下の刺客に狙われる。ひとりの村人に助けられ、目覚めたときには記憶を失っていた。一方、イソ(ナム・ジヒョン)は「ホンシム」と名を変え、庶民の娘として暮らしていたが、ユルが出した命令のせいで結婚するよう迫られ、とっさに婚約者「ウォンドゥク」がいるとウソをつく。役人は信じなかったが、「ウォンドゥク」を名乗る男性が現れた。それはなんと、ホンシムの養父が助けたユルだった。 2人はかりそめの夫婦となるが、ウォンドゥクは記憶がなくても中身は高貴な世子。庶民の暮らしにはなじめず、まともに働けず、文句ばかり…こうして2人は夫婦の契りを交わすことになるが…。

登場人物[編集]

世子(王位継承者)
元重臣の娘/ヨン氏の養女
漢城府の役人
  • ムヨン:キム・ジェヨン(声:保村真)/幼少期:チョン・ジュンウォン
刺客
左議政(朝廷の重臣)、ソヘの父 
世子嬪(世子の正室)
  • イ・ホ/国王:チョ・ハンチョル(声:宮内敦士
ユルの父
  • 王妃パク氏:オ・ヨナ(声:藤貴子
王の正室、ソウォン大君の母、ユルの継母
  • ソウォン大君:チ・ミンヒョク(声:福西勝也
王妃パク氏の息子
  • ヨン氏:チョン・ヘギョン(声:平野俊隆
ホンシムの養父
  • クンニョ:イ・ミンジ(声:原島梢
ホンシムの友人
クンニョの夫

日本での放送[編集]

2019年7月21日から11月3日までNHK BSプレミアムにて、毎週日曜日 21:00-22:00 に日本語吹替(二カ国語)で放送された。 2020年5月17日よりNHK総合テレビで放送。

出典、脚注[編集]

  1. ^ INTRODUCTION”. 100日の郎君様. 2020年3月30日閲覧。

外部リンク[編集]

NHK BSプレミアム 日曜21時台枠
前番組 番組名 次番組
不滅の恋人
<全20回>
(2019.3.3 - 7.14)
100日の郎君様
<全16回>
(2019.7.21 - 11.3)
ヘチ 王座への道
<全24回>
(2019.11.10 - 2020.5.3)
NHK 総合 日曜23時台枠
レ・ミゼラブル
<全8回>
(2020.3.15 - 5.3)
100日の郎君様
<全16回>
(2020.5.17 - 8.30)
アンという名の少女 シーズン1
<全8回>
(2020.9.13 - 11.1)