シスターズ (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シスターズ
ジャンル テレビドラマ
ミステリ
ファミリー
脚本 チョン・ソギョン
監督 キム・ヒウォン
出演者 キム・ゴウン
ナム・ジヒョン
パク・ジフ
ウィ・ハジュン
製作
製作 スタジオドラゴン
放送
放送チャンネル大韓民国の旗 tvN
世界の旗 Netflix
放送国・地域大韓民国の旗 韓国
放送期間2022年9月3日 - 2022年10月9日
放送時間毎週土・日曜日21:10 - 22:40
放送枠土曜日・日曜日
放送分70分
回数12
公式ウェブサイト
テンプレートを表示
シスターズ
各種表記
ハングル 작은 아씨들
日本語読み: しすたーず
題: Little Women
テンプレートを表示

: 작은 아씨들)は、韓国tvN2022年9月3日から同年10月9日まで放送されていたテレビドラマ[1]日本では、動画配信サービスのNetflixで配信されている。

ストーリー[編集]

貧しいが仲睦まじく育った三姉妹は、お金のためにプライドが傷つく経験が少なくなかった[2]。そんな彼女たちは、700億ウォンの謎の大金を手に入れたことで事件に巻き込まれ、やがて韓国で最も裕福な有力一族に立ち向かうことになる[3]

着想・韓国語タイトルに込められた意味[編集]

脚本家のチョン・ソギョンが、ルイーザ・メイ・オルコットの『若草物語』(原題:Little Women)に着想を得て、主人公のマーチ姉妹が現代韓国に生きていたら、という問いかけから着想した作品である[4][5]。原題は『Little Women』の韓国語訳と同タイトル。チョン・ソギョンは、「小説『若草物語』は少女たちにとっては魂の本であり、貧困に対する話だ。私は、この姉妹たちを現代の韓国社会に連れてきてみたかった」「すべての場所と時代で貧しかった少女たちに対する連帯感を込め、また小説に対する尊敬と感謝を込めて、あえて題名を『若草物語』にしたかった。世の中の多くの少女の話に、私たちの話も加えたかった」と、韓国語タイトルに込めた意味を語っている[3]

企画意図[編集]

激しい競争と貧富の二極化が進み、多くの人が不満を抱える現代[2]。チョン・ソギョンは、そんなお金に関する話があふれる現代社会において、「そのような社会の魂はどんな姿だろうか」「お金に対する私たちの欲望はどこから来たのか」「お金はあなたの魂にどんな意味があるのか」を聞きたかったと、作品の企画意図を説明している[3]。また10代~30代前半までの「若者たち」を書きたかったと語っている[3]

登場人物[編集]

主要人物[編集]

オ・インジュ:演 - キム・ゴウン

長女。妹たちのために家長のように生きる、地に足のついた現実的な人物[6]。短大卒であることから、職場で邪険にされている[2]。お金で家族を守りたいと考える[6]

オ・インギョン:演 - ナム・ジヒョン

次女。正直者で直情的な性格。気骨のある記者だが、アルコール依存症を患っている[2][6]。お金に魂を売りたくないと考える[6]

オ・イネ:演 - パク・ジフ

三女。実力で美術の名門高校に入った天才肌[2][6]。姉たちの愛と期待を重く感じ、自分の力で生きようと奮闘する[2][6]

チェ・ドイル:演 - ウィ・ハジュン

ロンドンから来たエリートコンサルタント[6]。お金を最も神聖なものと信じる[6]

インギョンの周辺人物[編集]

ハ・ジョンホ:演 - カン・フン朝鮮語版

インギョンの幼馴染。アメリカに留学していたが、病気で韓国に帰国。突然、インギョンと再会。

チョ・ワンギュ:演 - チョ・スンヨン朝鮮語版

OBN社会部部長。インギョンの熱心さに信頼し、協力している。

チャン・マリ:演 - コン・ミンジョン

インギョンの先輩記者。インギョンに心配するフリをして、毛嫌いしている。

インジュとインギョンの家族[編集]

オ・ヘソク:演 - キム・ミスク朝鮮語版

インジュとインギョンの父方の大叔母。大富豪ではあるが、金銭問題に関わると冷酷になる。

アン・ヒヨン:演 - パク・ジヨン朝鮮語版(特別出演)

インジュとインギョンの母親。家族を捨てた夫に代わり、娘達を育ててきた。しかし、娘達のことに無関心。

ウォルリョングループ[編集]

ウォン・サンア:演 - オム・ジウォン

ジェサンの妻。ウォルリョン美術館館長。ミスコリア出身。ヒョリンのことをきっかけに、イネやインジュ達と交流する。

パク・ジェサン:演 - オム・ギジュン朝鮮語版

かつては貧しい鉱夫だったが、運転手と弁護士を経て、パク・ジェサン財団理事長に就いた。現在はソウル市長選を控えている。

パク・ヒョリン:演 - チョン・チェウン朝鮮語版

サンアとジェサンの娘。イネの親友。

放送日程[編集]

放送話 韓国放送日 韓国視聴率[注 1] 放送話 韓国放送日 韓国視聴率[注 1]
全国 首都圏 全国 首都圏
第1話 2022年9月3日 6.395% 6.931% 第8話 2022年9月25日 8.676% 9.710%
第2話 2022年9月4日 7.747% 8.519% 第9話 2022年10月1日 7.346% 8.935%
第3話 2022年9月10日 5.587% 6.110% 第10話 2022年10月2日 9.701% 11.278%
第4話 2022年9月11日 7.256% 8.315% 第11話 2022年10月8日 7.707% 8.931%
第5話 2022年9月17日 7.038% 8.072% 第12話 2022年10月9日 11.105% 11.968%
第6話 2022年9月18日 8.338% 8.898%
第7話 2022年9月24日 6.014% 7.033% 視聴率平均 7.743% 8.725%

批判[編集]

韓国国外では動画配信サービスのNetflixにて公開しているが、本シリーズの第3話と第8話において、出演者がベトナム戦争について言及している場面がメディア・映画の関連法に違反している疑いがあるとして、ベトナム政府が同国内での配信停止を要請していることが2022年10月に報じられた[7][8]。これを受けて、Netflixは同月6日にベトナム国内での本作品の配信を停止した。また、制作社のスタジオドラゴンも同月7日に「今後のコンテンツ制作において、社会的、文化的感受性を考慮して、より一層注意を払う」との謝罪コメントを発表した[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b AGBニールセン調査による韓国国内の視聴率。

出典[編集]

  1. ^ “キム・ゴウン&ナム・ジヒョン&パク・ジフ、新ドラマ「シスターズ」に出演決定…共演に期待”. Kstyle. (2021年12月23日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2183570 2022年9月5日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f “お金が人生を狂わす! 話題のNetflix最新韓国ドラマ2選”. GOETH. (2022年9月9日). https://goetheweb.jp/lifestyle/entertainment/20220909-kantame-11 2022年9月14日閲覧。 
  3. ^ a b c d “『トッケビ』キム・ゴウン主演、現代の『若草物語』と脚本家が語る『シスターズ』制作秘話とは【インタビュー】”. スポーツソウル. (2022年8月27日). https://sportsseoulweb.jp/star_topic/id=58002 2022年9月14日閲覧。 
  4. ^ “Netflix最新韓国ドラマ『シスターズ』キム・ゴウン主演の若草物語サスペンス、配信スタート直後から注目!『ヴィンチェンツォ』ソン・ジュンギが特別出演も”. 韓国TVドラマガイド編集部. https://futabanet.jp/kankoku-tvguide/articles/-/85980 2022年9月13日閲覧。 
  5. ^ “不朽の名作『若草物語』の姉妹が現代の韓国にいたら「シスターズ」になった!?日本版予告動画と制作陣コメント”. ナビコン・ニュース. (2022年9月1日). https://navicon.jp/news/75803/ 2022年9月13日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g h “キム・ゴウン主演「シスターズ」9月3日Netflix配信前に、あらすじ・登場人物など動画と一緒に徹底紹介 新作韓ドラ”. ナビコン. (2022年8月24日). https://navicon.jp/news/75647/ 2022年9月14日閲覧。 
  7. ^ ベトナム、ネットフリックスに「シスターズ」配信停止要請-報道”. Bloomberg.com (2022年10月5日). 2022年10月6日閲覧。
  8. ^ 韓国ドラマがベトナム戦争「歪曲」 ネトフリに配信停止要請”. AFP通信 (2022年10月6日). 2022年10月6日閲覧。
  9. ^ ドラマ「シスターズ」一部の設定めぐりベトナムから抗議殺到…現地のNetflixでは配信を中止”. Kstyle (2022年10月7日). 2022年10月8日閲覧。

外部リンク[編集]

tvN 土日ドラマシリーズ
前番組 番組名 次番組
還魂
(2022年6月18日 - 2022年8月28日)
シスターズ
(2022年9月3日 - 2022年10月9日)
シュルプ
(2022年10月15日 - 2022年12月4日 )