ボイス (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボイス
ジャンル テレビドラマ
出演者 イ・ハナ
ソン・ウンソ
国・地域 大韓民国の旗 韓国
製作
製作 CJ ENM
放送チャンネル OCN
放送国・地域 大韓民国の旗 韓国
『ボイス』
出演者 チャン・ヒョク
ペク・ソンヒョン
イェソン
クォン・ヒョンジュン
放送期間 2017年1月14日 - 3月12日
回数 16
『ボイス2』
出演者 イ・ジヌク
クォン・ユル
アン・セハ
キム・ウソク
イ・ジョンシン
放送期間 2018年8月11日 - 9月16日
回数 12
『ボイス3』
出演者 イ・ジヌク
キム・ウソク
放送期間 2019年5月11日 -

ボイス』(보이스)は、OCNを運営する韓国のケーブルテレビ「CJ ENM」で放送された韓国のテレビドラマである。日本では『ボイス〜112の奇跡〜』のタイトルでDVD販売[1]、動画配信が行われている。

シーズン1は2017年1月14日から3月12日まで全16回にわたって放送[2]。主演はチャン・ヒョク[1]

シーズン2は2018年8月11日から9月16日まで全12回にわたって放送。主演はイ・ジヌクイ・ハナ[3]

シーズン3は2019年5月11日から放送されている。主演はイ・ジヌクとイ・ハナ[4]

2019年7月期に日本テレビにおいて、『ボイス 110緊急指令室』(ボイス 110きんきゅうしれいしつ)のタイトルでリメイクの上、放送される予定[5]

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

112通報センター[編集]

キム・ジニョク
演 - チャン・ヒョク
かつて刑事だった男性。3年前に妻を殺された後は無気力な日々を送る。ある時、ソンウン地方警察庁管轄の112通報センター緊急出動チームの配属指令を受ける。3年前の妻の電話を受け取ったグォンジュがセンター長であると知り、反発しながらもグォンジュの話を聞いてチーム長の要請を引き受ける。
カン・グォンジュ
演 - イ・ハナ
112通報センターのトップ。3年前、殺される直前のジニョクの妻からの通報を受け取る。幼い頃の事故が元で、他人には聞こえない微かな音をも聞き取る能力が備わった。3年前の事件でジニョクの妻を殺害した犯人に、刑事であった父を殺害される。助けたい人間が近くにいるのに助けられなかった悔しさからボイスプロファイラーとなった。
シム・デシク
演 - ペク・ソンヒョン
112通報センター緊急出動チームのメンバー。チーム長のジニョクを慕い、何かと世話を焼いている女房的存在。
オ・ヒョノ
演 - イェソンSUPER JUNIOR
112通報センター分析チームのメンバー。ホワイトハッカー(セキュリティ専門家)として活動している。
パク・ウンス
演 - ソン・ウンソ
112通報センター分析チームのメンバー。5ヶ国語を操る才女で、飲食店を経営している祖母と妹と一緒に暮らしている。

ソンウン地方警察庁[編集]

チャン・ギョンハク
演 - イ・ヘヨン
ソンウン地方警察庁強力係所属の刑事で係長。捜査方針を巡って、ジニョクとは何かと対立する。

その他[編集]

ナム・サンテ
演 - キム・レハ
「いい友 人材派遣」代表。脚の状態が芳しくないようで、踵を引きずりながら歩いている。また、顎を鳴らしながら話すという妙な癖がある。
モ・ギボム
演 - イ・ドギョン
ソンウン通運の会長。小さなバス会社から財閥へと発展させた実力者。
モ・テグ
演 - キム・ジェウク
ソンウン通運の社長でギボムの息子。アイビー・リーグの大学を卒業したエリート。

スタッフ[編集]

  • 脚本 - マ・ジンウォン
  • 演出 - キム・ホンソン(『ボイス』)、イ・スンヨン(『ボイス2』)

リメイクテレビドラマ[編集]

ボイス 110緊急指令室
ジャンル 連続ドラマ
原作 『Voice』
(Studio Dragon Corporation & CJ ENM Corporation 製作)
脚本 浜田秀哉
演出 大谷太郎
久保田充
出演者 唐沢寿明
真木よう子
増田貴久
木村祐一
石橋菜津美
田村健太郎
安井順平
小市慢太郎
矢作穂香
YOU
菊池桃子
音楽 ゲイリー芦屋
エンディング BLUE ENCOUNT「バッドパラドックス」
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
チーフ・
プロデューサー
池田健司
プロデューサー 尾上貴洋
後藤庸介
製作 日本テレビ
放送
映像形式 文字多重放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2019年7月13日 - (予定)
放送時間 土曜 22:00 - 22:54
放送枠 土曜ドラマ
公式サイト

特記事項:
8月24日は『24時間テレビ42「愛は地球を救う」』のため休止予定。

ボイス 110緊急指令室』(ボイス 110きんきゅうしれいしつ)のタイトルで、2019年7月13日から日本テレビ土曜ドラマ」で放送される予定のテレビドラマである[5]韓国のドラマ『Voice』が原作[6]で、警察署の緊急指令室を舞台に、愛する人を同じ暴漢によって失った刑事と女性ボイスプロファイラーが犯罪被害者からの110番通報に対して迅速に対応していく姿を描く[5]。主演は唐沢寿明[5]

キャスト(リメイク版)[編集]

樋口彰吾〈48〉
演 - 唐沢寿明
警視庁港東警察署ECU(Emergency Call Unit)緊急出動班の班長。
3年前、正体不明の暴漢により妻を撲殺される。
橘ひかり〈33〉
演 - 真木よう子[5]
警視庁港東警察署ECU室長。ボイスプロファイラー。
助けを求める人間がすぐ近くにいるのに助けられなかった悔しさからボイスプロファイルの専門家となり、ECUを新設させる。
石川透〈32〉
演 - 増田貴久[7]
警視庁港東警察署ECU緊急出動班・捜査員。
かつては強行犯係に在籍し、当時係長だった樋口を「兄貴」と慕い続けている。
沖原隆志〈48〉
演 - 木村祐一
警視庁港東警察署強行犯係・係長。樋口と同期。
森下栞〈28〉
演 - 石橋菜津美
県警本部・教養課通訳センター・センター員。
緒方拓海〈28〉
演 - 田村健太郎
警視庁港東警察署ECU 情報分析担当。
落合智明〈50〉
演 - 安井順平
警視庁港東警察署ECU副室長。
田所賢一〈55〉
演 - 小市慢太郎
港東警察署・署長。
森下葵〈25〉
演 - 矢作穂香
栞の妹。派遣社員。
森下志津〈50〉
演 - YOU
樋口たちが行きつけの居酒屋店主。
樋口未希〈45〉
演 - 菊池桃子
樋口の妻。
樋口大樹〈8〉
演 - 鳥越壮真
樋口の息子。

ゲスト(リメイク版)[編集]

第1話
荻原夏美
演 - 吉川愛
ECUへの最初の110番通報をする女子大生。
川島武雄
演 - 般若[8]
夏美を誘拐する犯人。

スタッフ(リメイク版)[編集]

放送日程(リメイク版)[編集]

話数 放送日 ラテ欄 演出 視聴率
第1話 7月13日(予定)
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)
日本テレビ 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
俺のスカート、どこ行った?
(2019年4月20日 - 6月22日)
ボイス 110緊急指令室
(2019年7月13日 - 【予定】)
-

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b チャン・ヒョク最新主演作! 大ヒット作「ボイス」DVD発売決定&予告編公開”. エイアイエスイー (2017年9月1日). 2019年5月30日閲覧。
  2. ^ “「ボイス」チャン・ヒョク、イ・ハナら、最終回を前に終了の感想語る”. WoW!Korea (エイアイエスイー). (2017年3月12日). http://www.wowkorea.jp/news/enter/2017/0312/10185799.html 2019年5月21日閲覧。 
  3. ^ “イ・ジヌク&イ・ハナ、ドラマ「ボイス」シーズン2の男女主人公に確定”. Kstyle (NAVER). (2018年4月18日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2091598 2019年5月30日閲覧。 
  4. ^ “放送開始「ボイス3」イ・ジヌク、日本で殺人容疑者に? イ・ハナが駆けつけるも…目が離せない展開に”. Kstyle (NAVER). (2019年5月12日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2116959 2019年6月1日閲覧。 
  5. ^ a b c d e “唐沢寿明&真木よう子、“声”を手がかりにしたサスペンス連ドラで初共演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年5月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2135315/full/ 2019年5月13日閲覧。 
  6. ^ a b “唐沢寿明&真木よう子でタイムリミットサスペンス!7月期ドラマ「ボイス 110緊急指令室」”. シネマカフェ (イード). (2019年5月13日). https://www.cinemacafe.net/article/2019/05/13/61502.html 2019年5月13日閲覧。 
  7. ^ “NEWS増田貴久、刑事役に初挑戦 黒髪短髪でイメチェン「強く、優しい刑事を演じていきたい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年6月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2136632/full/ 2019年6月1日閲覧。 
  8. ^ ““初代ラスボス”般若が初ドラマ出演で誘拐犯役「『早く捕まえて』と思ってもらえたら」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年6月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2137711/full/ 2019年6月16日閲覧。 
  9. ^ “BLUE ENCOUNTが唐沢寿明主演ドラマ主題歌担当、9月にシングル発売&全国ツアー”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年6月21日). https://natalie.mu/music/news/336704 2019年6月22日閲覧。 

外部リンク[編集]