ナム・ジヒョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナム・ジヒョン
ナム・ジヒョン
生年月日 (1995-09-17) 1995年9月17日(26歳)
出生地 大韓民国の旗 韓国仁川広域市[1]
国籍 大韓民国の旗 韓国
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 2004年 -
事務所 マネジメントSOOP
主な作品
テレビドラマ
大王世宗
エデンの東
善徳女王
ジャイアント
ショッピング王ルイ
あやしいパートナー〜Destiny Lovers〜
100日の郎君様
リセット〜運命をさかのぼる1年〜
テンプレートを表示
ナム・ジヒョン
各種表記
ハングル 남 지현
漢字 南志鉉
発音 ナム・ジヒョン
ローマ字 Nam Ji-hyun
テンプレートを表示

ナム・ジヒョンハングル:남지현、漢字:南志鉉、1995年9月17日[1] - )は、韓国の元子役女優仁川広域市出身。マネジメントSOOP所属。西江大学心理学科卒業[2]

経歴[編集]

2004年MBCにて放送された『愛してると云って』で子役デビュー[1]。 その後、『ロビイスト』のチャン・ジニョン、『大王世宗』のイ・ユンジ、『エデンの東』のハン・ジヘ、『善徳女王』のイ・ヨウォン、『クリスマスに雪は降るの?』のハン・イェスルなど、韓国トップクラスの美人女優の少女時代を演じてきた。これらのドラマで彼女は、印象深い演技で出演する作品ごとに話題を生み、MBC演技大賞では、2008年2009年と連続で子役賞を受賞した[3]2010年時点で、女性子役のオファー数が韓国で第1位を誇った[3]

2016年、『ショッピング王ルイ』では、ソ・イングクと共演し、ヒロインを演じる。この作品で、子役のイメージを捨て、初めてのロマンスの演技に挑戦し[4]MBC演技大賞で女性新人賞を受賞する[5]

2017年、『あやしいパートナー〜Destiny Lovers〜』では、チ・チャンウクと共演し、ヒロインを演じる[4]2011年時代劇ドラマ『ペク・ドンス』でチ・チャンウク演じる主人公の相手役の少女時代を演じたこともあり、それ以来のタッグとして注目を集め[6]SBS演技大賞で優秀演技賞を受賞する[4]

2018年時代劇ラブロマンス100日の郎君様』では、EXOド・ギョンス(ディオ)と共演し、ヒロインを演じる[7]。それまで、tvN月火ドラマは視聴率が低迷していたが[7]、最終回に最高視聴率14.4%を記録し、日本でも2020年NHK総合などで放送された[8]

2020年乾くるみによる小説『リピート』が原作で、日本のドラマをリメイクしたサスペンスドラマ『リセット〜運命をさかのぼる1年〜』に主演し、MBC演技大賞で最優秀演技賞に輝く[9]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 無影剣(2005年)
  • マイキャプテン、キム・デチュル(2006年)
  • 麻婆島2(2007年)
  • 視線1318(2009年)
  • アストロボーイ - アトムの帰還(2009年)
  • 今日(2011年)
  • ファイ 悪魔に育てられた少年(2013年)

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 인물정보(人物情報) NAVER() 2012年11月5日閲覧。
  2. ^ “「幸せな一日」 ナム・ジヒョンが西江大学を卒業”. 朝鮮日報. (2020年2月19日). http://ekr.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/02/19/2020021980143.html 2021年5月2日閲覧。 
  3. ^ a b ナム・ジヒョン(Nam JiHyun 남지현) Innolife 2015年6月14日閲覧。
  4. ^ a b c “「幸せな一日」 ナム・ジヒョンが西江大学を卒業”. Kstyle. (2016年12月19日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2057569|「ショッピング王ルイ」ナム・ジヒョン、14年間歩んできた俳優の道 2021年5月3日閲覧。 
  5. ^ “「幸せな一日」 ナム・ジヒョンが西江大学を卒業”. もっと!コリア. (2016年12月30日). https://mottokorea.com/mottoKoreaW/FunJoy_list.do?bbsBasketType=R&seq=47888 2021年5月3日閲覧。 
  6. ^ “「あやしいパートナー」ナム・ジヒョン“チ・チャンウク兄さんとの共演…新鮮な感じがします””. Kstyle. (2016年12月19日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2068039 2021年5月3日閲覧。 
  7. ^ a b “「100日の郎君様」ナム・ジヒョン“EXO ディオさんとキスシーンが多かったけど…友達のように過ごした””. Kstyle. (2018年12月12日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2104114 2021年5月3日閲覧。 
  8. ^ “ド・ギョンス(EXO-D.O.)「100日の郎君様」17日NHK地上波放送前に見どころと時代背景をチェック!”. navicon. (2020年5月3日). https://navicon.jp/news/59638/ 2021年5月3日閲覧。 
  9. ^ “日本ドラマ「リピート」を大胆リメイク!イ・ジュニョク&ナム・ジヒョンからコメント到着”. シネマカフェ. (2021年3月3日). https://www.cinemacafe.net/article/2021/03/03/71648.html 2021年5月3日閲覧。 
  10. ^ キム・ゴウン&ナム・ジヒョン&パク・ジフ、新ドラマ「若草物語」に出演決定…共演に期待”. Kstyle (2021年12月23日). 2022年1月5日閲覧。
  11. ^ HISTORY 2016 Winners”. Asia Artist Awards組織委員会. 2017年10月23日閲覧。

外部リンク[編集]