こまつ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こまつ
本名 小松利暢
生年月日 (1984-03-30) 1984年3月30日(33歳)
出身地 兵庫県三木市
血液型 A型
身長 160cm
方言 共通語関西弁
最終学歴 神戸弘陵学園高等学校
グループ名 クレッシェンド(2005年解散)
芸風 音楽パフォーマンス
事務所 ニュースタッフプロダクション
活動時期 2002年 -
作品 日本用タイアップ部分の一部 オンラインRPG「アトランティカ」楽曲
他の活動 ミュージシャン
公式サイト 公式サイト
受賞歴
2006年 東京キャラクターズバトル準グランプリ

こまつ1984年3月30日 - )は、日本芸人ミュージシャン。本名、小松 利暢(こまつ としのぶ)。

兵庫県三木市出身。ニュースタッフプロダクション所属。身長160cm、体重48kg。神戸弘陵学園高等学校卒業。

履歴[編集]

高校卒業後、歌で活動するべく上京[1]。 知人の家や公園などで寝泊まりしながら、「何の環境も才能もない人間がどこまで大きくなれるか証明すること」を信念にストリートライブなどの音楽活動を始める。この頃、右手でトランペット、左手でキーボードのテクニックや、キーボードの右手と左手で別の曲を弾く、いわゆる「同時演奏」を開発した。

2002年にユニット「クレッシェンド」を結成。同時演奏を一旦休止し、作詞作曲アレンジなどを手がけるようになり、数多くのライブ活動を行う。2005年に同ユニットが解散すると、本格的にトランペット&キーボードでの活動を再開するかたわら、引き続き作曲やアレンジも手がけ、アーティスト色を強める。

転機は2006年。かねてより音楽仲間で友達関係にあった芸能事務所の社長に「お笑いの世界とかどうよ?」と誘われ、悩んだあげく「エンターテイナー芸人こまつ」としてニュースタッフエージェンシーに所属し、トランペット&キーボードで東京キャラクターズバトルセミグランプリ賞を受賞。2007年からは情報バラエティ番組『くちコミ☆ジョニー!』に一般人出場者として参加し、その類稀な演奏技術から後に事実上のレギュラー出演者として扱われるなど注目を浴びる。また、同年から放送を開始したお笑いネタ番組『爆笑レッドカーペット[2]へも出演し、一気にお茶の間にも知れ渡ることとなった。それ以降は「芸人」の肩書きでの活動が目立つが、本人は今でも基本的にはミュージシャン・作曲家であると思っているという。

ネタ[編集]

主にキーボードでゲームのBGMや、映画・アニメ・ドラマなどの曲を合成したオリジナルソングをで演奏する。お笑い芸人としての活動時もトランペット&キーボードを披露することもある。

本人曰く「耳コピの鬼」であり、ネタ作りは楽譜を見て楽曲を覚えるよりも耳コピの方が早いとしている。これは独学でピアノを始めた頃、お金がなくて楽譜が買えず、ひたすら聞いて練習したためである。またピアノ演奏のバックボーンも、幼少の頃ピアノ教室に数回習いに行っただけで止めているため、ほぼ独学である[3][1]

なお、演奏用の楽器を含め個人的に所有している機材全体の費用は約200万円、トランペットだけでも約40万円かかったとのことである。このうちキーボードはオークションで5000円で手に入れたものである[1]

最も得意な楽曲はルパン三世であり、2016年1月の芸能界特技王決定戦 TEPPENでは松井咲子を破り頂天になった。

コラボミュージックも得意としており、松任谷由実の楽曲とアニソンをミックスさせた時は清水ミチコが大絶賛している程。

こうした芸のため、のちにネクソンジャパンのオンラインRPG『アトランティカ』とのタイアップで同作のBGMの作曲を担当し、またTVCMにも出演している[4]

現在では舞台・ミュージカル音楽からアイドル楽曲まで幅広く楽曲提供をしている。

人物[編集]

  • 公式サイトでは『身長160cm』となっているが、実際の身長はこれより低いようで、実際の身長は155cmほどである。
  • 趣味はジョギング、一人ツッコミ。特技は生け花ドラム
  • 幼少期より借金での家の差し押さえやホームレス生活を経験するなど、相当な苦労人[5]
  • 元々黒髪の坊主頭がトレードマークであったが、のちに羞恥心への憧れから一部黒髪を残してアシンメトリーに染めた髪形になっている。
  • 2013年11月7日に出演した『アウト×デラックス』にて、ゲイであることを公表した。放映(出演部分の終了)直後に更新したブログで、公表に至った心境などを明かしている[6]

主な出演作品[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

DVD[編集]

CD[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c FLASH』(光文社)2008年6月3日号『オレの部屋大公開』特集
  2. ^ 「お笑いテクノポップ」という番組内キャッチコピーを持つが、こまつの音楽性とテクノポップ本来の音楽性とは共通点に乏しい。詳しくはテクノポップを参照。
  3. ^ オフィシャルサイト「Biography」より。
  4. ^ 滝沢修 「ネクソンジャパン、WIN「アトランティカ」音楽芸人「こまつ」とタイアップ。オリジナルBGMを制作」 GAME Watch、2008年10月10日。
  5. ^ 東京スポーツより
  6. ^ カミングなんとか”. こまつオフィシャルブログ (2013年11月7日). 2013年11月8日閲覧。

外部リンク[編集]