爆笑ピンクカーペット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
爆笑ピンクカーペット
Wangan Studio.jpg
ジャンル バラエティ番組 / 特別番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 原武範、有川崇
監修 玉井貴代志
プロデューサー 藪木健太郎[1](演出兼任)
朝妻一
出演者 高橋克実
遠藤玲子フジテレビアナウンサー
中村光宏(フジテレビアナウンサー)
ほか
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
第1回
放送時間 月曜日 1:40 - 2:30(日曜深夜(50分)
放送期間 2007年4月30日(1回)
第2回
放送時間 月曜日 0:55 - 1:45(日曜深夜)(50分)
放送期間 2007年6月18日(1回)
第3回
放送時間 火曜日 1:20 - 2:20(月曜深夜)(60分)
放送期間 2007年11月27日(1回)
第4回(新春ピンクカーペット)
放送時間 火曜日 4:30 - 8:30(240分)
放送期間 2008年1月1日(1回)
第5回
放送時間 日曜日 1:35 - 3:30(土曜深夜)(115分)
放送期間 2008年8月31日(1回)
第6回(新春ピンクカーペット)
放送時間 木曜日 2:45 - 4:30(水曜深夜)(105分)
放送期間 2009年1月1日(1回)
第6回(新春ゴールデンピンクカーペット)
放送時間 木曜日 5:50 - 8:00(130分)
放送期間 2009年1月1日(1回)
テンプレートを表示

爆笑ピンクカーペット』(ばくしょうピンクカーペット)は、フジテレビ深夜番組ニューカマーズ』枠内で放送されたバラエティ番組で『爆笑レッドカーペット』の姉妹特別番組である。また2008年2009年1月1日に放送された『新春ゴールデンピンクカーペット』、2009年1月1日に放送された『新春ピンクカーペット』についても記述する。番組タイトルロゴ名表記のは、『爆笑ピンクカーペット』。

センターより芸人が登場し1分程度のショートスタイルのネタを披露し、ネタが終了するとピンクの床が左から右へ動き出して自動的に退場するというシステムで、ルールなどは『爆笑レッドカーペット』と同じである。『 - レッドカーペット』はプライムタイムで放送するのに対し、ピンクカーペットは深夜の時間帯という事でレッドカーペット出演者よりも知名度の低い芸人に門戸を開き、ここでMVPを得た芸人が本家『レッドカーペット』に出演出来るという番組の意図がある。中堅芸人の出番が比較的多い『レッドカーペット』と比べて相対的により若手の芸人が出演することが多いが、構成作家の推薦やオーディションにおいて芸歴による制限がないため、稀にベテランの芸人が出演することもある(第5回の川上じゅんの例など)。またレッドカーペットに出演していた芸人(例:ハイキングウォーキング超新塾など)も第1回と第2回では何組か出場している。

2008年1月1日4時30分より『第41回初詣!爆笑ヒットパレード』内で兄弟企画(拡張版)、「新春ゴールデンピンクカーペット」が放送され、また姉妹番組の「爆笑レッドカーペット」も15時15分より兄弟企画(拡張版)「新春ゴールデンレッドカーペット」が放送された。

また、第5回からレッカー君の恋人という設定で、「ピンカーちゃん」というキャラクターが出来た[2]

2009年1月1日早朝に当番組の拡大版「新春ピンクカーペット」「新春ゴールデンピンクカーペット」、また、元旦限定の番組で「ピンク〜」よりも知名度の低い芸人が出演する「新春ホワイトカーペット」が放送された。また、登場芸人紹介時のBGMが正月バージョンに変更されていた。

2010年以降は爆笑ヒットパレード内の『一瞬で笑えるザ・ショート笑』に実質引き継がれているがネタ見せ時間は30秒と短くなっている。

放送日時[編集]

回数 放送日 放送時間(JST 放送タイトル 備考
第1回 2007年4月30日月曜日 1:40 - 2:30 爆笑ピンクカーペット 本来は1:25 - 2:15の放送予定だったが、野球中継延長のため15分繰り下げて放送。
サンパラ』枠で放送。
第2回 2007年6月18日(月曜日) 0:55 - 1:45 『サンパラ』枠で放送。
第3回 2007年11月27日火曜日 1:20 - 2:20
第4回 2008年1月1日(火曜日) 4:30 - 8:30 新春ピンクカーペット 第41回初詣!爆笑ヒットパレード2008』枠で放送。
第5回 2008年8月31日日曜日 1:35 - 3:30 爆笑ピンクカーペット
第6回 2009年1月1日(木曜日 2:45 - 4:30 新春ピンクカーペット 『超ピンクカーペットSP』枠で放送。
一部系列局では「新春ゴールデンピンクカーペット」の途中から飛び乗りネットした
(番組内では明確な区切りがないため、
数秒のタイトルコールのみを放送しすぐに同時ネットで芸人のネタを放送する構成となった)。
5:50 - 8:00 新春ゴールデンピンクカーペット

遅れ放送[編集]

放送日時は日本標準時

  • 関西テレビでは第1回は2007年6月3日24:25 - 25:10に遅れ放送。
  • 北海道文化放送では第1回は2007年6月24日25:25 - 25:55に、第3回は2008年2月24日の24:25 - 25:25に遅れ放送。第2回、第5回の放送は未定。
  • テレビ新広島では、第1回の放送は2007年7月13日の25:05 - 25:55に遅れ放送。
    • 第2回の放送は2007年9月20日24:45 - 25:35に放送。
    • 第3回の放送は2008年3月28日25:05 - 26:05に放送。
  • テレビ西日本では第3回が2007年12月2日24:45 - 25:45に遅れ放送。
  • テレビ宮崎では第3回が2007年12月12日25:34 - 26:34に遅れ放送。
  • 富山テレビでは第3回が2007年12月25日24:25 - 25:25に遅れ放送。
  • 青森テレビでは第3回が2007年12月29日24:15 - 25:15に遅れ放送。
  • 福井テレビでは第3回が2008年1月7日25:35 - 26:35に遅れ放送。
  • テレビ静岡では第3回が2008年3月9日24:25 - 25:25に遅れ放送。
  • 東海テレビでは第3回が2008年3月10日26:10 - 27:10に遅れ放送。

評価方法[編集]

審査の仕方の「満点大笑い」「大笑い」「中笑い」「小笑い」という評価もレッドカーペットと同じであるが、第2回の放送で 笑ランプ による評価分けが明らかになった。

笑ランプの点灯数 評価
1~7 小笑い
8~11 中笑い
12~14 大笑い
15 満点大笑い

爆笑レッドカーペットからの変更点[編集]

※姉妹番組ということもあり「ピンク」では全体的にセットがチープになっている。

  • 赤い床→ピンク色
  • センターのセットが電飾→書き割り
    • ゴールデンピンクカーペット(第4回)より、レッドカーペット同様、電飾になった。
  • 審査員が7人→5人に削減(拡張版は11人)
    • 第5回より、レッドカーペット同様、7人に変わった。
  • 審査員後部のマルチ画面(評価が表示される部分)→手書きパネルが回転して表示される形式
    • ゴールデンピンクカーペット(第4回)より、レッドカーペット同様、マルチ画面になった。
  • 審査員ボタン→1つ押すと「笑」の札が立つ(最大3つまで押す事ができる、立った札は審査員自ら下ろさなくてはならない)
    • 第2回より、レッドカーペット同様電飾スイッチに変わった。
  • ネタ前の芸人紹介がレッドでは背景が赤いカーペットで字の色は赤色だがピンクでは背景がピンクで字の色は黒色、ホワイトでは背景が白色で字の色は青色。
  • レッドカーペット賞に該当する賞が存在しない
    • 第2回より、MVPが設けられた。(拡張版はなかった)
  • 第5回からレッドカーペットと同様のセットになり、カーペットの色と審査員台が変わっただけのものとなった。また左下の字幕も第4回までは名前の下に青いアンダーラインが引かれただけだったが、第5回より青い文字の背景がピンクに変更された。

MVP(モスト・バリュアブル・ピンクカーペット)[編集]

今夜一番楽しませてくれた芸人に贈る賞として、第2回目放送より実施。決める審査員はピンクカーペッツによって決められる。第2回は薬丸裕英、第3回は山本モナ、第5回は中村仁美から指名され、内藤剛志が選んだ。

出演者[編集]

MC[編集]

ゲスト審査員[編集]

(50音順)

(50音順)

(50音順)

(50音順)

(50音順)

(順不同)

(順不同)

出演した芸人[編集]

第1回[編集]

【】内の言葉は芸人紹介時のキャッチフレーズ(キャッチフレーズと名前が一体化している場合もある)

(出演順)

第2回[編集]

【】内の言葉は、芸人紹介時のキャッチフレーズ。(キャッチフレーズと名前が一体化している場合もある。)

  • 【あなたを朝まで眠らせナイツ】永井佑一郎
  • 【笑いの3LDK】我が家
  • 【オレ 変わってんのかな…?】フルーツポンチ
  • 【明るく楽しく元気よく】藤崎マーケット
  • 【最前線を突っ走れ】トップリード
  • 【甘酸っぱい青春コント】しずる
  • 【ネクストコントジェネレーション】ジャルジャル
  • 【アホのさえずり】カナリア
  • 【あいつの弟 再び登場】ダーク屋良
  • 【浜谷・神田で】ハマカーン
  • 【今夜あなたを逆指名】狩野英孝
  • 【破天荒侍】平成ノブシコブシ

(出演順)

第3回[編集]

(出演順)

新春ゴールデンピンクカーペット (第4回)[編集]

爆笑レッドカーペット・爆笑ピンクカーペットや他番組と同じネタをした芸人が数組いる。(例:なかやまきんに君佐久間一行ドラハッパーなど)またそのネタを少しアレンジしただけの芸人もいた。

0部[編集]

(一部地域を除く)

  • 【ネタに願いを】流れ星
  • 【亀田のものまね 未だ封印】レアレア
  • 【開けてびっくり】ふくろとじ
  • 【それいけ!戦え!】インポッシブル
  • 【秋山と元気で】あきげん
  • 【神出鬼没の】ドラハッパー
  • 【陽気な漫談野郎】井上マー
  • 【幸せをつかさどります】寿司
  • 【イライラ注意報】ノンスモーキン
  • 【博多のお笑い親善大使】町田隼人
  • 【石油も笑いも掘り当てろ】デスペラード
  • 【心地よいずれ漫才】オードリー
  • 【今日は何色?】カメレオンブラザーズ
  • 【天からの贈り物】ハム
  • 【劇薬キワモノ芸人】増谷キートン
  • 【熊も喰いつくこの旨さ】とろサーモン
  • 【突然変異】ミュータント
  • 【笑ってもらうと助かります】田代32
  • 【ナニワのバカヤロー】span!
  • 【お笑い特許出願中】高橋工房
  • 【まだ若いんです】トレンディエンジェル
  • 【止められない抜けられない】少年少女
  • 【お笑い太閤記】ヒデヨシ
  • 【仁義無き紙芝居】ジャパニウム
  • 【ほどよいアホ加減】アホマイルド
  • 【仲良し運命共同体】タカダ・コーポレーション
  • 【イタリアンダンディ】オーノ泰広
  • 【どつきどつかれ】男と女
  • 【直角の真ん中】ななめ45°
  • 【お正月に申し訳ありません】カノン
  • 【エールよ届け】オオカミ少年
  • 【栃木生まれのなまり漫才】U字工事
  • 【脇目も振らず】あしこゆび
  • 【独立系ラジオステーション】DJきーぽん
  • 【目指せ楽園】天竺鼠
  • 【高い所大好き】バカトケムリ
  • 【孤高のコント職人】チョップリン
  • 【まさかまさかの】イシバシハザマ
  • 【ハイトーンつっこみ】南国姉妹
  • 【勝手にシング・ア・ソング】佐久間一行
  • 【自分、不器用ですから】瞬間メタル
  • 【笑いの兼業農家】山崎智
  • 【さあ、宴の始まりだ!】宴人
  • 【私 前しかみえないの】いとうあさこ
  • 【太っているのに】ガリガリガリクソン
  • 【撃って撃って撃ちまくれ!】弾丸ジャッキー
  • 【ひとりつっこみ劇場】やまもとまさみ
  • 【いろいろ修行中】チーモンチョーチュウ
  • 【燃え上がれガンダム】若井おさむ
  • 【小さなキャプテン オブ ザ シップ】春田和幸
  • 【ちょっとおバカな元ヤン兄弟】若月
  • 【オカマじゃないの オトメなの】しんご☆くん
  • 【黄金のトライアングル】ザ・ゴールデンゴールデン
  • 【赤羽の貴婦人】OH!ルーシー
  • 【最年少漫才チルドレン】まえだまえだ
  • 【豪腕炸裂】アームストロング
  • 【奏でろ!】ぼれろ
  • 【お笑い一世風靡】花香芳秋
  • 【掘って掘って掘りまくれ!】ガリバートンネル
  • 【ギャグでねずみを捕まえろ】猫ひろし
  • 【お笑い孫悟空】ロシアンモンキー
  • 【笑いの丘を越えていこう】マウンテンヒル
  • 【ヘタレん坊将軍】はんにゃ
  • 【時間いっぱい 待ったなし】ものいい
  • 【アゴははずさないでください】HEY!たくちゃん
  • 【頭上で輝くローリングサンダー】ギャロップ
  • 【釣りものまね名人】くじら
  • 【オタク系萌え萌え漫才】天津
  • 【いたずらやんちゃ漫才】オジンオズボーン
  • 【プラン9からの(新たな)刺客】鈴木つかさ

1部[編集]

  • 【笑いしたたる】EE男
  • 【坊ちゃん嬢ちゃん寄っといで】えんにち
  • 【笑いは現場で起こってるんだ!】山本高広
  • 【けなしの衝撃】ザ・パンチ
  • 【引き寄せろ!】磁石
  • 【乱れ撃ちのブルース】2丁拳銃
  • 【スイート系カカオ惑星】チョコレートプラネット
  • 【浜谷神田で】ハマカーン
  • 【お正月ってめでたいよね】つぶやきシロー
  • 長井秀和(ニューヨークからのVTR)
  • 【踊れ!下北歌劇団】モエヤン
  • 【オーストラリアからのお笑い留学生】チャド・マレーン
  • 【目指せ!笑いの4番バッター】5番6番
  • 【コントは地球を救う】ピース
  • 【あっちこっち】ロッチ
  • 【最前線を突っ走れ!】トップリード
  • 【輝け!中年の星】イワイガワ
  • 【佐賀もどげんかせんといかん】はなわ

(出演順)

第5回[編集]

  • 【今日も笑いを引き寄せろ】磁石
  • 【叫べ!笑いの応援歌】オオカミ少年
  • 【私 前しか見えないの】いとうあさこ
  • 【お笑いファーブル昆虫記】CUB&MUSI
  • 【おデブが奏でるハーモニー】
  • 【学歴No,1漫才師】田畑藤本
  • 【今夜もマニアを唸らせる】くじら
  • 【正統派漫才のニューカマー】井下好井
  • 【パイレーツ・オブ・コスモ】ゴー☆ジャス
  • 【やかましいほど気持ちいい】プラスマイナス
  • 【正統派漫才の旗手】ハマカーン
  • 【あなたのハートひと刺しします】いがわゆり蚊
  • 【コンビで登場】勝山梶
  • 【お笑い太閤記】ヒデヨシ
  • 【笑いがはばたく】チキンジョージ
  • 【アーバン コント ファクトリー】ザ・ギース
  • 【奇跡の身体能力コンビ】弾丸ジャッキー
  • 【お笑い空中殺法】オキシジェン
  • 【お菓子の国からやってきた】ピーナッツパン
  • 【哀しき男の独り言】つぶやきシロー
  • 【お笑い一世風靡】花香芳秋
  • 【重なり合う笑い】ダブルブッキング

(出演順)

超ピンクカーペット[編集]

新春ピンクカーペット[編集]

  • 【笑顔でウ~イェイ】スマイル
  • 【坊ちゃん嬢ちゃん寄っといで】えんにち
  • 【イライラ注意報】ノンスモーキン
  • 【奇跡の身体能力コンビ】弾丸ジャッキー
  • 【ラブ&コント】ピース
  • 【乱れ撃ちのブルース】2丁拳銃
  • 【鳴りひびけ!笑いのギター】朝倉小松崎
  • 【哀しき男の独り言】つぶやきシロー
  • 【クルクル電気ショック】エレキコミック
  • 【上京した哀愁芸人】みょーちゃん
  • 【踊れ!下北歌劇団】モエヤン
  • 【チャラ男の道は渋谷に通ずる】
  • 【お笑い1分間クッキング】ミスマッチグルメ
  • 【お笑い太閤記】ヒデヨシ
  • 【オールウェイズ2丁目の憂鬱】カトゥー直也
  • 【叫べ!笑いの応援歌】オオカミ少年
  • 【いいネタ 仕入れました】ほたるゲンジ
  • 【楽しまないともったいない】カノン
  • 【パイレーツ オブ コスモ】ゴー☆ジャス
  • 【やかましいほど気持ちいい】プラスマイナス
  • 【楽しいお遊戯会】荒ぶる神々
  • 【荒野のメタボリックガンマン】ふとっちょ☆カウボーイ
  • 【重なり合う笑い】ダブルブッキング
  • 【悲しい女のうらみ節】川村エミコ
  • 【豪腕炸裂】アームストロング
  • 【デコボコカップル】山陽ピッツァ
  • 【山形から飛んで来ました】ロケット団
  • 【打てば笑いの鐘 響く】ハマカーン
  • 【20世紀じいさん】ビーグル38
  • 【チャーシュー漫才】タイムマシーン3号
  • 【ちょっとおバカな元ヤン兄弟】若月
  • 【魅惑のコントワールド】スパローズ
  • 【孤高のコント職人】チョップリン
  • 【針金が結ぶ 夫婦愛】おしどり
  • 【引き寄せろ!】磁石
  • 【お笑い舞踏会】ぼれろ
  • 【韓流ダジャレマエストロ】赤P-MAN
  • 【笑いしたたる】EE男
  • 【お笑い空中殺法】オキシジェン
  • 【ノスタルジック漫才】Wコロン
  • 【輝け!中年の星】イワイガワ
  • 【最前線を突っ走れ】トップリード
  • 【レアもの本日入荷】鮪男
  • 【目指せ笑いの四番バッター】5番6番
  • 【あなたの胸にかじりつく】ガリットチュウ
  • 【どつきどつかれ】女と男
  • 【ポーカーフェイスのメガネ芸人】シソンヌ
  • 【笑いのスーパーヒーロー参上!】サイクロンZ
  • 【浪花のフリーダム漫才】NON STYLE

(出演順)

新春ホワイトカーペット[編集]

爆笑ホワイトカーペット参照

新春ゴールデンピンクカーペットSP[編集]

  • 【道頓堀の韓流スター】鎌鼬
  • 【怒りのスプラッターコメディー】やまもとまさみ
  • 【お絵描き大好き】ヤポンスキー
  • 【この笑い制御不能】ラフ・コントロール
  • 【お笑いテクノポップ】こまつ
  • 【愉快なさえずり】カナリア
  • 【大輪の花咲かせたる!】鳳仙花
  • 【ハマっちゃう人急増中】チーモンチョーチュウ
  • 【摩訶不思議シアター】アルコ&ピース
  • 【走り出したら止まらない】パンクブーブー
  • 【お笑いフォークシンガー】アップダウン
  • 【笑いのドラリオン】安田大サーカス
  • 【笑いの三位一体】インスタントジョンソン
  • 【口先ペラペラ漫談】あべこうじ
  • 【目指せ楽園】天竺鼠
  • 【私 前しか見えないの】いとうあさこ
  • 【破天荒侍】平成ノブシコブシ
  • 【トリオ・ザ・ポップ】Bコース
  • 【現役フロアレディー】姫ちゃん
  • 【アーバン コント ファクトリー】ザ・ギース
  • 【これが日本のビヨンセ】渡辺直美
  • 【いたずらっ子 世にはばかれ】ニブンノゴ!
  • 【働け!ニート漫談】ガリガリガリクソン
カムバックピンクカーペット[編集]
  • 【笑いの三位一体】インスタントジョンソン
  • 【私 前しか見えないの】いとうあさこ
  • 【亜熱帯小劇団】ジャングルポケット
  • 【愉快なさえずり】カナリア
  • 【笑いも大きく】ダイノジ

(出演順)

スタッフ[編集]

注釈[編集]

  1. ^ [業界プロジェクトX]藪木健太郎”. 2008年6月25日閲覧。 - スポーツ報知
  2. ^ 第5回時はMVP時に渡されるピンカーは制作が間に合わなかった。
  3. ^ 8月にお台場冒険王で行われた「出張レッドカーペット」と同じコンビ

外部リンク[編集]

関連項目[編集]