5きげんテレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
5きげんテレビ
ジャンル ローカルワイド番組夕方ワイド番組情報番組
放送時間 放送時間を参照
放送期間 1997年3月3日 - 現在
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ岩手
出演者 キャスターを参照
音声 ステレオ放送
データ放送 実施中
外部リンク 5きげんテレビ - テレビ岩手
テンプレートを表示

5きげんテレビ』(ごきげんテレビ)は、テレビ岩手で放送されているローカルワイド番組である。

概要[編集]

1997年3月3日、『いわて特盛!5きげんテレビ』(いわてとくもり!ごきげんテレビ)として放送開始。夕方の帯番組としては岩手県初のものであり、2017年現在、岩手県で同種の帯番組は民放ではこの番組のみである。2017年3月3日に放送開始20周年を迎え、20周年スペシャルを放送した。

また、2006年6月6日から、地上デジタル放送試験放送が開始し、ハイビジョンでの放送も開始した。また、番組内で紹介した料理やお店の問い合わせ先などを番組終了後でも確認することができるデータ放送を実施している。

2009年3月27日に放送3000回となり、翌日3月28日には3000回記念スペシャルが放送された。

2015年3月30日に番組リニューアル。番組ロゴを変更。

放送時間[編集]

月曜日 - 木曜日 15:50 - 17:53(123分)

金曜日 16:25 - 17:53(88分)

番組の前後に特別番組等が入る場合は放送開始時間を変更、または放送時間を短縮して放送。

放送時間の変遷[編集]

  • 1997年3月3日 - 1998年3月27日 : 16:55 - 19:00(125分)
ニュースプラス1」「ニュースプラス1いわて」を含んだワイド編成。本編のあと、一旦「プラス1」「プラス1いわて」を放送。19時前に5きげんテレビに戻り、視聴者のFAXを紹介する。なお、それまで報道スタジオから放送していた「プラス1いわて」は、「5きげんテレビ」のセットと統合されたためメインスタジオから放送されるようになった。
  • 1998年3月30日 - 2003年9月26日 : 16:55(→53) - 17:57(55→54→53)(62分→開始・終了時間が少しずつ変動→60分)
「ニュースプラス1」が分離され、「5きげんテレビ」単独番組となる。エンディング後にステーションブレイクがないまま「プラス1」が始まる。
  • 2003年9月29日 - 2011年9月30日 : 16:25 - 17:53(→50)(88分→85分)
放送時間を約1時間半に拡大。これに伴い、同局で15:55 - 16:55のテレビ東京系列アニメなどを放送していた枠が削減あるいは廃止される。
  • 2011年3月22日 - 4月1日 : 15:56 - 17:50(114分)
地震関連情報を伝えるため時間拡大の特別版として放送。
  • 2011年10月3日 - 2016年4月1日 : 16:25 - 17:53(88分)
放送時間が3分拡大(「news every.」が17:53 - 18:15と時間変更となったため)。これに伴い、「ニュースプラス1いわて」も時間変更で1分早く18:15開始となった。
  • 2016年4月4日 - :【月 - 木曜日】15:50 - 17:53(123分)・【金曜日】 16:25 - 17:53(88分)
月 - 木曜日に限り、本番組内包扱いで『news every.』の第1部の冒頭部分ネット[1]開始のため、放送時間が35分拡大[2]。月 - 木曜日は「ヒルナンデス!」から「ニュースプラス1いわて」まで7時間あまり連続で生放送となる。金曜日は従前通りの放送時間で放送。

出演者[編集]

司会[編集]

▲をのぞき、すべてテレビ岩手アナウンサー

  • 岩瀬弘行(2015年3月2日よりメイン司会に昇格。以前はレポーターや代理司会を担当)
  • きぬ▲(2016年6月 - 高橋美佳アナウンサーが産休に伴い就任 。 - サブ司会)
  • 矢野智美(2016年4月 - サブ司会)

(きぬ・矢野は隔週で出演)

レポーター[編集]

  • 渡邊雄介(テレビ岩手アナウンサー)
  • 江口アミ(テレビ岩手アナウンサー、2013年10月 - 2014年4月、高橋産休時にサブ司会)
  • 宮本麗美(テレビ岩手アナウンサー)
  • 吉岡伸剛(テレビ岩手アナウンサー)
  • 高橋美佳(テレビ岩手アナウンサー、2006年4月 - 2013年9月・2014年3月 - 2016年6月、サブ司会。 2016年6月から産休、2017年3月に職場復帰し、2017年4月下旬から天気予報などを不定期に担当。)
  • 蔦京平(テレビ岩手アナウンサー、「なな・なまリポート」の時に中継出演。)
  • 穴澤浩二▲(ウェザーニューズ所属の気象予報士、2017年7月より木曜の天気予報を担当。)
  • 磯水菜▲(当時テレビ岩手アナウンサーで初代サブ司会、2009年12月にレポーターで復帰、不定期出演)
  • 平田純子▲(当時テレビ岩手アナウンサーで初代サブ司会、レポーターで復帰)
  • 六串しずか▲(ファッションモデル)
  • アンダーエイジ▲(よしもと住みます芸人、不定期に中継出演)
  • 高橋佳代子▲(元テレビ岩手アナウンサー、「岩手おもいっきり○○」のコーナー他担当、VTRとスタジオに出演)
  • 渡辺裕太▲(俳優、不定期に中継出演)
  • 宮田愛子▲(2017年5月から登場)

過去の出演者[編集]

  • 平井雅幸(1997年3月3日 - 2015年3月2日。番組開始から18年間メイン司会を務めた。2015年2月より休養をとり、降板が発表された3月2日にはビデオメッセージにて、「声が出づらくなってしまいました」というメッセージを寄せた)
  • 古舘友華(テレビ岩手アナウンサー、2009年1月 - 2010年3月、レポーターとしても出演。2010年3月29日からはニュースプラス1いわてのキャスターを担当)
  • 舘道直佳(気象予報士、タッチーの天気予報担当、2010年3月まで、第2子妊娠で、秋ごろ出産予定のため産休)
  • 小林ゆり子(元テレビ岩手アナウンサー、2002年10月から担当、2008年12月27日の年末スペシャルをもって退社)
  • 中澤麗華(元テレビ岩手アナウンサー、レポーター、現在はフリー)
  • 河合耕平(元テレビ岩手アナウンサー、主にレポーター)
  • 平井直子(主にレポーター)
  • 菅原那緒子(元テレビ岩手アナウンサー、2006年3月まで元サブ司会、2011年9月からはレポーター、天気予報担当、ニュースプラス1いわてのリポーターも不定期で担当)
  • 川部絢子(元テレビ岩手アナウンサー、主にレポーター、舘道直佳が休みの時の天気予報担当→2010年4月 - 2016年3月サブ司会。2016年3月退社)
  • 松山理穂(元テレビ岩手アナウンサー、2016年 - 2017年、2017年3月退社)

番組キャラクター[編集]

2003年頃から採用し、主に「5きげん占い」や「おや?ツー」のコーナーで登場

  • ゴー君
  • きーちゃん
  • げん君
  • テレフラワー
  • テレピッピ

主なコーナー[編集]

  • (月 - 木曜日のみ)『news every.・第1部』の冒頭部分ネット
読売テレビ『ミヤネ屋』が終了する15時48分30秒に『5きげん』のスタジオに切り替わり(いわゆるステブレレス)[3]、キャスターのクロストークや今日のラインナップを紹介。15時50分には日本テレビ『every.』に切り替わり、16時28分頃までネットを続ける。新聞等では「全国の動き」と表記している。
  • 番組内容紹介
番組中盤17:00ごろからVTRで紹介。
  • オープニング
キャスターの挨拶とトーク(番組内容、きょうの出来事など)をした後にお天気カメラで盛岡市内と沿岸地方(宮古、釜石などから1ヶ所)の様子を天気と共に確認する。お天気カメラの時にBGMでELO&オリビア・ニュートン=ジョン「Xanadu(ザナドゥ)」を使用している。
  • なな・なまニュース(月 - 木)・県内のニュース(金)[4]
月曜 ― 木曜は柴柳二郎が報道センターから最新のニュースとその日の『プラス1』の内容を伝える。金曜は藤村惠一がスタジオか報道センターからニュースや『プラス1』の予告を行う。
  • 新電話クイズ(2007年4月 - )
従来の市町村関連に加え、県内の企業やお店などからジャンルに関係なく問題が出題され、従来の口答方式から選択方式(3択又は○×)に変わった。従来と違い後半にヒントは出ない。
電話回線の混み合いを極力防ぐため、1日ローテーションで解答者の電話番号の末尾制限を奇数・偶数、また、1家族1回のみに限定している)
番組終盤に電話クイズの抽選1日2名(内陸、沿岸地区1名ずつ)当選(そのうち、平井雅幸アナまたは当日のゲストが選んだ沿岸地区の当選者1名への電話)と視聴者からのFAX紹介。この時のBGMは、ABBAダンシング・クイーン」→久保田利伸LOVE RAIN 〜恋の雨〜」を使用している(エンドロールが表示されるまで)。
  • 5きげんクッキング
毎日違った先生が料理を作っている。金曜日はお菓子の日。
  • タッチーの5きげん天気→5きげん天気予報
気象予報士の舘道直佳(番組内で通称タッチー)が、番組の前半と後半にあすの天気予報を伝え、後半ではタッチパネルを使って天気を伝えていたが、2010年3月に産休で降板。降板後は、川辺絢子アナ、高橋美佳アナ、男性アナが担当した。現在は、テレビ岩手のアナウンサー[5]、穴澤浩二(木曜のみ)が担当。
  • 5きげん占い
誕生月で明日(金曜日は週末)の運勢をランク付けで紹介する。
  • ちょペット天国(パラダイス)(月曜日)
等の動物の紹介やしつけの仕方などを紹介や、我が家のペットを自慢するコーナーなど
  • 5きげんなお取り寄せ「んめぇ~もん」→「すげぇ~もん」
毎週月曜、日本全国のお取り寄せグルメを紹介する。テーマの都道府県はコーナー終了前に岩瀬弘行がガチャガチャで決める(以前はあみだくじ、日本地図へダーツを当てて決めていた)
  • おや?ツー(木曜日)
  • 昭和レトロ館
  • 5きげん女子部
  • 5ォ5ォIWASE
  • 全国ぐるっと味めぐり
  • 岩手おもいっきり○○
  • 教えて!法律相談
  • 5きげんリクエストこたえ隊
視聴者からリクエストのあったものを特集する。
  • 5きげん中継(主に金曜日)
主に老人ホームホームセンタードラッグストアなどから中継。
  • 5きげんさいころゲーム(幼稚園や小学校などから中継)(主に木曜日)
参加者全員で順番にさいころを振って「5きげんTV」の文字をそろえる。2分間でチャレンジし、時間によって図書カード3万円〜2万円〜1万円〜5000円・・・500円〜5きげんタオル、時間切れだと5きげんバッジがもらえる。
  • ブンブンブン文房具(不定期)
テレビ岩手本社近くにある盛岡一の文具店、平金商店の店長が、おすすめの文房具などを紹介する。
  • 5きげん知恵袋(金曜日)
週替わりで野菜博士・果物博士・魚博士(3人共それらの関係者)が、旬の野菜・果物・魚について食べ方などを紹介する。博士は週替わりで似顔絵の描いたTシャツを着用している。
  • 盛岡ショッピングセンターイオン探検隊(月曜日)
女性アナまたはレポーターが、イオンモール盛岡内の店を毎週紹介する。
  • vivaわんだふぉ~(木曜日)
テレビ岩手本社ロビーから県内の催し物の宣伝を行う。
  • 宗&雅ど〜なknow? → 宮城・岩手ど〜なknow?(毎週水曜日)
ミヤギテレビで放送している、さとう宗幸司会の番組「OH!バンデス」と中継を結ぶ。県内の名産品や観光スポットなどを、双方の司会者自らが取材して隔週交互に紹介し合う。このコーナーはミヤギテレビがキーステーションとなるが、2009年8月12日まではテレビ岩手からの映像を含めて全編4:3の標準画質だった(ハイビジョン回線が未開通だったため)。
  • 5きげんレンタ10(洋画編と邦画編を隔週で発表)
レンタルビデオ店のゲオ調べによるDVDレンタルベスト10を発表。その内、2作品をPick Upして紹介。 他

終了または不定期となったコーナー[編集]

  • 5きげん@なまてれ(2008年4月より月2回・前月までは毎月第3金曜日)(2005年4月から2009年3月まで)
青森放送@なまてれ」と中継を結ぶ。このコーナーは、TVIからの映像は16:9のハイビジョン画質で放送するが、青森放送からの映像は放送回線の都合により4:3の標準画質となっている。
  • ピヨピヨ探検隊
県内の幼稚園の紹介や園児の生活を紹介
  • なんだりかんだり
  • 5きげん生活百科
  • わが町自慢電話クイズ(2007年3月まで)
県内市町村の関係者などが県人でもあまり知らない事からクイズを出題し、電話で解答する。番組後半にヒントが出る。
  • 5きげんこまち通信(毎月最終金曜日、2008年3月まで)
秋田放送ゆうドキっ!」と中継を結ぶ(ABSワイドゆう時代から続いていた)。
  • あす(週末)の開運の扉
  • 5きげんな子育てがし隊
磯水菜が担当する子育て応援コーナー

5きげんキャラバン[編集]

2009年4月から開始。テレビ岩手のスタジオを飛び出して、中継先から放送を行う。

2010年度も特に2010年2月28日の津波被害にあった県南部を中心にキャラバンの回数を増やして放送することが発表され、第1回の放送は、4月16日に昨年度と同じ北上市の展勝地で放送されることも併せて発表された。

中継地
  • 2009年
4月17日 展勝地北上市
5月1日 えさし藤原の郷奥州市
6月12日 くずまき高原牧場葛巻町
7月17日 釜石漁港、観光船発着所、釜石大観音(釜石市
7月31日 シートピアなあど(宮古市
9月18日 やませ土風館(久慈市
9月21日 ラ・フランス温泉館(紫波町
  • 2010年
4月16日 展勝地(北上市)
4月28日 えさし藤原の郷(奥州市)
4月30日 浄土ヶ浜宮古市
6月9日 とおの昔話村(遠野市
6月11日 くずまき高原牧場(葛巻町)
7月2日 花工房らら倶楽部(雫石町
7月16日 根浜海水浴場(釜石市)
7月21日 物産館あすぴーて(八幡平市
7月30日 小袖海岸久慈市
  • 2011年
5月20日 サンフィッシュ釜石(釜石市)
6月17日 花工房らら倶楽部(雫石町)
7月22日 物産館あすぴーて(八幡平市)
9月16日 やませ土風館(久慈市)
  • 2012年
4月27日 えさし藤原の郷(奥州市)
5月2日 浄土ヶ浜ビジターセンター(宮古市)
6月29日 花工房らら倶楽部(雫石町)
7月13日 釜石はまゆり商店街(釜石市)
9月21日 久慈秋祭り会場(久慈市)
  • 2013年
3月20日 リアスホール(大船渡市
4月26日 展勝地(北上市)
5月1日 浄土ヶ浜ビジターセンター(宮古市)
5月17日 花工房らら倶楽部(雫石町)
7月12日 鉄の歴史館(釜石市)
7月19日 松尾八幡平ビジターセンター、八幡平フラワーランド(八幡平市)
9月20日 久慈秋祭り会場、やませ土風館(久慈市)

備考[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第3部のNNN枠はすでに単独番組扱いでネットしている。第2部を特報で放送する場合はその限りではない。
  2. ^ 実際は「ミヤネ屋」終了の15時48分30秒に盛岡のスタジオに切り替わる
  3. ^ 番組表・EPG上は『ミヤネ屋』のままである
  4. ^ 月から木は独自のテロップで、金曜は『プラス1』のテロップで放送
  5. ^ 柴柳二郎、藤村惠一、古舘友華を除く
  6. ^ 開運!なんでも鑑定団」出張!お宝鑑定PR
  7. ^ 地デジPR
  8. ^ 盛岡市川徳で開催の「ズームイン!!SUPER全国うまいもの博」の会場から中継、後半10分程スタジオに出演
  9. ^ 2010年12月30日放送「秘密の岩手 教えまSHOW」番宣
  10. ^ 舞台「3分間の女の一生」の宣伝
  11. ^ 映画「ごくせん THE MOVIE」インタビュー
  12. ^ 満天☆青空レストラン」の番宣
  13. ^ 映画「SP野望編」インタビュー
  14. ^ 映画「トロン: レガシー」インタビュー
  15. ^ 単独インタビュー
  16. ^ 映画「HOME 愛しの座敷わらし」インタビュー
  17. ^ 食べ物リポート「初めての岩手で出会った味」
  18. ^ AKB48握手会でのインタビュー
  19. ^ 「満天☆青空レストランの番宣」
  20. ^ 特別番組「5きげんテレビ安否情報」にて
  21. ^ 盛岡市の東家からそばを食べる取材で、岩瀬弘行アナと出演した後スタジオにも出演。この日以降不定期にVTRで出演している。
  22. ^ 地デジ終了1ヶ月前イベントの会場から出演
  23. ^ 2012年11月3日に岩手で行われる単独ライブの宣伝

外部リンク[編集]