イオンモール盛岡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イオンモール盛岡
ÆON MALL MORIOKA
イオン盛岡ショッピングセンター(Wikipedia).JPG
地図
店舗概要
所在地 岩手県盛岡市前潟四丁目7番1号
座標 北緯39度42分41.8秒 東経141度5分55.4秒 / 北緯39.711611度 東経141.098722度 / 39.711611; 141.098722座標: 北緯39度42分41.8秒 東経141度5分55.4秒 / 北緯39.711611度 東経141.098722度 / 39.711611; 141.098722
開業日 2003年平成15年)8月9日[1]
施設管理者 イオンモール株式会社
敷地面積 約97,000[1]
延床面積 約99,000[1]
商業施設面積 39,800[2]
中核店舗 イオン盛岡店
店舗数 ÆONと129の専門店
営業時間 イオン盛岡店は1階が7時から23時、2階が9時から22時[1]
駐車台数 約2600台[1]
最寄駅 盛岡駅
最寄IC 盛岡IC
外部リンク 公式サイト
AEON MALL logo.svg

イオンモール盛岡 (イオンモールもりおか)は、岩手県盛岡市に所在する、イオンモール株式会社の大型ショッピングセンターである。岩手県で最大規模の施設[1]

概要[編集]

2001年までにマイカル東北がサティを核とするマイカル盛岡を盛岡市前潟地区に出店する意向を示していたが、盛岡市が前潟地区を特別業務地区に指定したことで映画施設の建設が不可能となり計画を断念した[3]。この後、前潟土地区画整理組合がイオングループに出店要請を行った[4]

開店による既存商店街への影響を懸念して2002年1月に盛岡市長桑島博商工会議所会頭らとともにイオンの本社を訪問し、規模の適正化を訴えた[5]。盛岡市の肴町商店街では売上が前年比で2割落ちた例もあったが、全体としては3%から5%程度の落ち込みにとどまった[6]

2003年8月9日に開店した[1]。開店1ヶ月あまりで来場客100万人を超えたと報道された[7]。開店1年で売上約220億円、来場客880万人近くになり、目標を約1割上回った[6]2007年9月22日にはダイヤモンドシティ社との合併に伴う施設名称の見直しにより、「イオンモール盛岡」に改称されている。2015年秋と2016年春の2期に分けて大規模なリニューアルを行った[8][9]

社会貢献[編集]

前潟自治会に加盟し、盆踊り大会及び展示会等に施設を提供している[10]2008年10月の計画によればイオンモールはイオンモール盛岡でチャグチャグ馬コ前夜祭に施設を提供し、従業員を盛岡さんさ踊りに参加させる(地域の住民と従業員合わせて200名参加目標)とした[10]

2006年に盛岡市とイオンモール株式会社イオン盛岡ショッピングセンターとイオン株式会社北日本カンパニーは防災活動協力に関する協定書を結んだ[11]

アクセス[編集]

盛岡駅仙北町駅から路線バスが運行している。運行路線の詳細は公式サイト「バスのアクセス」を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g モール概要 イオンモール盛岡
  2. ^ 大規模小売店舗一覧【盛岡市】 岩手県 平成14年7月8日届出
  3. ^ 「マイカル東北、出店を見送る 盛岡・前潟地区 /岩手」朝日新聞朝刊岩手1 2001年7月3日 31ページ
  4. ^ 盛岡市議会平成13年 12月 定例会-12月10日-03号 P.58 ◎ 市長(桑島博君)
  5. ^ 盛岡市議会平成14年3月 定例会-03月08日-05号 P.136 ◆ 13番(庄子春治君)
  6. ^ a b 「売り上げ・来客、予想10%超 イオン盛岡出店1周年 /岩手」朝日新聞朝刊岩手1 2004年8月12日 25ページ
  7. ^ 盛岡市議会平成15年9月 定例会-09月18日-02号 P.18 ◆ 26番(村田芳三君)
  8. ^ イオンモール盛岡/第1期リニューアルオープン 流通ニュース 2015年9月18日
  9. ^ 増床ゾーン「銀河モール」がいよいよオープン 「イオンモール盛岡」 3月4日(金) 9:00 増床リニューアルオープン イオンモール株式会社 2016年2月17日
  10. ^ a b 村上教行 イオンモール株式会社 地域貢献活動計画書 平成20年10月24日
  11. ^ 災害時における被災者に対する防災活動協力に関する協定書 盛岡市

外部リンク[編集]