イオンリート投資法人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イオンリート投資法人
AEON REIT Investment Corporation.
種類 投資法人
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
101-0054
東京都千代田区神田錦町一丁目2番地1
業種 不動産業
法人番号 8010005019820
代表者 執行役員 塩崎 康男
主要株主 主要投資主:
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 23.57%
イオン 19.77%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 6.58%
資産管理サービス信託銀行(証券投資信託口) 6.15%
外部リンク イオンリート投資法人
テンプレートを表示

イオンリート投資法人(イオンリートとうしほうじん)は、東京都千代田区にある投資法人

概要[編集]

イオンが設立母体となり、設立されたJ-REITイオングループが展開するショッピングセンター、物流センターなどを投資対象としている。大手小売りが設立したREITの上場は初めて[1]

資産運用会社[編集]

  • イオン・リートマネジメント株式会社

沿革[編集]

  • 2012年
    • 11月27日 - 設立企画人(イオン・リートマネジメント株式会社)による投信法第69条に基づく本投資法人の設立に係る届出。
    • 11月30日 - 投信法第166条に基づく本投資法人の設立の登記、本投資法人の設立。
    • 12月4日 - 投信法第188条に基づく本投資法人の登録の申請。
    • 12月20日 - 投信法第189条に基づく内閣総理大臣による本投資法人の登録の実施(登録番号 関東財務局長 第80号)。
  • 2013年

ポートフォリオ一覧[編集]

(2016年5月31日現在)

北海道[編集]

東北[編集]

関東[編集]

中部[編集]

近畿[編集]

中国[編集]

四国[編集]

九州[編集]

海外[編集]

  • イオン・タマン・ユニバーシティ・ショッピング・センター(マレーシア

出典[編集]

  1. ^ イオンがREIT上場 大手小売り初、11月にも - 日本経済新聞(2013年10月2日)、2016年9月10日閲覧。
  2. ^ イオン、傘下の投資法人にSCなど売却 REIT上場に向け - 日本経済新聞(2013年10月2日)、2016年9月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]