エンタの神様

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エンタの神様
ジャンル バラエティ番組
放送時間 土曜日 22:00 - 22:54(54分)
放送期間 レギュラー放送
2003年4月19日 - 2010年3月20日
不定期放送
2012年4月7日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
製作総指揮 西憲彦(制作)
演出 五味一男(総合演出、P兼任)
プロデューサー 堀金澄彦
合田伊知郎
出演者 福澤朗
白石美帆
ほか
音声 レギュラー放送
モノステレオ放送→モノラル放送
不定期放送
ステレオ放送
字幕 文字多重放送(20●●年●月[いつ?] - )
データ放送 番組連動データ放送(20●●年●月[いつ?] - )
オープニング ギャラクシー・クエスト」のメインテーマ
外部リンク 公式サイト

特記事項:
ナレーター:DJナイク坂上みき
テンプレートを表示

エンタの神様』(エンタのかみさま)は、2003年4月19日から2010年3月20日まで日本テレビ系列で毎週土曜日の22:00 - 22:54(JST)に放送され、2012年以降は特別番組として放送されているお笑いネタ番組。通称は『エンタ』。

2010年7月より、CS放送の日テレプラスで第1回から順に再放送されている。

概要[編集]

究極のエンターテインメントを追求する「総合エンターテインメント番組」として放送開始。番組開始当初はネタ見せのコーナーのほかにも、モーニング娘。宝塚歌劇団の競演、Gacktが歌う『Birdcage』のプロモーション映像、松尾幻燈斎の「気の極み」、「関根勤とモノマネ軍団(MEGUMIなど)」による物真似芸、ソニンギター弾き語り、森山直太朗の桜の下での歌唱、ZONEの廃校になる小学校での演奏、カールスモーキー石井の川辺での歌唱、本田美奈子.の本人二役歌唱や伊集院光が面白い映像を紹介する一方で視聴者の芸を紹介することもあった。

ただ、放送から半年後には前述の歌手・視聴者などによる出演からお笑い芸人がネタを見せるネタ見せ番組へとシフト。お笑い第四世代芸人の下積み期間が長く出遅れていた者およびお笑い第五世代芸人を代表をピックアップした番組となり陣内智則アンジャッシュ次長課長などの人気芸人の出演によって人気を博した。青木さやか波田陽区など、本番組をきっかけにブレイクした芸人も多い。

デジタルハイビジョン地上デジタル放送のみ)・字幕放送ハイビジョン制作。地上デジタル放送ではモノステレオ放送と出演芸人の紹介や芸人の最新情報を提供する連動データ放送を行っていた。

音声は放送開始当初、モノステレオ放送[1]を実施しており、お笑い番組にシフトされてからはモノラル放送を実施していた。しかし、2012年4月から不定期で放送している復活スペシャルではステレオ放送[2]を実施している。

番組公式サイトでは掲示板や番組グッズ紹介に加え、今後の収録に出演予定の芸人の紹介や収録時に行われた芸人と司会者のトーク(一部の芸人のみ)、これまでに出演した芸人の一覧・プロフィールが掲載されている。

2004年冬と2008年秋に番組のDVDが発売された。また2007年11月には姉妹番組として『エンタの天使』が誕生した。オープニングテーマは、映画『ギャラクシー・クエスト』のメインテーマを開始から終了まで一貫して使用していた。

20%を超える視聴率を度々獲得していた時期もあったが、2009年の特に11月以降は視聴率1桁の回が出るようになり低迷。そして2010年1月22日、これらを理由に同年3月で終了[3]。同年3月20日に名場面を集めた2時間スペシャルの放送を以って終了した。

2010年3月20日の最終回は平均視聴率が19.3%と有終の美を飾った。後番組はがメイン出演する『嵐にしやがれ』が放送されている[4]

番組開始当初から出演していた陣内智則は自身のブログにて「賛否両論ありましたが、僕にとっては思い出深い大切なネタ番組でした。やっぱり芸人として、ネタ番組が終わるということは寂しいもんです」と語っている[5]

特別番組として復活[編集]

2012年以降は特別番組として、『エンタの神様 大爆笑の最強ネタ大連発(大大連発・大大大連発)SP』のタイトルで放送されている。新作ネタに加え、過去の傑作ネタを含めて放送する。

第1回はレギュラー放送終了から2年ぶりの復活で、アンガールズアンジャッシュアンタッチャブルオリエンタルラジオサンドウィッチマン陣内智則スリムクラブタカアンドトシ東京03ドランクドラゴンナイツ波田陽区パンクブーブーといったエンタ全盛期の芸人が出演した。当番組でブレイクした波田陽区はラストバッターとして7年ぶりに「ギター侍」を披露した。司会はレギュラー時代と同様に、福澤朗白石美帆が務めた。

第2回は放送時間が前回より1時間拡大された他、出演芸人もレギュラー放送時代に数回のみの出演の芸人(アナログタロウ姫くりライスなど)から初登場芸人(ニッチェ)、実力派芸人と様々であった。司会はレギュラー放送時代及び前回特番同様、福澤朗と白石美帆が務めた。

第4回は初めて月曜日に放送された[6]

第5回は日曜日での放送となり、初めて19時・20時台に放送された。

第6回は再び日曜日での放送となり、過去最長の3時間の放送となった。放送前日には『嵐にしやがれ』に波田陽区、パペットマペットデッカチャンジョイマンムーディ勝山コウメ太夫レギュラースギちゃんダンディ坂野テツandトモがゲスト出演した。その内、翌日の当番組にも出演したのは、デッカチャン、コウメ太夫(AMEMIYAのネタにゲスト出演)、スギちゃんである。

第9回には番組の最後に2013年10月5日[7]に亡くなった桜塚やっくんの映像が流れ、福澤と白石のナレーションによるお悔やみの言葉が添えられた。最後は「ありがとう 桜塚やっくん 「エンタの神様」」のメッセージボードで締め括られた。

特別番組として放送再開して以降、第19回まで(過去の傑作ネタを含めて)全ての回に出演しているのは、陣内智則、アンジャッシュ、東京03、タカアンドトシである。

レギュラー放送時代に、番組限定の芸名で出演していた芸人は、復活SPに於いては本来の芸名で出演する(例:まちゃまちゃ、ビューティーこくぶ、爆笑コメディアンズなど)。

芸人につけられるキャッチコピーがレギュラー放送時代とは異なる芸人が大半である。また復活SP内でも変更されることも多々ある。またキャッチコピーに関して、レギュラー放送時代はナレーションが「○○なのはこの男!△△(キャッチコピー)□□(芸名)」と読み上げ、ネタの内容等を紹介するというものであったが、復活SPではキャッチコピー等の読み上げは一切行われず、簡素な紹介文が読まれるのみである。

特別番組の放送リスト
放送回 放送日 放送曜日 放送時間
第1回 2012年4月7日 土曜日 22:00 - 22:54
第2回 2012年6月30日 21:00 - 22:54
第3回 2012年10月6日 22:00 - 22:54
第4回 2012年11月26日 月曜日 21:00 - 23:08
第5回 2012年12月23日 日曜日 19:00 - 20:54
第6回 2013年3月17日 19:00 - 21:54
第7回 2013年8月10日 土曜日 19:00 - 20:54
第8回 2013年10月5日 21:00 - 22:54
第9回 2013年12月7日 19:00 - 21:24
第10回 2014年3月15日 19:00 - 20:54
第11回 2014年7月28日 月曜日 21:00 - 22:54
第12回 2014年9月20日 土曜日 19:00 - 20:54
第13回 2014年12月27日 19:00 - 21:54
第14回 2015年3月21日 19:00 - 20:54
第15回 2015年7月19日 日曜日
第16回 2015年9月19日 土曜日
第17回 2015年12月26日 19:00 - 21:54
第18回 2016年3月26日 21:00 - 22:54
第19回 2016年5月21日 19:00 - 20:54

拡大版・特別編成[編集]

「今年も笑わせまSP!!」と「未公開ネタ大連発SP」の放送時間は共に普段の22時からではなく日中に放送された。

エンタの神様 今年も笑わせまSP!![編集]

2010年1月16日に「エンタの神様 今年も笑わせまSP!! あの芸人の初登場シーン!蔵出し映像も大公開!!」と題し、7年間放送してきたエンタの神様の歴史を振り返る特別番組が放送された。現在出演している芸人から、エンタ芸人と呼ばれる芸人(波田陽区小梅太夫桜塚やっくんなど)や、一時代を築いたブレイク芸人(オリエンタルラジオ小島よしおダンディ坂野など)や、その他他番組で活躍する芸人(綾小路きみまろ中川家青木さやかなど)の初登場シーン等を振り返った。その後皮肉にも3月いっぱいで番組が打ち切りになることが発表された。

エンタの神様 未公開ネタ大連発SP!![編集]

2010年3月6日に「エンタの神様 未公開ネタ大連発SP!!」と題し、これまでエンタに出演した芸人のお蔵入りとなったネタ(次長課長アンジャッシュタカアンドトシなど)や、一度もエンタに出演せずにお蔵入りとなったネタ(オテンキマイるどミルド囲碁将棋など)を放送した。中には珍しくU字工事がコントを披露したものなどもあった。

エンタの神様 7年間ありがとう!大爆笑の傑作名作ネタすべて見せますSP[編集]

2010年3月20日に放送された最終回。普段と異なり観客や芸人は登場せず福澤と白石がステージに立ち二人のナレーションで、年毎に当時の時事映像を交えながら7年間に出演した芸人のネタ映像を振り返った。ただし、番組開始当初は、ネタ番組に限らず総合エンターテインメント番組としてスタートした事については、一切触れなかった。なお、番組内では芸人が初出演した年月ごとに放送されており、1度しか出演していない芸人(長州小力など)が放送された一方で、名前を出さずに数秒間の映像だけが放送された芸人(犬井ヒロシザブングルなど)や、2009年以降に出演した芸人など複数回出演していながら放送されなかった芸人もいた(ザ・プラン9クワバタオハラパペットマペットKICK☆Jaaたけやマイコーりょうなど)。上述の通り、番組の最後で福澤が今後スペシャル番組としての放送を予告する発言をして番組を締めくくった。

特別枠[編集]

拡大版では数分間の特別枠が設けられる。2006年から新設された。2006年は「今年流行のフレーズ」、2007年は「2008年に活躍が期待される芸人」、2008年春は「ブレイク中の芸人」「今年活躍が期待される芸人」、2008年年末は「ブレイク中の芸人」「来年活躍が期待される芸人」「今年話題になった芸人」、2009年春は「今年活躍が期待される芸人」、2009年夏は「活躍が期待される芸人」、2009年年末は「来年活躍が期待される芸人」。

拡大版でのトップバッターとラストバッター[編集]

トップバッター[編集]

ラストバッター[編集]

トップバッターとラストバッター[編集]

トップバッター[編集]

  • 2009年4月以降は固定していない。
  • 以前は下記の芸人らが担当していた。
    • 笑いの暴走自転車:だいたひかる(2004年1月 - 2009年3月)
    • 帰ってきた一匹狼(ロンリーウルフ)(2007年9月までは「クールな毒舌スナイパー」):長井秀和(2004年1月 - 2007年9月、2009年1月 - 3月)
    • 天下無双のモヒ勘流:世界のうめざわ(2007年10月 - 2008年12月)
  • 番組開始当初も固定していなかったが、番組内容が総合エンターテインメントからネタ見せへとシフトしていた時期は松尾幻燈斎に定着し2003年12月まで担当した。2004年1月から半年間は再び固定しなくなったが、主に長井秀和かだいたひかるが担当した。
  • 2004年7月から2007年9月までは長井とだいたがほぼ隔週交代で担当していたが、10月下旬から長井がアメリカに留学したため世界のうめざわとだいたが担当することになった。2008年11月に長井は帰国し、2009年1月に復帰。
  • 長井とだいたが同じ回に出演するのは非常に稀なことである。他にも同じ回に出演するのが非常に稀な芸人が数組いる。
  • 初期はテツandトモやいつもここから、アメリカザリガニが担当したこともあった。
  • 復活特番ではオリエンタルラジオ2700COWCOW芋洗坂係長といった歌・リズムネタをもつ芸人が務めている。
  • 2012年の特別番組からは、芋洗坂係長が務めている。

ラストバッター[編集]

  • トップバッター同様、2009年以降固定されていない。
  • 以前は下記の芸人らが担当していた。
    • ○○伝説:はなわ(番組開始 - 2006年3月)
    • 苦悩と自由のブルース魂:犬井ヒロシ(サバンナ高橋)(2006年4月 - 2008年12月)[8]
  • 番組開始当初も固定しておらず、2003年10月にはなわに定着した。
  • 五味一男プロデューサー曰く、最後は歌と決まっている(初期は日替わりでアーティストが歌っていた)。
  • 初期ははなわがガッツ石松伝説を披露していたが盗作疑惑(詳しくは番組での事件・不祥事などを参照)が浮上したため若槻千夏朝丘雪路輪島功一などの珍回答に変更された。
  • カンニング竹山がラストバッターを務めたことがある。また、スタッフロールの後に今後の出場芸人の映像やカンニングの中島忠幸の追悼コメントを放送したこともある。
  • 2007年2月3日放送分のエンディングに予定された番組ナレーター大杉君枝アナウンサーの追悼コメントは、日本テレビ系列がこの話題を一切取り上げない方針を固めたことにより放送されなかった。
  • 2009年以降は以前のように犬井、はなわで固定するのではなく様々な歌ネタをもつ芸人が登場するようになった。
  • 復活特番においても、波田陽区渡辺直美、2700といった歌・リズムネタを持つ芸人が務める。
  • 2012年の特別番組からは、第13回まで渡辺直美が務めていた。第14回以降は歌ネタ芸人が務めている(ぶらっくさむらいタブレット純ジャガーズ など)

変遷[編集]

期間 内容
トップバッター ラストバッター
2003.04 2003.09 週替わり
2003.10 2003.12 松尾幻燈斎 はなわ
2004.01 2004.06 週替わり
2004.07 2006.03 だいたひかる
長井秀和
2006.04 2007.09 犬井ヒロシ
2007.10 2008.12 だいたひかる
世界のうめざわ
2009.01 2009.03 だいたひかる
長井秀和
週替わり
2009.04 2010.03 週替わり
2012.04 2014.12 芋洗坂係長 渡辺直美
2015.03 ぶらっくさむらい
2015.07 タブレット純
2015.09 2015.12 ジャガーズ
2016.03 ぶらっくさむらい
2016.05 梅小鉢

出演者[編集]

司会[編集]

この2人が第1回から司会を務めている[9]。レギュラー放送最終回ではナレーションも兼務した。
司会者席にはこの2人に加え、2004年7月3日放送分までは2人のゲストタレントが同席し感想などをコメントしていた。

ナレーター[編集]

ネタ前の芸人紹介での最初の「○○○○のは、この男~!」(男性芸人)、「○○○○のは、この人~!」(女性芸人)「○○○○のは、この二人(三人)~!」(グループ芸人)は坂上によるもの。芸人のキャッチコピーをどちらが読むかは不定だが主にピン芸人を坂上が、グループをDJナイクが担当している。
レギュラー放送末期では紹介コピーが短縮されることがあり、また復活特番では上記のような読み上げはされず、簡単な紹介文が読まれるのみである。
「エンタの神様 今年も笑わせまSP!!」でのナレーション。
復活特番にてDJナイク不在時の代役として担当。

芸人[編集]

芸人の中にはキャッチコピーがない芸人もいる(特に初期)。キャッチコピーは五味プロデューサーが芸人の名前やネタなどを見て決めている。→はキャッチコピーの変更、⇒は出演時の名義の変更を示す。芸人によってはネタによりキャッチコピーが異なる場合がある。