Wエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Wエンジン
メンバー チャンカワイ
えとう窓口
結成年 2000年
事務所 ワタナベエンターテインメント
活動時期 2000年 -
出身 NSC大阪校18期(えとう)
旧コンビ名 ダイラップ(チャン)
キリギリス(えとう)
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 コント、漫才
現在の代表番組 前川清の笑顔まんてんタビ好キ(えとう)
過去の代表番組 おもいッきりPON!
おもいッきりDON!
PON!
公式サイト ワタナベエンターテインメントによるプロフィール
テンプレートを表示

Wエンジン(ダブルエンジン)はワタナベエンターテインメントに所属するお笑いコンビである。2000年結成[1]2008年2月10日に「宴人」から現在のコンビ名に改名[2]

モテない男が女に惚れてしまうコントを定番とし、「惚れてまうやろー!」が決め台詞[2]

メンバー[編集]

ボケ担当。
本名:川合 正悟[1](かわい しょうご)、三重県名張市出身[4]三重県立名張西高等学校出身[5]。剣道を12年続けていた(剣道2段)。左利きで、剣道をするときも左利きだった[6]。高校3年生の時、同級生と出場した吉本興業のイベント「アンダーグランド花月」で、漫才を披露して優勝[5]。卒業後、吉本の舞台に立つ[5]。20歳の時、今の相方と上京[5]。『進ぬ!電波少年』の企画「電波少年的インターポール」→「電波少年的アンコールワットへの道の舗装」に髭男爵のピュアぞー(現・山田ルイ53世)、アルカリ三世添野豪と共に出演。
汗をかきやすい体質。自ら「汗かき芸人」と言っている[7]
上戸彩のファン。ライブDVD『Happy Magic〜スマイル・マイルス・マイルッス〜』の発売記念イベントの時には上戸と共演[8]。学生時代、1990年代の女性アーティストの曲を聴いて女心を勉強し、アーティストを尊敬の念を込め「先生」と呼んでいる[9]HEY!HEY!HEY!に出演した時、憧れの広瀬香美が「愛があれば大丈夫」を歌唱し、感激して泣いてしまった[10]
2010年5月に馬場園梓(アジアン)との交際が発覚。2013年8月に破局したことが報じられる。
2013年8月13日故郷・名張市の観光大使に就任[4](任期は3年間)。
2015年1月31日に一般女性と結婚し[11]2016年10月2日に第一子となる女児が誕生した[12]
レンタカーでドライブするのが趣味らしい。
  • えとう窓口(えとう まどぐち、 (1973-04-23) 1973年4月23日(44歳) - )
ツッコミ担当。
本名:江藤 嘉洋[13](えとう よしひろ)、大分県出身[3]。身長170cm[3]。家族は母と姉と16歳年下の弟。実父は1990年9月18日に病気のため47歳で他界[14]大分県立大分舞鶴高等学校卒業[15]。当時はサッカー部に所属。1996年拓殖大学政経学部政治学科卒業[13]。学生自治会副会長を務めていた[15]。大学卒業後大阪NSCに通う[13]。芸名「えとう窓口」は役所の窓口にいるおじさんのように生真面目なことから、先輩の名倉潤ネプチューン)がつけた[16]。NSC18期生で、過去に「ポップカルチャー」というコンビを組んでいた。同期生はファミリーレストラン四次元ナイフ風藤松原など[17]
レッド吉田TIM)に顔も声も似てると言われている(自分でもそう言ったことがある)[18]
アイドルグループBerryz工房のファン[19]
歌が下手。『めちゃ×2イケてるッ!』の企画「お笑い芸人歌がへたな王座決定戦」(2009年5月23日)に出演した[20]。しかしボイストレーニングの猛特訓の結果かなり改善され[21]、『第19回お笑い芸人歌がうまい王座決定戦』ではWエンジンは優勝[22]。その後も歌唱力は上昇しているようで、2011年8月23日の『お笑い芸人歌がうまい王座決定戦』では準々決勝まで進出、準々決勝ではウルフルズの「バンザイ」をソロで歌いあげるもJOYに惜敗した[23]
2011年からは出身地である大分県で隔週レギュラーの番組を始め、翌2012年4月からは前川清の笑顔まんてんタビ好キ前川清の相方を勤めるなど、半ば(九州の)ローカルタレントと化している。
2014年に温泉ソムリエの認定を受ける[24]
2016年11月11日に名古屋市に在住する9歳年下の一般女性の会社員・くみこさんと結婚した。ボロ家を一括で購入。えとうは9月放送のテレビ朝日系『大改造!!劇的ビフォーアフター』(日曜後7・58)で母と同居するための家を匠とリフォーム。関係者によると、番組に登場した匠の(愛知県在住建築家)の紹介で5月に女優、柴咲コウ似の妻と出会い、約5カ月の遠距離交際を実らせた。家と嫁をゲットし、W親孝行となった。現在、故郷の大分に暮らすえとうの実弟と2人で暮らす母親は「まずは新婚生活を楽しんで」と気遣っており、千葉県富津市の自宅、2017年現在は夫婦でこの家に暮らしており、将来的に母親を呼び寄せる。

エピソード[編集]

  • Wエンジンに「W」をつけたきっかけは、コンビ名の字画を見た事務所の先輩青木さやかに、「4画足した方がいい」というアドバイスを受けた事から。改名後はこれまで落ち続けていた爆笑レッドカーペットのオーディションに合格するなど、テレビの仕事が増えるようになったため2人は青木に感謝している[17]。なおこのため、「Wけんじ」及びその一門の「W-」を名乗る弟子たちや、大阪の「Wヤング」とは一切の関係はない。
  • コンビを組んだ切っ掛けとして、えとうのポップカルチャー時代の相方が横山やすしみたいな人格だったため、性格が合わないと不安になっていたところにカワイと出会い、その際の彼の人柄がまるで仏様のように見えて一目惚れしたことによる[17]。カワイは最初は年が離れすぎているのを理由にこの誘いを断ったが、えとうがしつこく誘ってきたのに加え当時の相方がお笑いに対する興味を失いつつあった事もあり、最終的にえとうと組む事を決めたという[25]
  • 銭形金太郎ナニコレ珍百景(いずれもテレビ朝日)など、同じ事務所の先輩のネプチューンが司会を務める番組で前説も務めていた[26][27]
  • 2013年10月25日放送の「笑神様は突然に…」の「チーム傷心ツアー」の初回で、カワイは交際していた馬場園梓(アジアン)に振られた傷心を癒すために参加した事を語り、悪い気を祓い運気を上げるため他のメンバーの陣内智則、井戸田潤(スピードワゴン)、島田秀平と共に寺に泊まり込んでの滝行などの修行に臨んだ[28]。その御利益か、その後に翌年1月18日放送の「スクール革命!」の婚活バスツアーで知り合った一般人女性との交際が始まり、12月5日放送分でその事をメンバーに報告している(余談だが、この回では井戸田が元妻の再婚報道があった日に顔にできたというでき物の治療のためと称して再度の滝行を行っており、このシーンがこの回の『最も笑神様が降りていたシーン』に選ばれている)[29]。さらに、その後2015年2月13日放送分において1月31日にその女性と入籍した事が報告され、メンバーによる新居訪問と子宝祈願のロケの様子が放送されている[30]

出演[編集]

  • M-1グランプリ2008、2009にて2年連続の準決勝進出。
  • R-1グランプリ2008、2009にて2年連続の準決勝進出。(チャンカワイ)
  • R-1グランプリ2009、2010にて2年連続の2回戦敗退。(えとう窓口)
  • キングオブコント2008、2009にて2年連続の準決勝進出。

テレビ番組[編集]

笑金スター誕生!コーナーで5週勝ち抜き(2007年1月28日 - 3月11日)
「宴人」時代に出演。キャッチコピーは「さあ、宴の始まりだ!」
「宴人」時代に4回、それ以降は「Wエンジン」として出演。初オンエアは改名後。
キャッチコピーは「ハイオク満タン」→「Don't stop loving」。2008年6月4日・8月6日の放送でレッドカーペット賞受賞。コラボカーペットで安倍麻美フォーリンラブ(カワイのみ)、姫ちゃん&フォーリンラブバービーと共演。
チャンカワイ
えとう窓口

ドラマ[編集]

  • 東京女子流 神様からの宿題♪(BSジャパン、2015年3月28日) - 天使役
チャンカワイ

映画[編集]

チャンカワイ
  • ロボジー(2012年1月14日公開、東宝)(川合正悟名義) - 太田浩二役

出演CM[編集]

不正コピー防止を呼びかけるCMに出演している(2010年6月時点)。チャンカワイの自宅で撮影された。
チャンカワイ
  • キリン「のどごし オールライト」(2015年)[31]

舞台[編集]

  • 表参道ベースメントシアター『優しい6つの夜のために』(2010年8月19日 - 22日全7公演、表参道GROUND)カワイのみ

ラジオ[編集]

(※ストリーミング 毎週月曜15時更新)
えとう窓口

DVD[編集]

  • Wエンジンの惚れてまうやろーっ!! 〜モテない男の心の叫び〜(2009年6月24日発売)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b テレビドガッチ > インタビュー > Vol.362 濱田岳&川合正悟&川島潤哉
  2. ^ a b 「惚れてまうやろー!」 注目のお笑いコンビ・Wエンジンの“説得力”に迫る 2008-12-09 10:00 ORICON STYLE
  3. ^ a b c Wエンジン ワタナベエンターテインメント
  4. ^ a b 名張市観光大使代理に「チャン錦ちゃん」任命 三重 2014.7.24 02:30更新 産経ニュース
  5. ^ a b c d 芸人生活10年 テレビで人気上昇中 「Wエンジン」名張出身のチャンカワイさん 2008/07/11 伊賀タウン情報 YOU
  6. ^ 芸能人が趣味や特技を披露!「てっぺん」を目指し真剣勝負!(2011年1月4日『芸能界特技王決定戦 TEPPEN』番組紹介)”. 新潟総合テレビ (2010年12月29日). 2014年12月25日閲覧。
  7. ^ ☆汗かき芸人チャンカワイ☆”. Wエンジンチャンカワイ オフィシャルブログ (2011年5月22日). 2014年12月25日閲覧。
  8. ^ 上戸彩、結婚質問は「いい加減にして~」”. オリコン (2009年12月27日). 2014年12月25日閲覧。
  9. ^ 歌から学んだホントウの恋”. J-WAVERADIPEDIA』番組公式サイト (2010年12月20日). 2014年12月25日閲覧。
  10. ^ 【エンタがビタミン♪】なぜ?Wエンジンが「HEY!HEY!HEY!」出演中に号泣。”. Techinsight (2010年2月3日). 2014年12月25日閲覧。
  11. ^ チャンカワイ結婚 番組婚活企画で出会う 日刊スポーツ 2015年2月6日閲覧。
  12. ^ “Wエンジンのチャンカワイに第1子女児誕生 妻と娘に感謝し「全力でお仕事を」”. ORICON STYLE. (2016年10月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2079416/full/ 2016年10月4日閲覧。 
  13. ^ a b c 学報 2011.11.1 vol.281 (PDF) 拓殖大学
  14. ^ えとう2006年09月18日付のブログより [要文献特定詳細情報]
  15. ^ a b 本学出身3人目(?)のお笑いタレント来訪 2010年10月12日 拓殖大学学友会
  16. ^ えとう窓口です(^-^)v 2007年04月11日(水) 5時30分 Wエンジン(宴人改め) えとう窓口の《三度のメシよりブログが好き!!》
  17. ^ a b c お笑いポポロ』(麻布台出版社)2010年10月増刊『テレビ芸人オモロースペシャル』38-39ページ
  18. ^ クイズ・窓口はどっち!?(^_-)”. Wエンジンえとう窓口 オフィシャルブログ (2009年11月18日). 2014年12月25日閲覧。
  19. ^ ★Berryz工房★”. Wエンジンえとう窓口 オフィシャルブログ (2010年3月14日). 2014年12月25日閲覧。
  20. ^ 2009年5月23日(土)「めちゃ2イケてるッ!」”. gooテレビ (2009年5月23日). 2014年12月25日閲覧。
  21. ^ お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル☆”. Wエンジンえとう窓口 オフィシャルブログ (2010年8月17日). 2014年12月25日閲覧。
  22. ^ 『第19回お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル』トーナメント表”. フジテレビ. 2014年12月25日閲覧。
  23. ^ 『第20回お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル』トーナメント表”. フジテレビ. 2014年12月25日閲覧。
  24. ^ ☆温泉ソムリエ☆”. Wエンジンえとう窓口 オフィシャルブログ (2014年7月23日). 2015年5月13日閲覧。
  25. ^ 振り返ると・・・”. Wエンジンチャンカワイ オフィシャルブログ (2014年10月16日). 2014年10月16日閲覧。
  26. ^ 〜銭金前説〜”. Wエンジンえとう窓口 オフィシャルブログ (2007年8月2日). 2014年12月25日閲覧。
  27. ^ ナニコレ珍百景〜前説〜”. Wエンジンえとう窓口 オフィシャルブログ (2008年7月1日). 2014年12月25日閲覧。
  28. ^ TVでた蔵「2013年10月25日放送 笑神様は突然に…」”. ワイヤーアクション (2013年10月25日). 2015年4月17日閲覧。
  29. ^ TVでた蔵「2014年12月5日放送 笑神様は突然に…」”. ワイヤーアクション (2014年12月5日). 2015年4月17日閲覧。
  30. ^ TVでた蔵「2015年2月13日放送 笑神様は突然に…」”. ワイヤーアクション (2015年2月13日). 2015年4月17日閲覧。
  31. ^ チャンカワイがCMで木村佳乃と夫婦役、撮影中に惚れてまうやろー!状態へ”. お笑いナタリー (2015年10月15日). 2015年10月15日閲覧。

外部リンク[編集]