くりぃむナントカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くりぃむナントカ
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
企画 上田晋也、有田哲平
プロデューサー 板橋順二藤井智久
(共にCP)
出演者 くりぃむしちゅー
上田晋也有田哲平
大木優紀(テレビ朝日アナウンサー)
ほか
出演者を参照)
字幕 文字多重放送
オープニング Yum!Yum!ORANGECARTOON HEROES
エンディング D-Sailors「We Built This City」
外部リンク 公式サイト
放送開始から2005年9月まで
放送時間 水曜日 0:16 - 0:46(火曜日深夜)(30分)
放送期間 2004年10月6日 - 2005年9月21日
2005年10月から2008年3月まで
放送時間 月曜日 23:15 - 翌0:10(55分)
放送期間 2005年10月10日 - 2008年3月24日
2008年4月から放送終了まで
放送時間 水曜日 19:00 - 19:54(54分)
放送期間 2008年4月23日 - 9月3日

特記事項:
ナレーター:佐藤賢治
ハイビジョン制作(2007年10月1日より)
テンプレートを表示

くりぃむナントカ』は、2004年10月6日5日深夜)から2008年9月3日まで放送し、2009年1月3日からは年数回の特別番組としてテレビ朝日系列などで放送されているバラエティ番組で、お笑いコンビくりぃむしちゅー冠番組である。

概要[編集]

くりぃむしちゅーの初冠番組であり、全ての企画をくりぃむしちゅーが担当している。

タイトルの由来は有田哲平の「視聴者はちゃんと番組名を覚えてくれない。だからナントカで充分」という考え。

他の番組ではMCは上田晋也が多いが、この番組では「ナンバー2選手権」を除くコーナーのMCは有田が多い。

人気番組が終了したらその後何度か特番化される例はあるが、この番組は放送終了から5年以上経つのにもかかわらず、なぜか今も一部のファンの根強い人気が存在し、レギュラー復活の声が耐えないため何度も特番化され続けている。しかしゴールデン枠での復活放送は5年間で一度もない。

深夜時代[編集]

火曜ネオネオバラエティ期は自由かつマニアックな企画で構成されていたが、月曜ネオバラエティに移行後はわかりやすい企画が増え、火曜期から継続の企画もアレンジが加えられ全体的に大衆向けになっている。

関西地区では朝日放送で約1時間遅れの火曜 0:29 - 1:26(月曜深夜)に放送されていた。以前は自社制作番組『トリハダ 〜感じるボロ〜ン〜』を放映していたため放送時間はこれよりさらに1時間遅かったが、番組終了により2006年4月から1時間繰り上がった。

番組ウェブサイトにはオンエアでカットされた映像を公開している「ナントカお蔵」というコンテンツがあり、カットされた部分を動画で見る事ができる。

2007年10月1日放送分からハイビジョン制作となっているが、当初は通常画質による制作のピラーボックスで放送され地デジでは画面両端に橙地に番組タイトルが描かれたサイドパネルが貼られていた。翌週10月8日放送分より完全なハイビジョン制作となり、『『ぷっ』すま』も2008年1月15日放送分からハイビジョン制作に移行したことから、ネオバラ枠は全てハイビジョン制作となった。

深夜時代の視聴率はM1層(若年男性)を中心に支持されながら12%前後を常にキープしていて、歴代最高視聴率は2008年1月21日放送分の14.2%だった。

ゴールデンタイム時代[編集]

2008年4月23日放送分よりゴールデンタイム枠に昇格し、毎週水曜日19:00 - 19:54に放送[1]。くりぃむしちゅーがテレビ朝日のゴールデン枠のレギュラーを持つのは『銭形金太郎』以来1クールぶり、冠番組としては初めてであった。

ゴールデンタイム初回(2008年4月23日)の視聴率は、10.3%と2桁を確保したが、第2回目(4月30日)以降の視聴率は、5〜6%前後と苦戦していた。そこで深夜時代好評だった企画(ビンカン選手権やへそくり選手権など)を立て続けに放送するも、視聴率が改善されず、9月3日の放送をもって番組は終了した。最後は大木が涙を流しての終了となった。

番組公式ホームページのBBSでは「くりぃむナントカ打ち切り反対」「深夜枠で復活して欲しい」などの声が数多く寄せられている。番組終了翌日、くりぃむナントカのホームページのアクセス数は、スペシャルドラマ『氷の華』に続く第2位を記録した。またホームページ内ではお別れ会のノーカットが10月13日まで閲覧できた。

特番化へ[編集]

番組終了後も、2009年から特番が不定期で放送されていたが、2017年からはテレビ放送ではなくインターネット配信に移行する予定。

  • テレビ放送(テレビ朝日系列で放送)
    • 2009年1月4日0:31 - 1:31(一部地域を除く) - 日本一早い!流行語大賞2009
    • 2009年4月3日23:15 - 翌0:10(一部地域を除く) - オールスター顔写祭2009
    • 2009年9月25日23:15 - 翌0:10(一部地域を除く) - 芸能界ナンバー2選手権
    • 2009年12月18日23:15 - 翌0:15(一部地域を除く)- N-1グランプリ2009
    • 2010年4月2日23:15 - 翌0:15(一部地域を除く)- 五十音-1グランプリ(「あ」〜「く」)
    • 2011年1月7日23:15 - 翌0:15(一部地域を除く)- 第2回五十音-1グランプリ(「け」〜「そ」)
    • 2011年1月28日23:15 - 翌0:15(一部地域を除く)- 第3回五十音-1グランプリ(たくさん入ってそうなサイフの中身を空っぽにする-1GP)
    • 2012年1月4日23:15 - 翌0:15(一部地域を除く)- 第4回五十音-1グランプリ(「ち」〜「の」)
    • 2012年6月22日23:15 - 翌0:15(一部地域を除く)- これさえ見れば大丈夫-1GP
    • 2012年9月28日23:15 - 翌0:15(一部地域を除く)- 芸能界ビンカン選手権
    • 2013年11月29日23:15 - 翌0:15(55時間テレビ内、一部地域を抜く) - 芸能界ビンカン選手権
  • インターネット配信(AbemaTVにて配信)
    • 2017年5月4日21:00 - 23:00- 芸能界ナンバー2選手権、芸能界へそくり選手権[2]

DVD化への道[編集]

特番で一夜限りの復活を遂げるも、復活要望の熱が冷めないことからDVD化が図られ、DVD化への道として、公式HPにて見たいエピソードを募集していた。2009年9月30日にDVD第1弾が3巻同時リリースされ、11万枚の好セールスを記録した[3]。2010年4月7日にDVD第2弾が、2011年1月19日にDVD第3弾が、それぞれ3巻同時リリースされている。

出演者[編集]

レギュラー(司会)[編集]

準レギュラー[編集]

明確な基準は無いが、2〜3週に1度以上の頻度で出演する出演者。他にも準レギュラーに近いものもいるが以下のメンバーが特によく出演する。またお笑いコンビでもそれぞれピンで出演する事が増えてきている。またゴールデン昇格の記者会見にて有田も「深夜時代(23時台)の準レギュラーのようなもの」としてこの3組を挙げている。ちなみにおぎやはぎを除く2組は『シルシルミシル』でも準レギュラーであった。

その他出演頻度の高い出演者[編集]

上記の準レギュラーほどではないが、主に2、3ヶ月に1回のペースで出演したメンバー。

など

ビンカンオールスターズ[編集]

番組内のコーナー芸能界ビンカン選手権に仕掛け人として特に出演の多い出演者。まれにビンカン選手権以外のコーナーにも出演するが、それでも仕掛け人側が主となる。

  • 大久保佳代子オアシズ)…ナントカ○○ツアー再現ドラマ出演者など仕掛け人としての出演が主。
  • 小木博明(おぎやはぎ)…急激に仕掛け人としての登場が増えている。
  • ニセヨン様(ペ・ヨンジュンのそっくりさん)…登場初期は他のゲスト同様の扱いだったが、次第に仕掛け人としての出演が多くなる。「アイシテマス」しか喋らない。本名:キム・ミョンソプ。OA版では『冬のソナタ』のBGMが使用されたが、DVD版では著作権の問題か『冬のソナタ』のBGMをアレンジしたボーカル無しの別物に差し替えられている。
  • クロちゃんHIRO(いずれも安田大サーカス)…グループのリーダーである団長は出演したことが無い。
  • ゆうたろう…大久保同様くりぃむナントカの仕掛け人として多数出演。ビンカンオールスターズの中では最も古参のメンバーである。ニセヨン様をライバル視しているが一度も勝てていない。

その他仕掛け人についてはこれまでに登場した仕掛け人を参照の事。

お仕置きビンタ執行人[編集]

番組内のコーナーで出演者にビンタを行う出演者。

  • キャリー・アン
星条旗模様の水着を着用し、「クイズ!Love5」に登場するアメリカ出身のブロンド美女。185cmの長身から繰り出すビンタは鈍い音と共に、相手を戦闘不能状態へ追い込む。「日本語がわからない」という設定なので、本来ビンタをする必要がない芸人にもビンタを容赦なくお見舞いする事もあった。詳しくはキャリーの技を参照の事。
母国での就職活動のため2007年1月15日放送分をもって番組を卒業した。しかし、同年9月24日放送分でカナダロケを行った際、ロケ地から600km離れたオレゴン州から実母とともに参加し復活した。キャリーオーバー、キャリークイック等往年の技術を発揮し、そのビンタの威力はプロレスラー中西学から「佐々木健介のビンタの次に痛い」と評された。
  • イリーナ
京都の太秦映画村で行われた「クイズ!Love5」において、キャリーの代わりに大木の新しいアシスタントとして紹介されたロシア出身のブロンド美女。艶やかな着物を着こなし、感情の読み取れない冷酷な表情でビンタをお見舞いする様から「冷血サイボーグ」と呼ばれた。破壊力は「ロシアンビンタ」と称される程凄まじいものだった。出演したのはその1回のみ。
  • サンドラ
韓国の焼肉屋で行われた「クイズ!Love5」にビンタ役として登場したブロンド美女。キャリーやイリーナと比べて体格は劣るが、焼肉を食べながらビンタの練習をするほどのやる気をみせる。こちらも出演は1回のみである。
  • 目野ちゃん(目野智子)
番組の音声スタッフ。「ナントカ1ミニット」で登場する。彼女を見た芸人曰く「小っちゃい普通の可愛いコ」だが、ビンタを喰らった彼らのリアクションはキャリーのそれに匹敵する。
  • ババァ大橋(くりぃむしちゅーマネージャー:大橋由佳)
くりぃむしちゅー担当のマネージャー。キャリーの卒業によるお仕置き人不在の中で、2006年下半期大反省会SPにおいてくりぃむしちゅー、次長課長、麒麟田村の3発目、ナントカ1ミニッツで雨上がり決死隊の2人に破壊力抜群のビンタを喰らわせた。松田美由紀と高校の同級生だったことがウチくる!?にて判明。
  • 破壊王ねもっちゃん(おぎやはぎマネージャー 根本理絵)
おぎやはぎ担当のマネージャー。小木、矢作、岡田に腰の入ったビンタを喰らわせた。
  • 新人AD中村
嘘の収録によって呼び出された田村に2発ビンタした。

その他の出演者[編集]

上記以外に縁の深い人

  • 岡本夏生…23時台昇格以前は出演する頻度が高く、一時期はビンカンオールスターズの一員だったが、最近では半年に一度など忘れたころの出演が多い。基本的に番組でも随一といって良いほど扱い方が良くない。「ガチンコすぎるわよ!!」が口癖。
  • 上田啓介…上田晋也の兄。ビンカン選手権仕掛け人として何度か出演し(太秦映画村では夫婦そろって出演)、またポスターや公式ウェブサイトに登場。元々は普通の勤め人だったが、地元の番組制作会社に転職してローカルタレントとして出演者側で熊本のローカル番組に何本か番組に出ている。また、当番組以外の上田晋也出演番組に多数ゲスト出演している。上田は「日本一たちの悪い素人」と評している。
  • 中西学…多数のコーナーに幅広く出演。基本的にショートタイツに上半身裸といういつものプロレスのコスチュームで登場するため、冬になると出演がめっぽう減る。仕掛け人、パネラー共に出演する。
  • ケイティナントカ好感度 クイズ!Love5の2代目ビンタガールオーディションで初登場。見かけによらずかなりハードなビンタを披露したが、コーナー自体が行われなくなった(カナダでの特別編を除く)ため、ビンタガールとしての活動はない。その後「からいやつら」のコーナーにウォーターガールとして登場し、特技(?)である水の早飲みを披露するが、水1杯を一気に飲み干す事は出来ない場合が多い。代理で川村ティナ(イニシャルがK.Tである為)が登場したこともある。
  • 尚、キャストクレジットされていないが、AV女優瞳りんバンビプロモーション)も出演している。


アシスタント代役(おぎやはぎ小木を除く)

  • 前田有紀(当時テレビ朝日アナウンサー)…2006年後半から翌年前半にかけて、大木の代役として隔週以上のペースで出演していた。
  • 矢島悠子(テレビ朝日アナウンサー)…2006年2月6日の放送で大木の代役として1度だけ出演した。
  • 小川友佳セント・フォース)…2008年2月4日放送分で大木の代役として出演。テレビ朝日アナウンサー以外では初の女性アシスタント。

ゴールデンタイムスペシャル[編集]

  • 2006年1月11日:クイズ1and1 ゴールデンスペシャル
  • 2006年4月10日:ゴールデン2時間スペシャル くりぃむナントカスペシャル クイズ1&1春の陣!!
  • 2006年9月20日:祝☆くりぃむナントカ世界進出!!! 芸能界ビンカン選手権スペシャル in 韓国

ゴールデンタイム以外のスペシャル[編集]

事情により分割放送されたスペシャル[編集]

2007年10月19日に「秋の3時間スペシャル(仮)」(19:00 - 21:48)が放送される予定だったが、巨人が優勝して「クライマックスシリーズ2007」の中継が決まったため、スペシャルで放送予定だった内容はレギュラー枠で分割されて放送された。10月15日放送分にて有田が「もしかしたら阪神巨人が優勝した場合はこれはいつもの時間に放送されています」と発言していた[4]

レギュラー放送終了後[編集]

  • 2009年1月4日 くりぃむナントカ スペシャル「日本一早い!流行語大賞2009」(60分スペシャル、0:31 - 1:31)
  • 2009年4月3日 くりぃむナントカ「オールスター顔写祭(かおしゃさい)2009」スペシャル(55分スペシャル、23:15 - 翌0:10)
  • 2009年9月25日 くりぃむナントカ「DVD発売記念!芸能界ナンバー2選手権!!」スペシャル(55分スペシャル、23:15 - 翌0:10)
  • 2009年12月18日 くりぃむナントカSP「M-1GP直前にあえて敢行!一夜限りの復活“N(ナントカ)-1グランプリ”!!」(60分、23:15 - 翌0:15)※ABCSATVKBCを除く[5]
  • 2010年4月2日 くりぃむナントカ スペシャル「五十音-1グランプリ」(60分スペシャル、23:15 - 翌0:15)
  • 2011年1月7日 くりぃむナントカ スペシャル「第2回五十音-1グランプリ」(60分スペシャル、23:15 - 翌0:15)
  • 2011年1月28日 くりぃむナントカ スペシャル「サイフの中身を空っぽにする-1グランプリ」(60分スペシャル、23:15 - 翌0:15))※ABCを除く[6]
  • 2011年2月5日 くりぃむナントカ スペシャル「芸能界ビンカン選手権 特別編」(55分スペシャル、10:50 - 11:45)
  • 2012年6月22日 くりぃむナントカ(「ロンドン日本代表応援緊急開催(秘)- 1GP」、60分、23:15 - 翌0:15)※新潟テレビ21長野朝日放送静岡朝日テレビ朝日放送大分朝日放送は別時間帯で放送。
  • 2013年11月29日 くりぃむナントカ スペシャル「芸能界ビンカン選手権」(テレビ朝日開局55周年「55時間テレビ」に内包)(60分スペシャル、23:15 - 翌0:15)
  • 2017年5月4日 くりぃむナントカ スペシャル「芸能界へそくり選手権」「ナンバー2選手権」「ナントカガールズプロジェクト2017」(AbemaTV開局1周年記念特番)(2時間スペシャル、21:00 - 23:00)[7]

コーナー[編集]

放送リスト[編集]

特番時代[編集]

2004年[編集]

2005年(30分時代)[編集]

2005年(55分時代)[編集]

2006年[編集]

2007年[編集]

2008年[編集]

ゴールデン時代[編集]

復活SP[編集]

テーマ曲・使用音楽[編集]

タイトルコール、コーナー交代ジングル
オープニングテーマ
提供クレジットBGM
オープニングテーマはこの曲をアレンジしYum!Yum!ORANGEがカバーしたもの。
エンディングテーマ
  • 『We Built This City』/D-Sailors

DVD[編集]

DVD第1弾
DVD第2弾
DVD第3弾

スタッフ[編集]

復活SP第11弾時点
  • ナレーション:佐藤賢治
  • 企画:上田晋也、有田哲平
  • 構成:渡辺真也、町田裕章、北本かつら樅野太紀
  • カメラ:門倉秀樹(スウィッシュ・ジャパン
  • 音声:中西由香里(スウィッシュ・ジャパン)
  • VE:粕谷弘樹
  • 美術:井磧伸介
  • デザイン:濱野恭平
  • 美術進行:吉居真夏・野口香織・奥田裕美・廣澤陽子(テレビ朝日クリエイト
  • 大道具:後藤貴弘
  • 装飾:前西原亜戸
  • 電飾:千田徹哉
  • 小道具:羽染香樹
  • 衣装:杉崎康夫
  • モニター:鈴木久
  • メイク:小川和美、水上牧子
  • 特殊メイク:有限会社 自由廊
  • CG:福田隆之
  • 編集:村上朗仁(IMAGICA
  • MA:松田直樹(IMAGICA)
  • 音効:加藤つよし
  • タイムキーパー:吉条雅美
  • デスク:中川千波
  • 編成:高橋正輝、吉村周
  • 宣伝:高橋夏子
  • AP:相馬恵美(復活SP第3弾までAP、復活SP第4-?弾までP→一時離脱)
  • AD:山本健矢
  • ディレクター:藤本達也、堀内裕二、中西正太、宮本大輔
  • プロデューサー:鈴木忠親、佐宗威史(復活SP第11弾から)
  • ゼネラルプロデューサー:藤井智久(レギュラー最終回までCP、復活SP第3弾からGP)
  • 制作著作:テレビ朝日

過去のスタッフ[編集]

  • チーフプロデューサー:板橋順二
  • プロデューサー:瀬戸口修(初回-復活SP第3弾まで)
  • チーフディレクター:小田隆一郎
  • ディレクター:眞中博司、高橋良行、三藤豊、亀田剛、奥村篤人、利川祥隆、鈴木浩晃、中村いずみ、西野絵梨香、山内智未、土井功輔
  • AP:斉藤真樹子、中田智也(ゴールデン以降)、冨澤有人、吉田奈央(以前はAD)
  • AD:戒能真理、松延由子、林寛之、米田裕一、岩田周人、寺崎崇拡(崎は旧字体)
  • 編成:村上浩一、西村裕明、松野良紀、森大貴
  • 宣伝:井上裕子
  • 構成:岩本哲也、柳しゅうへい、細田哲也、深田憲作、今関ちなつ
  • 美術:金澤弘道、玉置未和
  • 美術進行:田島えりか(テレビ朝日クリエイト)
  • 小道具:石井琢也
  • TM:大島秀一
  • TD:藤原朋巳、横関正人(テイクシステムズ
  • カメラ:雨森貴之、古橋稔(テイクシステムズ)
  • 音声:目野智子(スウィッシュ・ジャパン)〔「ナントカ1ミニット」の罰ゲームのビンタも担当していた〕、ゆうたろう(第1回ビンカン選手権第一ステージのみ)、中田孝也(テイクシステムズ)
  • VE:時見正和(テイクシステムズ)、齋藤弘幸
  • 照明:伊藤直哉、小倉康裕(テレテック
  • モニター:渡邊慎吾
  • メイク:細谷真衣子
  • 編集:小原洋一、里慶太郎、小野坂智(IMAGICA)
  • MA:松田直起、長谷川健次、遠山正、小笠原恭司、石塚亮、内藤憲司、阿部哲也(IMAGICA)
  • 事務所協力:ナチュラルエイト(復活SP第3弾までがプライム

ネット局と放送時間[編集]

ゴールデンタイム時代[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ
関東広域圏 テレビ朝日(EX) テレビ朝日系列 水曜
19:00 - 19:54
制作局
北海道 北海道テレビ(HTB) 同時ネット
青森県 青森朝日放送(ABA)
岩手県 岩手朝日テレビ(IAT)
宮城県 東日本放送(KHB)
秋田県 秋田朝日放送(AAB)
山形県 山形テレビ(YTS)
福島県 福島放送(KFB)
新潟県 新潟テレビ21(UX)
長野県 長野朝日放送(abn)
静岡県 静岡朝日テレビ(SATV)
石川県 北陸朝日放送(HAB)
中京広域圏 メ〜テレ(NBN)
近畿広域圏 朝日放送(ABC)
広島県 広島ホームテレビ(HOME)
山口県 山口朝日放送(yab)
香川県・岡山県 瀬戸内海放送(KSB)
愛媛県 愛媛朝日テレビ(eat)
福岡県 九州朝日放送(KBC)
長崎県 長崎文化放送(NCC)
熊本県 熊本朝日放送(KAB)
大分県 大分朝日放送(OAB)
鹿児島県 鹿児島放送(KKB)
沖縄県 琉球朝日放送(QAB)
富山県 北日本放送(KNB) 日本テレビ系列 水曜
0:29 - 1:25
(火曜深夜)
遅れネット
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT) 月曜
16:53 - 17:50
高知県 テレビ高知(KUTV) TBS系列 木曜
0:25 - 1:20
(火曜深夜)
宮崎県 宮崎放送(MRT) 水曜
0:55 - 1:50
(火曜深夜)

ネオバラエティ時代[編集]

  • 朝日放送を除くテレビ朝日系列23局:月曜23:15 - 翌0:10
    • 朝日放送は2006年3月までは2時間14分遅れの火曜 1:29 - 2:26(月曜深夜)に、2006年4月以降は1時間14分遅れの火曜 0:29 - 1:26(月曜深夜)に放送されていた。

放送時間の変遷[編集]

期間 放送時間(日本時間
2004.10 2005.09 水曜日 0:16 - 0:46(火曜日深夜)(30分)
2005.10 2008.03 月曜日 23:15 - 翌0:10(55分)
2008.04 2008.09 水曜日 19:00 - 19:54(54分)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公式サイトに記者発表の動画あり
  2. ^ 『くりぃむナントカ』4年ぶりにAbemaTVで復活 有田「地上波以上に力を入れた番組になっている」 - AbemaTIMES・2017年4月18日
  3. ^ 2009年12月18日放送の特番より
  4. ^ 大木ちゃん日記より。
  5. ^ 朝日放送は『探偵!ナイトスクープ』のため1時間9分遅れの0:24 - 1:24、静岡は45分遅れの23:55 - 翌0:55、福岡は『ドォーモの絶対!得するTV』のため2009年12月22日0:20に放送。
  6. ^ 関西は『探偵!ナイトスクープ』のため1時間9分遅れの0:24 - 1:24に放送
  7. ^ インターネットテレビ局AbemaTVの1周年記念番組として、Abema Special2で放送。
  8. ^ ビンカン選手権におけるビンカンポイントの1つとして実行されたもので、選手権ロケ途中のバスで収録したナントカ変換が、一切放送されないというのが解答になっていた。そのため、未放送の内容である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テレビ朝日 ネオネオバラエティ火曜日
前番組 番組名 次番組
くりぃむナントカ
(2004年10月 - 2005年9月)
アドレな!ガレッジ
【土曜0:45 - 1:15枠(金曜深夜)より移動】
テレビ朝日系列 ネオバラエティ月曜日
くりぃむナントカ
(2005年10月 - 2008年3月)
テレビ朝日系列 水曜19時台
くりぃむナントカ
(2008年4月 - 9月)
ナニコレ珍百景
ネオバラエティ水曜日より移動】