阿久津愼太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あくつ しんたろう
阿久津 愼太郎
生年月日 (1995-06-21) 1995年6月21日(22歳)
出生地 日本の旗 日本栃木県
身長 178 cm
血液型 B型
職業 俳優タレント
ジャンル 舞台映画テレビ番組
活動期間 2000年代後半 - 2016年
主な作品
テレビドラマ
青空の卵
備考
『第6回 D-BOYSオーディション』グランプリ

阿久津 愼太郎(あくつ しんたろう、1995年6月21日[1] - )は、日本の元俳優栃木県出身[1]。身長178cm[1]。血液型はB型[2]立教大学現代心理学部在学中[要出典]ワタナベエンターテインメントに所属していた[1]。男性俳優集団D2およびD-BOYSの元メンバー。

略歴[編集]

2008年頃にジャニーズ事務所に所属していた[要出典][注釈 1]が、目立った活動はなく退所する。

2009年に第6回D-BOYSオーディショングランプリを獲得[3]。ワタナベエンターテインメントに所属する。2010年4月、D2のメンバーになる[4]

2012年、テレビドラマ『青空の卵』で主演を務める[5][6]

2013年10月、D2がD-BOYSに加入しD-BOYSメンバーとなる。

2014年1月放送の『D-BOYS 10th Anniversary Project ショートフィルム フェスティバル「10分な学級会」』にて初監督を務める[7]

2015年1月放送の「有吉反省会」において、「俳優集団D-BOYSのメンバーとして、イケメン路線で活動しているにもかかわらず、実は女装好き」であることを告白する[8]

2016年9月30日付で、D-BOYSを卒業し、ワタナベエンターテインメントの契約を終了して、芸能界を引退[8]

出演[編集]

舞台[編集]

  • D-BOYS STAGE2010 trial-2「ラストゲーム」(2010年8月 - 9月)
  • ミュージカル 忍たま乱太郎 第2弾〜予算会議でモメてます!〜(2011年1月・2011年7月) - 久々知兵助 役
  • 少年ハリウッド(2011年4月)
  • 少年探偵団(2011年10月)
  • D-BOYS STAGE 10th「淋しいマグネット」(2012年4月 - 5月) - リューベン 役
  • クリンドルクラックス!(2012年7月 - 8月) - 主演 ラスキン・スプリンター 役
  • Dステ 12th「TRUMP」(2013年1月 - 2月) - ラファエロ・デリコ / アンジェリコ・フラ 役
  • コミックジャック(2014年11月) - 主演[9]
  • 最後のサムライ(2015年3月) - 木川松蔵 役
  • GURU(グル)になります。〜平浅子と源麗華の一週間〜(2016年3月) - 平力土 役

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

ウェブ[編集]

  • 自宅警備会の一存(2013年4月 - 、アメーバスタジオ)

連載[編集]

雑誌[編集]

ウェブ[編集]

作品[編集]

DVD[編集]

  • D2 The First Message #2 荒井敦史×阿久津愼太郎 "Versus"(2011年11月)

カバーモデル[編集]

  • 嫌い…だけど好き(2014年4月25日、著:白咲みつば、小学館エンジェル文庫)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ジャニーズJr.として舞台『SUMMARY 2008』に出演。[要出典]

出典[編集]

  1. ^ a b c d “阿久津愼太郎”. ワタナベエンターテインメント. オリジナル2016年4月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160405142341/http://www.watanabepro.co.jp/mypage/10000038/ 2014年8月2日閲覧。 
  2. ^ “スタープロフィール|阿久津 愼太郎”. Web版TVスター名鑑. オリジナル2014年8月24日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140808053845/http://tvstars.jp/profile.php?id=2000067756 2014年10月31日閲覧。 
  3. ^ “石川遼似の14歳・阿久津槇太郎さんがグランプリ獲得 第6回D-BOYSオーディション”. ORICON STYLE. (2009年9月6日). http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/68937/full/ 2014年10月31日閲覧。 
  4. ^ “はじめまして!”. 阿久津愼太郎BLOG. (2010年4月27日). オリジナル2013年10月19日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20131019231522/http://blog.watanabepro.co.jp/akutsushintaro/archives/2010/04/coming_soon.html 2014年10月31日閲覧。 
  5. ^ a b “「ひきこもり探偵シリーズ」が阿久津愼太郎と井上正大のダブル主演で初ドラマ化! 主題歌も決定!!”. NewsWalker. (2013年6月27日). http://news.walkerplus.com/article/31303/ 2013年10月18日閲覧。 
  6. ^ “阿久津愼太郎&井上正大、フレッシュなコンビで男同士の友情描く”. ORICON STYLE. (2012年8月10日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2015470/full/ 2013年10月18日閲覧。 
  7. ^ “D-BOYS10周年記念、阿久津愼太郎が初監督!志尊淳主演で学園モノに挑戦!【インタビューvol.1】”. テレビドガッチ. (2013年12月9日). オリジナル2014年3月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140313053032/http://dogatch.jp/news/ex/21475 2014年8月2日閲覧。 
  8. ^ a b “「D―BOYS」阿久津愼太郎 芸能界引退を発表「次の夢に挑戦」”. スポニチアネックス. (2016年9月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/01/kiji/K20160901013273530.html 2016年9月1日閲覧。 
  9. ^ “阿久津愼太郎ら新キャストでアクションコメディを再演!”. NewsWalker. (2014年10月28日). http://news.walkerplus.com/article/51781/ 2014年10月31日閲覧。 

外部リンク[編集]