もう中学生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
もう中学生
本名 丸田 典幸
(まるた のりゆき)
ニックネーム もう中
もうくん
丸ちゃん
生年月日 1983年2月14日(32歳)
出身地 日本の旗 日本長野県長野市
血液型 O型
身長 180cm
方言 共通語
最終学歴 長野県更級農業高等学校
出身 NSC東京校7期
芸風 コント
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2001年 -
同期 ミルククラウンですよ。LLRなど
配偶者 未婚
公式サイト 吉本興業によるプロフィール

もう中学生(もうちゅうがくせい、1983年2月14日 - )は、日本ピン芸人。本名、丸田 典幸(まるた のりゆき)。

長野県長野市出身。吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属。身長180cm、体重70kg。O型。

芸名は小学校の卒業文集での作文のタイトルからそのまま採られており、「期待と不安でいっぱいだった当時の思いを忘れないように」という意味で名付けたということである[1]

プロフィール[編集]

人物・来歴[編集]

  • 長野県更級農業高等学校卒業。東京NSC7期生。
  • 2001年10月に初舞台を踏む。
  • 以前は「商業」という四人組のメンバーだった。解散後も元メンバーとの交流は続いている。
  • 同期のピン芸人である、『ですよ。』と一緒に『もう中学生ですよ。』というユニットを結成し、M-1グランプリにも出場している。
  • フリートークにおいてもネタ見せ時と同様な「独特なかん高い口調」で喋る。但し、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の企画「怒り王グランプリ」で、後輩芸人とライブの稽古に参加した際は、比較的普通の口調で喋っていた。また、この企画でドッキリとはいえ段取りを緻密に考えるなどして試行錯誤している様子が映し出されておりネタに対する思い入れの強さもうかがえた。
  • 普段は自転車通勤。ネタの段ボールはビニル袋で覆い、ハンドルに引っ掛けて持ち運んでいる。自転車移動が難しい営業先などへは他の乗客へ迷惑にならないようラッシュ時は避け、段ボールを持って電車移動している。[2]
  • 段ボールは大きくかなりの重量があるため、運搬により右腕の筋力が鍛えられている。
  • アーク溶接ガス溶接、電卓検定4級、危険物取扱者免許、簿記4級などの資格を取得している。
  • NSC卒業後、しばらく仕事がない時期には自転車で東京中のブックオフを巡っていたため、店舗別の特徴に詳しい。

家族[編集]

  • 父は画家(イラストレーター)である。「さんま御殿」で父が自身の単独ライブを見て感化されそれまでの仕事を辞め、絵描きになったと明かす。もう中学生の個展を開いた際には、近所の会合のチラシなどの作品を集めた「もうお父さん展」も併催した。
  • テレビ番組に親子共演することもある。もう中学生の単独ライブにも出演したり、ライブのチラシを制作するなど仲が良い。もう中学生のことを「のりちゃん」と呼ぶ。

芸風[編集]

段ボール芸[編集]

  • イラストを描いた段ボールなど自作の大道具・小道具を使用した一人コントをする。ネタより先にイラストが完成することがある。
  • イラストで使う画材の費用は一年で約10万円かかり、これまで描いて来た作品は「思い出がある」とのことで全てを保管しているという[1]2013年7月現在、130〜140種類ありネタの名前順に保管しているという[3]
  • ハイテンション、ハイトーンボイスと落ち着きのない動きが特徴。ネタを始める前に漫談を行うことが多い。その後「というわけで、コント○○」とネタのタイトルを言った後で「お楽しみに〜」と言い大道具の裏に移る。その後、ネタを始めるまで時間がかかる場合、つなぎとして「少々お待ちを〜」[4]「しばしご歓談を〜」「別の事考えてて〜」などと言うこともある。ネタが終わった後には「というわけで、どうもありがとうございました」と言って終える。
  • チュン太郎とチュン次郎と名付けられたニワトリ2羽が登場することがある。基本的に、ネタにはなんらかのテーマ性が込められることが多く(道徳、雑学など)、その場合は芸が終わると、チュン太郎など動くキャラが「タメになったね〜」「タメになったよ〜」と言う。
  • 「音楽会」というネタでは毎回曲目を変える。毎日放送『オールザッツ漫才』でのネタで「カービィのピンボール」のCMソングを披露した。
  • 天然ボケ且つドジな性格や落ち着きのない動きによって、しばしばネタ中に意図しないハプニングが起こる。

ぱっぱら王子[編集]

  • エンタの神様』では毎回人助けをするつもりで迷惑をかける(時に犯罪に発展することもある)「ぱっぱら王子」と言うキャラネタを披露していた。
  • 最後に「よかったね〜」と言い落ちを言うのが決まりとなっている。
  • 「ぱっぱら王子」を持ちネタにしているため彼の名前も「ぱっぱら王子」だと間違われることもある。

漫談・大喜利[編集]

  • 小道具を一切使わない漫談を行うこともある。
  • 大喜利を得意とし、『第8回・IPPONグランプリ』では、1155人が参加した予選を勝ち抜き出場。結果はブロック敗退であったが、バナナマン設楽統からは収録前に見た予選の答えを見て「出す大喜利の答え、トリッキーですよ。 ハマったら、誰も勝てないです。」、松本人志からは「客を虜にしている」「こういう答えを出す根性がすごい」との高評価を得た。
  • Shibuya Deep A』(NHK総合、2012年)の「お笑いムチャぶりバトル」で5週連続勝ち抜き、殿堂入りを果たした。

出演[編集]

現在出演中のテレビ番組[編集]

  • 3時は!ららら♪(信越放送、レギュラー)
  • エブリワン(日本海テレビジョン放送、2013年4月5日 - )-「ともだち100人できるかな」コーナー担当
  • スイッチ!(東海テレビ、2013年4月1日 - )- 木曜レギュラー
  • 炎の体育会TV(TBSテレビ)- 主に陸上部。水泳部で出演することもある

過去に出演したテレビ番組[編集]

コラボカーペットで、バカリズムゆってぃ&オードリー春日俊彰(ゆってぃ隊名義)、超新塾(ネタ中は「もう中学生改めウォンチュー学生」と改名)、ゆってぃ&超新塾サンキュー安富+(ゆってぃ隊名義)と共演。
2008年9月10日・11月12日・2009年3月11日(ゆってぃ隊)・11月21日(超新塾とのコラボ)の放送分でレッドカーペット賞を受賞。
2008年はガキの使い新年会の「第2回山-1グランプリ」、2009年は「芸能界怒り王グランプリ」、2015年は「第2回イタズラは許さない!本気ギレツアー」に出演
2009年の放送でダウンタウンに対して「初めまして」と話しているがこれはもう中学生の記憶違いである。
2009年は「だんだん減らしましょう」に、2010年4月は「お答え足し算100超えたら負けよ!」に、7月は「つるべにかくれんぼ」「関係者は誰だ!?ダウトコミュニケーション」に出演

ほか多数

テレビアニメ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

  • ケロッグ コーンフロスティ「実況:しゅくだい」篇(2010年)

単独ライブ[編集]

  • こいのぼりといなりと僕(2007年5月13日、渋谷シアターD)
  • もう中学生ギャグリサイタル スピリチュアル・ラブ~いやされたいなら寄っといで♪~(2008年5月25日、渋谷シアターD)
  • もう中学生ユニーク劇場/愛、おぼえていますか?(楽しいおしゃべりと小粋なグ~ギャ~の集い)(2009年7月8日、笹塚ファクトリー)
  • 色ぬりおトークライブ/おト~クだねぇ~♪(2010年10月11日・12月26日・2011年11月23日・2012年7月16日・2012年11月23日・2013年1月14日・6月28日、ヨシモト∞ホール)
  • のんびり♪ほんわか!しあわせさん~夏休み特大号~(2010年8月25日、きゅりあん小ホール)
  • もう中学生ユニーク劇場~『のび太の』って『び太』を『の』で包んである!~(2012年6月7日・8日、関交協ハーモニックホール)
  • もう中学生版一本でもニンジン(2012年6月24日・7月22日・9月23日・10月26日・2013年2月27日・4月26日・11月22日・2014年9月24日、下北沢ギャラリーHIBOU HIBOU)
  • もう中学生の絵本読み聞かせ教室(2012年8月11日・11月10日、神保町花月)
  • もう中学生のタップリ90分~お笑いショーと楽しいパーティー~(2013年3月2日、よしもと浅草花月
  • もう中学生トークライブ「汗(アシェ)」(2013年11月19日、渋谷シアターD)
  • オツでステキなひととき(2014年11月3日、沼津ラクーンよしもと劇場)
  • もう中学生のネタ&おトーク・オツな味わい1じかん(2014年8月22日・9月13日・10月18日・12月7日・2015年1月12日・2月1日・3月14日、渋谷シアターD)

劇場・ライブ・舞台[編集]

個展[編集]

  • 小道具展「もう中学生幸せになるギャグアート展」(2009年10月1日 - 10月13日、渋谷パルコファクトリー)(2009年11月20日 - 11月29日、松本パルコ)
  • ギャグアート展「もう中学生アートギャラリー」(2010年9月18日 - 10月3日、長野ショッピングプラザアゲインホール
  • 「もう中学生のラッキー♪になれる展覧会」(2011年10月3日 - 10月9日、下北沢ギャラリーHIBOU HIBOU)

関連作品[編集]

DVD[編集]

  • ルミネ the よしもと〜業界イチの青田買い 09春〜(2009年4月22日発売)
  • 秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE3 http: 鷹の爪.jpは永遠に(2010年1月16日発売)
  • ヨシモト∞ホール 若手お笑いバトル Vol.1 Presented by AGEAGE LIVE(2010年3月24日発売)
  • ルミネtheよしもと〜業界イチの青田買い2010 SPECIAL〜(2010年4月28日発売)
  • 1週間にけつッ!!(2010年8月11日発売)
  • IPPONグランプリ08(2014年5月21日発売)
  • LAUGH SPORTS FES 2014 in CHIBA~よしもと若手"ほぼほぼ"オールスターズ大運動会(2014年10月8日発売)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 2008年5月19日付『サンケイスポーツ』芸能面『次は任せなさい お笑いニューヒーロー』より
  2. ^ 2010年3月6日 10:11:51付 u字工事福田薫ブログ「忘れっからメモッちゃーわっ!」より
  3. ^ 2013年7月31日放送『飛べ!サルバドール』文化放送での発言
  4. ^ 「少々お待ちを〜」に掛けて「少々ごましお」ということもある。

外部リンク[編集]