梅沢富美男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
梅沢 富美男
出生名 池田 富美男
別名 下町の玉三郎
生誕 1950年11月9日(65歳)
出身地 日本の旗 日本, 福島県福島市
ジャンル 俳優演歌
職業 歌手俳優
担当楽器
事務所 株式会社富美男企画
公式サイト 公式サイト

梅沢 富美男(うめざわ とみお、本名:池田 富美男1950年11月9日 - )は、日本の俳優歌手である。大衆演劇「梅沢劇団」第3代座長、株式会社富美男企画代表取締役。妻の池田明子はフィトセラピスト(植物療法士)として活動中。身長168cm。体重82kg。血液型はB型

プロフィール[編集]

福島県福島市出身。1939年に旗揚げした剣劇一座「梅沢劇団」の創設者にして戦前・戦後まもなくの大衆演劇隆盛期のスターであり、浅草「常盤座」などの劇場を満員にした花形役者の父・梅沢清と娘歌舞伎出身の母・竹沢龍千代の間に生まれた。兄・武生とは10歳年が離れている。旅一座で育ったこともあり福島県立福島高等学校を中退。

富美男が中学校に進学した年に武生が清から一座を引き継いだ。1980年代以降、女形で話題となり「下町の玉三郎」と呼ばれ、一座のスターになった一方で、副座長として兄を支えた。しかし2000年代後半になると、武生が体調を崩しがちとなり、満足に舞台を務めることができなくなっていた。このため、2012年10月に武生から座長を引き継ぎ、武生はその後見に回ることで苦境を乗り切ることとなった。

梅沢劇団は、歌舞伎演目のパロディー芝居、ミュージカル仕立てのショー、レビューを得意とする(これらに富美男の歌謡ショーを織りまぜた3部構成で舞台が行われている)。

歌手としては、1982年に『夢芝居』(作詞・作曲は小椋佳、編曲は桜庭伸幸)が大ヒットしている。翌1983年には同曲で『第34回NHK紅白歌合戦』に初出場。前川清とは公私ともに仲が良く、共演したNHKふるさと皆様劇場』は人気シリーズとなっていた。また、舞台でも2005年の新歌舞伎座公演などをともにしており、この年の6月8日にはデュオとして「朝まで踊ろう」をリリースしている。

近年ではバラエティ番組の出演が多く、浜田雅功がメインを務める番組でのゲスト出演が多い。現在放送中のプレバトの俳句査定で、2016年8月現在、他の査定も含め唯一の名人位を取得している。

日本中央競馬会 (JRA) の馬主資格を有しており、代表所有馬にシールビーバック(2005年関東オークス2着)などがいる。従甥(いとこ(梅沢の父の弟の長男)の息子)は2008年北京オリンピック男子バドミントン日本代表選手の池田信太郎

井上陽水ものまねが得意であると話し、披露したことがある(フジテレビ爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』2010年10月3日放送分)。

2012年5月23日にリリースされたNHK東日本大震災復興応援ソング『花は咲く』(花は咲くプロジェクト)に、ボーカルとして参加している。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

バラエティ[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1983年(昭和58年)/第34回 夢芝居 09/21 日野美歌
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. 夢芝居(1982年11月21日)
    (c/w 茶々)
  2. 演歌みたいな別れでも(1983年)
    • 作詞:中山ラビ・小椋佳 / 作曲:小椋佳 / 編曲:桜庭伸幸
    (c/w 魔界のチャンプ)
  3. キャラバン(1984年)
    (c/w 零の世界)
  4. 色が舞う(1984年)
    • 作詞:茅野遊 / 作曲:小椋佳 / 編曲:桜庭伸幸
    (c/w 香あわせ)
  5. 恋なだれ(1985年)
    (c/w 業)
  6. くちぐせ(1985年)
    (c/w こんな女と暮らしたい)
  7. 泣いちゃだめ(1985年)
    (c/w つぐみ)
  8. 恋曼陀羅(1986年)
    (c/w 恋扇)
  9. あいそづかし(1986年)
    (c/w 別離舞)
  10. 愛の夜明け(1987年)
    (c/w 夜霧の世界)
  11. 華ざかり(1989年12月1日)
    • 作詞:井上香織 / 作曲:グオフォン
    (c/w 恋心中)
  12. 孤独の唄(1993年3月25日)
    (c/w ココロの唄)
  13. 恋暦(1998年)
    (c/w たそがれに燃え)
  14. からだからだからだ(2000年)
    (c/w 3分待つわ)
  15. 瞬間を止めて(2004年6月23日)
    (c/w 綺麗な言葉で抱いて)
    (c/w 夢芝居(New Version))
  16. 朝まで踊ろう(2005年6月8日)※共演:前川清
    (c/w 男と女の破片(スペシャル・アコースティック・バージョン))※歌唱:前川清
    (c/w 東京砂漠(スペシャル・アコースティック・バージョン))※歌唱:前川清
  17. 秋蛍(2006年11月29日)
    (c/w アンニョン ソウル)
  18. あなた(2009年12月2日)
    (c/w あなたは何処にもいない)

オリジナル・アルバム[編集]

  1. 夢芝居(1982年)
  2. 暫~SHIBARAKU(1983年)
  3. 悟空幻想~WUKONG FANTASY(1984年)
  4. 色つづり(1984年)
  5. いちにん十色(1989年12月1日)

ライブ・アルバム[編集]

  1. きわめつけ!梅沢富美男ライヴ(1984年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]