大原櫻子

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

おおはら さくらこ
大原櫻子
生年月日 (1996-01-10) 1996年1月10日(27歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 158 cm
血液型 A型
職業
ジャンル
活動期間 2013年 -
著名な家族
事務所
公式サイト 大原櫻子オフィシャルサイト
主な作品

 
受賞
第23回日本映画批評家大賞新人賞(小森和子賞)
テンプレートを表示
大原櫻子
別名 大原櫻子 (from MUSH&Co.)
生誕 (1996-01-10) 1996年1月10日(27歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
学歴
ジャンル J-POP
職業
担当楽器
活動期間 2013年 -
レーベル
  • HEARST RECORDS(2013年 - 2014年)
  • Victor Entertainment(2014年 - )
事務所
共同作業者
公式サイト 大原櫻子オフィシャルサイト
著名使用楽器
  • アコースティック・ギター
  • TAKAMINE・SO-70(シグネイチャー・モデル)
  • TAKAMINE・DMP551C
  • TAKAMINE・DMP700 N
  • エレクトリック・ギター
  • イタリア・ギター Maranello Classic 15th Anniversary

大原 櫻子(おおはら さくらこ、1996年1月10日 - )は、日本女優歌手ラジオパーソナリティ愛称は「サクちゃん」。大原櫻子事務所所属。所属レコード会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントで、レーベルVictor Entertainment

東京都出身。日本大学芸術学部映画学科卒業[2][3]

人物

主にナレーターとして活動する林田尚親を父に持つ[1]

歌や演技に興味を持ったきっかけはアメリカのミュージカルアニー』と女優のダコタ・ファニング。小学校2年生の頃に映画版の『アニー』を見て主人公役の女の子の表現力に感動し、「のびのびと歌っていて気持ちよさそう」と思ったのがきっかけ[4]。女優になりたいと思ったもう一つのきっかけは、小学生の頃に見た映画に出ていたダコタ・ファニング。自分と同年代の女の子が観客を引き込むシリアスな演技ができることをすごいと思った[5]。小学生の頃は『アニー』と『ミス・サイゴン』の影響で芝居も歌も出来るミュージカルが自分のやりたいことにピッタリだと思い、ブロードウェーを目指していた[4]

趣味・嗜好

特技は、ダンス[5]・ピアノ・バレエ・歌[5]・水泳・ものまね[6]

ももいろクローバーZのファンであり、特に玉井詩織推し。玉井とは同学年であり『大原櫻子のオールナイトニッポン0(ZERO)』2014年6月9日放送分で共演を果たし、今では友達とも言っている。

かねてから亀田誠治のファンであり、彼が『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の音楽プロデューサーに起用されていることを知ってオーディションに参加したいと思ったという[7][8][9]

2016年1月10日に20歳を迎えた事から酒を呑む様になった。日本酒やワインなど大体の酒は嗜む。酒のあては「知らない人を思い出しながら」との事[10]

音楽

洋楽はメロディがよくて明るい曲が好きで、邦楽は歌詞が好きなものが多い[4]。初めて買ったCDは「アニー」のテーマ曲「Tomorrow」、初めて人前で歌ったJ-POPは小学1年生のときに母の誕生日に歌ったBoAの「Every Heart -ミンナノキモチ-」で初めて英語で歌ったのは映画『リトル・マーメイド』のテーマ「Part of your world」、J-POPを好きになるきっかけとなったのは高校2年のときの文化祭で披露した椎名林檎の「ここでキスして。」。

略歴

デビュー前
  • 中学2年生の時、習い事のダンスの発表会のリハーサルにたまたま居合わせたテレビ関係者から、ダンサーとしてデビュー当初の所属事務所だった藤賀事務所に紹介されたことをきっかけに芸能界入り[5]。本当は女優志望であることを明かすと、もともと俳優の事務所だったこともあり、テストの結果女優としてスカウトされた[5]
  • 幼少期からクラシック音楽を習い、歌うことも好きだったので高校1年生の文化祭の後からボイストレーニングを開始する。
2013年
  • 17歳の時、学校の友人からオーディションの存在を聞いて応募した映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のヒロイン理子役に約5,000人の中から選ばれ[11]、のちにこの映画により第23回日本映画批評家大賞で新人女優賞の小森和子賞を受賞した[12]。演技経験は全くなかったが、映画の内容上求められる歌唱力を監督の小泉徳宏、音楽プロデューサー亀田誠治、原作者の青木琴美らに満場一致で認められての抜擢だった[注 1]。オーディションでは当時一番好きだった絢香の「みんな空の下」と父と母に勧められて小さいときからよく歌っていた美空ひばりの「愛燦燦」を歌い[4]、歌の審査では課題曲として与えられたcharaの「やさしい気持ち」と自分で選んで用意していた美空ひばりの「愛燦燦」と平井堅の「LOVE LOVE LOVE」(絢香がカバーしたバージョン)、そしてその場で『なにかパンチのある曲、ロック調のものを歌ってほしい』と言われて急きょ提案した東京事変の「群青日和」を歌った[5][9][13]
  • 主演映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の劇中バンドMUSH&Co.(マッシュ・アンド・コー)のボーカルとして、シングル明日も」で女優と同時に歌手デビューもしている[7]
2014年
2015年
  • 2014年度の第93回全国高等学校サッカー選手権大会(決勝は翌2015年1月12日)の応援歌を担当することになり、2ndシングル「」としてリリース[18][注 2]。この曲では、プロデューサーの亀田誠治との共作という形で、初めての作詞にも挑戦している。
  • 3月25日、1stアルバム『HAPPY』をリリースし、家入レオ以来となる10代のオリコンチャートTOP3入りを果たした。
  • 4月からファーストツアー『大原櫻子 1st TOUR 2015 「SPRING~CHERRYYYY BLOSSOOOOM!!!~」』を開催。
  • 7月からスタートのフジテレビ系ドラマ『恋仲』で「月9」枠に初出演。
  • 10月からはセカンドツアー『大原櫻子 2nd TOUR 2015 AUTUMN〜秋櫻タルトを召し上がれっ☆〜』を開催。
  • 12月31日、「」で『第66回NHK紅白歌合戦』に初出場。
2016年
2017年
  • 5月、ミュージカル『リトル・ヴォイス』で舞台初主演[19]
2018年
2019年

受賞歴

2013年
2014年
2015年
  • 第52回ギャラクシー賞・奨励賞(『オオカミの末裔』)
2016年
2023年
  • 第30回読売演劇大賞 杉村春子賞(『ミネオラ・ツインズ』『ザ・ウェルキン』)[22]

出演

テレビドラマ

映画

劇場アニメ

舞台

ラジオ

ラジオドラマ

  • オオカミの末裔(2014年11月17日、ニッポン放送) - 主演・守山真琴 役[49][50]

CM

イメージガール

  • フジテレビ「お台場夢大陸 Presents ドリームメガガールズオーディション」(2015年)- 応援キャラクター [53]

その他

  • 「通信指令本部」一日本部長(警視庁本部、2023年1月9日)[54]

雑誌連載

ディスコグラフィ

大原櫻子(from MUSH&Co.)のディスコグラフィ
リリースリスト
シングル 1
大原櫻子のディスコグラフィ
リリースリスト
スタジオ・アルバム 5
ベスト・アルバム 1
シングル 12
映像作品 5
書籍 6
ダウンロード・シングル 5
参加作品 15

シングル

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン 初収録アルバム
メジャー (HEARST RECORDS)
大原櫻子(from MUSH&Co.)
# 2014年6月25日 頑張ったっていいんじゃない CD+DVD VIZL-687(初回限定盤) 8位 HAPPY
CD VICL-36927(通常盤)
メジャー (Victor Entertainment)
大原櫻子
1st 2014年11月26日 サンキュー。 CD+DVD VIZL-718(初回限定盤) 12位 HAPPY
CD VICL-36954(通常盤)
VICL-36998(3939枚生産限定盤)
2nd 2015年1月7日 CD+DVD VIZL-789(初回限定盤) 5位
CD VICL-37019(通常盤)
3rd 2015年7月22日 真夏の太陽[56] CD+DVD VIZL-860(初回限定盤A) 11位 V (ビバ)
VIZL-861(初回限定盤B)
CD VICL-37117(通常盤)
4th 2015年11月4日 キミを忘れないよ[57] CD+DVD VIZL-907(初回限定盤A) 6位
VIZL-908(初回限定盤B)
CD VICL-37123(通常盤)
5th 2016年6月1日 大好き CD+DVD VIZL-977(初回限定盤A) 5位
VIZL-978(初回限定盤B)
CD VICL-37166(通常盤)
6th 2017年3月8日 ひらり CD+DVD VIZL-1127(初回限定盤A) 7位 Enjoy
VIZL-1128(初回限定盤B)
CD VICL-37254(通常盤)
7th 2017年8月9日 マイ フェイバリット ジュエル CD+DVD VIZL-1225(初回限定盤A) 8位
VIZL-1226(初回限定盤B)
CD VICL-37312(通常盤)
8th 2017年11月22日 さよなら CD+DVD VIZL-1286(初回限定盤A) 7位
VIZL-1287(初回限定盤B)
CD VICL-37344(通常盤)
9th 2018年4月25日 泣きたいくらい CD+DVD VIZL-1381(初回限定盤A) 6位
VIZL-1382(初回限定盤B)
CD VICL-37391(通常盤)
10th 2019年7月31日 I am I CD+DVD VIZL-1621(初回限定盤) 11位 Passion
CD+GOODS VIZL-1622(完全生産限定盤)
CD VICL-37488(通常盤)
11th 2019年12月4日 Shine On Me CD+DVD VIZL-1676(初回限定盤) 6位
CD+GOODS VIZL-1677(完全生産限定盤)
CD VICL-37508(通常盤)
12th 2020年9月30日 #やっぱもっと CD+DVD VIZL-1801(初回限定盤A) 11位 I(エル)
CD+DVD VIZL-1802(初回限定盤B)
CD VICL-37563(通常盤)
13th 2021年11月24日 ポッピンラブ!/Greatest Gift CD+DVD VIZL-1971(初回限定盤A) 17位 FANFARE
CD+DVD VIZL-1972(初回限定盤B)
CD VICL-37614(通常盤)
14th 2022年5月11日 それだけでいい CD+DVD VIZL-2054(初回限定盤) 16位
CD VIZL-37632(通常盤)

配信限定シングル

発売日 タイトル 規格 収録作品 オリコン
1st 2018年8月29日 ツキアカリ デジタル・ダウンロード Enjoy 圏外
2nd 2018年9月5日 さあ冒険だ アッコがおまかせ ~和田アキ子50周年記念トリビュート・アルバム~
3rd 2018年9月12日 Close to you Enjoy
4th 2020年3月9日 花光る 未収録 TBA
5th 2020年11月25日 透ケルトン I(エル) TBA
6th 2022年9月21日 Door FANFARE TBA
7th 2022年10月12日 愛のせい TBA
8th 2022年11月2日 初恋 TBA

オリジナルアルバム

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
1st 2015年3月25日 HAPPY CD+DVD VIZL-816(初回限定 SPECIAL HAPPY盤) 2位
CD+GOODS VIZL-817(完全生産限定 SUPER HAPPY盤)
CD VICL-64342(通常盤)
2nd 2016年6月29日 V (ビバ) CD+DVD+PHOTOBOOK VIZL-994(初回限定 "VIVA盛盤") 3位
CD+DVD VIZL-995(初回限定 "ミラクルミラー盤")
CD VICL-64595(通常 "VIVA盤")
3rd 2018年6月27日 Enjoy CD+DVD VIZL-1398(初回限定盤A) 7位
CD+BOOKLET VIZL-1399(初回限定盤B)
CD VICL-65026(通常盤)
4th 2020年2月5日 Passion CD+DVD VIZL-1721(初回限定盤A) 7位
CD+BOOKLET VIZL-1722(初回限定盤B)
CD VICL-65317(通常盤)
5th 2021年3月3日 I(エル) CD+DVD VIZL-1866(初回限定盤A) 7位
CD+BOOKLET VIZL-1867(初回限定盤B)
CD VICL-65479(通常盤)
6th 2022年12月7日 FANFARE CD+DVD VIZL-2134(初回限定盤A)
VIZL-2135(初回限定盤B)
CD VICL-65756(通常盤)

ベストアルバム

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
1st 2019年3月6日 CAM ON!〜5th Anniversary Best〜 CD+DVD VIZL-1545(初回限定「ねじねじ」盤) 4位
CD+Blu-ray VIZL-1578(初回限定「ねじねじ」盤)
CD+PHOTOBOOK VIZL-1546(初回限定「うねうね」盤)
2CD VICL-65147-8(通常「くるくる」盤)

映像作品

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
1st 2015年7月22日 1st TOUR 2015 SPRING〜CHERRYYYY BLOSSOOOOM!!!〜 DVD VIBL-789 7位
Blu-ray VIXL-155 13位
2nd 2016年12月21日 CONCERT TOUR 2016 〜CARVIVAL〜 at 日本武道館 2DVD VIBL-824 〜 825 9位
Blu-ray VIXL-177 26位
3rd 2018年1月31日 大原櫻子 4th TOUR 2017 AUTUMN 〜ACCECHERRY BOX〜 DVD VIZL-1308(初回限定盤) 8位
VIBL-875(通常盤)
Blu-ray VIZL-1309(初回限定盤) 9位
VIXL-208(通常盤)
4th 2018年11月21日 大原櫻子 5th TOUR 2018 〜Enjoy?〜 DVD VIBL-917 5位
Blu-ray VIXL-245 8位
5th 2019年9月25日 大原櫻子 5th Anniversary コンサート「CAM-ON! ~FROM NOW ON!~」 DVD VIBL-954 13位
Blu-ray VIXL-279 17位

書籍

発売日 タイトル 出版社
1st 2015年3月26日 ギター弾き語り 大原櫻子『HAPPY』 ヤマハミュージックメディア
2nd ピアノソロ/弾き語り 大原櫻子 Selection for Piano
3rd 2015年8月10日 バンドスコア 大原櫻子 Selection
4th 2016年8月13日 大原櫻子 Selection for Piano ~大好き~
5th 2016年9月24日 バンドスコア 大原櫻子『V(ビバ)』
6th 2018年8月12日 ギター弾き語り 大原櫻子『Enjoy』

参加作品

タイトル 規格 備考
カノジョは嘘を愛しすぎてる DVDスペシャル・エディション 2DVD 2014年6月25日に発売された佐藤健主演、大原ヒロインの映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の映像作品。大原の女優デビュー作である。
カノジョは嘘を愛しすぎてる スタンダード・エディション DVD
カノジョは嘘を愛しすぎてる Blu-rayプレミアム・エディション 1Blu-ray+2DVD
カノジョは嘘を愛しすぎてる スタンダード・エディション Blu-ray
忘れられぬミュージック デジタル・ダウンロード 2014年7月15日に配信された楽曲。ゆず / ももいろクローバーZ / back number / 大原櫻子 & 松任谷由実名義で参加している。
映画「舞妓はレディ」 ミュージカル・ソングス&サウンドトラック・コレクション CD 2014年9月10日に発売された上白石萌音主演、大原出演の映画「舞妓はレディ」のサウンドトラック
死神くん DVD-BOX DVD 2014年11月5日に発売された大野智主演、大原ゲスト出演のドラマ「死神くん」の映像作品。
死神くん Blu-ray BOX Blu-ray
水球ヤンキース DVD-BOX DVD 2015年2月4日に発売された中島裕翔主演、大原ヒロインのドラマ「水球ヤンキース」の映像作品。
水球ヤンキース Blu-ray BOX Blu-ray
舞妓はレディ スタンダード・エディション DVD 2015年3月18日に発売された上白石萌音主演、大原出演の映画「舞妓はレディ」の映像作品。
舞妓はレディ スペシャル・エディション Blu-ray
「映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」ミュージックアルバム CD 2015年12月23日に発売されたTARAKO主演、大原出演の映画「ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」のサウンドトラック。
恋仲 DVD-BOX DVD 2016年1月20日に発売された福士蒼汰主演、大原出演のドラマ「恋仲」の映像作品。
恋仲 Blu-ray BOX Blu-ray
地球ゴージャス プロデュース公演 Vol.14「The Love Bugs」 DVD 2016年12月7日に発売された岸谷五朗主演、大原出演の舞台「地球ゴージャス プロデュース公演 VOL.14『The Love Bugs』」の映像作品。
好きな人がいること DVD BOX DVD 2016年12月21日に発売された桐谷美玲主演、大原出演のドラマ「好きな人がいること」の映像作品。
好きな人がいること Blu-ray BOX Blu-ray
恋のはじまり デジタル・ダウンロード 2017年9月27日に配信された楽曲。家入レオ×大原櫻子×藤原さくら名義で共に参加している。
J-WAVE LIVE SUMMER JAM presents "Trio-logy" CD 2017年11月29日に発売された大橋トリオ主催「J-WAVE LIVE SUMMER JAM」のオムニバス。大原の3作目のシングル「真夏の太陽」が収録されている。
この声をきみに DVD-BOX DVD 2018年3月21日に発売された竹野内豊主演、大原出演のドラマ「この声をきみに」の映像作品。
アッコがおまかせ~和田アキ子50周年記念トリビュート・アルバム~ CD 2018年9月5日に発売された和田アキ子トリビュート・アルバム。和田の59作目のシングル「さあ冒険だ」で参加している。
多目的スペースのバラード デジタル・ダウンロード 2018年12月1日に配信された楽曲。バカリズムとのコラボ企画「バカリズムと」の第3弾として大原バカリ子名義で参加している。

タイアップ

タイアップ 収録盤
明日も 東宝配給映画カノジョは嘘を愛しすぎてる』劇中歌 MUSH&Co.「明日も
頑張ったっていいんじゃない 文化放送ライオンミュージックサタデー』8月のエンディングテーマ 大原櫻子(from MUSH&Co.)「頑張ったっていいんじゃない
JVCケンウッド「JVCヘッドホン」CMソング
サンキュー。 フジテレビ系『ミューサタ』2014年12月度マンスリーエンディングテーマ 1stシングル「サンキュー。
BS日テレボウリング革命 P★League」(第79戦 - 第84戦)エンディングテーマ
第93回全国高等学校サッカー選手権大会 応援歌 2ndシングル「
無敵のガールフレンド DHC薬用アクネコントロールシリーズ CMソング 1stアルバム「HAPPY
Glorious morning フジテレビ系『めざましどようび』テーマソング 3rdシングル「真夏の太陽[56]
My Way 学校法人日本教育財団首都医校大阪医専名古屋医専」CMソング
真夏の太陽 コロプラ白猫プロジェクト」CMソング[58]
Moonlight 東宝配給映画『舞妓はレディ』挿入歌 「舞妓はレディ」ミュージカル・ソングス&サウンドトラック・コレクション
キミを忘れないよ 東宝配給アニメ映画『ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』挿入歌[59] 4thシングル「キミを忘れないよ[57]
Special day コロプラ「白猫プロジェクト」CMソング[59]
Dear My Dream 第33回全日本大学女子駅伝日本テレビ系女子駅伝・マラソン中継応戦ソング[60]
第1回さいたま国際マラソン[60]
おどるポンポコリン 東宝配給アニメ映画『ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』オープニングテーマ[59] サウンド・トラック「映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」
メロディー コロプラ「白猫プロジェクト」CMソング 2ndアルバム「V (ビバ)
ステップ コロプラ「白猫プロジェクト」CMソング[61] 5thシングル「大好き
大好き コロプラ「白猫プロジェクト」CMソング
Realize アットホーム「at home×sports」CMソング 6thシングル「ひらり
Coming Soon!!! コロプラ「白猫プロジェクト」&「白猫テニス」CMソング
踊ろう マイナビ「マイナビ転職」CMソング 2ndアルバム「V (ビバ)
ひらり 東宝配給映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』主題歌[62] 6thシングル「ひらり
青い季節 東宝配給映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』挿入歌
フジテレビ系『ミューサタ』2017年5月度マンスリーエンディングテーマ
Over The Rainbow さくらんぼテレビ開局20周年アニバーサリーソング 1stアルバム「HAPPY
さくらんぼテレビ『昼ドキ!TV やまがたチョイす』エンディングテーマ
ミュゼプラチナム「キレイをスタート篇」CMソング
ALIVE フジテレビ系『ライオンのグータッチ』エンディングテーマ 7thシングル「マイ フェイバリット ジュエル
遠くまで 富士通エフサス企業CMソング 9thシングル「泣きたいくらい」
泣きたいくらい 資生堂SEA BREEZE」CMソング
Joy & Joy 富士通エフサス「TIME CREATOR」CMソング 3rdアルバム「Enjoy
STARTLINE BOAT RACE振興会「Splash ボートレーサーになりたい!」CMソング[63]
ポッピンラブ! テレビ東京系・ドラマParavi『つまり好きって言いたいんだけど、』主題歌。

ライブ

バックバンドメンバー

公演一覧

日程 種別 タイトル 会場・備考 (※ 追加公演)
2013年12月25日 - 12月26日 フリーインストアライブ 大原櫻子 プレミアム感謝ライブ

初のソロライブ。25日公演にはスペシャルシークレットゲストとして佐藤健が参加、26日公演はアコースティックライブ。

2014年1月19日 - 3月29日 フリーインストアライブ 大原櫻子
(from MUSH&Co.)
プレミアム感謝フリーライブ

観覧無料ミニライブと、各会場で『映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」〜MUSIC BOX〜』を購入すると参加できるCDジャケットへのサイン会。

2014年5月14日 単発公演 大原櫻子
(from MUSH&Co.)
プレミアムお披露目ライブ

200名限定で開催された、初のバンドスタイルでのライブ。

2014年6月1日 - 7月6日 フリーライブツアー 大原櫻子
(from MUSH&Co.)
プレミアムお披露目フリーライブツアー

お披露目ライブのツアー版。

2014年7月20日 単発公演 大原櫻子サマーミーティング2014

シングル「頑張ったっていいんじゃない」の着うたフルまたはシングルダウンロードの特典として100名を招待して開催された完全アンプラグドライブ。

2014年9月26日 - 11月15日 学園祭ツアー 大原櫻子 学園祭ツアー

初の学園祭ツアー。

2014年12月23日 単発公演 大原櫻子 スペシャルクリスマスライブ in 鳥取
2015年4月20日 - 5月7日 コンサートツアー 大原櫻子 1st TOUR 2015
SPRING
~CHERRYYYY BLOSSOOOOM!!!~

1stアルバム『HAPPY』を引っ提げて敢行された大原櫻子初のライブハウスツアー[64]。後に初の映像作品『1st TOUR 2015 SPRING〜CHERRYYYY BLOSSOOOOM!!!〜』として発売された[65]

2015年10月14日 - 11月12日 コンサートツアー 大原櫻子 2nd TOUR 2015
AUTUMN
〜秋櫻タルトを召し上がれっ☆〜

2015年2度目のライブハウスツアー。初めて追加公演が設けられた。

2016年8月5日 - 10月5日 コンサートツアー 大原櫻子 CONCERT TOUR 2016
〜CARVIVAL〜

2ndアルバム『V (ビバ)』を引っ提げて敢行された初のホールツアー。後に映像作品化された。

2017年10月11日 - 11月14日 コンサートツアー 大原櫻子 4th TOUR 2017
AUTUMN
~ACCECHERRY BOX~

後に映像作品化された。また、11月14日公演は全国の映画館におけるライブビューイングおよび後日開催による配信上映会が実施された。

2018年6月28日 - 7月20日 コンサートツアー 大原櫻子 5th TOUR 2018
〜Enjoy?〜

3rdアルバム『Enjoy』を引っ提げて敢行されたホールツアー。後に映像作品化された。

2019年5月21日 - 7月11日 コンサートツアー 大原櫻子 5th Anniversary
コンサート
CAM-ON!〜FROM NOW ON!〜

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 小泉監督からは、後に「選んだ決め手は度胸の良さだった」と言われた[9]
  2. ^ 通常各都道府県予選の中継から使われるが、各地区予選の終了後曲が完成したため、全国大会から使用された。
  3. ^ CBCラジオ『ナガオカ×スクランブル』内で毎年行われているコーナー。

出典

  1. ^ a b “佐藤健、17歳の大原櫻子をベタ褒め「新人なのを忘れた」”. サンケイスポーツ. (2013年12月7日). オリジナルの2020年9月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200926151108/http://www.sanspo.com/geino/news/20131207/oth13120711530019-n1.html 2013年12月15日閲覧。 
  2. ^ “大原櫻子、日本大学藝術学部卒業を報告”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年3月25日). https://mdpr.jp/news/detail/1755351 2022年2月4日閲覧。 
  3. ^ 大原櫻子が日芸で学んだこと「いそがしくても、大学生活は当たって砕けろ!」”. マイナビ 学生の窓口. あのひとの学生時代。#28 (2018年7月13日). 2022年2月4日閲覧。
  4. ^ a b c d 大原櫻子 (2015年3月18日). はじめての音楽 ~大原櫻子が明かすルーツ~. インタビュアー:丸澤嘉明. 音楽ナタリー.. https://natalie.mu/music/pp/hajimete02 2022年2月5日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f 大原櫻子 (2013年12月4日). 【注目の新人】大原櫻子インタビュー. インタビュアー:高倉文紀. Audition & Debut.. https://www.audition-debut.com/debut/pickup/detail/oharasakurako.html 2022年2月5日閲覧。 
  6. ^ 大原櫻子”. 藤賀事務所 / Mhit official website. 2013年12月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年12月4日閲覧。
  7. ^ a b 「カノ嘘」劇中バンド2組がCDデビュー! ボーカルは三浦翔平と新人・大原櫻子”. 映画.com (2013年10月4日). 2022年2月5日閲覧。
  8. ^ a b 大原櫻子 (2014年6月25日). 『頑張ったっていいんじゃない』インタビュー. インタビュアー:平賀哲雄. billboard JAPAN.. https://www.billboard-japan.com/special/detail/953 2022年2月5日閲覧。 
  9. ^ a b c 大原櫻子、佐藤健とのキスシーンも「役ですから」と緊張ナシ 「度胸の良さ」がウリ?”. アメーバニュース (2014年6月24日). 2014年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月30日閲覧。
  10. ^ 「飲まずにはいられない女」大原櫻子&関取花が酒豪トーク”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2017年5月1日). 2022年2月5日閲覧。
  11. ^ a b “映画「カノ嘘」秋役に佐藤健、理子は公募で選ばれた17歳”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年3月7日). https://natalie.mu/comic/news/86181 2022年2月4日閲覧。 
  12. ^ 第23回日本映画批評家大賞発表!作品賞は『舟を編む』”. シネマトゥデイ (2014年3月28日). 2022年2月5日閲覧。
  13. ^ この段落の出典。佐藤健「カノジョは嘘を愛しすぎてる」に主演!ヒロインは17歳・現役女子高生が大抜てき”. 映画.com (2013年3月7日). 2022年2月5日閲覧。
  14. ^ a b 「カノ嘘」大原櫻子、Hey!Say!JUMP中島裕翔主演ドラマでヒロインに抜擢”. モデルプレス (2014年6月4日). 2022年2月5日閲覧。
  15. ^ a b “『カノ嘘』大原櫻子、ラジオMC初レギュラー! 「新しい自分も発見できれば」”. マイナビニュース. (2014年3月6日). https://news.mynavi.jp/article/20140306-a153/ 2022年2月5日閲覧。 
  16. ^ 大原櫻子 STAFF〈公式〉 [@sakurako_staff] (2014年9月10日). "【NEWS】 ついについに! 大原櫻子ファンクラブ今秋OPEN決定☆ OPENに先駆け無料メルマガ登録開始したよ♪櫻子情報をいち早くお知らせするので登録してね(^^) 今登録してくれた方には素敵なプレゼントが⁈ 詳しくはこちら" (ツイート). 2014年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。Twitterより2021年8月22日閲覧
  17. ^ 大原櫻子、学祭ツアー開催決定。第一弾発表は千葉・中央学院大学”. BARKS (2014年8月18日). 2022年2月5日閲覧。
  18. ^ 大原櫻子、全国高校サッカー応援歌「瞳」発売決定”. BARKS (2014年12月4日). 2022年2月5日閲覧。
  19. ^ a b “大原櫻子が「リトル・ヴォイス」で舞台初主演、共演に安蘭けい”. ステージナタリー. (2016年10月3日). https://natalie.mu/stage/news/204044 2022年2月5日閲覧。 
  20. ^ “大原櫻子、事務所とマネジメント契約満了 公式サイトなど閉鎖へ 引退は否定”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年8月23日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/23/kiji/20180823s00041000194000c.html 2018年8月23日閲覧。 
  21. ^ a b “大原櫻子が初ドラマ主演&主題歌、連続ドラマ『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』”. Billboard JAPAN. (2019年5月14日). https://www.billboard-japan.com/d_news/detail/75529/2 2022年2月5日閲覧。 
  22. ^ “上白石萌音「第30回読売演劇大賞」最優秀女優賞に輝く 坂本昌行ら受賞者・受賞作発表”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2023年2月2日). https://mdpr.jp/news/detail/3582877 2023年2月2日閲覧。 
  23. ^ 大原櫻子:月9デビュー 福士蒼汰の“塩対応”な妹に”. まんたんウェブ (2015年6月12日). 2022年2月5日閲覧。
  24. ^ “ハマケン、大原櫻子が月9出演!桐谷美玲主演ラブコメ彩る”. 音楽ナタリー. (2016年5月12日). https://natalie.mu/music/news/186839 2022年2月5日閲覧。 
  25. ^ おもな登場人物(キャスト)”. この声をきみに. NHK. 2021年8月22日閲覧。
  26. ^ “【なつぞら】吉沢亮演じる天陽の結婚相手を演じるのは…大原櫻子”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年6月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2138888/full/ 2019年6月29日閲覧。 
  27. ^ “ぴぷる:梶裕貴主演ドラマのAI役にアヤカ・ウィルソン 大原櫻子、忍成修吾も ポスター公開”. MANTANWEB (株式会社MANTAN). (2020年3月12日). https://mantan-web.jp/article/20200311dog00m200047000c.html 2020年3月12日閲覧。 
  28. ^ あのコの夢を見たんです。:山里亮太の妄想小説原作ドラマに豪華女優陣 中条あやみに芳根京子、池田エライザら 芸能活動再開の鞘師里保も”. まんたんウェブ (2020年9月9日). 2020年9月9日閲覧。
  29. ^ にんぎょひめ”. おはなしのくに - NHK for School. NHK. 2021年11月8日閲覧。
  30. ^ 大原櫻子:Eテレ「おはなしのくに」で「にんぎょひめ」を1人芝居 元宝塚トップ・明日海りおは「シンデレラ」”. MANTANWEB(まんたんウェブ). MANTAN (2021年1月26日). 2021年11月8日閲覧。
  31. ^ “<捜査一課長>大原櫻子、刑事ドラマ初出演で敏腕カメラマン役を熱演「とっても賑やかで、リラックス感ある現場でした!」”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). (2021年5月20日). https://thetv.jp/news/detail/1033641/ 2021年8月22日閲覧。 
  32. ^ 大原櫻子、芸能事務所のマネジャーを演じる!共演の櫻井海音はブレイク寸前の俳優に<つまり好きって言いたいんだけど、>”. ザテレビジョン (2021年8月22日). 2021年8月22日閲覧。
  33. ^ “『舞妓はレディ』妻夫木聡、松井珠理奈、武藤十夢、大原櫻子が出演”. オリコンスタイル (oricon ME). (2014年6月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2038480/full/ 2022年2月5日閲覧。 
  34. ^ “大原櫻子、親友・広瀬すずと初コラボ 映画『チア☆ダン』主題歌&挿入歌に出演も”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年12月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2082985/full/ 2022年2月5日閲覧。 
  35. ^ 映画ログプラス 映画『ふっかつのじゅもん(Eternal Hoimi)』SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018” (2018年7月11日). 2021年10月28日閲覧。
  36. ^ “戸田恵梨香&大原櫻子がW主演 “疎開保育園”の実話を映画化”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年2月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2105612/full/ 2018年2月13日閲覧。 
  37. ^ “林遣都×中川大志「犬部!」メンバーは大原櫻子&浅香航大 田中麗奈&岩松了ら新キャスト発表”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2021年4月23日). https://eiga.com/news/20210423/25/ 2022年2月4日閲覧。 
  38. ^ “大原櫻子『xxxHOLiC』欲望まみれの客役で新境地!妖艶ビジュアルも公開”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2022年2月4日). https://www.cinematoday.jp/news/N0128376 2022年2月4日閲覧。 
  39. ^ 大原櫻子、声優初挑戦 『映画ちびまる子ちゃん』挿入歌も声の出演も”. ORICON NEWS. oricon ME (2015年11月27日). 2022年2月5日閲覧。
  40. ^ 城田優、蘭寿とむ、大原櫻子らが昆虫世界の住人に 地球ゴージャス新作『The Love Bugs』ビジュアルが到着”. シアターガイド (2015年8月3日). 2018年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月4日閲覧。
  41. ^ “大原櫻子、楳図かずおミュージカル「わたしは真悟」で8歳少女に”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年5月18日). https://natalie.mu/music/news/187556 2022年2月5日閲覧。 
  42. ^ “IHIステージアラウンド東京次回作は宮藤官九郎×劇団☆新感線『メタルマクベス』 3バージョンを連続上演”. シアターガイド (有限会社モーニングデスク). (2018年5月10日). オリジナルの2018年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180626141207/http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2018/02/22.php 2018年5月11日閲覧。 
  43. ^ シアタークリエ 恋を読む inクリエ『逃げるは恥だが役に立つ』”. 東宝. 2021年6月17日閲覧。
  44. ^ “大原櫻子×八嶋智人×小泉今日子、藤田俊太郎演出舞台『ミネオラ・ツインズ』で共演”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2021年10月6日). https://www.crank-in.net/news/94782/1 2022年1月6日閲覧。 
  45. ^ “「ザ・ウェルキン」公演詳細発表、吉田羊・大原櫻子の姿収めたビジュアルも公開”. ステージナタリー (ナターシャ). (2022年3月18日). https://natalie.mu/stage/news/470127 2022年3月25日閲覧。 
  46. ^ 大原櫻子のオールナイトニッポンR”. ニッポン放送 (2013年). 2022年2月5日閲覧。
  47. ^ “大原櫻子、4月からラジオ復帰 ニッポン放送のイメージキャラクターにも就任”. ORICON NEWS (oricon ME). (2015年3月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2049716/full/ 2022年2月5日閲覧。 
  48. ^ 大原櫻子 Happy Tuning!”. ニッポン放送 (2015年12月26日). 2022年2月5日閲覧。
  49. ^ 大原櫻子、初ラジオドラマで狼の末裔に”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2014年9月29日). 2022年2月5日閲覧。
  50. ^ 大原櫻子、初の試みで斎藤工らと共演”. モデルプレス (2014年9月29日). 2022年2月5日閲覧。
  51. ^ 大原櫻子、JVCヘッドホン×新曲のコラボCM完成”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2014年6月23日). 2022年2月5日閲覧。
  52. ^ “広瀬すず ジャスティンと“共演” ソフトバンク新CM「宣言」編”. スポニチアネックス. (2017年1月17日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/17/kiji/20170116s00041000306000c.html 2017年1月17日閲覧。 
  53. ^ 大原櫻子、オーディションでのコツ明かす「とにかく楽しむ」”. ORICON NEWS. oricon ME (2015年6月29日). 2022年2月5日閲覧。
  54. ^ テレビの故障で110番?大原櫻子・通信指令本部長が適正利用呼びかけ”. テレ朝news. テレビ朝日 (2023年1月9日). 2023年1月9日閲覧。
  55. ^ SEDA8月動画”. 日之出出版 (2014年). 2014年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月7日閲覧。
  56. ^ a b 【速報レポート】大原櫻子3rdシングル『真夏の太陽』リリース記念!超レア特典が当たる『真夏の抽選会』を開催!”. WWSチャンネル (2015年7月24日). 2016年8月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年7月24日閲覧。
  57. ^ a b 大原櫻子、ニューシングル収録曲が「白猫プロジェクト」CMソングに”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2015年9月30日). 2022年2月5日閲覧。
  58. ^ 【速報】大原櫻子の新曲『真夏の太陽』がコロプラ『白猫プロジェクト』CMソングに大抜擢!”. WWSチャンネル. 2015年7月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年7月17日閲覧。
  59. ^ a b c ウルフルズ&大原櫻子、23年ぶり映画化『ちびまる子ちゃん』で歌う”. ORICON NEWS. oricon ME (2015年9月28日). 2022年2月5日閲覧。
  60. ^ a b 大原櫻子、歌で女性ランナー応援「背中を後押しできるような歌詞」”. ORICON NEWS. oricon ME (2015年10月2日). 2022年2月5日閲覧。
  61. ^ “桜井日奈子さんを起用した『白猫プロジェクト』テレビCM「白猫高校」シリーズの新作を2月1日より放映開始! タイアップ曲は大原櫻子さんの新曲「ステップ」に” (プレスリリース), コロプラ, (2016年1月29日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000596.000004473.html 2021年8月22日閲覧。 
  62. ^ “広瀬すず「チア☆ダン」、大原櫻子による主題歌流れる予告編解禁”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2016年12月14日). https://natalie.mu/eiga/news/213107 2022年2月5日閲覧。 
  63. ^ “神尾楓珠、芋生悠が挑む新たなるストーリーが幕開け! ボートレース 新CMシリーズ 「Splash ボートレーサーになりたい!」 1月7日(木)初公開! ~全10話 涙あり、笑いありの青春ストーリーがスタート~” (プレスリリース), BOAT RACE振興会, (2021年1月7日), https://www.boatrace-pr.jp/pc/site/release/2021/01/3817/ 2022年2月5日閲覧。 
  64. ^ 【写真レポート】大原櫻子が会場を“HAPPY”に変えたファーストツアーが大盛況で終了!秋にはセカンドツアー開催決定!”. WWSチャンネル (2015年5月15日). 2016年3月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年9月2日閲覧。
  65. ^ 【速報】大原櫻子の初の全国ツアー映像を収めたLIVE DVDのスペシャルトレーラー公開!秋TOUR追加公演が急遽決定!”. WWSチャンネル (2015年7月14日). 2016年8月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年9月2日閲覧。

関連項目

外部リンク