ボヘミアン・ラプソディ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボヘミアン・ラプソディ
Bohemian Rhapsody
Bohemian Rhapsody cast on MTV Movies.jpg
テレビ番組で映画の宣伝を行うジョゼフ・マゼロ、ラミ・マレック、グウィリム・リー
監督
脚本 アンソニー・マクカーテン英語版
原案
製作
製作総指揮
出演者
撮影 ニュートン・トーマス・サイジェル
編集 ジョン・オットマン
製作会社
配給 20世紀フォックス
公開 イギリスの旗 2018年10月24日
アメリカ合衆国の旗 2018年11月2日
日本の旗 2018年11月9日
上映時間 134分[3]
製作国
言語 英語
興行収入 8億9,633万ドル(2019年3月31日時点)[5]
日本の旗 127億3,928万5,680円(2019年3月31日時点)[5]
テンプレートを表示

ボヘミアン・ラプソディ』(Bohemian Rhapsody)は、2018年イギリスアメリカ合衆国製作の伝記映画。伝説的ロックバンド「クイーン」のボーカリスト・フレディ・マーキュリーを主人公とする。第76回ゴールデングローブ賞では作品賞(ドラマ部門)主演男優賞(ドラマ部門)を獲得。第91回アカデミー賞では、作品賞を含む5部門にノミネートされ、主演男優賞編集賞録音賞音響編集賞の最多4冠を獲得した。興行収入は音楽伝記映画のジャンルで史上1位[6]、日本では2018年公開の映画として最高となった[7]

日本では『ボラプ』[8][注釈 2]『ボヘラプ』という略称が用いられることがある[9]

ストーリー[編集]

1970年代初頭のロンドン、ゾロアスター教徒ペルシャ系移民出身の青年ファルーク・バルサラは音楽に傾倒し、厳格な父とは折り合いが悪く、自分のルーツを嫌って「フレディ」と名乗っていた。ある日フレディはファンだったバンド「スマイル」のメンバーでギタリストのブライアン・メイ、ドラマーのロジャー・テイラーに声をかけ、ヴォーカリストが脱退したばかりの同バンドに見事な歌声を披露して新しいヴォーカル兼ソングライターとなり、同じく新メンバーのベーシスト・ジョン・ディーコンとともに新生バンドをスタートさせる。

同じ時期、フレディはケンジントンのお洒落な人気ブティック「BIBA」の店員メアリー・オースティンと知り合い恋に落ちる。「クイーン」と改名したバンドは、ワゴン車を売却してアルバムを自主制作する。レコーディングの様子を目に留めたEMIA&Rジョン・リードは彼らをスカウト、ポール・プレンターが担当マネージャーとなる。フレディはさらに名字を「マーキュリー」に改名、デビュー・世界各国でのツアーとクイーンが躍進する中、フレディはメアリーにプロポーズする。

やがてクイーンはEMIの重役レイ・フォスターからヒット曲「キラー・クイーン」の路線を踏襲する曲を制作するよう命じられるが、同じことの繰り返しを嫌う彼らは反発する。フレディはオペラをテーマとしたロック・アルバムを作ると提案し、郊外での曲制作とレコーディングが始まる。メンバーの喧嘩を交えつつも、熱意を注いで完成されたアルバム『オペラ座の夜』の出来に彼らはおおいに満足する。しかし6分という長さと斬新な構成の曲「ボヘミアン・ラプソディ」のシングルカットを、フォスターは「ラジオでかけてもらえない」と認めずクイーンと徹底的に対立。しかしフレディ自らラジオに出演し、「本来ならラジオで聴けない曲」と同曲を独占放送、マスコミには酷評されるが大ヒットする。

その後クイーンはスターダムを駆けていくが、ツアーで多忙になる中、フレディは自身のセクシャリティに気づいていき、メアリーに自分はバイセクシャルだと告白する。しかし既に彼の本心を察していたメアリーは、彼にゲイだと指摘し、なおも彼女を求めるフレディと距離をおき他の男性と付きあうようになる。孤独を深めるフレディはパーティー三昧の生活に溺れるが、その場でジム・ハットンと出会う。ハットンに恋愛感情を抱くフレディは再会を希望するが、ハットンは「本当の自分を取り戻すことができたら再会しよう」といい、去っていく。一方で、それぞれに家族をもち、孤独をわけあえないメンバーとの確執が増し、フレディのセクシュアリティをスキャンダラスに晒そうとするマスコミとの対立による混乱、ポールの誘導によりリードを一方的に解雇するなどのトラブルを経て、高額のソロ活動契約を結んだことをきっかけに、決定的に仲間割れしてしまう。そんな中、新しくマネージャーに就任したジム・ビーチが、チャリティーイベントライブエイドの件を実質的にフレディのマネージャーになっているポールに伝えるが「忙しいから」とフレディには取り次いで貰えない。

そんなことは知らずに、フレディはソロ契約履行のためにソロアルバム作成に没頭するが、極めて難航する。その苦しみから逃れるために、ドラッグや酒に溺れ、乱れた生活をしているうちに、フレディに体調悪化の兆しが見え始める。そんなフレディのところに、連絡がつかないことを心配したメアリーが訪れる。フレディは突然の来訪に喜ぶが、メアリーから妊娠を告げられ衝撃を受ける。その時、不意に発してしまったフレディの一言にメアリーは傷つく。フレディに対してメアリーは、彼の本当の居場所はクイーンであり、バンドメンバーこそがそのファミリーであること、ここにいてはいけないことを強く諭す。フレディは目を覚まし、メアリーの妊娠を祝福するとともに、ポールとの完全な決別を決意する。

バンドへの復帰を熱望するフレディはメンバーとの交渉の場を持つ。わだかまりを隠しきれないメンバーは難色を見せるものの、彼の熱意に折れ、今後の作品は全てクイーン名義とすることなどを取り決めた上で復帰を了承する。そしてフレディはライブエイドへの出演を提案し、それが決定する。

体調不良を感じていたフレディは検査をし、自らがエイズに感染していることを知り、リハーサルの場で自らの病と死ぬ運命であることをメンバーに告げる。メンバーはその告白に強い衝撃を受けるも、ライブエイドでの成功を固く誓い合う。

全てを取り戻したフレディは、ジム・ハットンを探しだして再会し、以降交際する。ライブエイド当日、ハットンを連れフレディは実家に戻り、家族に「友人」と紹介する。父母も妹も全てを理解し、受け入れる。ウェンブリーのライブエイドステージに立ったクイーンは、約20分のパフォーマンスで会場の群衆とテレビ生中継の視聴者たちを熱狂に導き、チャリティーイベントとしても大成功させて出番を終える。ラストでは、実際のフレディおよびクイーンの映像とともに、1991年にフレディの死と、彼の生涯の最期までハットンが添い遂げ、メアリーが友人として支え続けたこと、フレディの名を冠したエイズ患者支援基金『マーキュリー・フェニックス・トラスト』が設立されたことが語られる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[10][11][注釈 3]

製作[編集]

概要[編集]

イギリスロックバンドクイーンのボーカルだったフレディ・マーキュリーに焦点を当て、バンドの結成から1985年に行われた「ライヴエイド」でのパフォーマンスまでを描いた伝記映画である。脚本はアンソニー・マクカーテン英語版による執筆で、ラミ・マレックがフレディ役を務めるほか、ルーシー・ボイントングウィリム・リーベン・ハーディジョゼフ・マゼロエイダン・ギレントム・ホランダーアレン・リーチマイク・マイヤーズらが出演する。音楽プロデューサーはクイーンの現役メンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーの2名による。

製作まで[編集]

企画の初出は、2010年9月17日に英国放送協会 (BBC) のブライアンへのインタビュー内で発された「バンドの歴史に関する今後の映画プロジェクト」である。インタビューによると「サシャ・バロン・コーエンがフレディを演じ、モハメド・アリの伝記映画『ALI アリ』でも製作総指揮を務めたグレアム・キングがプロデューサーの1人を務める予定」とし、脚本は『クィーン』『フロスト×ニクソン』のピーター・モーガンの起用が予定されていた[20]。また、2011年4月にもブライアンによってコーエンがキャスティングされることへの称賛や、「フレディの遺産を台無しにしないよう慎重に進める」などの発言があった[21]

しかし事態は転じ、2013年7月に「大人向けの映画を構想していたコーエンに対し、ファミリー層にアプローチしたいクイーン側との相違があった」としてコーエンが降板を発表[22]。降板について、クイーン側(ブライアン、ロジャー)は「コーエンがコメディアンとしても著名なことから映画の方向性がぶれてしまう」[23]、コーエン側は「映画の主題(特に1991年のフレディ死去後も描くべきか)についてクイーン側との方向性の違いがあった」、「モーガン、デヴィッド・フィンチャートム・フーパーらの製作チームもクイーン側と食い違いがあった」[24]とそれぞれコメントしている。

同年12月にはベン・ウィショーがフレディ役へ浮上。この段階ではフレッチャーが監督候補として挙がっていたものの[25]、翌年にはキングとの方向性の違いからプロジェクトを離脱[26]。ウィショーも脚本などにおいて製作上の問題が発生していることを明かしたのち[27]、降板を発表している[28]。その後も制作陣のラインナップには難航し、コーエン[28]やウィショーの再登板の噂も出た[29]が、いずれも実現していない。

2015年11月、脚本家のアンソニー・マクカーテン英語版がプロジェクトに加わり、クイーンの同名の楽曲に因んだ『Bohemian Rhapsody』というワーキングタイトルで動いていることが明かされたほか[29]、2016年には監督にブライアン・シンガーを据えるための交渉に入り、フレディ役にラミ・マレックがキャスティングされ、20世紀フォックスニュー・リージェンシーが取り仕切ることを発表[30]。同年内にジョニー・フリンがロジャー役、ジェマ・アータートンがフレディの長年のガールフレンドのメアリー・オースティンを演じる予定であることも伝えられた[31]が、この二人については後にキャスティングが変更されている。

2017年5月、マレックがアビー・ロード・スタジオで録音を行い、ロジャーのアパートでロジャー、ブライアンと直接相談したことが報じられた[32]。同月、『エンターテインメント・ウィークリー』はロジャーとブライアンが本作の音楽プロデューサーとして働いていることを報じた[32]

キャスティング[編集]

2016年11月4日にはラミ・マレックがフレディ役に決定し[33]。2017年8月21日にはロジャー役のベン・ハーディ、ブライアン役のグウィリム・リー、ベーシストのジョン・ディーコン役のジョゼフ・マゼロなどの正式キャストも追加発表された[14]。2017年8月30日、ポール・プレンター役にアレン・リーチがキャスティングされたことが報じられた[16]

2017年9月6日、ルーシー・ボイントンがメアリー・オースティン役で加わった[13]。2017年9月11日、マイク・マイヤーズがキャストに加わった[17]。2017年9月22日、アーロン・マカスカーがフレディのボーイフレンドのジム・ハットン役で加わった[18]

撮影[編集]

プリプロダクションが2017年7月から、主要撮影が9月からそれぞれロンドンで開始され[34]、9月7日からはクライマックスである旧ウェンブリー・スタジアムでの「ライヴエイド」のシーン撮影を、ボービンドン空軍基地へステージセットのレプリカを建造した上で行われた[35]。クイーンのアーキビストであるグレッグ・ブルックスは場面をより本物に近づけるために数か月にわたってフォックスと協力し、様々な質問に答えて小道具作りに貢献した[36][37]

マレックはフレディ役のオファーを受けた際、クイーンについての知識はそれほど持っていなかったが、演じるために喋り方の習得・特徴的な出っ歯を表現するための義歯の使用・ムーブメントコーチと協力した激しいセッションなどを行い、役を構築していった[38][39]。劇中の歌唱シーンは、原則的にフレディが実際に歌った音源を流用しているが、一部はマレック自身が担当したほか、クイーンの公式コピーバンドである「クイーン・エクストラヴァガンザ」のボーカルオーディションで優勝し、同バンドでもボーカルを務めるマーク・マーテル英語版が歌唱したものも使われた[38][39]

2017年12月1日、『ハリウッド・リポーター』が「シンガーが感謝祭休暇後にも現場へ復帰せず、撮影監督のニュートン・トーマス・サイジェルが代行を続けていたため、20世紀フォックスが撮影を中断。監督交代を検討し始めている」ことを報じる[40]。シンガーの不在理由は「本人及び家族の健康問題」とリリースされたが[41]、一方でマレックやスタッフたちとシンガーの間にある悶着も明かされた[42]。2017年12月4日には撮影終了2週間前ながらシンガーが解雇され[43]、20世紀フォックスはシンガーのバッド・ハット・ハリー・プロダクションズ英語版とも契約を解消。12月6日にはシンガーの代理としてフレッチャーの再起用を発表し[44]、12月15日以降はフレッチャーの元で撮影が再開されている[45]

監督クレジット[編集]

全米監督協会(DGA)の規定によると、映画にクレジットされる監督は1人だけであり、DGAが決定権を持っている[46][47]。2018年6月に、シンガーが監督としてクレジットされる旨、プロデューサーのキングにより発表された[1][48]

音楽[編集]

公式サウンドトラックは従来のヒット曲に加えて11トラックの未公開音源(1985年7月のライヴエイドからの5トラックを含む)が収録され、ハリウッド・レコードよりCD、カセット、デジタル版が2018年10月19日、LP版が2019年3月に発売される[49][50][51]

公開[編集]

アメリカ合衆国では2018年11月2日、イギリスでは2018年10月24日に20世紀フォックス配給で封切られる[52]

韓国、スイス、トルコなどでは、50日以上となる延長上映が続き、全世界的に歴代最長期間で上映され、イギリス、アメリカ、フランスでも再上映が決定する[53]

マーケティング[編集]

ティーザー予告は2018年5月18日に公開。24時間で再生回数が500万回に到達し、YouTubeのトレンド・ビデオで1位となった[54]。脚本家のブライアン・フラーは予告編でフレディの男性関係ではなく女性関係が映され、さらに宣伝でAIDSではなく「命にかかわる病気」とだけ表記されていることを指摘した[55]。その後、公開された映画が大ヒットし、第76回ゴールデングローブ賞で2冠を獲得した後、メンバーのブライアン・メイがインタビューに応じ「評論家のなかには、予告編を見ただけで批判していた連中がいた。同性愛の要素が足りないとか、セックスが足りないとか。完成作を見てもいないのに、とんでもない結論を導き出していた。だから完成作を見ても、引くに引けなくなったんじゃないかな」と皮肉を交えて切り返した[56]

興行収入[編集]

2019年3月31日現在、全米で1億9300万ドル、全世界で8億9,633万ドルの興行成績となっている[57][5]

日本[編集]

公開週末から4週目週末まで興行収入が続伸しており、これは2010年代に日本で大ヒットした『アナと雪の女王』や『君の名は。』でも例がなかったと指摘されている [58]。特に観賞料金が割安となる「映画の日」に土曜日が重なった12月1日は、単日で2.6億円の興行収入を記録した[58]。累計興行収入は2019年1月6日時点で84億円を突破し、2018年公開の洋画で第1位の興行成績となった[59]。さらに公開10周目となる1月14日時点で94億円を突破し、2018年公開の邦画も含めた全映画の興行成績でも第1位となっている[60][61]。その後、1月22日までに同じくミュージカル映画で史上最大のヒットとなった2017年公開の『美女と野獣』(124億円)以来となる100億円の大台を突破している[62][63][64]

『ボヘミアン・ラプソディ』観客動員数・興行収入の推移
観客動員数
(万人)
興行収入
(億円)
備考
週末 累計 週末 累計
1週目の週末 (2018年11月10日・11日)[65] 1位 24.5 33.8 3.5 4.9
2週目の週末 (11月17日・18日)[66] 26.3 92.9 3.9 13.2
3週目の週末 (11月24日・25日)[67] 2位 27.9 166.1 4.0 23.4 1位は『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』。
4週目の週末 (12月1日・2日)[68] 40.4 243.5 5.0 33.2
5週目の週末 (12月8日・9日)[69] 34.8 320.2 5.1 44.0
6週目の週末 (12月15日・16日)[70] 29.8 390.1 4.3 53.6 1位は『ドラゴンボール超 ブロリー』。
7週目の週末 (12月22日・23日)[71] 4位 467.0 64.0 累計観客動員数および興行収入は12月24日までのもの。
8週目の週末 (12月29日・30日)[72] 2位 24.5 3.6 累計観客動員数および興行収入は年末のため計測できず。
9週目の週末 (2019年1月5日・6日)[73] 22.8 612.3 3.4 84.6 週末興行収入は『シュガー・ラッシュ:オンライン』を上回って1位。
10週目の週末 (1月12日・13日)[74] 27.2 683.6 4.0 94.4 累計観客動員数および興行収入は1月14日までのもの。
11週目の週末 (1月19日・20日)[75] 17.2 720.0 2.5 99.0 1位は『マスカレード・ホテル』。
12週目の週末 (1月26日・27日)[76] 3位 15.9 756.0 2.4 104.6
13週目の週末 (2月2日・3日)[77] 6位 794.0 109.0
14週目の週末 (2月9日・10日)[78] 8位 826.0 114.0 累計観客動員数および興行収入は2月11日までのもの。
15週目の週末 (2月16日・17日)[79][80] 7位 843.9 116.7
15週目の週末 (2月23日・24日)[81] 9位 861.0 119.0
16週目の週末 (3月2日・3日)[82] 7位 879.0 121.5
20週目の週末 (3月30日・31日)[5] 922.0 127.3

評価[編集]

批評家からの評価は割れており、映画批評集計サイトのRotten Tomatoesでは、304件のレビューに基づいて62%の支持率、平均評点6.1/10を記録[83]Metacriticには45件のレビューの加重平均値が49/100となり、特に「既往の音楽映画をなぞったような凡庸なストーリー」「単純化されたフレディの描写」についての批判が多い。

一方で、マレックの演技や精巧な考証に基づいたライブシーンは称賛されており、イギリスEmpire』のOlly Richardsは「フレディとしてのマレックの演技には目を見張る[84]」、「(『ライヴエイド」』シーンは)喜びに満ちている」とした。

アメリカ合衆国ローリング・ストーン』の著名な映画評論家ピーター・トラヴァースは3点/5点の評価とし、「脚本の欠点は音楽が埋めてくれる」「映画の欠陥なんてクソ食らえである。マレックの演技を見逃す訳にはいかない[85]」と述べている。

反面、観客からの評価は非常に高く、前述のRotten Tomatoesにおいては、オーディエンス・スコアが93%と高い数値を記録している。

日本においても、ぴあが映画公開初日に行っている「ぴあ映画初日満足度調査」において、満足度が95.2点と2018年調査した506作品の中で、最も高い数値を獲得している。なお、日本語字幕担当を風間綾平、字幕監修は増田勇一が担った[86][87]

また、脚本が史実と異なる点について、メンバーのブライアン・メイは「ドキュメンタリーじゃないから、すべての出来事が順序立てて正確に描写されているわけじゃない。でも、主人公の内面は正確に描かれていると思う」「僕らは脚本を書いていないが、この映画でいくつかのを出来事が起きた時期をずらすことを許可している。20年もの出来事を2時間で伝えるためには、たくさんのことを圧縮したり、シャッフルしなくてはいけない」と述べている[88]

受賞[編集]

現地時間2019年1月6日に行なわれた第76回ゴールデングローブ賞の授賞式で、本作がドラマ部門作品賞を受賞し、主演のマレックがドラマ部門の主演男優賞を獲得している[89][90]

全米映画俳優組合賞では主演男優賞を獲得。第72回英国アカデミー賞では主演男優賞、音響賞を獲得。

現地時間2019年2月24日に行なわれた第91回アカデミー賞では、作品賞を含む5部門にノミネートされ、主演男優賞編集賞録音賞音響編集賞の最多4冠を獲得した。 [91][92]。なお、オープニングではクイーン+アラム・ランバートによるパフォーマンスが行なわれ、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」と「伝説のチャンピオン」を披露した。

その他の受賞結果はen:List of accolades received by Bohemian Rhapsodyを参照。

ソフト化[編集]

2019年2月12日にアメリカ、3月4日にイギリスにてDVDBlu-rayUltra HD Blu-rayが発売され、日本でもクイーンが初来日した1975年4月17日に由来する「クイーンの日」にちなみ、44周年の2019年4月17日、Blu-ray/DVDがリリースされデジタル配信が開始された[93]

ソフト版には、劇場公開版ではカットされた「愛という名の欲望」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」を含めたライブ・エイド完全版やドキュメント映像が特別収録されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当初は監督を務めていたが撮影終了間際に解雇され、代行としてデクスター・フレッチャーを起用。全米監督協会の規則に従って、クレジット上はシンガーが監督、フレッチャーが製作総指揮として記載されている。[1]
  2. ^ 劇中でもロジャー・テイラーベン・ハーディ)がこの略称を用いている。
  3. ^ 日本語吹替版は劇場上映は行われておらず、Blu-ray・DVDおよび飛行機内の上映に限られている。

出典[編集]

  1. ^ a b Bryan Singer to Get Directing Credit on Queen Biopic 'Bohemian Rhapsody'”. The Hollywood Reporter (2018年6月12日). 2018年6月21日閲覧。
  2. ^ a b c d Film releases”. Variety Insight. 2017年9月24日閲覧。
  3. ^ Bohemian Rhapsody (12A)”. British Board of Film Classification. 2018年9月27日閲覧。
  4. ^ a b Bohemian Rhapsody (2018)”. AllMovie. 2017年9月24日閲覧。
  5. ^ a b c d 映画『ボヘミアン・ラプソディ』日本での興収が127億円を突破 世界興収は1,000億円が目前に
  6. ^ クイーンのブライアン・メイ、映画『ボヘミアン・ラプソディ』に向けられた批判に再び言及
  7. ^ 大ヒット中の『ボヘミアン・ラプソディ』、2018年の映画興収ランキングで第1位を獲得
  8. ^ 止まらぬクイーン「ボラプ」旋風 「8ビートギャグ」シマあつこさんも応援AERA dot.
  9. ^ 『ボヘラプ』を超えるヒットが出にくくなる!? 26年ぶり映画料金値上げLIMO life&money
  10. ^ ボヘミアン・ラプソディ”. 2019年4月5日閲覧。
  11. ^ ボヘミアン・ラプソディ”. ふきカエル大作戦!! (2019年4月8日). 2019年4月11日閲覧。
  12. ^ Mr Robot star Rami Malek to play Freddie Mercury in Queen biopic”. theguardian. 2016年11月4日閲覧。
  13. ^ a b Pedersen, Erik (2017年9月6日). “‘Bohemian Rhapsody’: Lucy Boynton Joins Queen Pic As Mary Austin”. http://deadline.com/2017/09/bohemian-rhapsody-lucy-boynton-mary-austin-queen-biopic-1202162755/ 2017年9月6日閲覧。 
  14. ^ a b c d Busch, Anita (2017年8月21日). “Queen Pic ‘Bohemian Rhapsody’ Finds Bandmates In Ben Hardy, Gwilym Lee & Joe Mazzello”. http://deadline.com/2017/08/queen-movie-cast-ben-hardy-gwilym-lee-joe-mazzello-bohemian-rhapsody-1202153081/ 2017年8月21日閲覧。 
  15. ^ a b Galuppo, Mia (2017年9月26日). “Aidan Gillen, Tom Hollander Join Cast of Queen Biopic 'Bohemian Rhapsody'” (英語). The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/aidan-gillen-tom-hollander-join-cast-bohemian-rhapsody-1043083 2017年9月26日閲覧。 
  16. ^ a b Busch, Anita (2017年8月30日). “Allen Leech Joins ‘Bohemian Rhapsody’ As Paul Prenter, Freddy Mercury’s Judas”. http://deadline.com/2017/08/allen-leech-queen-movie-bohemian-rhapsody-paul-prenter-freddie-mercury-1202158400/ 2017年8月30日閲覧。 
  17. ^ a b Jr, Mike Fleming (2017年9月11日). “Mike Myers Comes Full Circle With ‘Bohemian Rhapsody’”. 2018年5月26日閲覧。
  18. ^ a b Busch, Anita (2017年9月22日). “‘Bohemian Rhapsody’: Aaron McCusker Cast As Freddie Mercury Boyfriend Jim Hutton”. 2018年5月26日閲覧。
  19. ^ アダム・ランバート、映画『ボヘミアン・ラプソディ』にカメオ出演していることを認める” (2019年1月12日). 2019年1月13日閲覧。
  20. ^ “Sacha Baron Cohen to play Freddie Mercury”. BBC News. (2010年9月17日). http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-11340336 2010年9月22日閲覧。 
  21. ^ Sacha Baron Cohen is perfect to play Freddie Mercury but we can't mess up his legacy, says Brian May”. dailyrecord.co.uk (2011年4月27日). 2014年9月27日閲覧。
  22. ^ Finke, Nikki (2013年7月22日). “Sacha Baron Baron Cohen Exits Freddie Mercury Biopic Over Creative Differences With Queen”. Deadline Hollywood. 2013年7月22日閲覧。
  23. ^ Brian May Speaks on Queen Biopic Problems”. Ultimate Classic Rock. 2014年9月27日閲覧。
  24. ^ Sacha Baron Cohen Says David Fincher Eyed Queen Biopic, Producers Wanted Freddie Mercury To Die Mid-Movie” (2016年3月8日). 2018年5月26日閲覧。
  25. ^ “Ben Whishaw joins Freddie Mercury biopic”. BBC News. (2013年12月10日). http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-25314219 2013年12月10日閲覧。 
  26. ^ Dexter Fletcher Drops Out Of Freddie Mercury Biopic”. www.yahoo.com. Yahoo News (2014年3月14日). 2018年5月26日閲覧。
  27. ^ Ben Whishaw says Freddie Mercury film is on hold”. www.telegraph.co.uk. The Daily Telegraph (2014年8月6日). 2018年5月26日閲覧。
  28. ^ a b Sacha Baron Cohen rejoins troubled Freddie Mercury biopic”. www.telegraph.co.uk. The Daily Telegraph (2015年3月28日). 2018年5月26日閲覧。
  29. ^ a b Mike Fleming Jr (2015年11月18日). “‘Theory Of Everything’s Anthony McCarten Scripting Freddie Mercury Pic For GK Films; Ben Whishaw In The Wings?”. Deadline Hollywood. 2016年11月5日閲覧。
  30. ^ Mike Fleming Jr (2016年11月4日). “Queen Movie Amping Up With Bryan Singer & Rami Malek As Freddie Mercury”. Deadline Hollywood. 2016年11月5日閲覧。
  31. ^ Freddie Mercury biopic starring Ben Whishaw 'will start shooting in June 2016'”. www.nme.com. NME (2015年11月19日). 2018年5月26日閲覧。
  32. ^ a b Rami Malek on playing Freddie Mercury: 'I could have my Beyoncé moment'”. www.ew.com. Entertainment Weekly (2017年5月9日). 2018年5月26日閲覧。
  33. ^ Busch, Anita (2016年11月5日). “‘Mr. Robot’ Star Rami Malek to Play Freddie Mercury in Queen Biopic”. http://variety.com/2016/film/news/rami-malek-to-play-freddie-mercury-in-queen-biopic-bohemian-rhapsody-1201910261/ 2018年5月20日閲覧。 
  34. ^ Tartaglione, Nancy (2017年7月16日). “Queen Pic ‘Bohemian Rhapsody’ Tunes Up For Fall Start With Bryan Singer, Rami Malek”. http://deadline.com/2017/07/queen-movie-shooting-start-bryan-singer-rami-malek-bohemian-rhapsody-1202129667/ 2017年8月25日閲覧。 
  35. ^ “Live Aid 1985 set transported to field for Freddie Mercury biopic”. Mail Online. http://www.dailymail.co.uk/news/article-4866464/Live-Aid-set-transported-field-Queen-biopic.html 2017年10月4日閲覧。 
  36. ^ Peacock, Tim (2018年9月7日). “Watch Trailer For The Forthcoming Queen Biopic Bohemian Rhapsody”. www.udiscovermusic.com. 2018年10月24日閲覧。
  37. ^ Peacock, Tim (2018年9月11日). ““この作品は当然のごとく、あらゆる点で本物です”:映画『ボヘミアン・ラプソディ』に協力した人物が語る”. udiscovermusic.jp. 2018年10月24日閲覧。
  38. ^ a b Greene, Andy (2018年7月). “Freddie Goes to Hollywood”. pp. 30. 2018年10月24日閲覧。
  39. ^ a b Greene, Andy (2018年7月13日). “クイーン伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』、監督が語る完成に至る苦悩と情熱”. 2018年10月24日閲覧。
  40. ^ Fox Halts Production on Queen Biopic Due to Bryan Singer Absence The Hollywood Reporter. Retrieved December 1, 2017.
  41. ^ Bryan Singer: Illness forces director to stop work on Freddie Mercury film BBC News. Retrieved December 1, 2017.
  42. ^ Fox Halts Production on Bryan Singer’s Queen Biopic Bohemian Rhapsody ScreenRant. December 1, 2017.
  43. ^ Bryan Singer Fired From Directing Queen Biopic After On-Set Chaos (Exclusive) The Hollywood Reporter. Retrieved December 4, 2017.
  44. ^ Dexter Fletcher Replaces Bryan Singer On ‘Bohemian Rhapsody’ Deadline. Retrieved December 6, 2017.
  45. ^ ‘Bohemian Rhapsody’ + ‘Doctor Who’ Filming Now in the U.K. Backstage. Retrieved December 15, 2017.
  46. ^ Marotta, Jenna (2018年5月10日). “'Bohemian Rhapsody' Director Dexter Fletcher on the Pressure of Replacing Bryan Singer — Exclusive”. IndieWire. http://www.indiewire.com/2018/05/bohemian-rhapsody-director-dexter-fletcher-bryan-singer-exclusive-1201962712/ 2018年5月15日閲覧。 
  47. ^ Fox Fired Bryan Singer, but It Won't Be Able to Remove Him as the Director of 'Bohemian Rhapsody'”. Indiewire (2017年12月4日). 2018年5月15日閲覧。
  48. ^ Bryan Singer Will Get Directing Credit on 'Bohemian Rhapsody'”. Variety (2018年6月12日). 2018年6月21日閲覧。
  49. ^ Reed, Ryan (2018年9月5日). “Queen Unearth Live Aid Recordings for 'Bohemian Rhapsody' Soundtrack”. Rolling Stone. https://www.rollingstone.com/music/music-news/queen-unearth-live-aid-recordings-for-bohemian-rhapsody-soundtrack-719560/ 2018年9月29日閲覧。 
  50. ^ “Queen To Release Bohemian Rhapsody Original Film Soundtrack On October 19”. PR Newswire (Burbank, California: Hollywood Records). (2018年9月5日). https://www.prnewswire.com/news-releases/queen-to-release-bohemian-rhapsody-original-film-soundtrack-on-october-19-300706926.html 2018年9月29日閲覧。 
  51. ^ Queen to release Bohemian Rhapsody film soundtrack”. Consequence of Sound. 2018年9月13日閲覧。
  52. ^ Ramos, Dino-Ray (2018年3月26日). “20th Century Fox Shuffles Release Dates For ‘Bohemian Rhapsody’, ‘Dark Phoenix’ & More”. Deadline Hollywood. 2018年3月27日閲覧。
  53. ^ QUEEN(クイーン)伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』、3面スクリーン「ScreenX」がグローバル動員数100万人、興行収入1,000万ドル突破。映画『アリータ:バトル・エンジェル』のScreenX上映も決定” (2019年1月17日). 2019年2月2日閲覧。
  54. ^ Rolli, Bryan. “The First 'Bohemian Rhapsody' Trailer Gets One Key Aspect Right” (英語). Forbes. https://www.forbes.com/sites/bryanrolli/2018/05/15/bohemian-rhapsody-first-trailer-watch/#29cc07e12b7c 2018年5月16日閲覧。 
  55. ^ “Bohemian Rhapsody trailer sparks controversy for 'ignoring' Freddie Mercury's sexuality” (英語). Independent.co.uk. https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/films/news/bohemian-rhapsody-tailer-freddie-mercury-sexuality-twitter-rami-malek-bryan-fuller-a8354276.html 2018年5月17日閲覧。 
  56. ^ 「クイーン」B・メイ&R・テイラーが明かす、映画「ボヘミアン・ラプソディ」と事実の違い映画.com 1/10(木) 12:00配信
  57. ^ Bohemian Rhapsody (2018) - Box Office Mojo”. www.boxofficemojo.com. 2019年1月7日閲覧。
  58. ^ a b 映画『ボヘミアン・ラプソディ』クイーンへの愛がまだまだ止まらない!4週連続で興行収入が上がり続ける快挙!” (2018年12月3日). 2018年12月6日閲覧。
  59. ^ 「ボヘミアン・ラプソディ」興収84億円突破!18年公開洋画で第1位に : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2019年1月7日閲覧。
  60. ^ 『ボヘミアン・ラプソディ』公開10週目で2018年公開作品のトップに! - シネマカフェ 2019年1月15日、2019年1月31日閲覧。
  61. ^ 2018年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟 2019年1月31日閲覧。
  62. ^ 『ボヘミアン・ラプソディ』興収100億円を突破!11週目も絶好調 - シネマトゥデイ 2019年1月23日、2019年1月31日閲覧。
  63. ^ 「ボヘミアン・ラプソディ」興収100億円突破!オスカー5部門選出で“奇跡の興行”は続く - 映画.com 2019年1月23日、2019年1月31日閲覧。
  64. ^ 歴代興収ベスト100 - CINEMAランキング通信(興行通信社) 2019年1月31日閲覧。 ※2019年1月27日時点のデータで104.6億円
  65. ^ “【国内映画ランキング】「ボヘミアン・ラプソディ」興収4.8億超えの大ヒットスタート : 映画ニュース”. 映画.com. (2018年11月12日). https://eiga.com/news/20181112/18/ 2018年12月6日閲覧。 
  66. ^ “【国内映画ランキング】「ボヘミアン・ラプソディ」V2で興収は13億突破! : 映画ニュース”. 映画.com. (2018年11月19日). https://eiga.com/news/20181119/21/ 2018年12月6日閲覧。 
  67. ^ “【国内映画ランキング】「ファンタビ」余裕のVで早くも100万人超え、「ボヘミアン・ラプソディ」も2位で奮闘 : 映画ニュース”. 映画.com. (2018年11月26日). https://eiga.com/news/20181126/18/ 2018年12月6日閲覧。 
  68. ^ “【国内映画ランキング】「ファンタビ」V2、「ボヘミアン・ラプソディ」も2位維持 : 映画ニュース”. 映画.com. (2018年12月3日). https://eiga.com/news/20181203/17/ 2018年12月6日閲覧。 
  69. ^ “【国内映画ランキング】「ファンタビ」V3、2位「ボヘミアン」も絶好調、「来る」は3位スタート : 映画ニュース”. 映画.com. (2018年12月10日). https://eiga.com/news/20181210/15/ 2018年12月10日閲覧。 
  70. ^ “【国内映画ランキング】「ドラゴンボール超 ブロリー」が大差つけ首位! : 映画ニュース”. 映画.com. (2018年12月17日). https://eiga.com/news/20181217/16/ 2018年12月17日閲覧。 
  71. ^ “【国内映画ランキング】「シュガー・ラッシュ オンライン」絶好のスタート : 映画ニュース”. 映画.com. (2018年12月26日). https://eiga.com/news/20181226/8/ 2018年12月26日閲覧。 
  72. ^ “『シュガー・ラッシュ〜』が2週連続1位を獲得!『ボヘミアン〜』が2位に浮上、『こんな夜更けにバナナかよ〜』は7位に初登場(12月29日-12月30日)/ニュース”. CINEMAランキング通信. (2019年1月4日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/201901/04152613.php 2019年1月4日閲覧。 
  73. ^ “【国内映画ランキング】「シュガー・ラッシュ オンライン」V3! : 映画ニュース”. 映画.com. (2019年1月7日). https://eiga.com/news/20190107/15/ 2019年1月7日閲覧。 
  74. ^ “【国内映画ランキング】「劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel」第2部がV、「クリード 炎の宿敵」は6位 : 映画ニュース”. 映画.com. (2019年1月15日). https://eiga.com/news/20190115/18/ 2019年1月15日閲覧。 
  75. ^ “【国内映画ランキング】「マスカレード・ホテル」首位スタート!興収40億超え見込める出足 : 映画ニュース”. 映画.com. (2019年1月21日). https://eiga.com/news/20190121/17/ 2019年1月21日閲覧。 
  76. ^ “【国内映画ランキング】「マスカレード・ホテル」V2、「十二人の死にたい子どもたち」は2位、「サイコパス」7位発進 : 映画ニュース”. 映画.com. (2019年1月28日). https://eiga.com/news/20190128/13/ 2019年1月28日閲覧。 
  77. ^ “【国内映画ランキング】「七つの会議」V、「雪の華」は3位、「メリー・ポピンズ リターンズ」5位スタート : 映画ニュース”. 映画.com. (2019年2月4日). https://eiga.com/news/20190204/17/ 2019年2月4日閲覧。 
  78. ^ “【国内映画ランキング】「七つの会議」2週連続首位!「アクアマン」は2位スタート : 映画ニュース”. 映画.com. (2019年2月12日). https://eiga.com/news/20190212/19/ 2019年2月12日閲覧。 
  79. ^ “「ボヘミアン・ラプソディ」が「スター・ウォーズ」超えた! 興収116.6億円を突破 : 映画ニュース”. 映画.com. (2019年2月18日). https://eiga.com/news/20190218/16/ 2019年2月18日閲覧。 
  80. ^ “【国内映画ランキング】「フォルトゥナの瞳」首位スタート!「アクアマン」は2位キープ : 映画ニュース”. 映画.com. (2019年2月18日). https://eiga.com/news/20190218/24/ 2019年2月18日閲覧。 
  81. ^ “【国内映画ランキング】「翔んで埼玉」首位発進!「アリータ」は2位 : 映画ニュース”. 映画.com. (2019年2月25日). https://eiga.com/news/20190225/23/ 2019年2月25日閲覧。 
  82. ^ “【国内映画ランキング】「ドラえもん」首位!「翔んで埼玉」「グリーンブック」でトップ3 : 映画ニュース”. 映画.com. (2019年3月4日). https://eiga.com/news/20190304/18/ 2019年3月4日閲覧。 
  83. ^ Bohemian Rhapsody(2018) - Rotten Tomatoes”. 2018年11月17日閲覧。
  84. ^ Richards, Olly. “Bohemian Rhapsody” (英語). Empire. 2018年11月13日閲覧。
  85. ^ Travers, Peter (2018年10月30日). “‘Bohemian Rhapsody’ Review: Rami Malek Will Rock You” (英語). Rolling Stone. https://www.rollingstone.com/movies/movie-reviews/bohemian-rhapsody-movie-review-749424/ 2018年11月13日閲覧。 
  86. ^ 大ヒット映画「ボヘミアン・ラプソディ」の字幕を手がけたのは、光が丘に住む字幕翻訳家!”. kacce (2018年12月28日). 2019年2月18日閲覧。
  87. ^ クイーン、映画字幕から見える人気の理由 観終わってわかる奥深さ”. withnews (2018年12月29日). 2019年2月18日閲覧。
  88. ^ 「クイーン」B・メイ&R・テイラーが明かす、映画「ボヘミアン・ラプソディ」と事実の違い映画.com 1/10(木) 12:00配信
  89. ^ “2019年ゴールデングローブ賞、『ボヘミアン・ラプソディー』『グリーン・ブック』が大勝”. Rolling Stone Japan (ローリング・ストーン). (2019年1月8日). https://rollingstonejapan.com/articles/detail/29752 2019年1月18日閲覧。 
  90. ^ “映画『ボヘミアン・ラプソディ(BOHEMIAN RHAPSODY)』〈第76回ゴールデングローブ賞〉ドラマ部門で最優秀作品賞&主演男優賞を受賞”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2019年1月7日). https://tower.jp/article/feature_item/2019/01/08/0101 2019年1月18日閲覧。 
  91. ^ “【第91回アカデミー賞】『ボヘミアン・ラプソディ』が主演男優賞をはじめ最多4部門! 今年の“チャンピオン”に”. cinemacafe.net (株式会社イード). (2019年2月25日). https://www.cinemacafe.net/article/2019/02/25/60439.html 2019年3月3日閲覧。 
  92. ^ “QUEEN(クイーン)伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』、第91回アカデミー賞で主演男優賞を含む最多4部門受賞”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2019年2月26日). https://tower.jp/article/news/2019/02/26/tg003 2019年3月3日閲覧。 
  93. ^ “QUEEN、映画"ボヘミアン・ラプソディ"Blu-ray&DVDが4/17リリース決定。"ライヴ・エイド"完全版も収録”. BARKS (激ロックエンタテインメント). (2019年4月5日). https://skream.jp/news/2019/04/queen_bohemianrhapsody_bd_dvd.php 2019年4月7日閲覧。 

外部リンク[編集]