イニュエンドウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イニュエンドウ
クイーンスタジオ・アルバム
リリース
録音 1989年 - 1991年
ジャンル ハードロック
時間
レーベル 日本の旗東芝EMI
イギリスの旗パーロフォン
アメリカ合衆国の旗ハリウッド・レコード
プロデュース クイーン
デヴィッド・リチャーズ
専門評論家によるレビュー
クイーン アルバム 年表
女王凱旋! 〜戦慄のライヴ・クイーン〜
1989年
イニュエンドウ
1991年
グレイテスト・ヒッツII
1991年
『イニュエンドウ』収録のシングル
  1. イニュエンドウ
    リリース: 1991年1月14日
  2. 狂気への序曲
    リリース: 1991年3月4日
  3. ヘッドロング
    リリース: 1991年5月13日
  4. 輝ける日々
    リリース: 1991年9月5日
  5. ショウ・マスト・ゴー・オン
    リリース: 1991年10月14日
テンプレートを表示

イニュエンドウ』 (Innuendo) は、イギリスロックバンドクイーンの14枚目のアルバムである。ボーカリストフレディ・マーキュリー存命時にリリースされたという意味において、クイーンの実質的ラストアルバムである[2]

概要[編集]

各曲の作曲者は1曲を除きメンバー全員がクレジットされている。これは前作『ザ・ミラクル』からのやり方を踏襲するもので、個人での作曲クレジットによる印税の分配でのトラブルを回避する役割と、作曲方法を個人の作業ではなく各人が持ち寄った素材をセッション形式で仕上げていく方法が取られ始めたためで、ひとつの曲を完成させる過程において、複数の曲のモチーフをつなぎ合わせる作業も行われていたことがデモ音源などで確認できる。

実質上のラストアルバムであることから、リリースの10ヶ月弱後のフレディの死という要素を切り離して評価することは難しいが、イギリスではチャートにおいて初登場1位を記録するなど、1980年代初期のアメリカを意識した音楽性から、ヨーロッパ的な音楽性の回帰が歓迎された。本国イギリスでは、5曲がこのアルバムからシングルカットされ、チャートの上位へ達する。

アルバムジャケット[編集]

『イニュエンドウ』のジャケットの原作に用いられたJ.J. グランヴィルの"Un Autre Monde"

アルバムジャケットは19世紀フランス風刺画J・J・グランヴィルのイラスト「Jaggler of Universes」が使われ、アルバムのアートワーク及びこのアルバムからのシングルのアートワークにもグランヴィルのイラストが使われた。

アルバムのインナースリーブ写真、収録曲のプロモーションビデオなどは、衰弱の進むフレディの病状を隠すかのように、厚めのメーキャップモノクロームアニメーション、後処理を施したものが多用されている。

発売日[編集]

チャート[編集]

チャート成績 売り上げ
最高位 チャートイン週 獲得ディスク
United States 30 Gold 900.000
United Kingdom 1 37 Platinum 600.000
Germany 1 Platinum 600.000
Italy 1 400.000
France Platinum 326.000
Netherlands 1 Platinum 150.000
Spain 3 Platinum 140.000
Switzerland 1 2x Platinum 100.000
Austria 2 Platinum 50.000
Canada Gold 50.000
Japan 17 50.000
Singapore 3x Platinum 45.000
Portugal 1 Gold 20.000
New Zealand Platinum 15.000

収録曲[編集]

  • クレジットは、全曲「クイーン」名義。
  • *印はシングルCDタイトル曲。
※LP版では「ドント・トライ・ソー・ハード」が「愛しきデライラ」と「ザ・ヒットマン」の間に入る(「ライド・ザ・ワイルド・ウインド」までがA面、それ以降がB面である)。
  1. イニュエンドウ - Innuendo *
    作詞作曲フレディ・マーキュリーロジャー・テイラー
  2. 狂気への序曲 - I'm Going Slightly Mad *
    作詞・作曲:フレディ・マーキュリー
  3. ヘッドロング - Headlong *
    作詞・作曲:ブライアン・メイ
    • ブライアンが「クイーンの曲として採用してもらえるか半信半疑であったため、後の自分のソロアルバムに使う事も念頭に置いていたが、すんなり採用された」と自身のインタビューで答えている。
    • プロモーションビデオはスタジオでのカットを主にまとめられている。また、PVではAメロに入る前にCD版になかったフレーズが追加されている。
    • 2013年に再発された当アルバム(リミテッド・エディションと呼ばれる。以下同様に呼称)のボーナストラックにブライアンボーカルの"エンブリオ・ウィズ・ガイド・ボーカル"というバージョン名で収録されている。
  4. アイ・キャント・リヴ・ウィズ・ユー - I Can't Live With You
    作詞・作曲:ブライアン・メイ
    • 「ヘッドロング」同様、ブライアンが「採用してもらえるか半信半疑であったが、すんなり採用された」と自身のインタビューで答えている。
    • 後のベストアルバム「クイーン・ロックス」にて演奏を差し替えた'97 retakeというバージョンが収録されている。また、リミテッド・エディションのボーナストラックにも同バージョンが収録。
  5. ドント・トライ・ソー・ハード - Don't Try So Hard
    作詞・作曲:フレディ・マーキュリー
  6. ライド・ザ・ワイルド・ウインド - Ride The Wild Wind
    作詞・作曲:ロジャー・テイラー
    • リミテッド・エディションのボーナストラックにて"アーリーバージョン・ウィズ・ガイド・ボーカル"という名前でロジャーボーカルのトラックが収録されている。
  7. 神々の民 - All God's People
    作詞・作曲:フレディ・マーキュリー、マイク・モラン
    • もともとフレディのソロアルバム『バルセロナ』に収録を予定していた「アフリカ・バイ・ナイト」という曲であったが、ボーカルのパートナーであるモンセラート・カバリェに拒否されたために、バンドの曲として録音されたもの。
  8. 輝ける日々 - These Are The Days Of Our Lives *
    作詞・作曲:ロジャー・テイラー
  9. 愛しきデライラ - Delilah
    作詞・作曲:フレディ・マーキュリー
    • デライラは、当時フレディが飼っていた愛の名前である。ブライアンがトークボックスを使用してギターで猫の鳴き声を出している。
  10. ザ・ヒットマン - The Hitman
    作詞・作曲:フレディ・マーキュリー
    • 原案はフレディ中心で、ロジャーも参加して作られたが、ギターで演奏しづらいキーであるという理由で、ブライアンが移調したという。
  11. ビジュウ - Bijou
    作詞・作曲:フレディ・マーキュリー、ブライアン・メイ
    • 旧邦題は「バイユー」「バイマー」。
  12. ショウ・マスト・ゴー・オン - The Show Must Go On *
    作詞・作曲:ブライアン・メイ、ジョン・ディーコン、ロジャー・テイラー

担当[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Queen ‎– Innuendo”. Discogs. 2019年2月21日閲覧。
  2. ^ 【ロッキング・オンを読む】クイーン特集、完全ディスコグラフィー後編 :『ザ・ゲーム』から『メイド・イン・ヘヴン』まで【全文公開】”. ロッキング・オン (2019年1月2日). 2019年1月19日閲覧。