手をとりあって

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
手をとりあって
クイーンシングル
初出アルバム『華麗なるレース
B面 懐かしのラヴァー・ボーイ
リリース
規格 7インチシングル
録音 1976年
ジャンル ロック
時間
レーベル エレクトラワーナー・パイオニア(日本)
作詞・作曲 ブライアン・メイ
プロデュース クイーン
チャート最高順位
クイーン シングル 年表
タイ・ユア・マザー・ダウン
1977年
手をとりあって (Let Us Cling Together)
(1977年)
懐かしのラヴァー・ボーイ
(1977年)
テンプレートを表示

手をとりあって」(てをとりあって、英語: Teo Torriatte (Let Us Cling Together)[注釈 1])は、イギリスロックバンドクイーンの楽曲。作詞作曲はブライアン・メイ

1976年に発売されたアルバム『華麗なるレース』の結びの曲として収録されている。

曲中の日本語詞[編集]

曲中では同じ意味の歌詞が、英語と日本語の両方で歌われている。

英語:

Let us cling together as the years go by,
Oh my love, my love,
In the quiet of the night
Let our candles always burn,
Let us never lose the lessons we have learned.

日本語:

手を取り合って このまま行こう
愛する人よ
静かな宵に
光を灯し
愛しき 教えを抱き

この部分は来日時に通訳を担当していた鯨岡ちかがブライアンの依頼を受け英語の歌詞を翻訳して完成した[1]

なお、本作の正式なレコーディングが行なわれる前の1976年9月18日ハイド・パークで開催されたフリー・コンサートでの東郷かおる子[注釈 2]の取材に対し、ロジャー・テイラーが「まだ内緒だけど、次に出すアルバムには歌詞に日本語を交えた曲を入れる予定なんだ。」と答えている[2]

リリース[編集]

本作は、1976年12月18日に発売されたアルバム『華麗なるレース』のB面5曲目に収録された。1977年3月25日に日本限定でシングル・カットされ、B面には「懐かしのラヴァー・ボーイ」を収録。同シングル盤はオリコンチャートで49位を獲得した。

本作の発表の翌年に発売したアルバム『ジャズ』に収録されている楽曲「レット・ミー・エンターテイン・ユー」の中で、 "We'll sing to you in Japanese"(俺達は日本語でも歌う)という歌詞がある。

2005年に発売された日本限定で発売された『ジュエルズII』や2008年に日本限定で発売されたベスト・アルバム『クイーン・イン・ヴィジョン 2008 〜グレイテストTV&ムーヴィー・ヒッツ〜』には、ハイデフィニションミックスされた音源が収録された。

2011年には、東日本大震災の復興支援を目的としたチャリティーアルバム『ソングス・フォー・ジャパン』にも収録された[1]

2020年1月15日に日本限定で発売されたベスト・アルバム『グレイテスト・ヒッツ・イン・ジャパン』の収録曲を決める投票では3位にランクインした[3]

ライブでの演奏[編集]

日本公演でも演奏されており、クイーン+ポール・ロジャースのライブ映像作品『スーパー・ライヴ・イン・ジャパン』には、2005年10月27日さいたまスーパーアリーナで演奏したときの映像が収録されている。

シングル盤収録曲[編集]

1977年版

  1. 手をとりあって - Teo Torriatte (Let Us Cling Together) (ブライアン・メイ)
  2. 懐かしのラヴァー・ボーイ - Good Old-Fashioned Lover Boy (フレディ・マーキュリー)

プロモーションCD(2005年版)[4]

  1. 手をとりあって (ハイ・ディフィニション・ミックス2005) - Teo Torriatte (Let Us Cling Together) High Definition Mix 2005) [4:43] (ブライアン・メイ)

担当[編集]

楽曲が使用された作品[編集]

CM
テレビ番組

収録アルバム[編集]

カバー[編集]

本作は、多くのアーティストにカバーをされている。

備考[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 本来のローマ字表記であれば「TEO TORIATTE」となるはずなのだが、なぜか発表当初からRが重なっている。
  2. ^ 当時のミュージック・ライフの編集長。

出典[編集]

外部リンク[編集]