ユア・ハート・アゲイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユア・ハート・アゲイン
クイーンの楽曲
収録アルバム クイーン・フォーエヴァー
リリース 2014年11月10日
録音 1983年
2014年
ジャンル ロック
時間 4分31秒
レーベル EMI
パーロフォン
エレクトラ・レコード
作詞者 ブライアン・メイ
作曲者 ブライアン・メイ
プロデュース クイーン

ミュージックビデオ
「Let Me In Your Heart Again」 - YouTube

ユア・ハート・アゲイン」 (Let Me in Your Heart Again) は、イギリスロックバンドであるクイーンの楽曲。この曲は元々は『ザ・ワークス』に収録する予定だったが、完成には至らなかった。

概要[編集]

ザ・ワークス』セッションで作曲され、1983年ロサンゼルスで録音された。フレディはいくつかのバージョンの歌詞を書いたにもかかわらず、彼らは最終的に作曲を放棄し、完成には至らなかったが、1988年には後にブライアン・メイの妻となるアニタ・ドブソンによってカバーされた。

2014年にブライアンとロジャー・テイラーは、この曲を『クイーン・フォーエヴァー』に収録するために既存のバージョンから一部を織り込み、一部の歌詞を変更して完成させた。。

「『クイーン・フォーエヴァー』に3つの新曲を収録できたことをとても嬉しく思いました。」ロジャーは言う。「『ユア・ハート・アゲイン』は典型的な中期のクイーンの曲です。オリジナルのテープを貼ったとき、それは今日の朝に録音されたように驚くほどリアルだったのです。両親が亡くなった後に突然両親の録音に出くわすようなものです。そして、それはかなり楽しいことです。」[1]

ミュージックビデオ[編集]

アルバムバージョン、ウィリアム・オービット・ミックスのミュージックビデオは同じで、1981年ロック・モントリオールの映像、1984年ブリュッセルでのザ・ワークスツアーの未公開映像と、「リヴ・フォーエヴァー」、「カインド・オブ・マジック」、「アイ・ウォント・イット・オール」、「ワン・ヴィジョン」、「プレイ・ザ・ゲーム」、「コーリング・オール・ガールズ」、「RADIO GA GA」、「バルセロナ」、「リヴィング・オン・マイ・オウン」、「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」のミュージックビデオのそれぞれ一部が使われていて、アルバムバージョン、ウィリアム・オービット・ミックスの両方のビデオがクイーンの公式Youtubeチャンネルで公開されている。

ウィリアム・オービット・ミックス[編集]

ユア・ハート・アゲイン (ウィリアム・オービット・ミックス)
クイーンシングル
初出アルバム『クイーン・フォーエヴァー
リリース
録音 1983年
2014年
ジャンル ロック
ディスコ
ポップ
時間
レーベル EMI
パーロフォン
エレクトラ・レコード
作詞・作曲 ブライアン・メイ
プロデュース クイーン
クイーン シングル 年表
アンダー・プレッシャー (Rah Mix)
1990年
ユア・ハート・アゲイン (ウィリアム・オービット・ミックス)
(2014年)
テンプレートを表示

ウィリアム・オービットによるリミックスバージョンは2014年11月にイギリスシングルとしてリリースされ、売り上げは、HIVエイズを撲滅するための取り組みであるプロダクト・レッドの資金となった。

また、イギリスのチャートでは102位まで達した。

チャート[編集]

チャート (2014年) ピーク
US Hot Rock Songs (Billboard)[2] 47

担当[編集]

リミックス・バージョンのみ

脚注[編集]

  1. ^ Hasted, Nick (February 2015). “Queen reborn”. Classic Rock. 
  2. ^ "Queen Chart History (Hot Rock Songs)". Billboard. 2018年12月5日閲覧。