ザ・ワークス (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザ・ワークス
クイーンスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル イギリスの旗 EMI
日本の旗 東芝EMI
ユニバーサルミュージック(再発売)
アメリカ合衆国の旗 キャピトル・レコード
ハリウッド・レコード(再発売)
プロデュース クイーン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(オランダ[1]
  • 2位(イギリス[2]、オーストリア[3]、ノルウェー[4]
  • 3位(スイス[5]、スウェーデン[6]、ドイツ[7]
  • 7位(日本・オリコン[8]
  • 9位(ニュージーランド[9]
  • 23位(アメリカ[10]
  • クイーン アルバム 年表
    ホット・スペース
    1982年
    ザ・ワークス
    (1984年)
    コンプリート・ワークス英語版
    1985年
    『ザ・ワークス』収録のシングル
    1. RADIO GA GA
      リリース: 1984年1月23日
    2. ブレイク・フリー (自由への旅立ち)
      リリース: 1984年4月2日
    3. 永遠の誓い
      リリース: 1984年7月16日
    4. ハマー・トゥ・フォール
      リリース: 1984年9月10日
    テンプレートを表示

    ザ・ワークス』(The Works) は、イギリスロックバンドクイーンの11枚目のアルバムである。

    解説[編集]

    若干のメンバーのソロ活動を経て、アメリカでの販売網がエレクトラ・レコードからキャピトル・レコードに移っての第一弾アルバムで、日本でもワーナー・パイオニアから、東芝EMIに移っての発売となった。

    アルバムの内容は前作『ホット・スペース』よりは、前々作『ザ・ゲーム』の延長に近く、セールス的にも世界中で成功を収め、特に本国では100万枚セールスを記録した。特にロジャー作曲の「RADIO GA GA」はビデオクリップの振り付けがそのままライブでオーディエンスと一体になるほど浸透した大ヒット曲となった。「ブレイク・フリー (自由への旅立ち)」は、民衆が抑圧されている国々のいくつかで、解放にむけてのシンボルとされた曲でもあり、英語圏のみならず多くの国々でもヒットし支持された。

    ビジネス面では当時は「シングルB面曲になるだけで、A面曲と同額の著作権料が入ってくる」といった、初期からひきずっている問題が解決しておらず「他のメンバーの作った曲に関して、自分のパートの最低限のアレンジしかしない」といった現象がアレンジ面でも一部顕著である。

    「ブレイク・フリー (自由への旅立ち)」のビデオクリップはメンバー全員がイギリスのソープ・オペラ、「コロネーション・ストリート」風に女装したもので、上記の通りこの曲は南米やアフリカでも支持されたが、ライブを行った際もビデオと同様の衣装でステージに上がった際、「自由への賛歌」として支持していたオーディエンスは、そのギャップからステージにブーイングを浴びせたという逸話がある。

    アルバムジャケット[編集]

    アルバムジャケットは、グレタ・ガルボクラーク・ゲーブルなどの往年のハリウッドスターを写していたベテラン写真家ジョージ・ハーレルによる、メンバー4人が写った一見シンプルなセピアカラーの写真が使用された。

    シングル[編集]

    このアルバムでは「RADIO GA GA」「ブレイク・フリー (自由への旅立ち)」のほか、「永遠の誓い」「ハマー・トゥ・フォール」と全員の曲が1曲ずつシングルカットされている。1984年のクリスマス・ソングでオリジナル・アルバムには未収録の「サンク・ゴッド・イッツ・クリスマス」のシングルのB面に収録されたものを含めると、アルバムに収録されたすべての曲がシングルに収められていることになる。

    また、12インチ盤やピクチャースリーブなどのコレクター向けのバージョンも発売された。

    発売日[編集]

    収録曲[編集]

    A面
    #タイトル作詞・作曲時間
    1.RADIO GA GA(Radio Ga Ga)Roger Taylor
    2.「テア・イット・アップ」(Tear It Up)Brian May
    3.永遠の誓い(It's A Hard Life)Freddie Mercury
    4.「マン・オン・ザ・プラウル」(Man on the Prowl)Mercury
    B面
    #タイトル作詞・作曲時間
    5.「マシーン・ワールド」(Machines (or 'Back to Humans'))May, Taylor
    6.ブレイク・フリー (自由への旅立ち)(I Want to Break Free)John Deacon
    7.「愛こそすべて」(Keep Passing The Open Windows)Mercury
    8.ハマー・トゥ・フォール(Hammer to Fall)May
    9.「悲しい世界」(Is This the World We Created...?)Mercury, May

    担当[編集]

    クイーン
    補助メンバー

    脚注[編集]