地獄へ道づれ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
地獄へ道づれ
クイーンシングル
初出アルバム『ザ・ゲーム
B面 自殺志願(US)
ドラゴン・アタック(UK)
リリース
規格 7インチシングル
録音 1980年
ジャンル ファンク[1][2]
ディスコ[3]
時間
レーベル EMI
作詞・作曲 ジョン・ディーコン
プロデュース クイーン
レイノルド・マック
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 1位(アメリカ・Billboard Hot 100[4]
  • 1位(イギリス
  • クイーン シングル 年表
    プレイ・ザ・ゲーム
    1980年
    地獄へ道づれ
    (1980年)
    フラッシュのテーマ
    1980年
    ミュージックビデオ
    「Another One Bites the Dust」 - YouTube
    テンプレートを表示

    地獄へ道づれ」(Another One Bites the Dust)は、イギリスロックバンドであるクイーンの楽曲。

    解説[編集]

    1980年EMIよりシングルとしてリリースされ、その後アルバムザ・ゲーム』に収録された。

    シングルは、アメリカ、スペインなどでチャート1位となるなど、世界的に大ヒットした。特にアメリカにおいては、ビルボード誌が発表したBillboard Hot 1001980年10月4日付)では1位を獲得[4]し、シングルセールスが200万枚を超え、ブラックミュージックのチャートでも3週連続で2位を記録するなど、グループにおける最大のヒット曲となった。しかし、作曲したベースジョン・ディーコンは、元々謙虚な性格だった事に加えてメンバー最年少でブライアン・メイロジャー・テイラーの才能と人柄を尊敬していた事により「この曲が浮かんだ時あまりのバカバカしさにメンバーにも言わなかった。だが、フレディ・マーキュリーが是非レコーディングをしようといってくれた」と明かしており、印象的なベースラインはシックの『グッド・タイムス』に影響を受けて作曲されたと言われている[5][6]ドラムスのロジャーは、あまりにもディスコ色が強すぎると難色を示した上、ループ手法を使ったドラムを嫌々叩いていたとの説もある。事実、ギターとベースラインはシックの演奏を彷彿させるものがある。シックのバーナード・エドワーズは、当時ジョンはシックのレコーディングスタジオを訪れており、レコーディングを眺めていたジョンは、いかにもセッションに参加したそうにリズムをとっていたと語っている。

    前半の曲調としては同じパートを2回繰り返してBメロに入るという流れだが、最初のパートは落ち着いた雰囲気で歌い、2回目はキレのある歌声で高らかに歌い上げる。

    また、パロディ歌手のアル・ヤンコビックは『遅刻へ道づれ』(Another One Rides The Bus)というパロディを発表している[7]

    プロモーションビデオ[編集]

    プロモーション・ビデオの監督はダニエラ・グリーン[8]。内容は、非常にシンプルで暗いスタジオでメンバーが演奏し、マーキュリーがスタンドマイクを片手に歌うというもの。曲の後半にはマーキュリーが角の生えたキャップを被り、リズムを刻んでいる様子が収められている。

    現在、このプロモーションビデオはDVDグレイテスト・ビデオ・ヒッツ1」などで視聴することができる。

    リミックス・バージョン[編集]

    1998年の映画『スモール・ソルジャーズ』用にプラス・マイケルと、フリーが新たにラップボーカルを加え、リミックスした。このリミックスは『グレイテスト・ヒッツIII 〜フレディー・マーキュリーに捧ぐ〜』で聞くことができる。また、2006年にはマイアミ・プロジェクトにより再びリミックスされている。

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ Schaffner, Nicholas (1982). The British Invasion: From the First Wave to the New Wave. New York: McGraw-Hill. p. 254. 
    2. ^ Smith, Chris (2006). The Greenwood Encyclopedia of Rock History: From Arenas to the Underground, 1974-1980. Greenwood Press. p. 65. ISBN 0-313-32937-0. 
    3. ^ Breithaupt, Don; Breithaup, Jeff (2000). Night Moves: Pop Music in the Late '70s. New York: St. Martin's Press. p. 6. ISBN 978-0-312-19821-3. 
    4. ^ a b The Game – Awards”. AllMusic. All Media Network. 2018年12月1日閲覧。
    5. ^ Serpick, Evan. “Queen Biography”. Rolling Stone. https://www.rollingstone.com/music/artists/queen/biography 2018年12月1日閲覧。. 
    6. ^ Biography – Chic”. Billboard. 2007年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月1日閲覧。
    7. ^ Palmer, Robert (1980年9月26日). “The Pop Life; Confident disk from Jerry Lee Lewis”. The New York Times: p. C14 
    8. ^ Queen Promo Videos”. Ultimatequeen.co.uk. 2018年12月1日閲覧。