伝説のチャンピオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伝説のチャンピオン
クイーンシングル
初出アルバム『世界に捧ぐ
B面 ウィ・ウィル・ロック・ユー
リリース
ジャンル スタジアム・ロック
時間
レーベル イギリスの旗EMI
アメリカ合衆国の旗Elektra
日本の旗ワーナー・パイオニアエレクトラ
作詞・作曲 フレディ・マーキュリー
プロデュース マイク・ストーン
チャート最高順位
クイーン シングル 年表
ロング・アウェイ
(1977年)
伝説のチャンピオン / ウィ・ウィル・ロック・ユー
(1977年)
永遠の翼
(1978年)
ミュージックビデオ
「We Are The Champions」 - YouTube
テンプレートを表示
ユー・アー・ザ・チャンピオンズ
クイーン+アダム・ランバートシングル
リリース
録音 2020年
ジャンル ロック
時間
レーベル ヴァージンEMI
作詞・作曲 フレディ・マーキュリー
プロデュース ブライアン・メイ
ロジャー・テイラー
クイーン+アダム・ランバート シングル 年表
ユー・アー・ザ・チャンピオンズ
(2020年)
ショウ・マスト・ゴー・オン (Live At The O2, London, UK, 04/07/2018)
(2020年)
ミュージックビデオ
「You Are The Champions」 - YouTube
テンプレートを表示

伝説のチャンピオン」(でんせつのチャンピオン、原題: We Are The Champions)は、イギリスのロックバンド、クイーンの楽曲である。作詞・作曲は、フレディ・マーキュリー。日本でもしばしば原題に合わせて「ウィー・アー・ザ・チャンピオンズ」と呼ばれる事もある。

解説[編集]

初出アルバムは1977年の『世界に捧ぐ[3]。1975年リリースの『オペラ座の夜』に収録された「ボヘミアン・ラプソディ」よりも曲自体は先に完成していたが、フレディの「時期が早すぎる」という判断で発表を先送りした。1985年にロンドンウェンブリー・スタジアムで開催されたチャリティー・コンサート「ライブエイド」出演時に演奏された楽曲の一つ[4]。この時の音源は、映画『ボヘミアン・ラプソディ』で使用され、同映画のサウンドトラック盤『ボヘミアン・ラプソディ (オリジナル・サウンドトラック)』に収録されている。

先行シングルとして「ウィ・ウィル・ロック・ユー」との両A面で発売され、全英最高2位、全米最高4位、カナダで3位のヒットを記録し、アメリカにおいてはその時点で最も売れたクイーンの曲となった[5] [6]。この2曲は、両者がラジオで続けて流されることの多かったアメリカを中心に、つながった1曲と解釈されることが多く、発表以降のクイーンのライヴでも決まって最後に2曲続けて演奏される、テーマソング的な地位を占めることとなった。1986年にアルバム「カインド・オブ・マジック」の発売にあわせて敢行されたツアーでは、両曲の間に、心の絆(Friends Will Be Friends)を挟むかたちで演奏された。

2020年には、クイーン+アダム・ランバート名義で新バージョン「ユー・アー・ザ・チャンピオンズ」を発表した[7]

シングルが発売された当時は「歌詞のチャンピオンというのは自分たちのことを指し、自分たちが世界一だと思い上がっているのではないか」と批判されたが、後にブライアン・メイは「この曲は自分たちをチャンピオンだと歌っているのではなく、世界中の一人ひとりがチャンピオンなのだと歌っている」と反論している。

NME誌は、この曲がイギリス中のサッカーの試合で使用されるようになったことを受け、『あの曲は世界中のサッカーファンのために作られたようなものだよ。あっというまにスタンド席でヒットするだろうね。バカな奴らにはピッタリな作戦だ』と批判記事を掲載した。さらに、パンクが世界的にブームになり始めた1977年以降には「時代遅れ」として非難し、アルバム『ジャズ』が発表された際には「あなたに聴覚障害の親戚がいたら、是非クリスマスの贈り物には『ジャズ』を差し上げて下さい」と評した。

2011年に英ゴールドスミス大学の研究チームは、音楽心理分析学の観点から、『伝説のチャンピオン』はポップ・ミュージック史上最もキャッチーな曲だという研究結果を発表した。彼らは被験者を使った実験を通じて、一緒に口ずさみたくなるようなヒット曲は総じて次のような要素を持つことを見出した。(1) 長くて起伏も細やかなフレーズを含んでいること。(2) 曲のフックとなるところではピッチが高低に急激に変化すること。(3) ボーカルは男性であること。(4) 男性ボーカルが高音部で特徴的なボーカルを聴かせること。そしてこれら4要素を最もよく兼ね備えた曲は『伝説のチャンピオン』だとし、これに続くものとしてヴィレッジ・ピープルの『Y.M.C.A.』、ヨーロッパの『ファイナル・カウントダウン』、ジ・オートマティック英語版の『モンスター英語版』を挙げた[8][9]

ハ短調(Cマイナー)でピアノとヴォーカルのみの弾き語りからスタートし、前半は落ち着いたバラード調。その後曲のタイトルを歌詞にしたヘ長調(Fメジャー)に転調してサビに移る。これを2コーラス繰り返し、最後に再びサビに移ってエンディングを迎える。

アルバム収録版の最後は"We are the champions……"という歌詞の後で打ち鳴らされるCメジャーの音でカットアウトされて終わっているが、ライヴでは"of the world."まで歌いきってFメジャーの完全終止形で終わることが多い。

ミュージック・ビデオでは、ステージで演奏しているメンバーと、白と黒のタイツを身に着けたマーキュリーがスタンドマイクで歌う様子が収められている。曲の後半には、観客をバックに上からのカメラに向かってマーキュリーが歌い、カメラが一気にからマーキュリーを下から見上げるように写すのと同時に、マーキュリーと観客が高らかに手を振り上げている。曲の最後には、Cメジャーの音の中で観客が騒ぎ立てている様子が静かに映し出される。このPVではクイーンのファンクラブのメンバーが観客として出演しており、撮影終了後には特別コンサートが行われた。

パーソネル[編集]

シングル収録曲[編集]

7インチシングル(1977年発売)
#タイトル作詞・作曲時間
1.伝説のチャンピオン(We Are the Champions)Mercury
2.ウィ・ウィル・ロック・ユー(We Will Rock You)May
合計時間:
3インチシングル(1988年発売)
#タイトル作詞・作曲時間
1.伝説のチャンピオン(We Are the Champions)Mercury
2.ウィ・ウィル・ロック・ユー(We Will Rock You)May
3.ファット・ボトムド・ガールズ(Fat Bottomed Girls)May
合計時間:
CDシングル(1992年発売)
#タイトル作詞・作曲時間
1.伝説のチャンピオン(We Are the Champions)Mercury
2.ウィ・ウィル・ロック・ユー/伝説のチャンピオン(We Will Rock You/We Are the Champions)May/Mercury
合計時間:

楽曲の使用[編集]

その歌詞から、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」と並んでサッカーを初めとした、世界的なスポーツ・イベントで用いられることも多い。

カヴァー[編集]

  • 矢野顕子は、1979年にインストゥルメンタルでカヴァーしている。「QUEEN SONGS」収録。
  • アンジェラ・アキはかねてからライブで自分のテンションを高めようと、この曲をはじめクイーンの曲をカヴァーしていたという。2006年の日本武道館のライブでもこの曲をカヴァーした。
  • アメリカのロックバンド、グリーン・デイも2005年のLIVE 8のライブでこの曲をカバーした。
  • アコーディオニストのcobaがインストゥルメンタルとしてカバーした。
  • オペラ歌手の錦織健NHKの「スタジオパークからこんにちは」に出演した際(2006年2月21日)歌唱した。錦織は高校時代にバンドでクイーンのコピーをしていた。
  • 1992年のフレディ・マーキュリー追悼コンサートでは、ライザ・ミネリとフレディを除くクイーンメンバー、そしてその日の出演者全員によって歌われ、コンサートの掉尾を飾った。
  • 女王様爆風スランプパッパラー河合)が、「我ら横綱」なるタイトルをつけ、日本的解釈による直訳でカヴァーしたこともある。
  • コレナンデ商会でもカバーされたことがあり、この時は全部英語の歌詞で、ジェイが熱唱した。ブルブルとキーウィとターキーはコーラスを担当した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]