ゴールドスミス・カレッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Goldsmiths, University of London
Goldsmiths Main Building.jpg
創立 1891年
学校種別 公立
学生 7,605[1]
学部生 5,280[1]
大学院生 2,215[1]
所在地

イギリスLewisham Way New Cross
London SE14 6NW


北緯51度28分30秒 西経0度02分10秒 / 北緯51.47500度 西経0.03611度 / 51.47500; -0.03611
キャンパス 都市
スクールカラー
                 
ウェブサイト www.gold.ac.uk
Goldsmithsnew.png
テンプレートを表示

ゴールドスミス(Goldsmiths)は、イギリスロンドンニュークロスに本部を置く、ロンドン大学を構成する研究・教育機関である。ただしロンドン大学を構成する他の教育・研究機関同様、個別の大学として通常扱われる。1891年に創立、1904年にロンドン大学に加盟。研究型小規模大学連盟1994グループ加盟校。

ファインアート(現代美術)における功績が報道メディアにとり上げられることが多いが、ゴールドスミスは美術単科大学ではなく社会学カルチュラル・スタディーズメディア研究コミュニケーション学などの様々な分野の教育・研究を行っている。1980年代後半以降の卒業生の中からは、ヤング・ブリティッシュ・アーティストと呼ばれるイギリス美術界の新世代が輩出された。

それ以後も様々なアート系分野で才能ある新人を数多く輩出している。映画「それでも夜は明ける」(12 Years a Slave)で2014年度アカデミー賞作品賞を受賞した スティーヴ・マックイーンは93年度の卒業生(Fine Art)。2013年度マーキュリー賞及び2014年度グラミー賞最優秀新人賞を受賞したジェイムス・ブレイクと今年初登場で全英アルバムチャート1位を達成したケイティ・Bはポピュラー音楽専攻。さらに2013年度のターナー賞を受賞したロール・プルーヴォ(Laure Prouvost)もゴールドスミスで学んだ。現在までに7人の卒業生がターナー賞を受賞している。

歴史[編集]

Deptford Town Hall Building
  • 1891年 - 前身の技術系の教育機関(Goldsmiths' Technical and Recreative Institute)が設立。
  • 1904年 - ロンドン大学に加盟し、「ゴールドスミス・カレッジ(Goldsmiths' College)」となる。
  • 1993年 - 大学名が「ゴールドスミス・カレッジ(Goldsmiths College)」となる(「'」がなくなった)。
  • 2006年 - 大学名が「ゴールドスミス(Goldsmiths)」となる。

なお、2009年9月現在も大学の法的手続きなどを行う際の公式名称は「Goldsmiths' College」となっている。また、1993年以降は通常運営における大学名称を別に設けており、2009年9月現在の名称は「Goldsmiths」である。

キャンパス[編集]

The Ben Pimlott Building
  • ロンドンの南東部のニュークロスにキャンパスがある。
  • ロンドン中心部までは地上線(Overground)で約15分程度と交通至便。またバスの便も多い。
  • キャンパス内外に約1000室の寮を有するが、新入生と留学生は優先的に入ることができる。

組織[編集]

学部、センターおよび研究組織[編集]

  • 人類学(Anthropology)
    • Centre for Visual Anthropology
  • 美術(Art)
  • 英語&アカデミックライティングセンター(Centre for English Language and Academic Writing)
  • 比較文化学(Centre for Cultural Studies)
    • Digital Culture Unit
  • コンピューティング(Computing)
    • Centre for Creative and Social Technologies (CAST)
    • Goldsmiths Digital Studios
  • 孔子学院(ダンス&演奏)(Confucius Institute for Dance and Performance)
  • デザイン(Design)
    • Interaction Research Studio
    • Pi (Prospect and Innovation) Studio
    • Technology Education Research Unit (TERU)
  • 教育学(Educational Studies)
    • Centre for Identities and Social Justice
    • Centre for Language, Culture and Learning
    • Centre for the Arts and Learning
  • 英文学比較文学(English and Comparative Literature)
    • Centre for Caribbean Studies
  • 歴史学(History)
    • Centre for the Study of the Balkans
    • Centre of the Body
  • クリエイティブ&文化起業研究所(Institute for Creative and Cultural Entrepreneurship (ICCE) )
  • マネジメント研究所(Institute of Management Studies (IMS) )
  • メディアコミュニケーション学(Media and Communications)
    • Centre for Feminist Research (CFR)
    • Centre for the Study of Global Media and Democracy
    • Goldsmiths Leverhulme Media Research Centre
  • 音楽(Music)
    • Afghanistan Music Unit (AMU)
    • Centre for Contemporary Music Cultures
    • Centre for Russian Music (CRM)
    • Unit for Sound Practice Research
  • 政治学(Politics)
    • Centre for Postcolonial Studies
    • Research Unit in Governance and Democracy (RUGD)
    • Research Unit in Politics & Ethics (RUPE)
  • 心理学(Psychology)
    • Anomalistic Psychology Research Unit (APRU)
    • Centre for Cognition, Computation and Culture (CCCC)
    • Unit for School and Family Studies (USFS)
  • 社会的,治癒的コミュニティー研究(Social, Therapeutic and Community Studies)
    • Centre for Community Engagement Research
    • Faiths and Civil Society Unit
  • 社会学(Sociology)
    • Centre for Feminist Research (CFR)
    • Centre for the Study of Invention and Social Process (CSISP)
    • Centre for Urban and Community Research (CUCR)
    • Unit for Global Justice
  • 演劇(Theatre and Performance)
    • Centre of the Body
    • Pinter Centre for Performance and Creative Writing
  • 視覚芸術(Visual Cultures)
    • Centre for Research Architecture

評価[編集]

コンピューティングや社会科学等多くの専攻を有するが、ゴールドスミスと言えば、やはりアート&人文学が名高い。近年はアートと人文学において、世界大学ランキングのトップ100位以内、英国大学ランキングでは20位以内に位置している[2]

QSの専攻別世界ランキングによれば[3][4]

  • 2014年度 現代語 101-150
  • 2013年度 英語英文学 101-150
  • 2012年度 社会学 51-100
  • 2011年度 コンピューターサイエンス 101-150、心理学 101-150
  • 2015年度 アート&デザイン 12位
  • 2015年度 メディア&コミュニケーション 22位
  • 2015年度 社会学 45位
  • 2015年度 英語&比較文学 101-150位
  • 2015年度 政治学 151-200位

このようにヤング・ブリティッシュ・アーティスト世代以降、より広範囲なジャンルに渡って、クリエイティブな人材を輩出している理由について、カレッジの学長であるPat LoughreyTimes Higher Education紙のインタビューに以下のように答えている。[1]

「ある種のアウトサイダーではないアーティストを私は見たことがない。この点、ロンドンの都心から少し離れたロケーションに位置することはアート気質を養うのに適していると思う。」また「カレッジのInstitute for Creative and Cultural Entrepreneurshipでは、アーティストが食べていける方法に焦点をあて、ビジネスマインドを持ったクリエイティブ性の養成やアート系学生の起業を促進している。ダミアン・ハーストはここの学生時代から創造性に優れていたと同時に偉大な起業家でもあった。我々は絶えず学生たちに自分自身のアイディアをうまく使う技術をいかに身につけさせるかに心を配っています。」と語っている。さらに重要な特徴として学際的教育・研究手法を挙げ「ここでは、驚くべき才能のミユージシャンが同時に優れたコンピュータープログラマーであることが珍しくないのです。アート系学生が社会科学専攻の学生と地域で共同プロジェクトを行うなど違った専攻の学生と組んだコラボプロジェクトも盛んで、それらがゴールドスミスのトレードマークにもなっています。」「我々は長い間、ここゴールドスミスでクリエイティブアートを涵養してきましたが、それらは今、現実の諸問題にも適用できるのです。」と述べている。

学生[編集]

ゴールドスミス大学によると[5]、 2012/13年度において、ゴールドスミス大学には8,844名の学生が所属しており、その57.7%にあたる5,101名が学部課程で学び、残りの42.3%の3,743名が大学院にて研究活動を行っている。学生の男女比は34:66と女性のほうが多い。

年齢階層別に見てみると、20歳以下が全体の約40%を占めるが、一方で25歳以上の学生も37.3%いる。

また、学生の出身地域別に見ると、イギリス出身者が71.7%と多数を占めている。留学生は学生全体の28.3%であり、イギリス以外のEU諸国出身者が学生全体の9.7%で、それ以外の国と地域からは学生全体の18.6%となっている。

教員[編集]

スポーツ・サークル・伝統[編集]

主な出身者[編集]

参照・出典[編集]

外部リンク[編集]