毛利嘉孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
もうり よしたか
毛利 嘉孝
生誕 (1963-03-21) 1963年3月21日(55歳)
日本の旗 日本
長崎県
国籍 日本の旗 日本
教育

ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジ MA(Media and Communications)

PhD(Sociology)
出身校 ロンドン大学
職業 社会学者
肩書き 東京芸術大学大学院国際芸術創造研究科教授

毛利 嘉孝(もうり よしたか、1963年3月21日 - )は、日本の社会学者東京芸術大学大学院国際芸術創造研究科教授。専攻は社会学文化研究メディア論東京在住。

経歴[編集]

長崎県生まれ。京都大学経済学部卒業後、広告代理店(I&S)に勤務。その後、ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジに留学。ポール・ギルロイらの指導を受ける。

九州大学大学院比較社会文化研究院助手、助教授などを経て、2005年より東京芸術大学音楽学部音楽環境創造科助教授、2007年より東京芸術大学大学院音楽研究科(音楽文化学芸術環境創造研究分野)准教授。

2016年より東京芸術大学大学院国際芸術創造研究科(アートプロデュース専攻)教授。

その他、NPO法人アート・インスチチュート北九州理事。東京大学早稲田大学立教大学兼任講師など。

カルチュラル・スタディーズの日本における中心的な紹介者の一人として知られる。現在は、音楽や美術などの現代文化、さらにはメディア・社会運動を中心として、社会科学と人文科学を横断する幅広い分野において、研究・批評・実践活動を行っている。

人物[編集]

  • アジア太平洋資料センター(PARC)の雑誌『オルタ』2007年7月号に「エセの人間工学に抗して、より正しい人間工学を~下北沢の再開発計画と『東京から考える』をめぐって~ 」と題する文章を寄稿。東浩紀北田暁大の共著『東京から考える』(NHK出版、2007年1月)を取り上げ、東のいう「人間工学的に正しい」「だれにでもやさしい公共空間」という「エセの科学、エセの理念」には問題があり、「表面的に耳障りのいいこうした語は、けれどもそもそも都市空間がもっている政治的・経済的・社会的な不均衡を覆い隠している。空間は決して中立なものではなく、一定の権力関係の下で生産されたものなのである」と続けた[1]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1998年 九州大学大学院比較社会文化研究科助手
  • 1999年 - 2004年 九州大学大学院比較文化学府/研究院助教授
  • 2002年 - 2003年 ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジ客員研究員
  • 2003年 - 2004年東京大学社会情報研究所助教授(併任)
  • 2005年- 東京芸術大学音楽学部音楽環境創造科助教授
  • 2007年- 東京芸術大学大学院音楽研究科准教授
  • 2016年- 東京芸術大学大学院国際芸術創造研究科教授(現職)

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 上野俊哉)『カルチュラル・スタディーズ入門』(ちくま新書 2000年)
  • (上野俊哉)『実践カルチュラル・スタディーズ』(ちくま新書 2002年)
  • 仲正昌樹清家竜介藤本一勇北田暁大)『現代思想入門――グローバル時代の「思想地図」はこうなっている!』(PHP研究所, 2007年)

編著[編集]

  • 『日式韓流――『冬のソナタ』と日韓大衆文化の現在』(せりか書房, 2004年)
  • 『アフターミュージッキング――実践する音楽』(東京藝術大学出版会, 2017年)

共編著[編集]

  • 小林直毅)『テレビはどう見られてきたのか――テレビ・オーディエンスのいる風景』(せりか書房, 2003年
  • 伊藤守)『アフター・テレビジョン・スタディーズ』(せりか書房, 2014年

訳書[編集]

  • ピーター・ワード『キッチュ・シンクロニシティ――20世紀消費社会における悪趣味文化の変遷』(アスペクト, 1998年
  • グレアム・ターナー『カルチュラル・スタディーズ入門』(溝上由紀ほか共訳, 作品社, 1999年
  • ジェイムズ・クリフォード『ルーツ――20世紀後期の旅と翻訳』(有元健ほか共訳, 月曜社, 2002年
  • ジャウディン・サルダーほか『〔INTRODUCING〕カルチュラル・スタディーズ』(小野俊彦共訳, 作品社 2002年)
  • ポール・ギルロイ『ブラック・アトランティック――近代性と二重意識』(鈴木慎一郎共訳 月曜社 2006年
  • スティーヴ・ライト『BANKSY'S BRISTOL: HOME SWEET HOME』(小倉利丸, 鈴木沓子共訳, 作品社, 2012年)
  • パトリック・ポッター『BANKSY YOU ARE AN ACCEPTABLE LEVEL OF THREAT』(鈴木沓子共訳, パルコ出版, 2013年)
  • レイ・モック『バンクシー・イン・ニューヨーク』(鈴木沓子共訳, パルコ出版, 2016年)
  • ゼイナップ・トゥフェックチ―『ツイッターと催涙ガス ネット時代の政治運動における強さと脆さ (ele-king books)』(監修、中林敦子訳, Pヴァイン, 2018年)

連載[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]