小林直毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 直毅(こばやし なおき、1955年 - )は、日本の社会学者法政大学社会学部教授。専門は、メディア文化研究。

来歴[編集]

兵庫県生まれ。法政大学社会学部卒業。法政大学院社会科学研究科博士後期課程満期退学。熊本学園大学専任講師、同助教授、県立長崎シーボルト大学国際情報学部教授を経て、2008年4月より現職。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著[編集]

  • 『「水俣」の言説と表象』(藤原書店, 2007年)

共編著[編集]

共訳書[編集]

  • 田中義久・伊藤守 )P・バーワイズ, A・エーレンバーグ『テレビ視聴の構造――多メディア時代の「受け手」像』(法政大学出版局, 1991年)
  • (伊藤守・ 藤田真文常木瑛生吉岡至高橋徹)J・フィスク『テレビジョンカルチャー――ポピュラー文化の政治学』(梓出版社, 1996年)