ジョン・ケイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョン・ケイル
John Cale (2006).jpg
ジョン・ケイル(2006年、ベルギー公演にて)
基本情報
出生名 John Davies Cale
生誕 1942年3月9日
出身地 ウェールズの旗 ウェールズ カーマーゼンシャー ガーナント
ジャンル ロック現代音楽実験音楽ノイズミュージック
職業 作曲家演奏家シンガーソングライター音楽プロデューサー
担当楽器 ボーカルヴィオラピアノオルガンキーボードエレクトリックベース
活動期間 1965年-
レーベル コロムビア・レコード
リプリーズ・レコード
アイランド・レコード
A&Mレコード
ベガーズ・バンケット・レコード
ライコディスク
Crepuscule
テーブル・オブ・エレメンツ
EMI
共同作業者 ヴェルヴェット・アンダーグラウンド
ブライアン・イーノ
ザ・ストゥージズ
パティ・スミス
公式サイト john-cale.com

ジョン・ケイル(John Cale、1942年3月9日 - )は、イギリスウェールズ出身のミュージシャン。アメリカヴェルヴェット・アンダーグラウンドのオリジナル・メンバーとして活動した後、自己名義の作品を多数発表し、音楽プロデューサーとしても活動。

来歴[編集]

幼い頃からヴィオラピアノを学び、ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジで音楽を学んだ後、1963年アメリカ合衆国に渡って勉強を続け、ジョン・ケージ等と共演。

その後、シアター・オブ・エターナル・ミュージックという音楽家集団に所属し、ミニマル・ミュージック作品を作曲。この頃の作品は、2001年にテーブル・オブ・エレメンツというレーベルからCD化された。そして、1965年ルー・リードと出会い、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドを結成。『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ』(1967年)、『ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート』(1968年)の2作に参加した後、ルーとの関係が悪化。ケイルはルーによってヴェルヴェット・アンダーグラウンドを脱退させられる。スターリング・モリソンによれば、ルーは「もしケイルが辞めないなら自分が辞める」とまで発言したという[1]

1970年にソロ活動を開始。音楽性は、ボーカル入りのロック・アルバムや、インストゥルメンタルによる実験音楽等、多岐に渡る。また、テリー・ライリーブライアン・イーノ等と共演した他、音楽プロデューサーとしてザ・ストゥージズパティ・スミスなど様々なアーティストの作品を手がけてもいる。

1990年、旧友ルー・リードとの共作アルバム『ソングス・フォー・ドレラ』発表。1993年には再結成ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのヨーロッパ・ツアーに参加した[1]

I SHOT ANDY WARHOL』(1996年公開)、『バスキア』(1996年公開)、『アメリカン・サイコ』(2000年公開)等の映画音楽も担当した。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  • ヴィンテージ・ヴァイオレンス - Vintage Violence(1970年)
  • The Academy in Peril(1972年)
  • パリ1919 - Paris 1919(1973年)
  • 恐れ - Fear(1974年)
  • スロウ・ダズル - Slow Dazzle(1975年)
  • ヘレン・オブ・トロイ - Helen of Troy(1975年)
  • Guts(1977年)
  • Sabotage/Live(1979年)
  • Honi Soit(1981年)
  • Music For A New Society(1982年)
  • Caribbean Sunset(1983年)
  • John Cale Comes Alive(1984年)
  • アーティフィシャル・インテリジェンス - Artificial Intelligence(1985年)
  • ワーズ・フォー・ザ・ダイング - Words for the Dying(1989年)
  • Even Cowgirls Get The Blues(1991年)
  • パリ・セベイユ - Paris S'eveille, Suivi d'Autres Compositions(1991年)
  • 追憶の雨の日々〜プレシャス・ソングス - Fragments of a Rainy Season(1992年)
  • 23 Solo Pieces pour La Naissance de L'Amour(1993年)
  • N'Oublie Pas Que Tu Vas Mourir(1994年)
  • Antartida(1995年)
  • ウォーキング・オン・ローカスツ - Walking on Locusts(1996年)
  • Eat/Kiss: Music for the Films of Andy Warhol(1997年)
  • Somewhere In The City(1998年)
  • 舞踏曲「ニコ」 - Nico: Dance Music(1998年)
  • The Unknown(1999年)
  • Le Vent De La Nuit(1999年)
  • 5 Tracks(2003年) - EP
  • ホウボウサピエンス - HoboSapiens(2003年)
  • Process(2005年)
  • blackAcetate(2005年)
  • Circus Live(2007年)
  • Shifty Adventures in Nookie Wood(2012年)
  • M:FANS (2016年)

他アーティストとの連名[編集]

プロデュース作品[編集]

ゲスト参加作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Unterberger, Richie. “John Cale - Biography & History”. AllMusic. 2018年7月28日閲覧。

外部リンク[編集]