クイーン・メアリー (ロンドン大学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロンドン大学クイーン・メアリー
Queen Mary, University of London
Queen Mary, University of London Crest.svg
校訓

Coniunctis Viribus

"With United Powers"
創立

1123年 聖バーソロミュー病院創設

1785年 ロンドン病院医学学校創設

1843年 聖バーソロミュー医学学校創設

1882年 ウエストフィールド・カレッジ創設

1885年 クイーン・メアリー・カレッジ創設

1989年 クイーン・メアリー及びウエストフィールド・カレッジが合併により創設

1995年 ロンドン大学クイーン・メアリー 上記の医学学校との合併により創設
学校種別 公立
総長 アン王女ロンドン大学
学長 Professor Simon Gaskell
学生 16,919[1]
所在地 イギリス ロンドン
キャンパス 都市
スクールカラー
         
所属提携 ラッセル・グループ
ロンドン大学
ウェブサイト http://www.qmul.ac.uk/
テンプレートを表示
クイーンズ・ビルディング


クイーン・メアリー(Queen Mary, University of London, QMUL)は、ロンドン大学を構成するカレッジのひとつである。

唯一のロンドン市内にあるキャンパス大学[2]であると同時に、メイン校舎であるクイーンズ・ビルディングのあるマイル・エンド・キャンパスはロンドンで最大の全設備を完備したキャンパス[3]であり、その他市内に所有する4つのキャンパスでは100ヶ国以上の国々からの学生が学んでいる。[4]

現在までに5名のノーベル賞受賞者を関係者から輩出しており[5]ラッセル・グループのメンバーでもある同校は[6]英国で屈指の高等教育ならびに研究機関として、国際的にも広く認められている。

2012年に行われた全英学生調査において、大ロンドン管轄内の大学で学生満足度第一位を獲得するなど、学生の満足度も非常に高いカレッジとして有名である。[7]


沿革[編集]

歴史的には4つの異なるルーツを持ち、クイーン・メアリー・カレッジウエストフィールド・カレッジ、英国最古の医学学校である[8]聖バーソロミュー医学学校、そして英国最古の現存する病院を持つ[9]ロンドン病院医学学校の4つのカレッジの合併により誕生した大学である。

1989年にクイーン・メアリーはウエストフィールド・カレッジを合併しクイーン・メアリー及びウエストフィールド・カレッジを創設した。

創設期[編集]

クイーン・メアリー・カレッジはヴィクトリア朝の中期に創設された。

同時期はウォルター・ベサントによる1882年発行の小説の内容(ロンドン中心部の人々がロンドン東部に劇場や学校を備えた施設を設立する)からロンドン東部に現地の住民向けの施設を作る機運が高まった時期と重なる。[10]この小説はクイーン・メアリー・カレッジの中心的建物である「民衆の宮殿」の設立において直接の責任は持たないが、施設を設立する考えを民衆の間に広めたことは確かである。


バーダー・ブーモントの基金を運営するブーモント組合の評議会が、旧バンクロフト・スクールの土地をドレイパーズ協会(英国最古の事業者協会の一つ)から購入したことで設立計画は動き出した。[11]

工科学校は1888年10月5日に創設された。創設時にドレイパーズ協会の会長は目標を「協会員と産業化時代を生きる労働者の工学・科学の見識を高めるため」と宣言したが、多くの人々はこの工科学校が後々ロンドン東部における工科大学になると見ていた。[12]


ロンドン大学への加入[編集]

1895年、授業のレベルが成熟したことを受けて、工学部教授のジョン・レイ・スミスマン・ハットンがロンドン大学の自然科学学位を授与できないか模索し始めた。結果20世紀の初頭に初の学位が学生に授与され、ハットン及びほか数名の教授はロンドン大学の教授と見做されるようになった。1907年5月15日にはロンドン大学のイースト・ロンドン・カレッジとして三年間試験的に認可されることとなった。


1909年には風洞実験室を備えた英国初の航空力学部がA. P. サーストン教授のもと設立された。[13]

サーストン教授は徐々に優秀な熟練航空技術員を呼び込み航空学の講義を始めた。[14]続いてサーストン教授は基礎分野の研究を推進し、これらの学問は第一次世界大戦における軍用機研究を主導することになった。[15] 1910年にカレッジのロンドン大学としての地位は五年間延長され、1915年5月には期限無しのメンバーシップを獲得した。[16]1929年4月、カレッジの評議会は枢密院に憲章への申請することを決めた。[17]

枢密院教育委員会は憲章加入にあたってカレッジの名称変更を要求し、当初クイーンズ・カレッジを提案した。しかしながら、既にこの名称はオックスフォード大学においてクイーンズ・カレッジとして使用されており、第二提案であったヴィクトリア・カレッジは大学の伝統から外れていると大学関係者は感じた。

最終的にカレッジの名称はクイーン・メアリー・カレッジとして落ち着いた。憲章への加入は1934年12月12日に行われた。[18]


憲章下において[編集]

第二次世界大戦の間、カレッジはケンブリッジ大学キングス・カレッジのもとに疎開していた。[19]

戦後カレッジはロンドンに帰還し、数々の問題に遭遇しながらもキャンパスの拡張を意図する。カレッジ自体の被害は軽微だったものの、ロンドン東部は爆撃による深刻な被害を受けており、結果的にカレッジ近郊のいくつかの土地は空き地となっていた。カレッジはそれらの土地を買収し、工学・生物学および化学部向けの新たな建物を建設した。そして支援者であるメアリー女王エリザベス王太妃に敬意を表しクイーンズ・ビルディングと命名された。

1960年の中期から1980年の中期にかけて、クイーン・メアリー・カレッジにロンドン病院医学学校と聖バーソロミュー医学学校を統合した施設をマイルエンドに設置する計画が推進されたが、利用可能な土地が見つからなかった。そのためクイーン・メアリー・カレッジ法1973によって、ヌエヴォにあるユダヤ人墓地を他目的のために使うことを許可する旨が布告された。[20]

1980年代の初頭には人口分布の変化や財政事情により、ロンドン大学の再構成が行われた。クイーン・メアリーにおいてもロシア語学や古典学が中止されたが、カレッジ自体は実験室を集中させることで大ロンドンの理系五大学の一つと見做されるようになった。[21]

1980年中期からカレッジは東部の土地を獲得し、キャンパスはリジェント水路に到達した。一部の墓地は今日まで存続しているが、その他の土地はカレッジの拡張に伴い収用された。[22]

1989年、クイーン・メアリーはウエストフィールド・カレッジを合併し、クイーン・メアリー・ウエストフィールド・カレッジを結成した。

1995年、ロンドン病院医学学校と聖バーソロミュー病院医学学校はクイーン・メアリー・ウエストフィールド・カレッジに吸収合併され、現在のバーツ及びロンド医科歯科学校と命名された。


2000年以後[編集]

2004年、マイルエンド・キャンパスにウエストフィールド学生村が建設された。2000の部屋とさまざまな設備、レストランとカフェを完備する。

2005年、ブリザード・ビルディングがホワイトチャペル・キャンパスに細胞学部の本拠地として建設された。[23] 建物はウィル・アルソプによってデザインされ「ウィリアム・ブリザード」と命名された。ウィリアム・ブリザードはロンドン病院医学学校の創設者である。

2007年、一部の法学部、大学院生向け施設と商業法センターがロンドン中心部にあるリンカーンイン・フィールド・キャンパスに移った。

2010年以降、クイーン・メアリーは英国の高等教育への進学判断試験であるAレベル試験で、入学許可に最高評価のAグレードが必要となる大学となった。[24][25]

2012年3月12日、クイーン・メアリーはラッセル・グループへ8月に加入する見込みになったと報じられた。[26]同月、クイーン・メアリーとウォーリック大学は研究の協力や統合された授業を行うパートナーシップを結んだ。[27]


評価[編集]

タイムス誌による2014年のQS世界大学ランキングにおいて、クイーン・メアリーは世界114位と評価された。[28]同ランキングにおける2010年の調査では世界167位であり、近年評価の上昇傾向が見られる。[29]

学部別評価では、法学部が2011年のガーディアン誌によるランキングにおいて英国内でオックスフォード大学ケンブリッジ大学に次ぐ第三位と評価されている。[30]同ランキングにおいて政治学部は英国内で第五位と評価されており、人文・社会科学系学部の高評価を確認することができる。[31]また、本校のルーツの一つである医学部は2012年の同ランキングにおいて英国内第四位と評価されている。[32]

2012年の全英学生調査において、大ロンドン管轄内の大学で学生満足度第一位との結果が出ており、クイーン・メアリーに所属する学生は充実した学生生活が送れることを伺える。[33]

組織[編集]


キャンパス[編集]

メインキャンパスであるマイルエンドキャンパスは人文・社会科学、化学・工学部といった施設を包括するロンドンで最大の設備を完備したキャンパスであり、ロンドン地下鉄中央線を利用して約10分でロンドン中心部に外出することができる。


原子炉[編集]

1964年から1982年にかけて、クイーン・メアリーは英国の大学で初となる原子炉を保有していた。現在は撤去されている。国際的な環境保護団体であるグリーン・ピースの広報担当者によれば「現在は放射能の面で特に心配する要素はない」とのことである。[34]


学生生活[編集]

多くの学生はカレッジが提供する寮に入寮する。キャンパス内の寮に入寮する学生は学部一年生や留学生が主になる。


ノーベル賞受賞者[編集]

クイーン・メアリーはこれまでに5名のノーベル賞受賞者を輩出している。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.london.ac.uk/2391.html
  2. ^ http://www.qmul.jp/
  3. ^ http://www.thecompleteuniversityguide.co.uk/queen-mary
  4. ^ http://www.thecompleteuniversityguide.co.uk/queen-mary
  5. ^ http://www.qmul.ac.uk/alumni/notablealumni/24992.html
  6. ^ http://www.russellgroup.ac.uk/our-universities/
  7. ^ http://www.qmul.ac.uk/undergraduate/whyqm/teaching/index.html
  8. ^ http://www.smd.qmul.ac.uk/about/history/index.html
  9. ^ http://www.imc2012.co.uk/about/medschool.html
  10. ^ G. P. Moss and M. V. Saville From Palace to College – An illustrated account of Queen Mary College (University of London) (1985) pages 15–17 ISBN 0-902238-06-X
  11. ^ G. P. Moss and M. V. Saville From Palace to College – An illustrated account of Queen Mary College (University of London) (1985) page 21 ISBN 0-902238-06-X
  12. ^ G. P. Moss and M. V. Saville From Palace to College – An illustrated account of Queen Mary College (University of London) (1985) page 37 ISBN 0-902238-06-X
  13. ^ Aerospace Engineering Undergraduate Admissions”. 2011年9月11日閲覧。
  14. ^ 100 years of aeronautics at Queen Mary”. 2011年9月11日閲覧。
  15. ^ Thurston's DH4 Tests”. 2011年9月11日閲覧。
  16. ^ G. P. Moss and M. V. Saville From Palace to College – An illustrated account of Queen Mary College (University of London) (1985) pages 39–48 ISBN 0-902238-06-X
  17. ^ G. P. Moss and M. V. Saville From Palace to College – An illustrated account of Queen Mary College (University of London) (1985) pages 49–57 ISBN 0-902238-06-X
  18. ^ G. P. Moss and M. V. Saville From Palace to College – An illustrated account of Queen Mary College (University of London) (1985) pages 57–62 ISBN 0-902238-06-X
  19. ^ G. P. Moss and M. V. Saville From Palace to College – An illustrated account of Queen Mary College (University of London) (1985) pages 75–85 ISBN 0-902238-06-X
  20. ^ G. P. Moss and M. V. Saville From Palace to College – An illustrated account of Queen Mary College (University of London) (1985) pages 103–117 ISBN 0-902238-06-X
  21. ^ G. P. Moss and M. V. Saville From Palace to College – An illustrated account of Queen Mary College (University of London) (1985) pages 117–130 ISBN 0-902238-06-X
  22. ^ G. P. Moss and M. V. Saville From Palace to College – An illustrated account of Queen Mary College (University of London) (1985) pages 131–146 ISBN 0-902238-06-X
  23. ^ Blizard Institute of Cell and Molecular Science”. 2011年9月13日閲覧。
  24. ^ Entry requirements”. 2011年9月13日閲覧。
  25. ^ Queen Maru 2012 Wntry Prospectus”. 2011年9月13日閲覧。
  26. ^ Russell Group of universities agrees to expand”. Russell Group. 2012年3月12日閲覧。
  27. ^ “Warwick and Queen Mary collaborate on teaching and research”. The Guardian. (2012年3月20日). http://www.timeshighereducation.co.uk/story.asp?sectioncode=26&storycode=419394&c=1 2012年5月2日閲覧。 
  28. ^ http://www.timeshighereducation.co.uk/world-university-rankings/2013-14/world-ranking/institution/queen-mary-university-of-london
  29. ^ http://www.qmul.ac.uk/media/news/items/85094.html
  30. ^ http://www.guardian.co.uk/education/table/2010/jun/04/university-guide-law
  31. ^ http://www.guardian.co.uk/education/table/2010/jun/04/university-guide-politics
  32. ^ http://www.guardian.co.uk/education/table/2011/may/17/university-guide-law
  33. ^ http://www.qmul.ac.uk/undergraduate/whyqm/teaching/index.html
  34. ^ David Pallister (2005年7月16日). “Reactor on Olympic site no cause for alarm | UK news”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/uk/2005/jul/16/olympics2012.olympicgames 2010年4月13日閲覧。