ジュリアン・オピー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Julian Opie
ジュリアン・オピー
生誕 1958年(56–57歳)[1]
ロンドン
教育 Goldsmith's School of Art[2]
著名な実績 絵画彫刻美術
公式サイト
http://www.julianopie.com/
LEDによる歩行アニメーション(2008年)アイルランドダブリン
Reclining nudeゲーツヘッド・ミレニアム・ブリッジ英語版にて(2003年撮影)


ジュリアン・オピー(Julian Opie [ˈpi], 1958年 - )はイギリスの現代美術家である。 ニュー・ブリティッシュ・スカルプチュア英語版と呼ばれる作家のひとりとされる。 シンプルな点と線による独特な顔を生み出し、世界の名だたる美術館に作品が所蔵されている。

来歴[編集]

ジュリアン・オピーはロンドンで生まれ、オックスフォードで育てられた。 ゴールドスミス・カレッジ(Goldsmiths, University of London)にて、画家でコンセプチュアル・アーティストMichael Craig-Martin英語版に学び、1983年に卒業、その後は早くからイギリスのギャラリーで成功を収めた。

作品[編集]

オピーは当初、鋼鉄の形状とゆるく描いた塗装の絵をユーモラスに組み合わせた金属彫刻のシリーズを制作し、1980年代イギリスのアートシーンで影響力のある人物として登場した[3]

彼の作品の特徴は、人物や風景を単純化することである。平面作品において、人物は黒く太い線で縁取られ、クローズアップした人物の顔では、目は小さな黒い点で表現される。風景においても、木々や山々の形状は単純化され、色彩もコントラストのはっきりとした配色がなされている。

評論や紹介文などでは、黒の線画と最小限のディテールレンダリングされた人々のポートレートや人体の歩行アニメーションがこの作家の特徴的な作品群である、とされ[4]、 作品テーマについては、「美術史との係合、新技術の利用、人体への執着」そして「一つのアイディアをさまざまな媒体(素材)上に展開する」と描写されている[5]

オピーが描く人々のほとんどが、様々な職業に就く一般の人々である。みな点と線だけの顔だが、とても個性が光っている。水戸芸術館現代美術センター学芸員の高橋瑞木は「人間の眉、鼻の穴、口、顔の輪郭、そして髪型と最小限の要素で持って、個性を描き分け、まさに究極の『省略の美』といえる」と語る。

また彼自身は作品へのアプローチについて尋ねられ次のように語っている。 「まず、写実的に作ろうとすることが公平に確信できる(と感じられる)ひとつの判定基準です。あとは、その作品を自分の部屋に欲しいか?それとたまに自問するのは、もしが、自分の作品をひとつ提出するのを許可したら(制作中の作品が)それに値するか?」[6]

制作方法も独特でモデルをアトリエに招き入れると、なるべく表情をつけずにポーズや目線、顔の角度を変えながら、写真を撮る。その数は一人当たり、数千枚である。次に特徴が出ていると思える写真を何枚かコンピューターに取り込み、顔のパーツを正確にトレースする。その後、眉や口の形、目鼻の位置関係、顔の角度など個性を現す最も効果的な部分を残し、徹底的に簡略化する。このようにして出来上がった作品はシンプルだが、とてもポップなものとなる。モデルの個性が凝縮されたオピーにしか描くことのできない唯一無二の顔となる。

活動の場は美術界のみに留まらず、イギリスのバンド、ブラーのベスト盤『ザ・ベスト・オブ』のジャケットデザインなども手掛けている。

また、浮世絵のコレクターとしても知られており、喜多川歌麿歌川広重らの作品を所蔵し、浮世絵展のためキュレーターとして広重作品を選定したり[7]葛飾北斎に影響を受けた作品を制作している[8]

出典[編集]

  1. ^ Illuminations (2003-01-15). Art Now: Interviews with Modern Artists. Continuum International Publishing Group. pp. 64–. ISBN 978-0-8264-6370-8. http://books.google.com/books?id=qLhWPfnB8FsC&pg=PA64-IA5 2012年11月29日閲覧。. 
  2. ^ Julian Opie biography”. National Portrait Gallery, London. 2013年2月15日閲覧。
  3. ^ Julian Opie Artist biography”. Tate Gallery. 2013年2月15日閲覧。
  4. ^ Nancy Tousley (2012年4月26日). “Julian Opie: A New Calgary Stroll”. Canadian Art. 2013年2月15日閲覧。
  5. ^ Stuart Jeffries,”. guardian.co.uk (2011年6月12日). 2013年2月15日閲覧。
  6. ^ The Eye: Julian Opie, ドキュメンタリー, 2001.
  7. ^ Chronicler of a floating world”. theguardian.com. 2015年7月閲覧。
  8. ^ Don't miss Julian Opie's exhibition at the Lisson Gallery; it's on until 25 August 2012”. 大和日英基金. 2015年7月閲覧。
参考サイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]