ヨーロッパ (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨーロッパ
Europe
Europe - 2017215172024 2017-08-03 Wacken - Sven - 1D X MK II - 0701 - B70I8633.jpg
ドイツ・ヴァッケン公演 (2017年8月)
基本情報
別名 FORCE (1979-1982)
出身地  スウェーデン
ストックホルム県ウップランズ・ヴェスビー
ジャンル ハードロック
ヘヴィメタル
活動期間 1979年 - 1992年
1999年
2003年 - 現在
レーベル エピック・レコード
サンクチュアリ・レコード
earMUSIC
UDR Records
Hell & Back
公式サイト europetheband.com
メンバー ジョーイ・テンペスト (ボーカル)
ジョン・ノーラム (ギター)
ジョン・レヴィン (ベース)
ミック・ミカエリ (キーボード)
イアン・ホーグランド (ドラム)
旧メンバー キー・マルセロ (ギター)
ほか別記参照

ヨーロッパ(EUROPE)は、スウェーデン出身のハードロックバンド

"The Final Countdown"(1986年)の大ヒットで知られる、北欧メタルの最初期から活動する先駆的グループ。1992年から長期にわたり活動を休止するが、2003年から再始動を果たした。

音楽的特徴[編集]

バンド ロゴ

北欧メタルの始祖的存在として位置づけられることが多い、メロディアスな旋律とハイトーン・ヴォーカルを最大の特徴とするバンドである。特に初期の作品にはこうした色合いが強く、キーボードを盛り込んだ叙情的なメロディは数々のハードロック、ヘヴィメタルバンドに大きな影響を与えた。

「The Final Countdown」はEUROPEの最大のヒット作となり、日本でもスズキ・カルタスのCMソングとしてヒットした。大ヒットした後の作品に多大な期待が高まる中、次作『Out of this world』を製作。曲調がポップになったことによって賛否両論を呼ぶ。次に発売された5thアルバム『Prisoners in Paradise』は彼らのメロディ創造能力を極限まで開花させた作品となったが、プロデューサーがヴォーカルを前面に押し出しすぎEUROPE独特のサウンドを失ってしまう。

その後バンドは休憩が必要だと言い残し長い間活動を休止する。皆それぞれバンドを結成したりソロ活動をしたりしていた。その後2004年に、再び活動を再開した。

概要・略歴[編集]

最盛期から活動休止まで (1979年 - 1992年)[編集]

1990年代

[1]1979年に、ジョーイ・テンペスト(Vo)、ジョン・ノーラム(Gt)、ジョン・レヴィン(Ba)トニー・レノ(Dr)らによって結成される。当時はバンド名「FORCE」と名乗っていた。

1982年、FORCEはスウェーデンの4000バンドあまりが出場したコンテストで優勝、ジョーイはベストヴォーカル、ジョンはベストギタリスト賞に選ばれる。また、このコンテスト優勝がきっかけでレコード契約を獲得し、現行の「EUROPE」に改名。

1983年、1stアルバム『EUROPE』でメジャーデビュー。日本での人気が先行し、「北欧メタル」の先駆者として世界のどこよりも先に人気に火がつく。

1984年、2ndアルバム『WINGS OF TOMORROW』をリリース。北欧メタルの地位を確固たるものにする。このころドラマーのトニー・レノが脱退、後任にイアン・ホーグランドが、さらにキーボーディストにミック・ミカエリが加入。

1986年、3rdアルバム『THE FINAL COUNTDOWN』をリリース。同作は全米最高8位まで上り詰め全米のみで300万枚、世界650万枚の売り上げを記録する大ヒットとなり、シングル「ファイナル・カウントダウン」は25カ国のシングルチャートで1位を獲得、全世界780万枚の売り上げを記録し、EUROPEの名前は世界に知れ渡るようになる。一方で、音楽性のポップ化が進行し、さらに「音楽以外の仕事」(アイドル的なテレビ出演など)が増えるようになり、それに疑問を感じたジョン・ノーラムが脱退。後任にキー・マルセロが迎えられた。実はこのアルバムが出る前からBon JoviはEUROPEのことをライバル視していた。日本のある雑誌でインタビューを受けた時に、「日本でのEUROPEの人気はどうなの?」と聞いたというエピソードがある。

1988年、4thアルバム『OUT OF THIS WORLD』をリリース。全米では最高19位、100万枚の売り上げを記録した。これによりABBA以来の2作連続で全米トップ20入りを果たしたスウェーデン出身の音楽グループとなった。完成度の高いアルバムではあるが音楽性のポップ化はさらに推進された。同年11月26日インドムンバイからツアーを開始。12月には来日を果たし、名古屋東京大阪横浜の4都市計6公演をおこなった。ムンバイで6万人を動員するなど話題を呼び、ツアーは成功裏に終わった。

1991年、5thアルバム『PRISONERS IN PARADISE』をリリース。前作のポップ路線とは逆にハードロック路線への回帰を図ったが、アメリカナイズされた初期の音源との相違と北欧的な叙情メロディが後退した。

1992年、活動を停止する。理由は度重なるツアーに疲れたバンドが休みを取ろうとしたことによるが、これがあまりにも長期にわたり事実上の解散となる。

再結成以降 (1999年, 2003年 - 現在)[編集]

1999年、12月31日にスウェーデンで一回限りの再結成ライヴとなる"The Final Countdown""Rock The Night"を披露。そこではじめてジョン・ノーラム、キー・マルセロによるツインギターが実現した。"The Final Countdown"ではハモリのソロ、"Rock The Night"では、交互にギターソロを担当し、互いのスポットを分け合った。しかし正式な再結成声明が出されたわけではなかった。このライブのとき再結成しないかとみんなで相談していたが、メンバーはみなソロ活動の契約があったためすぐにというわけにはいかなかった。そして再結成が果たされる2004年まで度々電話で話をしていた。時々ジョーイの家にも遊びに行って曲を作っていたこともあってメンバーは皆やる気満々だった。特にイアン・ホーグランドは「早く再結成しようぜ!」と毎回のように電話で話していたようだ。

2003年、"The Final Countdown"当時のメンバーいわゆる黄金期のメンバーで再始動を果たし、翌2004年に13年ぶりの6thアルバム『START FROM THE DARK』をリリース。このアルバムは今までの曲とは違ったヘヴィな曲ばかりになった。「俺たちは昔の殻を破ってこのサウンドにたどり着いたんだ」と言っていた。ほぼすべての曲を半音下げて歌っている[2]

2005年、約13年ぶりの来日公演が実現。

「SECRET SOCIETY」 ツアー(2007年)

2006年、7thアルバム『SECRET SOCIETY』をリリース。翌2007年4月に 「SECRET SOCIETY」 ツアーで2年ぶりの来日公演。

2009年、8thアルバム『LAST LOOK AT EDEN』をリリース。

2012年、9thアルバム『BAG OF BONES』を発表し[3]、翌2013年からデビュー30周年を大々的に企画[4]HR/HMフェス『LOUD PARK 13』出演にて来日[5]

2015年、来日公演を開催し、2ndアルバム『WINGS OF TOMORROW』の完全再現ライブを実施[6]。節目の10thアルバム『WAR OF KINGS』をリリース[7]

2016年、かつての大ヒットアルバム『THE FINAL COUNTDOWN』のリリース30周年を記念した、完全再現ライブツアーを企画[8]

2017年、11thアルバム『Walk the Earth』を発表[9]

メンバー[編集]

2014年のグループショット

現ラインナップ[編集]

旧メンバー[編集]

  • トニー・レノ (Tony Reno) - ドラムス (1979–1984) 1963年2月10日生。
  • ピーター・オルソン (Peter Olsson) - ベース (1979–1981)
  • マルセル・ヤコブ (Marcel Jacob) - ベース (1981) RIP.2009
  • キー・マルセロ (Kee Marcello) - ギター (1986–1992, 1999) 1960年2月20日生。

ディスコグラフィー[編集]

スタジオアルバム[編集]

  • 『幻想交響詩』EUROPE (1983年
  • 『明日への翼』WINGS OF TOMORROW (1984年
  • ファイナル・カウントダウン』THE FINAL COUNTDOWN (1986年
  • 『アウト・オブ・ディス・ワールド』OUT OF THIS WORLD (1988年
  • 『プリズナーズ・イン・パラダイス』PRISONERS IN PARADISE (1991年
  • 『スタート・フロム・ザ・ダーク』START FROM THE DARK (2004年
  • 『シークレット・ソサエティ』SECRET SOCIETY (2006年
  • 『ラスト・ルック・アット・エデン』LAST LOOK AT EDEN (2009年
  • 『バッグ・オブ・ボーンズ』BAG OF BONES (2012年
  • 『ウォー・オヴ・キングス』WAR OF KINGS (2015年
  • 『ウォーク・ジ・アース』Walk the Earth (2017年

ライブアルバム[編集]

  • The Final Countdown Tour 1986 (1986年
  • Extended Versions (1986年)
  • Almost Unplugged (2008年
  • Live! At Shepherd’s Bush, London (2011年
  • Live Look at Eden (2011年)
  • Live at Sweden Rock (2013年

コンピレーション[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]