コーリング・オール・ガールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
コーリング・オール・ガールズ
クイーンシングル
初出アルバム『ホット・スペース
B面 プット・アウト・ザ・ファイア
リリース
規格 レコード (7")
録音 1981年 – 1982年
ジャンル ロック
時間
レーベル エレクトラ
作詞・作曲 ロジャー・テイラー
プロデュース クイーンマック
クイーン シングル 年表
ラス・パラブラス・デ・アモール (愛の言葉)
(1982)
コーリング・オール・ガールズ
(1982)
ステイング・パワー
(1982)
ミュージックビデオ
「Calling All Girls」 - YouTube
テンプレートを表示

コーリング・オール・ガールズ」 (Calling All Girls) は、イギリスロックバンドクイーンによる楽曲。アルバム『ホット・スペース』B面の3番目の曲であり、ロジャー・テイラー作曲。このアルバムからは4番目のシングルである。1982年夏に、アメリカカナダでシングルとしてリリースされ、それぞれでピーク時に60位、33位を獲得した。

『コーリング・オール・ガールズ』は、シングルとしてリリースされた最初のロジャー・テイラーの曲であり、アメリカオーストラリアカナダを含む国でリリースされたが、イギリスではされなかった。ロジャーは、ブレークの間にフィードバックノイズを演奏し、ギターの曲を構成している。レコードスクラッチを使用し、ラップヒップホップにも触れられており、メインストリームに登場する。

この曲は、ヨーロッパではパフォーマンスされず、日本での1982年のライヴ収録時に、オン・ファイアー/クイーン1982のDVDに収められた。

プロモーションビデオ[編集]

ビデオは、ジョージ・ルーカスの映画『THX 1138』のパロディであり、『グレイテスト・ビデオ・ヒッツ2』やバンドのオフィシャルユーチューブページでリリースされる前には貴重であった。ロジャーとブライアンは、このビデオを見下していることをコメントで率直に述べており、ロジャーは、この曲のメッセージでロボット(目立って登場する)とは関係がなかったと述べている。

担当[編集]

ライヴ[編集]

外部リンク[編集]