愛という名の欲望

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
愛という名の欲望
クイーンシングル
初出アルバム『ザ・ゲーム
B面
リリース
規格 7インチシングル
録音 1979年6月 - 7月
ジャンル
時間
レーベル
作詞・作曲 フレディ・マーキュリー
プロデュース
ゴールドディスク
後述を参照
チャート最高順位
後述を参照
クイーン シングル 年表
  • 愛という名の欲望
  • (1979年)
ザ・ゲーム 収録曲
夜の天使
(A-4)
愛という名の欲望
(A-5)
ロック・イット
(B-1)
ミュージックビデオ
「Crazy Little Thing Called Love」 - YouTube
テンプレートを表示

愛という名の欲望」(あいというなのよくぼう、原題:Crazy Little Thing Called Love)は、イギリスロックバンドクイーンの楽曲である。1979年にシングル盤として発売され、1980年に発売されたオリジナル・アルバム『ザ・ゲーム』や、1981年に発売されたベスト・アルバム『グレイテスト・ヒッツ』に収録された。1979年の全英シングルチャートで最高位2位[5]を獲得し、1980年のアメリカのBillboard Hot 100ではクイーン初の第1位を獲得[6]し、4週にわたってランクインした[7]。オーストラリアのARIAチャートでは7週連続で第1位を獲得[8]

作詞作曲はフレディ・マーキュリー。マーキュリーは本作をライブで演奏する際にリズムギターを弾いており、クイーンのライブでギターを演奏をした初の例となった。1979年から1986年にかけて行なわれたライブで演奏され[9]、『クイーン・ライヴ!!ウェンブリー1986』、『オン・ファイアー/クイーン1982』、『伝説の証/クイーン1981』、『ハンガリアン・ラプソディ〜クイーン・ライヴ・イン・ブダペスト1986』などのアルバムにライブ音源が収録されている。楽曲の発表以降、多数のアーティストによってカバーされている。1992年4月20日に行なわれた『フレディ・マーキュリー追悼コンサート』では、ロバート・プラントと共演。

作曲[編集]

「愛という名の欲望」は、マーキュリーがギターでわずか5分から10分ほどで書いた楽曲で、マーキュリーは「5分か10分ほどでできた。まったく弾けないのにギターで作曲した。ギターのコードは少ししか知らなくて、そういった制限があったことがある意味よかった。小さな枠の中で作曲しなければならないというのは、いい訓練になった。たくさんのコードを使ってうまく書くことはできないから、そういう制限のおかげで僕はいい曲が書けるのだと思っている」と語っている[10]

本作は、エルヴィス・プレスリーへのトリビュートとして書いた楽曲[11][12]ブライアン・メイは「フレディは、風呂で『愛という名の欲望』を10分ほどで書いた。フレディは素早く書いて、急いでエンジニアたちと取り組んだ。私がスタジオに着いたころには、ほとんど曲が仕上がった状態だった」と語っている[12]。レコーディングは、1979年6月から7月にかけて[13]ラインホルト・マック英語版をプロデューサーとして迎えて、ミュンヘンにあるミュージックランド・スタジオ英語版で行なわれた[14]。レコーディングは、6時間ほどで終わり、ギターソロは後からオーバー・ダビングされた[15]。なお、マックはメイにソロをテレキャスターで弾くことを強いており、そのことでメイから恨まれていることを明かしている[15]

1984年のサウンズ英語版誌のインタビューで、ロジャー・テイラーは「ロカビリーとまではいかないけど、初期のエルヴィスみたいな雰囲気がある。それを利用した最初のレコードの1つさ。実際、この曲がジョン・レノンが再びレコーディングを始めるきっかけになったという記事をどこかで読んだことがある。たしかローリング・ストーンだったかな・・・。もしそれが本当だったら、素晴らしいことだ」と語っている[16]

プロモーション・ビデオ[編集]

1979年9月22日にトリリオン・スタジオで「愛という名の欲望」のプロモーション・ビデオが撮影された[9]。デニス・デバランスが監督を務めた作品で、4人がレザーを身に纏い演奏する様子や、マーキュリーが金髪の女性を腕に抱えてバイクに飛び乗る様子が収められており、4人のダンサーが登場している[9]

ライブでの演奏[編集]

音源でアコースティック・ギターリズムギター)を弾いたマーキュリーは、1985年にロンドンのウェンブリー・スタジアムで行なわれた『ライヴエイド』をはじめとしたライブで初めてギターを弾いた[17]ビルボード誌は、本作におけるメイのギター演奏について「そのシンプルさに驚かされる」と評している[18]。『クイーン・ライヴ!!ウェンブリー1986』、『オン・ファイアー/クイーン1982』、『伝説の証/クイーン1981』、『ハンガリアン・ラプソディ〜クイーン・ライヴ・イン・ブダペスト1986』などのアルバムにライブ音源が収録されている。なお、1979年から1982年までのライブではアコースティック・ギターを演奏していたが、1984年から1986年までのライブではエレクトリック・ギターを演奏している[9]

1992年4月20日に行なわれた『フレディ・マーキュリー追悼コンサート』では、ロバート・プラントと共演した[19]

演奏[編集]

※出典[13]

シングル収録曲[編集]

イギリス盤
#タイトル作詞・作曲時間
1.「愛という名の欲望」(Crazy Little Thing Called Love)フレディ・マーキュリー
2.ウィ・ウィル・ロック・ユー (ライブ)」(We Will Rock You (Fast―Live Killers Single Edit)[13])ブライアン・メイ
合計時間:
アメリカ盤・日本盤
#タイトル作詞・作曲時間
1.「愛という名の欲望」(Crazy Little Thing Called Love)フレディ・マーキュリー
2.永遠の翼 (ライブ)」(Spread Your Wings (US Live Killers Single Version)[13])ジョン・ディーコン
合計時間:

チャート成績(クイーン版)[編集]

認定[編集]

国/地域 認定 認定/売上枚数
デンマーク (IFPI Denmark)[44] Gold 5,000^
イタリア (FIMI)[45] Gold 25,000double-dagger
オランダ (NVPI)[46] Gold 100,000^
ニュージーランド (RMNZ)[47] Gold 5,000*
イギリス (BPI)[48] Gold 500,000^
アメリカ合衆国 (RIAA)[49] Platinum 1,000,000double-dagger

*認定のみに基づく売上枚数
^認定のみに基づく出荷枚数
double-dagger認定のみに基づく売上枚数と再生回数

カバー・バージョン[編集]

ドワイト・ヨアカムによるカバー[編集]

愛という名の欲望
ドワイト・ヨアカムシングル
初出アルバム『グレイテスト・ヒッツ・フロム・ザ・90'S英語版
B面
  • レッツ・ワーク・トゥゲザー
  • ドゥイン・ホワット・アイ・ディド
リリース
ジャンル カントリー[50]
時間
レーベル リプリーズ・レコード
作詞・作曲 フレディ・マーキュリー
プロデュース ピート・アンダーソン英語版
チャート最高順位
後述を参照
ドワイト・ヨアカム シングル 年表
  • These Arms
  • (1998年)
  • 愛という名の欲望
  • (1999年)
  • Thinking About Leaving
  • (1980年)
グレイテスト・ヒッツ・フロム・ザ・90'S英語版 収録曲
アイル・ゴー・バック・トゥ・ハー
(13)
愛という名の欲望
(14)
レッツ・ワーク・トゥゲザー
(15)
ミュージックビデオ
「Crazy Little Thing Called Love」 - YouTube
テンプレートを表示

アメリカのカントリー歌手、ドワイト・ヨアカムは、1999年に発売したアルバム『グレイテスト・ヒッツ・フロム・ザ・90'S英語版』で本作をカバー。シングルとしても発売され、1999年5月1日付のビルボード誌のHot Country Songsで最高位12位を獲得[51]し、年間チャートで第64位を獲得。

ヨアカムによるカバー・バージョンは、ギャップのCMソング[50]として使用されたほか、映画『ハニーVS.ダーリン 2年目の駆け引き』で使用された。

チャート成績(ドワイト・ヨアカム版)[編集]

週間チャート
チャート (1999年) 最高位
Canada Adult Contemporary (RPM)[52] 19
Canada Country Tracks (RPM)[53] 1
UK Singles (Official Charts Company)[54] 35
US Billboard Hot 100[55]
64
US Hot Country Songs (Billboard)[51]
12
年間チャート
チャート (1999年) 順位
Canada Country Tracks (RPM)[56]
22
US Hot Country Songs (Billboard)[57]
64

その他のアーティストによるカバー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Crouse, Richard (1998). Who Wrote The Book Of Love?. Doubleday Canada. p. 124. ISBN 978-0385257329. https://books.google.com/books?id=OyZyWKcmRhEC&pg=PT124#v=onepage 
  2. ^ Bogdanov, Vladimir (2003). All Music Guide to Country: The Definitive Guide to Country Music. Backbeat Books. p. 368. ISBN 978-0879307608 
  3. ^ Bret, David (2014). Freddie Mercury: An Intimate Biography. Lulu.com. p. 88. ISBN 978-1291811087 
  4. ^ Elliott, Paul (2016年7月13日). “Every song on Queen's Greatest Hits, ranked from worst to best” (英語). loudersound. Future Publishing Limited. 2021年10月16日閲覧。
  5. ^ a b "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2021年10月17日閲覧。
  6. ^ Anderson, Trevor (2018年2月23日). “Queen's 'Crazy Little Thing Called Love' Hit No. 1 on the Hot 100 in 1980”. Billboard. 2021年10月17日閲覧。
  7. ^ Whitburn, Joel (2006). The Billboard Book of Top 40 Hits (2nd ed.). Billboard Books. ISBN 0-8230-8291-1 
  8. ^ a b c Kent, David (1993). Australian Chart Book 1970-1992. St Ives, N.S.W: Australian Chart Book. ISBN 0-6461-1917-6 
  9. ^ a b c d Purvis 2018, p. 434.
  10. ^ Richards, Matt; Langthorne, Mark (2018). Somebody to Love: The Life, Death, and Legacy of Freddie Mercury. Weldon Owen. p. 163. ISBN 1-6818-8409-7 
  11. ^ Queen interview: Brian May on Crazy Little Thing Called Love. Absolute Radio.. (2011年8月17日). https://www.youtube.com/watch?v=rvGlDkQqxoc 2021年10月17日閲覧。 
  12. ^ a b “クイーンのフレディ・マーキュリー、お風呂で“Crazy Little Thing Called Love”を10分で書き上げていた”. rockin'on.com (ロッキング・オン). (2021年7月25日). https://rockinon.com/news/detail/199694 2021年10月17日閲覧。 
  13. ^ a b c d Clerc 2020, p. 304.
  14. ^ Purvis 2018, p. 137.
  15. ^ a b Reinhold Mack, Esq. (インタビュー). iZotope, Inc. オリジナルの14 October 2011時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111014105317/http://izotope.com/artists/reinhold_mack.asp 2021年10月17日閲覧。 
  16. ^ Purvis 2018, p. 433.
  17. ^ Lights! Action! Sound! It's That Crazy Little Thing Called Queen! by Lou O'Neill Jr.(Circus Sept 1980)”. www.queenonline.com. 2011年6月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年10月17日閲覧。
  18. ^ “Top Singles Picks”. Billboard Magazine: p. 76. (1979年12月22日). https://worldradiohistory.com/Archive-Billboard/70s/1979/Billboard%201979-12-22.pdf 2021年10月17日閲覧。 
  19. ^ Brandstetter, Markus (2021年8月16日). “TV-Tipp: Freddie Mercury Tribute Concert (1992) auf Arte”. Rolling Stone. 2021年10月17日閲覧。
  20. ^ "Austriancharts.at – Queen – Crazy Little Thing Called Love" (in German). Ö3 Austria Top 40. 2021年10月17日閲覧。
  21. ^ "Ultratop.be – Queen – Crazy Little Thing Called Love" (in Dutch). Ultratop 50. 2021年10月17日閲覧。
  22. ^ "Top RPM Singles: Issue 9499a." RPM. Library and Archives Canada. 2021年10月17日閲覧。
  23. ^ "Offiziellecharts.de – Queen – Crazy Little Thing Called Love". GfK Entertainment Charts. 2021年10月17日閲覧。
  24. ^ "The Irish Charts – Search Results – Crazy Little Thing Called Love". Irish Singles Chart. 2021年10月17日閲覧。
  25. ^ "Nederlandse Top 40 – week 47, 1979" (in Dutch). Dutch Top 40 2021年10月17日閲覧。
  26. ^ "Dutchcharts.nl – Queen – Crazy Little Thing Called Love" (in Dutch). Single Top 100. 2021年10月17日閲覧。
  27. ^ "Charts.org.nz – Queen – Crazy Little Thing Called Love". Top 40 Singles. 2021年10月17日閲覧。
  28. ^ "Norwegiancharts.com – Queen – Crazy Little Thing Called Love". VG-lista. 2021年10月17日閲覧。
  29. ^ SA Charts 1965 - 1989 Songs C-D”. Rock Africa Rock Lists. 2021年10月17日閲覧。
  30. ^ "Swisscharts.com – Queen – Crazy Little Thing Called Love". Swiss Singles Chart. 2021年10月17日閲覧。
  31. ^ The Hot 100 Chart”. Billboard (1980年2月23日). 2021年10月17日閲覧。
  32. ^ Queen Chart History (Adult Contemporary)”. Billboard. 2021年10月17日閲覧。
  33. ^ Queen Chart History (Hot Rock & Alternative Songs)”. Billboard. 2021年10月17日閲覧。
  34. ^ Jaaroverzichten 1979”. Ultratop. 2021年10月17日閲覧。
  35. ^ Top 100-Jaaroverzicht van 1979”. Dutch Top 40. 2021年10月17日閲覧。
  36. ^ Jaaroverzichten - Single 1979”. dutchcharts.nl. 2021年10月17日閲覧。
  37. ^ “Top Singles 1979”. Music Week (London, England: Spotlight Publications): 27. (22 December 1979). 
  38. ^ “Top 100 Singles”. RPM 34 (6). (20 December 1980). https://www.bac-lac.gc.ca/eng/discover/films-videos-sound-recordings/rpm/Pages/image.aspx?Image=nlc008388.0272&URLjpg=http%3a%2f%2fwww.collectionscanada.gc.ca%2fobj%2f028020%2ff4%2fnlc008388.0272.gif&Ecopy=nlc008388.0272. 
  39. ^ Top Selling Singles of 1980 | The Official New Zealand Music Chart”. Nztop40.co.nz (1980年12月31日). 2021年10月17日閲覧。
  40. ^ “Pop Singles”. Billboard: TIA-10. (20 December 1980). 
  41. ^ Top AFP - Audiogest - Top 3000 Singles + EPs Digitais” (ポルトガル語). Associacao Fonografica Portuguesa. 2021年10月17日閲覧。
  42. ^ Hot Rock Songs - Year-End 2019”. Billboard. 2021年10月17日閲覧。
  43. ^ Billboard Hot 100 60th Anniversary Interactive Chart”. Billboard. 2021年10月17日閲覧。
  44. ^ "Danish single certifications – Queen – Crazy Little Thing Called Love". IFPI Denmark. 2021年10月17日閲覧 Click on næste to go to page 10148 if certification from official website
  45. ^ "Italian single certifications – Queen – Crazy Little Thing Called Love" (Italian). Federazione Industria Musicale Italiana. 2021年10月17日閲覧 Select Online in the field Sezione. Enter Queen in the field Filtra. Select 2019 in the field Anno. The certification will load automatically
  46. ^ "Dutch single certifications – Queen – Crazy Little Thing Called Love" (Dutch). Nederlandse Vereniging van Producenten en Importeurs van beeld- en geluidsdragers. 2021年10月17日閲覧
  47. ^ "New Zealand single certifications – Queen – Crazy Little Thing Called Love". Recorded Music NZ. 2021年10月17日閲覧
  48. ^ "British single certifications – Queen – Crazy Little Thing Called Love". British Phonographic Industry. 2021年10月17日閲覧 Enter Crazy Little Thing Called Love in the field Keywords. Select Title in the field Search by. Select single in the field By Format. Select Gold in the field By Award. Click Search
  49. ^ "American single certifications – Queen – Crazy Little Thing Called Love". Recording Industry Association of America. 2021年10月17日閲覧 If necessary, click Advanced, then click Format, then select Single, then click SEARCH
  50. ^ a b Horowitz 2006, p. 231.
  51. ^ a b Dwight Yoakam Chart History (Hot Country Songs)”. Billboard. 2021年10月17日閲覧。
  52. ^ "Top RPM Adult Contemporary: Issue 8469." RPM. Library and Archives Canada. 30 August 1999. 2021年10月17日閲覧。
  53. ^ "Top RPM Country Tracks: Issue 8364." RPM. Library and Archives Canada. 16 August 1999. 2021年10月17日閲覧。
  54. ^ "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2021年10月17日閲覧。
  55. ^ The Hot 100 Chart”. Billboard (1999年7月10日). 2021年10月17日閲覧。
  56. ^ “Top 100 Countrytracks”. RPM 70 (8). (13 December 1999). https://www.bac-lac.gc.ca/eng/discover/films-videos-sound-recordings/rpm/Pages/image.aspx?Image=nlc008388.9956&URLjpg=http%3a%2f%2fwww.collectionscanada.gc.ca%2fobj%2f028020%2ff4%2fnlc008388.9956.gif&Ecopy=nlc008388.9956. 
  57. ^ Best of 1999: Country Songs”. Billboard. Prometheus Global Media (1999年). 2021年10月17日閲覧。
  58. ^ Erlewine, Stephen Thomas. “Vavoom! - The Brian Setzer Orchestra / Brian Setzer | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. All Media Network. 2021年10月17日閲覧。
  59. ^ Erlewine, Stephen Thomas. “Hands All Over - Maroon 5 | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. All Media Network. 2021年10月17日閲覧。
  60. ^ “木村カエラ、コラボ・カヴァー盤『ROCK』の全参加アクト&楽曲判明! 特設サイトオープンも”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2013年9月24日). https://tower.jp/article/news/2013/09/24/n02 2021年10月17日閲覧。 
  61. ^ ALL TIME ROCK 'N' ROLL | 鈴木雅之”. エピックレコードジャパン. 2021年10月17日閲覧。

参考文献[編集]

  • Horowitz, Joshua (2006). The Mind of the Modern Moviemaker: Twenty Conversations with the New Generation of Filmmakers. Penguin Publishing Group. ISBN 1-4406-4949-9 
  • Purvis, Georg (2018). Queen: Complete Works (revised and Updated ed.). Titan Books 
先代:
愛の証し by キャプテン&テニール
Billboard Hot 100 ナンバーワン・シングル
1980年2月23日 - 3月15日
次代:
アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール by ピンク・フロイド