プリンシス・オブ・ザ・ユニヴァース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プリンシス・オブ・ザ・ユニヴァース
クイーンシングル
初出アルバム『カインド・オブ・マジック
B面 赤い薔薇を君に
リヴ・フォーエヴァー (日本)
ギミ・ザ・プライズ (オーストラリア)
素晴らしきロックン・ロール・ライフ (2000オランダCDシングル)
リリース
規格 レコード (7")
録音 1985年 – 1986年
ジャンル ハードロックヘヴィメタル
時間
レーベル キャピトルEMI
作詞・作曲 フレディ・マーキュリー
プロデュース クイーンマック
クイーン シングル 年表
カインド・オブ・マジック
(1986)
プリンシス・オブ・ザ・ユニヴァース
(1986)
心の絆
(1986)
ミュージックビデオ
「Princes Of The Universe」 - YouTube
テンプレートを表示

プリンシス・オブ・ザ・ユニヴァース」 (Princes of the Universe) は、フレディ・マーキュリー作曲の楽曲であり、クイーンにより演奏される。この曲は、映画『ハイランダー 悪魔の戦士』のサウンドトラックとして書かれ、1986年のアルバム『カインド・オブ・マジック』よりリリースされた[1]

背景[編集]

『プリンシス・オブ・ザ・ユニヴァース』は、『ハイランダー』のために書かれ、クレジットがフレディとなったこのアルバムの中で唯一の曲である。その後、この曲は、『暗黒の戦士 ハイランダー』のテーマソングとしても使われた[2]。この曲は、イギリスではシングルとしてリリースされておらず、ヒットチャートとはならなかったが、これはカルト映画であったためと考えられる。この映画では、初めのギターソロがカットされている。

歌詞は、不死身の視点から、不死身の地域、優勢なそれを一般人に与えること、及び彼らがこのために持つふだんの顔のテストについてである。歌詞は、クイーン自身であると解釈することもできる。「人々はあなたについて話す、人々はあなたの日々を語る/私は遠くへ行こうとする男だ、月を見て、星に到達する (People talk about you, people say you've had your day / I'm a man that will go far, find the moon and reach for the stars.)」。『リヴ・フォーエヴァー』は、この歌の失敗であり、映画の未来で登場する[3]

プロモーションビデオ[編集]

プロモーションビデオは、ラッセル・マルケイによって監督され、映画からのシーンを挿入して、コナー・マクラウドクリストファー・ランバート)とフレディ・マーキュリー(フレディは、彼のトレードマークでもある剣のスタンドマイクを巧みに操る)の間で剣の戦いが行われ、シルバーカップ屋外スタジオで撮影された。ビデオでは、ギタリストのブライアン・メイレッド・スペシャルなしで出演しており、その代わりに白いWashburn RR11Vを使っている。このビデオは、シングルが出たときにミュージック・ビデオ・ステーションズ(アメリカ)で実際に多く再生されたが、チャート入りはしなかった。『グレイテスト・フリックスIII』(VHS、1999年) や『グレイテスト・ビデオ・ヒッツ2』(DVD、2003年) がリリースされるまで、このビデオを所有する人は、北アメリカを除いてファンでもほとんど見られなかった。

担当[編集]

出典[編集]

  1. ^ Freestone, Peter (2001) Freddie Mercury: an intimate memoir by the man who knew him best p.96.Omnibus Press, Retrieved January 22, 2011
  2. ^ Bartkowiak, Mathew J. (2010) Sounds of the Future: Essays on Music in Science Fiction Film p.19. Retrieved January 22, 2011
  3. ^ Who Wants To Live Forever UltimateQueen.co.uk

外部リンク[編集]