アンダー・プレッシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンダー・プレッシャー
クイーン & デヴィッド・ボウイシングル
初出アルバム『ホット・スペース
B面 ソウル・ブラザー
ボディ・ランゲージ (イギリス盤【CD】のみ)
リリース
規格 7インチシングル
12インチシングル
CD
録音 1981年7月
マウンテン・スタジオ
モントルー
ジャンル ロック
時間
レーベル EMI (イギリス)
エレクトラ・レコード (アメリカ)
ワーナー・パイオニアエレクトラ (日本)
作詞・作曲 クイーン
デヴィッド・ボウイ
プロデュース クイーン
デヴィッド・ボウイ
ゴールドディスク
  • シルバー(イギリス)
チャート最高順位
  • 1位イギリス全英シングルチャート[1]
  • 29位アメリカBillboard Hot 100[2]
  • 88位(日本
  • クイーン 年表
    フラッシュのテーマ
    1980年
    アンダー・プレッシャー
    (1981年)
    ボディ・ランゲージ
    1982年
    デヴィッド・ボウイ 年表
    アップ・ザ・ヒル・バックワーズ
    (1981年)
    アンダー・プレッシャー
    (1981年)
    野性の息吹き
    (1981年)
    ミュージックビデオ
    「Under Pressure」 - YouTube
    テンプレートを表示

    アンダー・プレッシャー」 (Under Pressure) は、イギリスロックバンドであるクイーンと、イギリスのミュージシャンであるデヴィッド・ボウイの共作による楽曲。

    1981年EMIエレクトラ・レコードよりシングルリリースされ、後にクイーンのアルバムホット・スペース』にも収録された。またヴァージン・レコードのデヴィッド・ボウイのアルバム『レッツ・ダンス』のリマスターCDにボーナス・トラックとして収録されている。

    解説[編集]

    元々、クイーンは「Feel Like」という楽曲を制作していたが、出来に満足していなかった[3][4]。この時期にボウイは、クイーンの「クール・キャット」のコーラスを録音するためにマウンテン・スタジオに来ていたのだが、こちらも出来に満足せず、最終ミックスから削除された。そこで2組によるジャムセッションから生まれた1曲がこの楽曲である[5][6]

    ボーカルの高音パートはフレディー・マーキュリー、低音パートはデヴィッド・ボウイが担当。また、この楽曲の特徴的なベースラインについて、ジョン・ディーコンは1982年に発行されたミュージック・ライフにて「ボウイが作った」とコメントしているが、ボウイは「関与する前からすでに存在していた」と語っている[7]。 クイーンにとってイギリスのシングルチャートでは1975年の『ボヘミアン・ラプソディ』以来2度目の1位を獲得するなど大ヒットした。

    1993年にアメリカで発売されたボウイの「The Singles 1969 To 1993 featuring His Greatest Hits」、及び1994年にアメリカで発売されたクイーンの「クラシック・クイーン」には、別ミックスで収録されている。

    最後に「This is our last dance」という部分が、一度だけのものと、二度繰り返すものがある。

    ミュージック・ビデオ[編集]

    ミュージック・ビデオを制作した当時は、クイーンもボウイもツアー中であったため、メンバーの演奏シーンが存在しない。

    吸血鬼ノスフェラトゥ』、『戦艦ポチョムキン』など、1920年代の無声映画の1シーンやビル崩壊・人ごみ・世界恐慌時のニューヨークの失業者の様子から抗争の映像[注 1]、そして曲の後半部分には色々な映画のキスシーンを収めている。建物の崩壊の映像は映画『コヤニスカッツィ』でも使用されている。

    このミュージック・ビデオは、2003年スラント誌が発表した「The 100 Greatest Music Videos of All Time 」の第27位にランクインしている[8]

    ライブでの演奏[編集]

    共同作品となっている楽曲だが、この曲をライブで演奏したのはクイーンのみだった。1981年から演奏されはじめライブの定番曲だった。

    この様子は伝説の証/クイーン1981オン・ファイアー/クイーン1982クイーン・ライヴ!!ウェンブリー1986などで見ることができる。

    1986年のヨーロッパ/全英ツアーより7月27日のハンガリーブダペスト公演で演奏された模様がNHK-BS黄金の洋楽ライブで放映された。

    1992年フレディ・マーキュリー追悼コンサートでは、ボーカルにデヴィッド・ボウイとユーリズミックスアニー・レノックスを迎えて演奏された。ボウイは、このライブまで観客の前で演奏しないことを決めていたという[9]

    その後もボウイは自身のライブなどではほとんど歌わなかったが、1995年のアウトサイド・ツアーから曲目に加えた。フレディのパートはベーシストのゲイル・アン・ドロシーが担当している。

    プレイヤー[編集]

    シングル収録曲[編集]

    7インチシングル[編集]

    1. アンダー・プレッシャー - Under Pressure (Queen & Bowie)
    2. ソウル・ブラザー - Soul Brother (Mercury)

    CD[編集]

    イギリス盤
    1. アンダー・プレッシャー - Under Pressure (Queen & Bowie)
    2. ソウル・ブラザー - Soul Brother (Mercury)
    3. ボディ・ランゲージ - Body Language (Mercury)

    その他[編集]

    1990年、この曲の特徴的なベースラインサンプリングしたヴァニラ・アイスのシングル「Ice Ice Baby」がヒットした。

    1999年12月6日にこの楽曲のリミックスバージョン「アンダー・プレッシャー (Rah Mix)」が、カップリングに「ボヘミアン・ラプソディ」「サンク・ゴッド・イッツ・クリスマス」を収録して、発売された。英国では14位、オランダでは19位にランクインした。後にコンピレーション・アルバム『グレイテスト・ヒッツIII 〜フレディー・マーキュリーに捧ぐ〜』に収録されている。

    2004年アメリカ映画ガール・ネクスト・ドア』で挿入歌として使用された。

    2005年マイ・ケミカル・ロマンスザ・ユーズドとのコラボレーションカバー

    2005年ジョス・ストーンがクイーンのトリビュート・アルバム「キラー・クイーン・ア・トリビュート・トゥ・クイーン」でカバー。

    2017年のアメリカ映画『アトミック・ブロンド』で劇中歌として使用された。

    2018年に公開されたクイーンを題材とした映画『ボヘミアン・ラプソディ』では、ミュンヘンにある邸宅でフレディがマネージャー兼愛人のポール・プレンターを解雇するシーンで使用された[6]。同映画のサウンドトラック盤『ボヘミアン・ラプソディ (オリジナル・サウンドトラック)』にも収録されている。

    脚注[編集]

    注釈[編集]

    1. ^ 日本通勤ラッシュ学生運動の映像も使われている。

    出典[編集]

    1. ^ under pressure”. full Official Chart History. Official Charts Company. 2019年1月3日閲覧。
    2. ^ The Hot 100 – The Week of January 30, 2016”. Billboard Hot 100 for Queen. 2019年1月2日閲覧。
    3. ^ Unreleased Queen Tracks – Feel Like Ultimate Queen. 2019年1月2日閲覧
    4. ^ Queen – Feel Like demo (pre-Under Pressure). 2019年1月2日閲覧
    5. ^ Peter Freestone (2001) Freddie Mercury: an intimate memoir by the man who knew him best p.78. Omnibus Press. 2019年1月2日閲覧
    6. ^ a b “『ボヘミアン・ラプソディ』とデヴィッド・ボウイ裏話 ─ 映画で描かれなかったデビュー前の偶然”. THE RIVER (株式会社riverch). (2018年11月13日). https://theriver.jp/br-david-bowie/ 2019年1月19日閲覧。 
    7. ^ Bowie Talks About Under Pressure. 2019年1月2日閲覧
    8. ^ The 100 Greatest Music Videos of All Time”. Slant Magazine (2003年6月30日). 2019年1月2日閲覧。
    9. ^ Under Pressure – The Freddie Mercury Tribute Concert Ultimate Queen. Retrieved 29 August 2011