レッツ・ダンス (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レッツ・ダンス
デヴィッド・ボウイシングル
収録アルバム レッツ・ダンス
B面 キャット・ピープル
リリース 1983年3月17日 (1983-03-17)
規格 7/12インチシングル
録音 1982年12月
アバター・スタジオニューヨーク
ジャンル ポップス/ダンス・ミュージック
時間 7分37秒(アルバム)
4分10秒(シングル)
レーベル EMI - EA152
作詞・作曲 デヴィッド・ボウイ
プロデュース ナイル・ロジャース
チャート最高順位

1位(アメリカ)/ 1位(イギリス

デヴィッド・ボウイ シングル 年表
ピース・オン・アース/リトル・ドラマー・ ボーイ
(1982)
レッツ・ダンス
(1983)
チャイナ・ガール
(1983)
レッツ・ダンス 収録曲
チャイナ・ガール
(2)
レッツ・ダンス
(3)
ウィズアウト・ユー
(4)
テンプレートを表示

レッツ・ダンス」(Let's Dance)はデヴィッド・ボウイのアルバム『レッツ・ダンス』のタイトルトラックである。アルバムからのファーストシングルとして1983年に発売された。そしてボウイのシングルとしてトップクラスの売り上げを誇る曲となった。

このシングルは非常に速い速度で売れた。イギリスのシングルチャートで登場週に5位に入り、その週に1位だったデュラン・デュランの「プリーズ・テル・ミー・ナウ」(Is There Something I Should Know?)を2週後には追い抜いた。そして、その後すぐにBillboard Hot 100でも1位となった。ボウイにとって大西洋の両側で1位を獲得した初めてのシングルとなった。オーストラリアのチャートでは1位に届かず、最高2位だった。

「レッツ・ダンス」でボウイは新しく若い層のオーディエンスを取り込んだ。ボウイの70年代におけるキャリアを知らない様な人々だ。この曲は1983年のシリアス・ムーンライト・ツアーなど様々なツアーで演奏曲として取り上げられた。

作曲[編集]

ナイル・ロジャースが彼のバンドシックと活動したときの影響を強く受け、「レッツ・ダンス」はサンプリングしたベースラインをフィーチャーしている。それがボウイの曲の中で最もコマーシャルなレコードになったポイントだ。歌詞は表向きただのダンスミュージックであるが、一部に合致しないところがある。7分38秒の長さだったアルバム版はシングル用に大きく編集されている(なお、エンディングのギターソロが一部差し替えられている)。12インチシングル版はアルバム版と同じ形で販売した。

孤独や絶望が垣間見えるミュージック・ビデオは、デヴィッド・マレットがオーストラリアを舞台に制作した。ポート・ジャクソン湾も含まれる。ビデオではボウイはアボリジニのカップルが西洋の文化的帝国主義のメタファーにもがき苦しむところを見ている。ビデオの中でボウイはバンドと曲を演奏している。

ボウイはこの曲でブルース・ギタリストのスティーヴィー・レイ・ヴォーンを起用した。ヴォーンはボウイのツアーに帯同するべくリハーサルにも参加したものの、金銭トラブルにより降板している。その後、彼は自身が参加していたバンド、ダブル・トラブルで演奏を続けることとなり、着実にそのキャリアを重ねて行く。

チャート[編集]

チャート (1983年) 最高順位
オーストラリア シングル・チャート 2
オーストリア シングル・チャート 2
カナダ シングル・チャート 1
オランダ シングル・チャート 1
アイルランド シングル・チャート 1
ニュージーランド シングル・チャート 1
ノルウェー シングル・チャート 1
スウェーデン シングル・チャート 1
スイス シングル・チャート 1
ドイツ シングル・チャート 2
U.K. シングル・チャート 1
アメリカ Billboard Hot 100 1
アメリカ Billboard Hot Dance Club Play 1
アメリカ Billboard Mainstream Rock Tracks 8
アメリカ Billboard Hot R&B/Hip-Hop Songs 14

曲順[編集]

7": EMI America / EA 152 (UK)[編集]

  1. レッツ・ダンス (シングル版) (Bowie) – 4:07
  2. キャット・ピープル (Bowie, Moroder) – 5:09

12": EMI America / 12EA 152 (UK)[編集]

  1. レッツ・ダンス (Bowie) – 7:38
  2. キャット・ピープル (Bowie, Moroder) – 5:09

プロダクション・クレジット[編集]

収録アルバム[編集]

参考文献[編集]

  • Pegg, Nicholas, The Complete David Bowie, Reynolds & Hearn Ltd, 2000, ISBN 1-903111-14-5
  • Mojo Bowie, EMAP Performance Network ltd, 2004
先代:
デュラン・デュランプリーズ・テル・ミー・ナウ
全英シングルチャート ナンバーワンシングル
1983年4月3日 - 4月17日
次代:
スパンダー・バレエ「トゥルー」
先代:
レッタ・ヒューズ「エンジェル・マン」
Billboard Hot Dance Club Play ナンバーワンシングル
1983年4月30日6月4日
次代:
アイリーン・キャラフラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング
先代:
マイケル・ジャクソン今夜はビート・イット
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1983年5月21日
次代:
アイリーン・キャラフラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング