スペイス・オディティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スペイス・オディティ
デヴィッド・ボウイスタジオ・アルバム
リリース
録音 1969年6月20日 - 10月
Trident Studio, Soho, London, UK
ジャンル ロック
時間
レーベル フィリップス(オリジナル盤)
RCA(リイシュー盤)
プロデュース トニー・ヴィスコンティ
ガス・ダッジョン(「スペイス・オディティ」のみ)
専門評論家によるレビュー
  • All Music Guide 星3 / 5 link(Man of Words/Man of Music)
  • All Music Guide 星3 / 5 link(Space Oddity)
チャート最高順位
デヴィッド・ボウイ 年表
デヴィッド・ボウイ
1967年
スペイス・オディティ
1969年
世界を売った男
1971年
スペイス・オディティ収録のシングル
  1. スペイス・オディティ
    リリース: 1969年7月11日
  2. フリー・フェスティバルの思い出
    リリース: 1970年6月12日
テンプレートを表示

スペイス・オディティ』(原題:Space Oddity)は、デヴィッド・ボウイの第2作アルバム

背景[編集]

ボウイのマネージャーであったケネス・ピットは本作の収録曲「スペイス・オディティ」を含むサンプル音源を各方面に売り込み、丁度その頃にアメリカ合衆国アポロ計画が世人の話題を集めていたことも受け、マーキュリー・レコードのスタッフだったカルヴィン・リーという人物に発掘され、フィリップス・レコードとの契約に至った[1]

フィリップスと契約を結んだボウイは6月20日に「スペイス・オディティ」の再録音を行い、B面に「フリークラウドから来たワイルドな瞳の少年」を収録し、7月11日にシングルとして発表した。その後、BBCのアポロ月面着陸の特番などで「スペイス・オディティ」はテーマ曲代わりに頻繁に流され、イギリスのチャートでは5位まで上がるヒットを記録した[1]

そのヒットを受けて本作は制作された。発売当初は、フィリップス・レコードからの英国盤は『David Bowie』、マーキュリー・レコードからの米国盤は『Man of Words, Man of Music』との題名が付けられたが、1972年RCAレコードが本作の権利を買い取り、再発した際に『スペイス・オディティ』と改題され、同時にジャケットも変更され、収録曲の「ドント・シット・ダウン」が外された[1]

実際にはセカンド・アルバムだが、ボウイの原点といえる内容で、実質的なファースト・アルバムともいえる。アポロ11号月面着陸に世が浮かれていた頃、架空の宇宙飛行士、トム少佐が宇宙遊泳とともに己の無力さを感じ、広大な宇宙の果てへと漂流してしまうという、近代化に対するアンチテーゼを含んだ1曲目「スペイス・オディティ」を収録している。

リリース[編集]

1969年11月14日フィリップス・レコードよりLPレコードで発表された。

このアルバムは当初、フィリップスよりイギリスでは「DAVID BOWIE」、アメリカでは「MAN OF WORDS / MAN OF MUSIC」というタイトルで発売されたが、後に「ジギー・スターダスト」発表時にRCAより再発売され、その際ジャケットのリニューアル、そして「SPACE ODDITY」へと改題され、以後正式なタイトルとなった。

1990年EMI(米国ではRYKO)よりCD化され再発売され、その際に「ドント・シット・ダウン」は復活し、未発表のテイクが3曲追加されている。また、2010年8月25日にEMIより未発表音源をさらに追加した2枚組の「40周年記念エディション」が発売されている。

収録曲[編集]

A面
全作詞・作曲: デヴィッド・ボウイ
# タイトル 作詞 作曲・編曲 編曲 時間
1. スペイス・オディティ(Space Oddity) デヴィッド・ボウイ デヴィッド・ボウイ デヴィッド・ボウイ、ポール・バックマスター
2. 眩惑された魂(Unwashed and Somewhat Slightly Dazed) デヴィッド・ボウイ デヴィッド・ボウイ  
3. ドント・シット・ダウン(Don't Sit Down) デヴィッド・ボウイ デヴィッド・ボウイ  
4. ヘルミオーネへの手紙(Letter To Hermione) デヴィッド・ボウイ デヴィッド・ボウイ  
5. シグネット・コミティー(Cygnet Committee) デヴィッド・ボウイ デヴィッド・ボウイ  
B面
# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
6. ジャニーヌ(Janine)    
7. おりおりの夢(An Occasional Dream)    
8. フリークラウドから来たワイルドな瞳の少年(Wild Eyed Boy From Freecloud)    
9. 神は知っている(God Knows I'm Good)    
10. フリー・フェスティバルの思い出(Memory Of A Free Festival)    
合計時間:

ボーナストラック[編集]

ボーナストラック(1990年 RYCO盤)
# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
11. カンヴァセーション・ピース(Conversation Piece (1970 B Side Of Prettiest Star))    
12. フリー・フェスティバルの思い出Part1(Memory Of A Free Festival Part 1 (1970 Single Version))    
13. フリー・フェスティバルの思い出Part2(Memory Of A Free Festival Part 2 (1970 Single Version))    
合計時間:
ボーナストラック(2010年 40周年記念エディション)
# タイトル 作詞・作曲 時間
1. スペイス・オディティ(デモ)(Space Oddity (Demo version))  
2. おりおりの夢(デモ)(An Occasional Dream (Demo version))  
3. フリークラウドから来たワイルドな瞳の少年(シングルB-サイド)(Wild Eyed Boy from Freecloud (B-side of "Space Oddity", 1969))  
4. レット・ミー・スリープ・ビサイド・ユー(BBC Radio セッション D.L.T. ショウ)(Let Me Sleep Beside You (BBC Radio session D.L.T. Show, 1969))  
5. 眩惑された魂(BBC Radio セッション D.L.T. ショウ)(Unwashed and Somewhat Slightly Dazed (BBC Radio session D.L.T. Show, 1969))  
6. ジャニーヌ(BBC Radio セッション D.L.T. ショウ)(Janine (BBC Radio session D.L.T. Show, 1969))  
8. プリティエスト・スター(ステレオ・ヴァージョン)(The Prettiest Star (Stereo version))  
9. カンバセーション・ピース(ステレオ・ヴァージョン)(Conversation Piece (Stereo version))  
10. フリー・フェスティバルの思い出パート1(シングルAサイド)(Memory of a Free Festival Part 1 (Single A-side))  
11. フリー・フェスティバルの思い出パート2(シングルBサイド)(Memory of a Free Festival Part 2 (Single B-side))  
12. フリークラウドから来たワイルドな瞳の少年(オルタネイト・アルバム・ミックス)(Wild Eyed Boy from Freecloud (Alternate album mix))  
14. ロンドン・バイ・タ・タ(オルタネイト・ステレオ・ミックス)(London Bye Ta-Ta" (Alternate stereo mix))  
15. ロンリー・ボーイ、ロンリー・ガール(スペイス・オディティ・イタリアン・ヴァージョン)(フル・レングス・ステレオ・ヴァージョン)
(Ragazzo Solo, Ragazza Sola (Full-length stereo version))
作詞:Ivan Mogul/作曲:デヴィッド・ボウイ

スタッフ・クレジット[編集]

参加ミュージシャン[編集]

「カンヴァセーション・ピース」
  • デヴィッド・ボウイ - ボーカル、ギター
  • ティム・レンウィック - ギター
  • ジョン・ロッジ - ベース
  • ジョン・ケンブリッジ - ドラムス
「フリー・フェスティバルの思い出パート1」
「フリー・フェスティバルの思い出パート2」
  • デヴィッド・ボウイ - ボーカル、ギター
  • ミック・ロンソン - ギター
  • トニー・ヴィスコンティ - ベース
  • ミック・ウッドマンシー - ドラムス

スタッフ[編集]

リリース履歴[編集]

No. 日付 国名 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1969年11月14日 イギリス フィリップス・レコード LP SBL 7912
852 146 BY
17位 アルバムタイトル『David Bowie』
2 1969年 アメリカ合衆国 マーキュリー・レコード LP SR 61246 16位 アルバムタイトル『Man Of Words/Man Of Music』
3 1970年 南アフリカ共和国 フィリップス・レコード LP PST 5148
852 146 Y
- アルバムタイトル『David Bowie』
4 1970年 スペイン フィリップス・レコード LP 58 52 146 - アルバムタイトル『David Bowie』
5 1972年 イギリス RCAビクター LP LSP-4813 -
6 1972年 アメリカ合衆国 RCAビクター LP
8トラック
CT
LSP-4813
P8S-2101
AQK1-4813
-
7 1972年 ギリシャ RCAビクター LP LSP-4813
AFL 1-4813
MAL-RCLP 20165
-
8 1973年 フランス RCAレコード LP 461008 -
9 1973年 日本 RCAレコード LP RCA-6067 -
10 1973年 ベネズエラ RCAビクター LP LPVS-1365 -
11 1976年 カナダ RCAレコード CT PK-2101 -
12 1976年 日本 RVC LP RVP-6124 -
13 1978年 日本 RCAレコード LP PG-109 -
14 1980年 アメリカ合衆国 RCAレコード LP AQL1-4813 -
15 1983年 アメリカ合衆国 RCAレコード LP AFL1-4813 -
16 1983年 ポルトガル RCAレコード LP PL 14813 -
17 1984年 ドイツ RCAレコード CD PD 84813 -
18 1984年 アメリカ合衆国 RCAビクター CD PCD1-4813 -
19 1984年 ヨーロッパ RCAビクター LP
CT
PL 84813
PK 84813
-
20 1990年1月30日 アメリカ合衆国 ライコディスク CD
CT
LP
RCD 10131
RACS 0131-2
RALP 0131-2
- ボーナストラック3曲収録
21 1990年 ヨーロッパ EMI CD
CT
CDP 79 1835 2
CDEMC 3571
264 7918354
- ボーナストラック3曲収録
22 1990年 日本 東芝EMI CD TOCP-6202 - ボーナストラック3曲収録
23 1990年 ギリシャ EMI LP EMC 3571 064-7918351 - ボーナストラック3曲収録
24 1990年 ドイツ EMI LP 0647 91835 1 - ボーナストラック3曲収録
25 1990年 イタリア EMI LP 647918351 - ボーナストラック3曲収録
26 1990年 イギリス EMI LP EMC 3571 - ボーナストラック3曲収録
27 1996年4月24日 日本 東芝EMI CD TOCP-8861 - ボーナストラック3曲収録、廉価版
28 1999年 ヨーロッパ EMI CD 7243 521898 0 9 - 24ビット・デジタル・リマスタリング
29 1999年9月6日 アメリカ合衆国 ヴァージン・レコード CD 7243 521898 0 9 - 24ビット・デジタル・リマスタリング
30 1999年9月29日 日本 東芝EMI CD TOCP-65305 - 24ビット・デジタル・リマスタリング
31 2000年 ヨーロッパ Simply Vinyl LP SVLP 263 -
32 2004年 イタリア Gruppo Editoriale L'Espresso S.p.A. CD GR07 -
33 2007年 日本 東芝EMI CD TOCP-70141 - 紙ジャケット仕様
34 2009年10月12日 ヨーロッパ EMI CD DBSOCD 40
50999-307522-2-1
- 40周年記念エディション
デジパック仕様
35 2009年10月19日 ヨーロッパ EMI LP DBSOLP 40
50999-307530-1-3
-
36 2009年10月28日 日本 EMIミュージック・ジャパン SHM-CD TOCP-95041 -
37 2009年11月17日 アメリカ合衆国 ヴァージン・レコード
EMI
CD DBSOCD 40
50999-307522-2-1
-
38 2010年8月25日 日本 ワーナーミュージック・ジャパン CD TOCP-70845 - 40周年記念エディション
39 2012年1月11日 日本 EMIミュージック・ジャパン CD TOCP-53540 -

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 赤岩和美 「ライナーノーツ」 『Space Oddity』、EMIミュージック・ジャパン