ジギー・スターダスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジギー・スターダスト
デヴィッド・ボウイスタジオ・アルバム
リリース 1972年6月6日
録音 1971年9月9日 - 1972年2月
Trident Studios, Soho, London
ジャンル ロック
時間 3837
レーベル RCAレコード
プロデュース デヴィッド・ボウイ
ケン・スコット
専門評論家によるレビュー
  • All Music Guide 星5 / 5 link
  • Rolling Stone 星3.5 / 5 link
チャート最高順位
ゴールド等認定
デヴィッド・ボウイ 年表
ハンキー・ドリー
1971年
ジギー・スターダスト
1972年
アラジン・セイン
1973年
ジギー・スターダスト収録のシングル
  1. 月世界の白昼夢
    リリース: 1971年4月
  2. スターマン
    リリース: 1972年4月14日
  3. ロックン・ロールの自殺者
    リリース: 1974年4月11日
  4. サフラゲット・シティ
    リリース: 1976年7月9日
テンプレートを表示

ジギー・スターダスト原題:The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars)は、イギリスミュージシャンであるデヴィッド・ボウイの5作目のアルバム。

1972年6月6日に、RCAレコードよりリリースされた。

その後、1990年EMI(米国ではRYKO)よりCD化され再発売されており、その際ボーナストラックとして未発表テイクが5曲追加収録されている。また、2002年にもEMIより再発売されており、その際は2枚組で12曲がボーナストラックとして追加収録されている。このアルバムタイトルは、後述の解説にあるとおり「ジギー・スターダスト&ザ・スパイダーズ・フロム・マーズの栄枯盛衰」とでも訳すべきものであるが、発売当時は、そのコンセプトの理解に時間がかかったためか、「屈折する星屑の上昇と下降、そして火星から来た蜘蛛の群」と、固有名詞を直訳する珍妙な邦題で発売された(現在は、「ジギー・スターダスト」として発売されている)。

『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』に於いて、35位にランクイン[1]

解説[編集]

デヴィッド・ボウイの代表作の一つ。その名“ジギー”はイギー・ポップから、“スターダスト”は、テキサスのミュージシャン、レジェンダリー・スターダスト・カウボーイが由来となっている。自らが異星からやってきた架空のスーパースター「ジギー」となり、ロック・スターとしての成功からその没落までを描く物語を、アルバムに収録された曲で構成している作品である。それまでにボウイ自身が体験してきた音楽俳優絵画パントマイム、また日本歌舞伎といった大衆芸能を網羅し、自らの作品へと結実している。聴衆は「デヴィッド・ボウイ」ではなく、「ジギー」として彼を讃え、「ジギー」は虚像のスターとしてロック界の頂点に立った。妖艶さと狂気を兼ね備えた「ジギー」のキャラクターは、ボウイ自身の「バイセクシャル」であるという公言や、ステージでの宇宙人を思わせる奇抜な衣装やメイク、パフォーマンスによって神格化されていく。その頂点に達した時、突如ボウイは「ジギー」を否定し引退宣言をしてステージから姿を消すことになる。「ジギー」としてのパフォーマンスは、1973年7月3日のハマースミス・オデオンが名目上最後とされているが、その後にもう一度だけ行われている。

収録曲[編集]

A面
# タイトル 作詞・作曲 時間
1. 5年間(Five Years)  
2. 魂の愛(Soul Love)  
3. 月世界の白昼夢(Moonage Daydream)  
4. スターマン(Starman)  
5. イット・エイント・イージー(It Ain't Easy) ロン・デイヴィス
B面
# タイトル 作詞・作曲 時間
6. レディ・スターダスト(Lady Stardust)  
7. スター(Star)  
8. 君の意志のままに(Hang Onto Yourself)  
9. 屈折する星くず(Ziggy Stardust)  
10. サフラゲット・シティ(Suffragette City)  
11. ロックン・ロールの自殺者(Rock'N'Roll Suicide)  

ボーナストラック[編集]

ボーナストラック(1990年盤)
# タイトル 作詞・作曲 時間
12. ジョン、アイム・オンリー・ダンシング(John,I'm Only Dancing (Single B-side))  
13. ヴェルヴェット・ゴールドマイン(Velvet Goldmine (Single B-side))  
14. スイート・ヘッド(Sweet Head (Previously unreleased track))  
15. 屈折する星くず(デモ・ヴァージョン)(Ziggy Stardust (Previously unreleased original demo))  
16. レディ・スターダスト(デモ・ヴァージョン)(Lady Stardust (Previously unreleased original demo))  
ボーナストラック(2002年盤)
# タイトル 作詞・作曲 時間
1. 月世界の白昼夢(アーノルド・コーンズ・ヴァージョン)(Moonage Daydream (Arnold Corns Version))  
2. 君の意志のままに(アーノルド・コーンズ・ヴァージョン)(Hang On To Yourself (Arnold Corns Version))  
3. レディ・スターダスト(デモ)(Lady Stardust (Original Demo))  
4. 屈折する星くず(デモ)(Ziggy Stardust (Original Demo))  
5. ジョン・アイム・オンリー・ダンシング(John, I'm Only Dancing (Original Single))  
6. ヴェルヴェット・ゴールドマイン(Velvet Goldmine (Single B Side))  
7. ホリー・ホリー(Holy Holy (Studio Version, 1971))  
8. アムステルダム(Amsterdam (1973 B Side Of Sorrow)) ジャック・ブレル、モート・シューマン
9. スーパーメン(The Supermen (Alternative Version))  
10. ラウンド・アンド・ラウンド(Round And Round (Single B Side, 1973)) チャック・ベリー
11. スウィート・ヘッド(テイク4)(Sweet Head (Studio Version, 1971))  
12. 月世界の白昼夢(ニュー・ミックス)(Moonage Daydream)  

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 500 Greatest Albums of All Time: David Bowie, 'The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders From Mars' | Rolling Stone