英雄夢語り (ヒーローズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
英雄夢語り
(ヒーローズ)
デヴィッド・ボウイスタジオ・アルバム
リリース
録音 1977年5月
Hansa By The Wall, Berlin
ジャンル ロック
時間
レーベル RCA
プロデュース デヴィッド・ボウイ
トニー・ヴィスコンティ
専門評論家によるレビュー
  • All Music Guide 星5 / 5 link
チャート最高順位
  • 3位(全英アルバムチャート
  • 35位(Billboard 200
  • ゴールドディスク
  • ゴールド(カナダ
  • デヴィッド・ボウイ 年表
    ロウ
    1977年) 
    英雄夢語り
    (ヒーローズ)

    (1977年)
    ステージ
    1978年
    『英雄夢語り (ヒーローズ)』収録のシングル
    1. ヒーローズ
      リリース: 1977年9月23日
    2. 美女と野獣
      リリース: 1978年1月6日
    テンプレートを表示

    英雄夢語り(ヒーローズ)原題:"Heroes")は、イギリスミュージシャンであるデヴィッド・ボウイの11枚目のアルバム

    1977年10月14日RCAよりリリースされた。現行のCDでは「ヒーローズ」という邦題であるが、LP時代は「英雄夢語り」という邦題であった。

    その後、1991年EMI(米国ではRYKO)よりCD化され再発売されており、その際ボーナストラックとして未発表テイクが2曲追加収録されている。また、1999年EMIより24ビット・デジタル・リマスタリング盤として再リリースされているが、ボーナストラックは収録されていない。

    解説[編集]

    前作『ロウ』と制作時期が近く、参加ミュージシャンの多くが共通しており、同じくベルリンで録音され、構成も似ている(両者ともインストゥルメンタル曲の比率が高い)為、姉妹作と言える(1979年発表の『ロジャー (間借人)』を含めて3部作とされるが、『ロウ』と今作の二つは特に作風が似ている)。前作に比べると、今作は内容がドラマチックでロック色が強い。

    シングルにもなった表題曲は、ボウイの代表曲の一つで、多くのアーティストにカバーされている。ボウイがドイツ語とフランス語のそれぞれで歌っているバージョンが存在する。ちなみに、ロバート・フリップは、キング・クリムゾン2000年のツアーで、この曲を取り上げたことがある。同じくキング・クリムゾンのギタリストであるエイドリアン・ブリューもかつてボウイのライブや『ロジャー (間借人)』のレコーディングに参加しており、キング・クリムゾンにも縁の深い楽曲と言える。ボウイは、ベルリンの壁の傍で落ち合う恋人達の姿を見て、この曲の着想を得たと語っている。歌詞では、閉塞的な状況に置かれた男が、「ヒーローズ」という言葉を儚い夢として用いており、その内容は英雄崇拝・英雄志向的なものではない。また、音楽的には当時のボウイが傾倒していたジャーマン・ロックの影響が見られ、実際表題曲はドイツのロック・バンド「ノイ!」の楽曲「Hero」からタイトルを拝借し、また、「V-2 Schneider」は同じくドイツのテクノポップグループであるクラフトワークのメンバー、フローリアン・シュナイダーにちなんで名付けられている。

    なお、アルバム・ジャケットの写真は、鋤田正義の撮影。ボウイの不思議なポーズは、オーストリアの画家エゴン・シーレの自画像を真似たと言われる。このジャケットは2013年のアルバム『ザ・ネクスト・デイ』にそのまま引用されている。

    収録曲[編集]

    A面
    #タイトル作詞作曲時間
    1.「美女と野獣」(Beauty and the Beast)デヴィッド・ボウイデヴィッド・ボウイ
    2.「ライオンのジョー」(Joe the Lion)デヴィッド・ボウイデヴィッド・ボウイ
    3.「ヒーローズ」("Heroes")デヴィッド・ボウイデヴィッド・ボウイ、ブライアン・イーノ
    4.「沈黙の時代の子供たち」(Sons of the Silent Age)デヴィッド・ボウイデヴィッド・ボウイ
    5.「ブラックアウト」(Blackout)デヴィッド・ボウイデヴィッド・ボウイ
    B面
    #タイトル作詞作曲時間
    6.「V-2 シュナイダー」(V-2 Schneider) デヴィッド・ボウイ
    7.「疑惑」(Sense of Doubt) デヴィッド・ボウイ
    8.「モス・ガーデン」(Moss Garden) デヴィッド・ボウイ、ブライアン・イーノ
    9.「ノイケルン」(Neuköln) デヴィッド・ボウイ、ブライアン・イーノ
    10.「アラビアの神秘」(The Secret Life of Arabia)デヴィッド・ボウイデヴィッド・ボウイ、ブライアン・イーノ、カルロス・アロマー
    合計時間:
    ボーナストラック(1991年盤)
    #タイトル作詞作曲時間
    11.「アブドゥルマジード」(Abdulmajid (Previously unreleased track recorded 1976–79)) デヴィッド・ボウイ
    12.「ライオンのジョー(リミックス・ヴァージョン)」(Joe the Lion (Remixed version 1991))デヴィッド・ボウイデヴィッド・ボウイ

    参加ミュージシャン[編集]